Zubayda bint Ja`far ben al-Mansûr (???-832)est la petite fille du calife Al-Mansour, et une cousine de Hârûn ar-Rachîd. Elle épousa celui-ci en 781.Elle influença son époux pour que son fils Al-Amîn soit nommé héritier bien que né quelque temps après son demi-frère Al-Ma'mun qui était le fils d'une esclave perse.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Zubayda bint Ja`far ben al-Mansûr (???-832)est la petite fille du calife Al-Mansour, et une cousine de Hârûn ar-Rachîd. Elle épousa celui-ci en 781.Elle influença son époux pour que son fils Al-Amîn soit nommé héritier bien que né quelque temps après son demi-frère Al-Ma'mun qui était le fils d'une esclave perse. Hârûn ar-Rachîd lui donna gain de cause en 802.Elle fit faire des travaux pour assurer l'approvisionnement en eau des pèlerins de La Mecque et l'aménagement de la route entre l'Irak et La Mecque. Cette route prit le nom de Darb Zubayda. Elle a soutenu les écrivains, les poètes et les médecins, même chrétiens. Elle venait à l'aide des pauvres, des étudiants et des religieux. Elle est morte en 841, longtemps après son époux.D'après les sources ismaéliennes, elle aurait été convertie à l'ismaélisme et le pratiquait de façon secrète selon la doctrine dite de la dissimulation. Elle aurait reçu l'enseignement de l'imam de Mohammed ben Ismâ`îl qui lui a expliqué les doctrines ésotériques. Elle avertissait Mohammed ben Ismâ`îl des mesures prises par Hârûn ar-Rachîd contre les ismaéliens. Il semble qu'elle cessa son activité clandestine à la mort de Mohammed ben Ismâ`îl (813).
  • ズバイダ(768年 - 823年?)は、アッバース朝の第5代カリフ・ハールーン・アッ=ラシードの正妃。第6代カリフ・アミーンの母。本名はアマトル=アジーズ。『千夜一夜物語』に夫と共にしばしば登場する。アッバース朝第2代カリフ・マンスールの孫として生まれる。祖父マンスールから大変可愛がられ、「かわいい花」という意味の「ズバイダ」という愛称で呼ばれた。その愛称どおり美貌の女性だったようである。781年に従兄のハールーン・アッ=ラシードの正妃となった。ズバイダは大変な財産家であり、正妃としての宮殿の他にもカラール宮という個人的な宮殿も所有していた。彼女は夫と共に詩や音楽などの芸術にも大変な関心を持っていたようである。聡明な彼女はまた、寛大な女性でもあり、他の妃達に特に嫉妬する事もなかったらしいが、バルマク家のヤフヤー・イブン=ハーリドの城で美貌の女性歌手ダナーニールの歌を聞いたハールーンが、それから彼女の歌を聞きに、しばしばヤフヤーの城を訪れるようになり、彼女に3万ディナールほどの高価な首飾りの贈り物をしたと聞いた時は、さすがに気になったらしくハールーンの叔父に相談したという。叔父から非難されたハールーンは叔父と共にズバイダの所へ赴き、自分はただ彼女の声と歌に魅了されたのみだと釈明し、それを聞いたズバイダは満足して夫を疑ったおわびとして10人の自分の女奴隷をハールーンに贈ったという。また、彼女は慈善事業にも関心を持ち、諸都市の給水、道路の改良、街道の中の宿泊所の設置、礼拝堂の改築・新築など寄付を惜しまなかったという。809年、息子のアミーンが第6代カリフとなったが、811年に後継者問題で異母兄のマームーンとの間に争いが起こり、813年9月、アミーンはマームーン側に捕らえられ殺害された。こうしてマームーンが第7代カリフとなったが、ズバイダの財産は保護され、彼女が毎年行っていた、詩人アブール・アターヒヤに金貨100ディナールと銀貨100ディルハムを贈る習慣を続けることができた。823年にマームーンが側近のハサン・イブン・サハルの娘ブーラーンと結婚した際には、ズバイダはその結婚式にウマイヤ朝時代からの秘宝の華麗な真珠の衣装をまとって出席し、新郎のマームーンには1000ディルハムの大金を、新婦の父ハサンにはソルハ村を贈った。以後のズバイダの消息は不明である。
  • Zubayda bint Jàfar ibn Abi-Jàfar al-Mansur, coneguda com a Umm Jàfar (vers 763 - Bagdad, 10 de juliol del 831) fou l'esposa del califa Harun ar-Raixid i mare del successor al-Amin. El seu nom verdader fou Amar al-Aziz (servidora de déu) però fou coneguda com a Zubayda (boleta de mantega) que li va donar el seu avi Al-Mansur pel seu aspecte físic. Fou bella i intel·ligent i una de les dones més admirades del seu temps. Patrocinà poetes, savis i músics i va dedicar diners a obres públiques especialment a la Meca.Es va casar amb Harun ar-Raixid el 781/782. El seu únic fill Muhàmmad (Al-Amín) va néixer el 787. Sis mesos després una concubina persa va donar a llum a Abd-Al·lah (Al-Mamun que va criar Zubayda al morir la seva mare al cap de poc; aviat se'n va donar compte que Abd-Al·lah era més intel·ligent que el seu fill. No obstant Muhàmmad fou designat successor des de 792, però Ar-Raixid mostrava preferència per Abd-Al·lah el que la molestava seriosament.El 809 Muhàmmad va pujar al tron. Quan el 811 va enviar un exèrcit al Khorasan, Zubayda va demanar al general Alí ibn Issa de que en cas de fer presoner a Abd-Al·lah i el tractés amb delicadesa i respecte. Durant la guerra, Zubayda fou humiliada pels bagdadís rebels (812) i més tard per les tropes khorasànides del general Tàhir ibn al-Hussayn que van ser responsables de la mort de Muhàmmad (813). No obstant va escriure a Abd-Al·lah i li va dir que la seva existència la compensava de les pèrdues i es va arribar a una conciliació. Alguns testimonis mostren una relació cordial amb el seu fillastre en els darrers anys de vida.
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1115085 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2575 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 90167183 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Zubayda bint Ja`far ben al-Mansûr (???-832)est la petite fille du calife Al-Mansour, et une cousine de Hârûn ar-Rachîd. Elle épousa celui-ci en 781.Elle influença son époux pour que son fils Al-Amîn soit nommé héritier bien que né quelque temps après son demi-frère Al-Ma'mun qui était le fils d'une esclave perse.
  • ズバイダ(768年 - 823年?)は、アッバース朝の第5代カリフ・ハールーン・アッ=ラシードの正妃。第6代カリフ・アミーンの母。本名はアマトル=アジーズ。『千夜一夜物語』に夫と共にしばしば登場する。アッバース朝第2代カリフ・マンスールの孫として生まれる。祖父マンスールから大変可愛がられ、「かわいい花」という意味の「ズバイダ」という愛称で呼ばれた。その愛称どおり美貌の女性だったようである。781年に従兄のハールーン・アッ=ラシードの正妃となった。ズバイダは大変な財産家であり、正妃としての宮殿の他にもカラール宮という個人的な宮殿も所有していた。彼女は夫と共に詩や音楽などの芸術にも大変な関心を持っていたようである。聡明な彼女はまた、寛大な女性でもあり、他の妃達に特に嫉妬する事もなかったらしいが、バルマク家のヤフヤー・イブン=ハーリドの城で美貌の女性歌手ダナーニールの歌を聞いたハールーンが、それから彼女の歌を聞きに、しばしばヤフヤーの城を訪れるようになり、彼女に3万ディナールほどの高価な首飾りの贈り物をしたと聞いた時は、さすがに気になったらしくハールーンの叔父に相談したという。叔父から非難されたハールーンは叔父と共にズバイダの所へ赴き、自分はただ彼女の声と歌に魅了されたのみだと釈明し、それを聞いたズバイダは満足して夫を疑ったおわびとして10人の自分の女奴隷をハールーンに贈ったという。また、彼女は慈善事業にも関心を持ち、諸都市の給水、道路の改良、街道の中の宿泊所の設置、礼拝堂の改築・新築など寄付を惜しまなかったという。809年、息子のアミーンが第6代カリフとなったが、811年に後継者問題で異母兄のマームーンとの間に争いが起こり、813年9月、アミーンはマームーン側に捕らえられ殺害された。こうしてマームーンが第7代カリフとなったが、ズバイダの財産は保護され、彼女が毎年行っていた、詩人アブール・アターヒヤに金貨100ディナールと銀貨100ディルハムを贈る習慣を続けることができた。823年にマームーンが側近のハサン・イブン・サハルの娘ブーラーンと結婚した際には、ズバイダはその結婚式にウマイヤ朝時代からの秘宝の華麗な真珠の衣装をまとって出席し、新郎のマームーンには1000ディルハムの大金を、新婦の父ハサンにはソルハ村を贈った。以後のズバイダの消息は不明である。
  • Zubayda bint Jàfar ibn Abi-Jàfar al-Mansur, coneguda com a Umm Jàfar (vers 763 - Bagdad, 10 de juliol del 831) fou l'esposa del califa Harun ar-Raixid i mare del successor al-Amin. El seu nom verdader fou Amar al-Aziz (servidora de déu) però fou coneguda com a Zubayda (boleta de mantega) que li va donar el seu avi Al-Mansur pel seu aspecte físic. Fou bella i intel·ligent i una de les dones més admirades del seu temps.
rdfs:label
  • Zubayda bint Jafar
  • Zubayda bint Jàfar
  • ズバイダ
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of