See also: 2007 in sports

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • See also: 2007 in sports
  • Zobacz też: Grudzień 2007 · Zmarli w grudniu 2007 · Grudzień 2007 w Wikinews 2 grudnia – piłka nożna – losowanie finałów Mistrzostw Europy 2008 w Lucernie 2-16 grudnia – piłka ręczna – mistrzostwa świata w piłce ręcznej we Francji 6-9 grudnia – biathlon – Puchar Świata w Hochfilzen 6-9 grudnia – łyżwiarstwo figurowe – Finał cyklu Grand Prix Juniorów w Gdańsku 8 grudnia – judo – mistrzostwa Europy w kategorii open w Warszawie 8-9 grudnia – skoki narciarskie – Puchar Świata w Trondheim 12-16 grudnia – biathlon – Puchar Świata w Pokljuce 13-16 grudnia – łyżwiarstwo figurowe – Finał cyklu Grand Prix w Turynie 14-16 grudnia – łyżwiarstwo figurowe – Mistrzostwa Polski, w kategorii Seniorów i Novice, w Oświęcimiu
  • == 2007年12月31日追加 ==== 2007年12月30日追加 ==(競輪)KEIRINグランプリが、東京・立川競輪場で行われ、伏見俊昭(福島)が、ゴール前で小嶋敬二(石川)をかわし、2001年以来6年ぶりの優勝を果たし、1着賞金1億円も獲得。伏見は、今年の獲得賞金が1億8,500万円に達し、賞金王にもなった。 –読売新聞== 2007年12月29日追加 ==(プロ野球)巨人は、ヤクルトを自由契約となったアレックス・ラミレス投手と2年契約を結んだ。 –読売新聞(バスケットボール)全国高等学校選抜大会最終日、男子は洛南(京都)が福岡第一(福岡)を78-73で下し、2年連続3回目の優勝。 –読売新聞== 2007年12月28日追加 ==(スケート)2008年フィギュアスケート世界選手権(スウェーデン・イエーテボリ)の代表選考を兼ねた全日本選手権の最終日、女子は浅田真央が合計205.33点で2年連続優勝。フリー1位の安藤美姫が204.18点で2位。ショートプログラム4位の中野友加里が3位。中野までの上位3人が世界選手権代表に。 –産経新聞(バスケットボール)全国高等学校選抜優勝大会で、女子は桜花学園(愛知)が東京成徳大高(東京)を下し、4年ぶり15回目の優勝。 –読売新聞== 2007年12月27日追加 == (スケート)2008年フィギュアスケート世界選手権(スウェーデン・イエーテボリ)の代表選考を兼ねた全日本選手権第2日は、男子はショートプログラム首位の高橋大輔がフリーでも1位となり、合計254.58で3連覇。男子の3連覇は鍵山正和以来15季ぶり。2006年の世界ジュニア王者の小塚崇彦が219.34点の2位で、3位の南里康晴までが世界選手権代表に。 –産経新聞== 2007年12月26日追加 ==== 2007年12月25日追加 ==== 2007年12月24日追加 ==(大リーグ)フィリーズは、カージナルスからFAとなった田口壮外野手と1年契約を結んだと発表。来期年俸は約100万ドル(日本円で約1億1,300万円)。 –朝日新聞(スケート)日本スケート連盟は、全日本フィギュアスケート選手権にエントリーしていた織田信成が欠場すると発表。織田は2007年7月にミニバイクの酒気帯び運転で検挙され、10月末までの国内大会出場停止などの処分を受け、処分は解除されたものの、織田本人が年内の活動自粛を決意したという。 –朝日新聞== 2007年12月23日追加 ==(陸上)‎全国高校駅伝で、第19回の女子は、立命館宇治高校(京都)が1時間7分6秒で、7年ぶり2回目の優勝。第58回の男子は、トラック勝負までもつれ込み、仙台育英高校(宮城)が佐久長聖高校(長野)をかわし、2年ぶり7回目の優勝。 –毎日新聞(競馬)第52回有馬記念が中山競馬場で開催され、単勝9番人気のマツリダゴッホが優勝。2着は5番人気のダイワスカーレット、3着は6番人気のダイワメジャー。 –毎日新聞(アメリカンフットボール)第38回全国高校選手権決勝(クリスマスボウル)が、東京・味の素スタジアムで行われ、関西代表の大産大附(大阪)が、関東代表の早大学院(東京)を破り優勝。 –毎日新聞(スケート)スピードスケートの全日本スプリント選手権最終日、男子は初日首位の加藤条治が500メートルで1位となり、初の総合優勝。女子は初日首位の吉井小百合が2年ぶり3度目の総合優勝。 –朝日新聞== 2007年12月22日追加 ==== 2007年12月21日追加 ==== 2007年12月20日追加 ==== 2007年12月19日追加 ==== 2007年12月18日追加 == (陸上)2008年の北京オリンピック代表選考を兼ねる大阪国際女子マラソンの有力選手が、日本陸上競技連盟から発表され、このうち、ハーフマラソンのアジア記録保持者の福士加代子(ワコール)が、一般参加でフルマラソンに初挑戦。 –読売新聞 (ハンドボール)国際ハンドボール連盟は、北京オリンピックアジア予選について、審判の不可解な判定が相次いだため、男女とも全試合をやり直すことを決定。 –読売新聞 (サッカー)FIFAは、年間最優秀選手に、ブラジル代表MF・カカ(ACミラン所属)を初選出した。–読売新聞 (サッカー)JFL所属のFC琉球は、元日本代表監督のフィリップ・トルシエが総監督に就任すると発表。 –読売新聞== 2007年12月17日追加 ==(陸上)日本陸上競技連盟・朝日新聞社・テレビ朝日は、毎年11月に開催している東京国際女子マラソンを、2008年の第30回大会を最後に終了することを決めた。2007年2月に第1回大会が行われた東京マラソンとの統合を東京都から要請された一方で、警視庁からは、東京都心部で年2会のマラソン競技を開催し続けることが、交通規制の面から困難と判断された。 –朝日新聞== 2007年12月16日追加 ==(訃報)(プロ野球)元中日・南海(現ソフトバンク)・阪神の外野手で、中日・阪神でコーチを務めた島野育夫が、15日に胃癌のため死去。享年63。 –朝日新聞(大リーグ)ドジャースは、広島からFA宣言して大リーグ入りを目指していた黒田博樹投手と、入団で合意に達したと発表。3年契約で、年俸総額は3,520万ドル(日本円で約40億円)と見られる。 –朝日新聞(陸上)全日本実業団対抗女子駅伝は、長良川陸上競技場(岐阜市)の6区間42.195キロで行われ、三井住友海上が2時間14分3秒で、史上最多の6度目の優勝。 –読売新聞(大リーグ)(ドーピング)大リーグの薬物汚染に関する調査報告書に名前が記載されていた、ヤンキースのアンディ・ペティット投手が、ヒト成長ホルモン(hGH)の使用を認める声明を発表した。2002年に肘の故障で故障者リスト入りしていた時期に、治療のために2度使用したという。 –朝日新聞(アメリカンフットボール)甲子園ボウル(東西学生王座決定戦)が、16日に長居陸上競技場(大阪市)で開催され、関西代表の関学大が、関東代表の日大を41-38で破り、6年ぶり23度目の優勝、学生王座に返り咲き。 –毎日新聞(スケート)フィギュアスケートのグランプリファイナル最終日は、イタリア・トリノのパラベラ競技場で各競技の自由演技が行われ、女子の浅田真央と男子の高橋大輔が、共に2期連続の2位で銀メダルを獲得。 –朝日新聞(サッカー)クラブチーム世界一を決めるトヨタ・クラブワールドカップは、横浜国際総合競技場で決勝が行われ、ヨーロッパ代表のACミラン(イタリア)が、南アメリカ代表のボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)を4-2で降し優勝。 –朝日新聞 また、アジア代表の浦和レッズ(日本)は、PK戦でアフリカ代表のエトワール・サヘル(チュニジア)を破り3位。 –朝日新聞== 2007年12月15日追加 ==(大リーグ)レンジャーズは、楽天からFAとなった福盛和男投手の入団を発表。2年契約で、報酬総額は300万ドル(日本円で約3億3,900万円)。 –読売新聞(競馬)15日開催の中京競馬で、サンデーサイレンス産駒のディアデラノビアが、重賞の愛知杯に勝利し、同種牡馬産駒は、中央競馬の重賞で史上初の300勝を達成。 –読売新聞== 2007年12月14日追加 ==(大リーグ)(ドーピング)アメリカ・大リーグの薬物使用の実態調査を進めていたジョージ・ミッチェル元上院議員は、13日に調査報告書を公表。連邦大陪審に偽証罪などで起訴された、前ジャイアンツのバリー・ボンズ外野手の他、通算354勝のロジャー・クレメンス投手(前ヤンキース)、通算1,152試合出場を達成したミゲル・テハダ内野手(アストロズ)ら一流選手86人の名前を明かした。調査報告書の中には、2007年シーズンに西武で活躍したアレックス・カブレラや、阪神の右腕のジェフ・ウィリアムス投手らの名前も。 –読売新聞(サッカー)来期、J2リーグに降格する横浜FCは、元日本代表MF・山口素弘が今季限りで現役引退すると発表。 –読売新聞== 2007年12月13日追加 ==(プロ野球)(大リーグ)カブスは、中日からFA宣言し、大リーグへの移籍を表明していた福留孝介外野手に対し、4年契約で合意したと発表。 –読売新聞(サッカー)サッカーのクラブチーム世界一を決定するトヨタ・クラブワールドカップ第5日は、横浜国際総合競技場で準決勝第2戦が行われ、2006年のヨーロッパチャンピオンズリーグ覇者で、今大会初出場のACミラン(イタリア)が、2007年のアジアチャンピオンズリーグ覇者の日本の浦和レッズを1-0で破り、決勝進出。決勝で、ミランは、南アメリカ代表のボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)と対戦。浦和レッズは、3位決定戦で、アフリカ代表のエトワール・サヘル(チュニジア)と対戦。 –読売新聞== 2007年12月12日追加 ==(プロ野球)ロッテを自由契約となった黒木知宏投手が、12日に、現役引退を表明。 –朝日新聞== 2007年12月11日追加 ==(プロ野球)巨人は、ヤクルトを自由契約となっていたグライシンガー投手と契約したと発表。2年契約で、契約金・年俸の総額は推定で5億円。 –朝日新聞(プロ野球)(大リーグ)中日からFA宣言した福留孝介外野手は、アメリカ大リーグに挑戦することを正式表明。移籍先は、パドレスかカブスが有力。 –朝日新聞(高校野球)日本高校野球連盟は、第80回記念選抜高校野球大会の21世紀枠推薦候補校のうち、金沢市立工業高校が、不祥事を理由に推薦を辞退したと発表。2年生の部員が、修学旅行先で、同級生1人と共に自転車を盗んだことが判明したため。 –朝日新聞== 2007年12月10日追加 ==== 2007年12月9日追加 ==(プロ野球)西武からFA宣言した和田一浩外野手が、中日と初交渉し、3年契約、総額約8億4,000万円プラス出来高払いで、入団に合意。背番号は西武時代と同じ5に。 –産経新聞== 2007年12月8日追加 ==(大リーグ)(ドーピング)ステロイド剤使用などを巡り、偽証と司法妨害などの罪でサンフランシスコ連邦地裁に起訴された、大リーグ通算本塁打の最高記録保持者・バリー・ボンズが、7日に連邦地裁に罪状認否のために出頭し、無罪を主張、全面的に争う姿勢を示した。 –産経新聞(サッカー)Jリーグの1部・2部の入れ替え戦第2戦で、J2リーグで3位の京都サンガは、J1リーグで16位のサンフレッチェ広島と0-0で引き分け。京都サンガが1勝1分で、2シーズンぶりのJ1復帰。サンフレッチェ広島は5シーズンぶりのJ2降格。 –産経新聞== 2007年12月7日追加 ==(サッカーW杯)日本サッカー協会は、脳梗塞で入院しているイビチャ・オシム日本代表監督の後任に、1998年サッカーワールドカップフランス大会で代表を指揮した岡田武史の就任を正式発表。 –産経新聞== 2007年12月6日追加 ==== 2007年12月5日追加 ==(プロ野球)巨人は、横浜を自由契約となっていたクルーン投手と、契約金・年俸総額3億5,000万円(推定)で契約したと発表。 –読売新聞== 2007年12月4日追加 ==(ラグビー)部員が大麻事件を起こした、関東学院大学ラグビー部の春口広監督が、辞任届を大学側に提出し、受理された。ラグビー部員に対しては、2008年3月末まで、練習などを含む一切の課外活動を停止する処分が課されている。 –産経新聞(サッカー)J1リーグ・ジェフ千葉は、成績不振を理由に、アマル・オシム監督(日本代表のイビチャ・オシム前監督の長男)の解任を発表。 –朝日新聞== 2007年12月3日追加 ==(大リーグ)アストロズは、ロッキーズからフリーエージェントとなっていた松井稼頭央内野手と3年契約を結んだと発表。 –朝日新聞(野球)(オリンピック)北京オリンピック予選を兼ねた野球のアジア選手権は、3日に台中市の洲際野球場で決勝リーグが行われ、日本は10-2で台湾を降し、3戦全勝で5大会連続の五輪出場権を獲得。 –産経新聞== 2007年12月2日追加 ==(陸上)北京オリンピック代表選考会を兼ねた第61回福岡国際マラソンは、ハーフマラソン世界記録保持者で初マラソンとなるサムエル・ワンジル(ケニア)が、大会新記録の2時間6分39秒で優勝。2位は一般参加者のデリバ・メルガ(エチオピア)。日本人選手は、ハーフマラソン日本記録保持者の佐藤敦之(中国電力)が、2時間7分13秒で3位に入った。 –朝日新聞(サッカー)来シーズンのJ1復帰を決めたJ2・東京ヴェルディのラモス瑠偉監督が、今シーズン限りでの退任を発表。今後は、エグゼクティブディレクターとしてクラブ運営に参画。後任には柱谷哲二コーチが昇格。 –産経新聞== 2007年12月1日追加 ==(サッカー)J1リーグの最終節が各地で行われ、カシマスタジアムでは、鹿島アントラーズが、清水エスパルスに3-0で勝利し、6年ぶり5度目の優勝を飾った。 –産経新聞
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2468060 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9569 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 205 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 103369008 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • See also: 2007 in sports
  • Zobacz też: Grudzień 2007 · Zmarli w grudniu 2007 · Grudzień 2007 w Wikinews 2 grudnia – piłka nożna – losowanie finałów Mistrzostw Europy 2008 w Lucernie 2-16 grudnia – piłka ręczna – mistrzostwa świata w piłce ręcznej we Francji 6-9 grudnia – biathlon – Puchar Świata w Hochfilzen 6-9 grudnia – łyżwiarstwo figurowe – Finał cyklu Grand Prix Juniorów w Gdańsku 8 grudnia – judo – mistrzostwa Europy w kategorii open w Warszawie 8-9 grudnia – skoki narciarskie – Puchar Świata w Trondheim 12-16 grudnia – biathlon – Puchar Świata w Pokljuce 13-16 grudnia – łyżwiarstwo figurowe – Finał cyklu Grand Prix w Turynie 14-16 grudnia – łyżwiarstwo figurowe – Mistrzostwa Polski, w kategorii Seniorów i Novice, w Oświęcimiu
  • == 2007年12月31日追加 ==== 2007年12月30日追加 ==(競輪)KEIRINグランプリが、東京・立川競輪場で行われ、伏見俊昭(福島)が、ゴール前で小嶋敬二(石川)をかわし、2001年以来6年ぶりの優勝を果たし、1着賞金1億円も獲得。伏見は、今年の獲得賞金が1億8,500万円に達し、賞金王にもなった。 –読売新聞== 2007年12月29日追加 ==(プロ野球)巨人は、ヤクルトを自由契約となったアレックス・ラミレス投手と2年契約を結んだ。 –読売新聞(バスケットボール)全国高等学校選抜大会最終日、男子は洛南(京都)が福岡第一(福岡)を78-73で下し、2年連続3回目の優勝。 –読売新聞== 2007年12月28日追加 ==(スケート)2008年フィギュアスケート世界選手権(スウェーデン・イエーテボリ)の代表選考を兼ねた全日本選手権の最終日、女子は浅田真央が合計205.33点で2年連続優勝。フリー1位の安藤美姫が204.18点で2位。ショートプログラム4位の中野友加里が3位。中野までの上位3人が世界選手権代表に。 –産経新聞(バスケットボール)全国高等学校選抜優勝大会で、女子は桜花学園(愛知)が東京成徳大高(東京)を下し、4年ぶり15回目の優勝。 –読売新聞== 2007年12月27日追加 == (スケート)2008年フィギュアスケート世界選手権(スウェーデン・イエーテボリ)の代表選考を兼ねた全日本選手権第2日は、男子はショートプログラム首位の高橋大輔がフリーでも1位となり、合計254.58で3連覇。男子の3連覇は鍵山正和以来15季ぶり。2006年の世界ジュニア王者の小塚崇彦が219.34点の2位で、3位の南里康晴までが世界選手権代表に。 –産経新聞== 2007年12月26日追加 ==== 2007年12月25日追加 ==== 2007年12月24日追加 ==(大リーグ)フィリーズは、カージナルスからFAとなった田口壮外野手と1年契約を結んだと発表。来期年俸は約100万ドル(日本円で約1億1,300万円)。 –朝日新聞(スケート)日本スケート連盟は、全日本フィギュアスケート選手権にエントリーしていた織田信成が欠場すると発表。織田は2007年7月にミニバイクの酒気帯び運転で検挙され、10月末までの国内大会出場停止などの処分を受け、処分は解除されたものの、織田本人が年内の活動自粛を決意したという。 –朝日新聞== 2007年12月23日追加 ==(陸上)‎全国高校駅伝で、第19回の女子は、立命館宇治高校(京都)が1時間7分6秒で、7年ぶり2回目の優勝。第58回の男子は、トラック勝負までもつれ込み、仙台育英高校(宮城)が佐久長聖高校(長野)をかわし、2年ぶり7回目の優勝。 –毎日新聞(競馬)第52回有馬記念が中山競馬場で開催され、単勝9番人気のマツリダゴッホが優勝。2着は5番人気のダイワスカーレット、3着は6番人気のダイワメジャー。 –毎日新聞(アメリカンフットボール)第38回全国高校選手権決勝(クリスマスボウル)が、東京・味の素スタジアムで行われ、関西代表の大産大附(大阪)が、関東代表の早大学院(東京)を破り優勝。 –毎日新聞(スケート)スピードスケートの全日本スプリント選手権最終日、男子は初日首位の加藤条治が500メートルで1位となり、初の総合優勝。女子は初日首位の吉井小百合が2年ぶり3度目の総合優勝。 –朝日新聞== 2007年12月22日追加 ==== 2007年12月21日追加 ==== 2007年12月20日追加 ==== 2007年12月19日追加 ==== 2007年12月18日追加 == (陸上)2008年の北京オリンピック代表選考を兼ねる大阪国際女子マラソンの有力選手が、日本陸上競技連盟から発表され、このうち、ハーフマラソンのアジア記録保持者の福士加代子(ワコール)が、一般参加でフルマラソンに初挑戦。 –読売新聞 (ハンドボール)国際ハンドボール連盟は、北京オリンピックアジア予選について、審判の不可解な判定が相次いだため、男女とも全試合をやり直すことを決定。 –読売新聞 (サッカー)FIFAは、年間最優秀選手に、ブラジル代表MF・カカ(ACミラン所属)を初選出した。–読売新聞 (サッカー)JFL所属のFC琉球は、元日本代表監督のフィリップ・トルシエが総監督に就任すると発表。 –読売新聞== 2007年12月17日追加 ==(陸上)日本陸上競技連盟・朝日新聞社・テレビ朝日は、毎年11月に開催している東京国際女子マラソンを、2008年の第30回大会を最後に終了することを決めた。2007年2月に第1回大会が行われた東京マラソンとの統合を東京都から要請された一方で、警視庁からは、東京都心部で年2会のマラソン競技を開催し続けることが、交通規制の面から困難と判断された。 –朝日新聞== 2007年12月16日追加 ==(訃報)(プロ野球)元中日・南海(現ソフトバンク)・阪神の外野手で、中日・阪神でコーチを務めた島野育夫が、15日に胃癌のため死去。享年63。 –朝日新聞(大リーグ)ドジャースは、広島からFA宣言して大リーグ入りを目指していた黒田博樹投手と、入団で合意に達したと発表。3年契約で、年俸総額は3,520万ドル(日本円で約40億円)と見られる。 –朝日新聞(陸上)全日本実業団対抗女子駅伝は、長良川陸上競技場(岐阜市)の6区間42.195キロで行われ、三井住友海上が2時間14分3秒で、史上最多の6度目の優勝。 –読売新聞(大リーグ)(ドーピング)大リーグの薬物汚染に関する調査報告書に名前が記載されていた、ヤンキースのアンディ・ペティット投手が、ヒト成長ホルモン(hGH)の使用を認める声明を発表した。2002年に肘の故障で故障者リスト入りしていた時期に、治療のために2度使用したという。 –朝日新聞(アメリカンフットボール)甲子園ボウル(東西学生王座決定戦)が、16日に長居陸上競技場(大阪市)で開催され、関西代表の関学大が、関東代表の日大を41-38で破り、6年ぶり23度目の優勝、学生王座に返り咲き。 –毎日新聞(スケート)フィギュアスケートのグランプリファイナル最終日は、イタリア・トリノのパラベラ競技場で各競技の自由演技が行われ、女子の浅田真央と男子の高橋大輔が、共に2期連続の2位で銀メダルを獲得。 –朝日新聞(サッカー)クラブチーム世界一を決めるトヨタ・クラブワールドカップは、横浜国際総合競技場で決勝が行われ、ヨーロッパ代表のACミラン(イタリア)が、南アメリカ代表のボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)を4-2で降し優勝。 –朝日新聞 また、アジア代表の浦和レッズ(日本)は、PK戦でアフリカ代表のエトワール・サヘル(チュニジア)を破り3位。 –朝日新聞== 2007年12月15日追加 ==(大リーグ)レンジャーズは、楽天からFAとなった福盛和男投手の入団を発表。2年契約で、報酬総額は300万ドル(日本円で約3億3,900万円)。 –読売新聞(競馬)15日開催の中京競馬で、サンデーサイレンス産駒のディアデラノビアが、重賞の愛知杯に勝利し、同種牡馬産駒は、中央競馬の重賞で史上初の300勝を達成。 –読売新聞== 2007年12月14日追加 ==(大リーグ)(ドーピング)アメリカ・大リーグの薬物使用の実態調査を進めていたジョージ・ミッチェル元上院議員は、13日に調査報告書を公表。連邦大陪審に偽証罪などで起訴された、前ジャイアンツのバリー・ボンズ外野手の他、通算354勝のロジャー・クレメンス投手(前ヤンキース)、通算1,152試合出場を達成したミゲル・テハダ内野手(アストロズ)ら一流選手86人の名前を明かした。調査報告書の中には、2007年シーズンに西武で活躍したアレックス・カブレラや、阪神の右腕のジェフ・ウィリアムス投手らの名前も。 –読売新聞(サッカー)来期、J2リーグに降格する横浜FCは、元日本代表MF・山口素弘が今季限りで現役引退すると発表。 –読売新聞== 2007年12月13日追加 ==(プロ野球)(大リーグ)カブスは、中日からFA宣言し、大リーグへの移籍を表明していた福留孝介外野手に対し、4年契約で合意したと発表。 –読売新聞(サッカー)サッカーのクラブチーム世界一を決定するトヨタ・クラブワールドカップ第5日は、横浜国際総合競技場で準決勝第2戦が行われ、2006年のヨーロッパチャンピオンズリーグ覇者で、今大会初出場のACミラン(イタリア)が、2007年のアジアチャンピオンズリーグ覇者の日本の浦和レッズを1-0で破り、決勝進出。決勝で、ミランは、南アメリカ代表のボカ・ジュニアーズ(アルゼンチン)と対戦。浦和レッズは、3位決定戦で、アフリカ代表のエトワール・サヘル(チュニジア)と対戦。 –読売新聞== 2007年12月12日追加 ==(プロ野球)ロッテを自由契約となった黒木知宏投手が、12日に、現役引退を表明。 –朝日新聞== 2007年12月11日追加 ==(プロ野球)巨人は、ヤクルトを自由契約となっていたグライシンガー投手と契約したと発表。2年契約で、契約金・年俸の総額は推定で5億円。 –朝日新聞(プロ野球)(大リーグ)中日からFA宣言した福留孝介外野手は、アメリカ大リーグに挑戦することを正式表明。移籍先は、パドレスかカブスが有力。 –朝日新聞(高校野球)日本高校野球連盟は、第80回記念選抜高校野球大会の21世紀枠推薦候補校のうち、金沢市立工業高校が、不祥事を理由に推薦を辞退したと発表。2年生の部員が、修学旅行先で、同級生1人と共に自転車を盗んだことが判明したため。 –朝日新聞== 2007年12月10日追加 ==== 2007年12月9日追加 ==(プロ野球)西武からFA宣言した和田一浩外野手が、中日と初交渉し、3年契約、総額約8億4,000万円プラス出来高払いで、入団に合意。背番号は西武時代と同じ5に。 –産経新聞== 2007年12月8日追加 ==(大リーグ)(ドーピング)ステロイド剤使用などを巡り、偽証と司法妨害などの罪でサンフランシスコ連邦地裁に起訴された、大リーグ通算本塁打の最高記録保持者・バリー・ボンズが、7日に連邦地裁に罪状認否のために出頭し、無罪を主張、全面的に争う姿勢を示した。 –産経新聞(サッカー)Jリーグの1部・2部の入れ替え戦第2戦で、J2リーグで3位の京都サンガは、J1リーグで16位のサンフレッチェ広島と0-0で引き分け。京都サンガが1勝1分で、2シーズンぶりのJ1復帰。サンフレッチェ広島は5シーズンぶりのJ2降格。 –産経新聞== 2007年12月7日追加 ==(サッカーW杯)日本サッカー協会は、脳梗塞で入院しているイビチャ・オシム日本代表監督の後任に、1998年サッカーワールドカップフランス大会で代表を指揮した岡田武史の就任を正式発表。 –産経新聞== 2007年12月6日追加 ==== 2007年12月5日追加 ==(プロ野球)巨人は、横浜を自由契約となっていたクルーン投手と、契約金・年俸総額3億5,000万円(推定)で契約したと発表。 –読売新聞== 2007年12月4日追加 ==(ラグビー)部員が大麻事件を起こした、関東学院大学ラグビー部の春口広監督が、辞任届を大学側に提出し、受理された。ラグビー部員に対しては、2008年3月末まで、練習などを含む一切の課外活動を停止する処分が課されている。 –産経新聞(サッカー)J1リーグ・ジェフ千葉は、成績不振を理由に、アマル・オシム監督(日本代表のイビチャ・オシム前監督の長男)の解任を発表。 –朝日新聞== 2007年12月3日追加 ==(大リーグ)アストロズは、ロッキーズからフリーエージェントとなっていた松井稼頭央内野手と3年契約を結んだと発表。 –朝日新聞(野球)(オリンピック)北京オリンピック予選を兼ねた野球のアジア選手権は、3日に台中市の洲際野球場で決勝リーグが行われ、日本は10-2で台湾を降し、3戦全勝で5大会連続の五輪出場権を獲得。 –産経新聞== 2007年12月2日追加 ==(陸上)北京オリンピック代表選考会を兼ねた第61回福岡国際マラソンは、ハーフマラソン世界記録保持者で初マラソンとなるサムエル・ワンジル(ケニア)が、大会新記録の2時間6分39秒で優勝。2位は一般参加者のデリバ・メルガ(エチオピア)。日本人選手は、ハーフマラソン日本記録保持者の佐藤敦之(中国電力)が、2時間7分13秒で3位に入った。 –朝日新聞(サッカー)来シーズンのJ1復帰を決めたJ2・東京ヴェルディのラモス瑠偉監督が、今シーズン限りでの退任を発表。今後は、エグゼクティブディレクターとしてクラブ運営に参画。後任には柱谷哲二コーチが昇格。 –産経新聞== 2007年12月1日追加 ==(サッカー)J1リーグの最終節が各地で行われ、カシマスタジアムでは、鹿島アントラーズが、清水エスパルスに3-0で勝利し、6年ぶり5度目の優勝を飾った。 –産経新聞
rdfs:label
  • Décembre 2007 en sport
  • December 2007 in sports
  • Grudzień 2007 w sporcie
  • スポーツ 最近の出来事 2007年12月
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of