Sergueï Iakovlevitch Lemechev (en russe : Сергей Яковлевич Лемешев) est un chanteur d’opéra russe (ténor) né le 10 juillet 1902 à Staroïe Kniazevo (en russe : Старое Князево) dans le gouvernement de Tver et mort le 26 juin 1977 à Moscou.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Sergueï Iakovlevitch Lemechev (en russe : Сергей Яковлевич Лемешев) est un chanteur d’opéra russe (ténor) né le 10 juillet 1902 à Staroïe Kniazevo (en russe : Старое Князево) dans le gouvernement de Tver et mort le 26 juin 1977 à Moscou.
  • Sergei Yakovlevich Lemeshev (Em russo: Серге́й Я́ковлевич Ле́мешев), mais conhecido como Sergei Lemeshev, foi um tenor lírico russo. Nasceu no dia 10 de julho de 1902 em Staroye Knyazevo, na cidade de Tver e morreu em Moscou no dia 16 de junho de 1977.
  • Serguéi Lémeshev (Serguéi Yákovlevich Lémeshev o Серге́й Я́ковлевич Ле́мешев) (Julio 10 1902, Stároye Knyázevo, Tver – Junio 26, 1977, Moscú) fue un tenor ruso.Hijo de campesinos fue enviado a estudiar de maestro zapatero en San Petersburgo pero entrenándose como cantante logró entrar en el conservatorio moscovita entre 1921-25 donde estudió con Nazari Raisky (1875-1958). En 1924, cantó en el estudio de Konstantín Stanislavski, y luego en Sverdlovsk, Harbin y Tiflis. En 1931 debutó en el Teatro Bolshói de Moscú destacándose como Tsar Berendéi (La doncella de nieve), Lensky (Eugenio Oneguin), Werther, Romeo, el Duque en Rigoletto y Gerald (Lakmé) convirtiéndose con su rival Iván Kozlovski (1900-1993), en los reyes de su registro en el teatro hasta 1956. Los grupos de fanáticas de cada rival se hacían llamar las "lemeshistki" y las "kozlovityanki.[1]En 1970 para su 77 cumpleaños cantó por última vez su rol de batalla: Lensky, era su representación 501 del papel.Un año después de su muerte el asteroide 4561 fue llamado Lémeshev en su honor. (1) Vasíliev, Víktor Dmítrievich: Doroga k Lémeshevu, Tver' ,2002,
  • Sergei Yakovlevich Lemeshev (Russian: Серге́й Я́ковлевич Ле́мешев, born July 10 [O.S. June 27] 1902, Staroye Knyazevo, Tver District – died June 26, 1977, Moscow) was one of the most well-known and beloved Russian operatic lyric tenors.
  • セルゲイ・ヤコブレヴィチ・レメシェフ(露:Серге́й Я́ковлевич Ле́мешев,Sergei Yakovlevich Lemeshev 1902年7月10日または6月27日-1977年6月26日)は、ロシアのリリック・テノール歌手である。前半生とキャリアレメシェフは農家の家に生まれ、父親は彼を靴屋にしようと考えていた。1914年に教区学校を出たレメシェフは、サンクトペテルブルクで靴作りの修業をし、トヴェリの学校で声楽の訓練を受けて1917年に卒業した。その後モスクワに移ってモスクワ音楽院に学び、1924年、コンスタンチン・スタニスラフスキーのオペラスタジオで歌った。1926年から1931年にかけて、エカテリンブルク、ハルビン、トビリシの劇場で歌った。1931年、レメシェフはボリショイ劇場に招かれてデビューし、ついに劇場のソリストになった。柔らかく美しい声に加えて、彼は豊かな表現力、明快な発音、卓抜したピアニッシモを身に付け、一つ一つの役柄を掘り下げてゆき、1931年から1942年にかけて一世を風靡した。コンサートでもロシア民謡などで優れた歌唱を聞かせた。 1938年にはチャイコフスキーの100歌曲すべてを5回のコンサートで歌った。ラジオでロシア民謡が放送されると、さらにレメシェフの国民的な歌手としての地位が確立された。健康問題独ソ戦が始まると、レメシェフに重大な危機が訪れた。避難の最中に悪性の感冒にかかったことが原因となり、肺炎を2回起こし、胸膜炎と右肺の結核を併発した。彼は人工気胸の治療を受けたが、そのために片方の肺が虚脱してしまった。歌うことを禁じられていたにもかかわらず、彼は自らのテクニックをいっそう意識的に構築し、1942年から1948年には、虚脱した一方の肺を人工的に再膨張させている状態で歌い続けた。この期間に、彼は、『ラクメ』、『雪娘』、『真珠採り』、『モーツァルトとサリエリ』の全曲、『セビリアの理髪師』や『リゴレット』から数曲を録音した。1947年、レメシェフはベルリン国立歌劇場に演奏ツアーを行った。イワン・コズロフスキーと並んで、彼は1956年までボリショイ劇場を代表するテノールだった。レパートリーレメシェフの有名な持ち役は、チャイコフスキーの『エフゲニー・オネーギン』のレンスキーで、彼は1927年以降500回以上この役を歌った。最後に歌ったのは、晩年、3回も心臓発作に見舞われ、片方の肺を失っていた70歳の誕生日だった。
  • Серге́й Я́ковлевич Ле́мешев (27 июня [10 июля] 1902, село Старое Князево, Тверская губерния — 27 июня 1977, Москва) — русский советский оперный певец (лирический тенор) и оперный режиссёр, педагог. Народный артист СССР (1950). Лауреат Сталинской премии второй степени (1941). Член ВКП(б) с 1948 года.
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3911642 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2768 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 111072261 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Sergueï Iakovlevitch Lemechev (en russe : Сергей Яковлевич Лемешев) est un chanteur d’opéra russe (ténor) né le 10 juillet 1902 à Staroïe Kniazevo (en russe : Старое Князево) dans le gouvernement de Tver et mort le 26 juin 1977 à Moscou.
  • Sergei Yakovlevich Lemeshev (Em russo: Серге́й Я́ковлевич Ле́мешев), mais conhecido como Sergei Lemeshev, foi um tenor lírico russo. Nasceu no dia 10 de julho de 1902 em Staroye Knyazevo, na cidade de Tver e morreu em Moscou no dia 16 de junho de 1977.
  • Sergei Yakovlevich Lemeshev (Russian: Серге́й Я́ковлевич Ле́мешев, born July 10 [O.S. June 27] 1902, Staroye Knyazevo, Tver District – died June 26, 1977, Moscow) was one of the most well-known and beloved Russian operatic lyric tenors.
  • セルゲイ・ヤコブレヴィチ・レメシェフ(露:Серге́й Я́ковлевич Ле́мешев,Sergei Yakovlevich Lemeshev 1902年7月10日または6月27日-1977年6月26日)は、ロシアのリリック・テノール歌手である。前半生とキャリアレメシェフは農家の家に生まれ、父親は彼を靴屋にしようと考えていた。1914年に教区学校を出たレメシェフは、サンクトペテルブルクで靴作りの修業をし、トヴェリの学校で声楽の訓練を受けて1917年に卒業した。その後モスクワに移ってモスクワ音楽院に学び、1924年、コンスタンチン・スタニスラフスキーのオペラスタジオで歌った。1926年から1931年にかけて、エカテリンブルク、ハルビン、トビリシの劇場で歌った。1931年、レメシェフはボリショイ劇場に招かれてデビューし、ついに劇場のソリストになった。柔らかく美しい声に加えて、彼は豊かな表現力、明快な発音、卓抜したピアニッシモを身に付け、一つ一つの役柄を掘り下げてゆき、1931年から1942年にかけて一世を風靡した。コンサートでもロシア民謡などで優れた歌唱を聞かせた。 1938年にはチャイコフスキーの100歌曲すべてを5回のコンサートで歌った。ラジオでロシア民謡が放送されると、さらにレメシェフの国民的な歌手としての地位が確立された。健康問題独ソ戦が始まると、レメシェフに重大な危機が訪れた。避難の最中に悪性の感冒にかかったことが原因となり、肺炎を2回起こし、胸膜炎と右肺の結核を併発した。彼は人工気胸の治療を受けたが、そのために片方の肺が虚脱してしまった。歌うことを禁じられていたにもかかわらず、彼は自らのテクニックをいっそう意識的に構築し、1942年から1948年には、虚脱した一方の肺を人工的に再膨張させている状態で歌い続けた。この期間に、彼は、『ラクメ』、『雪娘』、『真珠採り』、『モーツァルトとサリエリ』の全曲、『セビリアの理髪師』や『リゴレット』から数曲を録音した。1947年、レメシェフはベルリン国立歌劇場に演奏ツアーを行った。イワン・コズロフスキーと並んで、彼は1956年までボリショイ劇場を代表するテノールだった。レパートリーレメシェフの有名な持ち役は、チャイコフスキーの『エフゲニー・オネーギン』のレンスキーで、彼は1927年以降500回以上この役を歌った。最後に歌ったのは、晩年、3回も心臓発作に見舞われ、片方の肺を失っていた70歳の誕生日だった。
  • Серге́й Я́ковлевич Ле́мешев (27 июня [10 июля] 1902, село Старое Князево, Тверская губерния — 27 июня 1977, Москва) — русский советский оперный певец (лирический тенор) и оперный режиссёр, педагог. Народный артист СССР (1950). Лауреат Сталинской премии второй степени (1941). Член ВКП(б) с 1948 года.
  • Serguéi Lémeshev (Serguéi Yákovlevich Lémeshev o Серге́й Я́ковлевич Ле́мешев) (Julio 10 1902, Stároye Knyázevo, Tver – Junio 26, 1977, Moscú) fue un tenor ruso.Hijo de campesinos fue enviado a estudiar de maestro zapatero en San Petersburgo pero entrenándose como cantante logró entrar en el conservatorio moscovita entre 1921-25 donde estudió con Nazari Raisky (1875-1958). En 1924, cantó en el estudio de Konstantín Stanislavski, y luego en Sverdlovsk, Harbin y Tiflis.
rdfs:label
  • Sergueï Lemechev
  • Sergei Lemeshev
  • Sergei Lemeshev
  • Serguéi Lémeshev
  • Лемешев, Сергей Яковлевич
  • セルゲイ・レメシェフ
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of