Zsuzsa « Suzy » Körmöczy épouse Branny puis Broz (25 août 1924 – 16 septembre 2006) est une joueuse de tennis hongroise des années 1940, 1950 et 1960. En 1958, elle a remporté Roland Garros en simple et atteint les demi-finales à Wimbledon, finissant la saison au deuxième rang mondial.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Zsuzsa « Suzy » Körmöczy épouse Branny puis Broz (25 août 1924 – 16 septembre 2006) est une joueuse de tennis hongroise des années 1940, 1950 et 1960. En 1958, elle a remporté Roland Garros en simple et atteint les demi-finales à Wimbledon, finissant la saison au deuxième rang mondial.
  • Zsuzsi Körmöczy, Zsuzsa Körmöczy (ur. 25 sierpnia 1924 w Budapeszcie, zm. 16 września 2006), tenisistka węgierska, zwyciężczyni międzynarodowych mistrzostw Francji i Włoch, reprezentantka w Pucharze Federacji.Praworęczna Węgierka zaliczała się do czołowych specjalistek gry na kortach ziemnych na przełomie lat 50. i 60. Regularne uderzenia z głębi kortu zapewniały jej nie tylko sukcesy na tej nawierzchni, ale i miejsce w czołówce światowej przez wiele lat. Karierę rozpoczęła stosunkowo wcześnie, jeszcze przed II wojną światową, ale na największe sukcesy — międzynarodowe mistrzostwo Francji i Włoch, półfinał Wimbledonu czy pozycję wiceliderki nieoficjalnego rankingu światowego — musiała czekać długie lata. Zapisała się w kronikach jako najstarsza triumfatorka turnieju na kortach Rolanda Garrosa (prawie 34 lata) oraz międzynarodowych mistrzostw Włoch (niespełna 36 lat). Siedem razy znalazła się w czołowej dziesiątce rankingu światowego (1953, 1955, 1956, 1958, 1959, 1960, 1961), najwyżej w 1958 — na drugim miejscu.
  • Körmöczy Zsuzsa (Budapest, 1924. augusztus 25. – Budapest, 2006. szeptember 16.) minden idők legsikeresebb magyarországi teniszezője volt.Körmöczy Zsuzsa kilenc éves korában kezdte a teniszezést és a következő évtizedekben több magyar klub (ÚTE, BBTE, BEAC, Vasas) versenyzője volt. Tizenkilencszer lett magyar bajnok, ötször főiskolai világbajnok. 1958-ban a női tenisz világranglistán második volt, és egy évtizeden át szerepelt a legjobb tíz között. Ebben az évben megnyerte a Roland Garrost, 6:4, 1:6, 6:2 arányban legyőzve a brit Shirley Bloomert, és ezzel megszerezve a magyar színekben versenyző nők első és máig egyetlen Grand Slam-trófeáját.Ugyancsak 1958-ban Wimbledonban bronzérmet szerzett. 1959-ben ismét döntős volt a Roland Garroson, de 6:4, 7:5 arányban vereséget szenvedett a brit Christine Trumantől. 1960-ban győzött az olasz és a francia nemzetközi bajnokságban. Hatszor nyerte meg a monte-carlói nemzetközi versenyt. 1964-ben hagyta abba a versenyzést, ezután hat évig a magyar női teniszválogatott szövetségi kapitánya volt, majd 1985-ig a Testnevelési Főiskola nemzetközi osztályát vezette. 1985-ben elvállalta a Vasas tenisz szakosztályának vezetését, tisztségeit a klubnál 2004 májusáig viselte, amikor lemondott, mert nem értett egyet a klubvezetés elképzeléseivel.
  • Zsuzsa Körmöczy [ˈʒuʒɒ ˈkørmøtsi] (* 25. August 1924; † 16. September 2006) war eine ungarische Tennisspielerin.Körmöczy gewann 1958 in Roland Garros (den Französischen Tennismeisterschaften, heute French Open) das Endspiel gegen die Vorjahressiegerin Shirley Bloomer mit 6:4, 1:6 und 6:2. Das war der erste und letzte Grand Slam Titel einer Ungarin bis heute. Sie wurde 1958 der Sportler des Jahres in Ungarn, Körmöczy war die erste Frau, die diese Auszeichnung bekam. Im Jahre 1958 erreichte sie auch den dritten Platz in Wimbledon und war zu diesem Zeitpunkt Zweite der Tennis-Weltrangliste. Im Jahre 1964 beendete sie ihre aktive Laufbahn, arbeitete als Trainerin für Vasas Budapest und war Managerin des nationalen Tennisbundes. Nach dem Fall des Kommunismus wurde sie von der demokratischen Regierung 1994 und 2003 ausgezeichnet.
  • ジュジャ・ケルメツィ(Zsuzsa Körmöczy, または Zsuzsi Körmöczy, ハンガリー語:Körmöczy Zsuzsa ケルメツィ・ジュジャ, 1924年8月25日 - 2006年9月16日)は、ハンガリー・ブダペスト出身の女子テニス選手。1958年の全仏選手権(現在の全仏オープン)女子シングルス優勝者で、当地の女子テニス選手として唯一の4大大会シングルス優勝者である。彼女は全仏オープン女子シングルスで「33歳9ヶ月」の最年長優勝記録を樹立した。“Zsuzsa”(ジュジャ)というハンガリー語の名前が読みにくいことから、英語文献では Suzy Körmöczy (スージー・コルモッツィ)という簡略化した表記も見られる。(注:姓の日本語読み「ケルメツィ」については、ハンガリー文化センター [1] のニュースを参照した。)ケルメツィのテニスは、粘り強いベースライン・プレーヤーのスタイルで、トップスピン(順回転)のフォアハンド・ストロークを最も得意にした。少女時代から晩年まで、ハンガリーの国民的な人気者であった彼女は、同国最初の4大大会シングルス優勝者になったヨージェフ・アシュボード(1947年全仏選手権男子シングルス優勝)に比べて、はるかに多数の文献資料や写真が残っている。ジュジャ・ケルメツィは12歳でハンガリーの女子ジュニア・チャンピオンになり、14歳で初めての海外遠征に出るほどの有望選手だったが、彼女が15歳の時に第2次世界大戦が勃発した。終戦後にテニス経歴を再開し、1947年全仏選手権で初めてのベスト8に進出する。当時23歳のケルメツィは、準々決勝で第1シードのマーガレット・オズボーンに 0-6, 3-6 で完敗した。(この大会の男子シングルスで、ヨージェフ・アシュボードがハンガリー人のテニス選手として最初の4大大会優勝者になった。)この年にウィンブルドン選手権にもデビューしたが、1回戦で第8シードのジーン・ボストックに 4-6, 3-6 で敗れた。ウィンブルドン選手権では、大会前年度優勝者がセンター・コートの第1試合(オープニング・マッチ)に出る伝統があるが、1946年の優勝者ポーリーン・ベッツ(アメリカ)がプロテニス選手に転向したため、地元イギリス人選手であるボストックの試合がオープニング・マッチに割り当てられ、ケルメツィはそこに出場したのである。翌1948年には、第5シードで出場した全仏選手権は初戦で敗退したが、ウィンブルドン選手権でシャーリー・フライとの4回戦に進出した。しかし、1948年末にケルメツィの妊娠が分かり、1949年に娘を出産する。出産直後から激痛に悩まされるようになったケルメツィは「腎臓結石」と診断され、1951年の夏まで休養を余儀なくされた。その後も、彼女の競技生活はけがや病気との闘いが続いた。1951年のウィンブルドン選手権で3年ぶりに復帰し、マーガレット・オズボーン・デュポンとの3回戦に進出した後、1952年にも病気療養の生活を送る。1953年のウィンブルドン選手権で、ケルメツィは初めてのウィンブルドン・ベスト8に入り、第2シードのドリス・ハートに 5-7, 5-7 で敗れた。ここで腎臓の病気がぶり返し、1954年9月に腎臓の手術を受ける。ようやく1955年に入ってから、彼女は全仏選手権・ウィンブルドン選手権に挑戦するコンディションを取り戻した。1955年のウィンブルドン選手権で、ケルメツィは2回戦で第4シードのアンジェラ・モーティマー(イギリス)を破って波に乗り、第6シードのダーリーン・ハード(アメリカ)との準々決勝に進出した。翌1956年の全仏選手権で、彼女は1947年以来9年ぶりの好成績を出し、ようやく女子シングルスのベスト4に初進出した。2年後の1958年全仏選手権において、ジュジャ・ケルメツィの根気強い努力はついに報われ、初進出の決勝でシャーリー・ブルーマー(イギリス)を 6-4, 1-6, 6-2 で破って初優勝を飾った。これはハンガリー出身の女子テニス選手として最初の4大大会シングルス優勝であり、今なお同国の女性としては唯一の記録である。ヨージェフ・アシュボードの全仏男子シングルス優勝からも、すでに11年の歳月が流れていた。初優勝時の年齢「33歳9ヶ月」は、全仏オープンの女子シングルスでは史上最年長優勝記録である。全仏初優勝の後、ケルメツィはウィンブルドン選手権でも初めてのベスト4に入る。この年は出場9大会のうち、ウィンブルドンを除く8大会で優勝し、当時の女子テニス世界ランキングで「2位」に入った。1959年の全仏選手権で、ケルメツィはハンガリー女性として史上初の4大大会シングルス第1シードに選ばれた。しかし、2年連続の進出となった決勝戦で当時18歳のクリスティン・トルーマン(イギリス)に 4-6, 5-7 で敗れ、大会連覇を逸した。1961年全仏選手権では、ケルメツィは第10シードから4度目のベスト4に勝ち上がり、準々決勝で第2シードのマリア・ブエノ(ブラジル)を破った後、準決勝でアン・ヘイドン(イギリス)に 6-3, 1-6, 3-6 の逆転で敗れ、3度目の決勝進出を逃している。1963年には全米選手権に唯一の出場があり、この年に創設された女子テニス国別対抗戦・フェデレーションカップにもハンガリー代表選手として出場した。1964年全仏選手権の3回戦敗退とウィンブルドン選手権の1回戦敗退を最後に、ジュジャ・ケルメツィは40歳で競技テニスから引退する。ウィンブルドンの1回戦で、ケルメツィがビビアン・デニス(Vivienne Dennis)との試合を1ゲームだけで棄権した後、地元イギリスの新聞はケルメツィの撤退を「フェアな態度だった」と書いたという。それは(もし初戦を突破した場合の)次の対戦相手が、南アフリカのグレンダ・スワンであったことから、当時共産主義国家であったハンガリーの選手が、当時アパルトヘイトを推進していた南アフリカの選手と試合することは「禁止されていた」ためである。彼女の引退当時は、テニスの試合にもこのような政治の影が落ちていた。選手生活からの引退後、ケルメツィはハンガリーで後進の育成に携わった。彼女が65歳の時、1989年にハンガリーの共産主義政権が崩壊する。2006年8月25日、ケルメツィは82歳の誕生日に国際テニス連盟から「テニスに貢献した選手の賞」(Awards for Services to the Game)を授与された。一緒に受賞した選手は総計13名で、その中にはクルト・ニールセン(デンマーク)、加茂公成(日本)、バルバラ・シェット(オーストリア)、アンナ・スマシュノワ(イスラエル)、ジーナ・ガリソン(アメリカ)などがいた。しかし、国際テニス連盟の表彰から1ヶ月もたたないうちに、ジュジャ・ケルメツィは2006年9月16日に82歳と22日で死去した。
  • Zsuzsa Körmöczy (25 agosto 1924 – 16 settembre 2006) è stata una tennista ungherese.
  • Zsuzsa Körmöczy (August 25, 1924 - September 16, 2006) was a female tennis player from Hungary. She won the singles title at the 1958 French Championships at the age of 33 and reached the semifinals at Wimbledon in 1958. According to Lance Tingay of The Daily Telegraph and the Daily Mail, Körmöczy was ranked in the world top ten in 1953, 1955, 1956, and 1958 and again from 1959 through 1961 (no rankings issued from 1940 through 1945), reaching a career high of World No. 2 in those rankings in 1958.She retired from competition in 1964 to work as a coach for Vasas (the Ironworker Union's Sports Club) and act as the national tennis association's manager. After the fall of communism, she was decorated by new democratic governments in 1994 and 2003.She was named Hungarian Sportswoman of The Year in 1958 after having won the French Championships the same year. She became the first sportswoman granted this award.
dbpedia-owl:birthDate
  • 1924-08-25 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathDate
  • 2006-09-16 (xsd:date)
dbpedia-owl:rolandGarrosDouble
  • 1/2
dbpedia-owl:rolandGarrosMixed
  • 1/32
dbpedia-owl:rolandGarrosSingle
  • V (1)
dbpedia-owl:spouseName
  • épouse Branny puis Broz
dbpedia-owl:usOpenSingle
  • 1/32
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1306115 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13561 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 106578185 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:wimbledonDouble
  • 1/8
dbpedia-owl:wimbledonSingle
  • 1/2
prop-fr:catégorie
  • G. Chelem
prop-fr:contexte
  • Joueuse
prop-fr:date
  • 1956 (xsd:integer)
  • 1960 (xsd:integer)
  • 1958-05-20 (xsd:date)
  • 1959-05-19 (xsd:date)
prop-fr:dateDeDécès
  • 2006-09-16 (xsd:date)
prop-fr:dateDeMiseÀJour
  • 2013-11-26 (xsd:date)
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1924-08-25 (xsd:date)
prop-fr:dotation
  • Non
prop-fr:f
  • Ann Haydon-Jones
  • Shirley Bloomer
prop-fr:nom
  • Zsuzsa Körmöczy
prop-fr:nomD'épouse
  • épouse Branny puis Broz
prop-fr:n°_
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
prop-fr:palmarès
  • Finales
  • Titres
prop-fr:parcours
prop-fr:rolandGarrosDouble
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:rolandGarrosMixte
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:rolandGarrosSimple
  • V
prop-fr:score
  • 6 (xsd:integer)
prop-fr:surface
  • Terre
prop-fr:tableau
  • Simple
prop-fr:tournoi
  • Internationaux d'Italie
  • Internationaux de France de tennis
prop-fr:usOpenSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:v
  • Althea Gibson
  • Christine Truman
prop-fr:ville
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:wimbledonDouble
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:wimbledonSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:édition
  • Internationaux d'Italie
  • Internationaux de France
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Zsuzsa « Suzy » Körmöczy épouse Branny puis Broz (25 août 1924 – 16 septembre 2006) est une joueuse de tennis hongroise des années 1940, 1950 et 1960. En 1958, elle a remporté Roland Garros en simple et atteint les demi-finales à Wimbledon, finissant la saison au deuxième rang mondial.
  • ジュジャ・ケルメツィ(Zsuzsa Körmöczy, または Zsuzsi Körmöczy, ハンガリー語:Körmöczy Zsuzsa ケルメツィ・ジュジャ, 1924年8月25日 - 2006年9月16日)は、ハンガリー・ブダペスト出身の女子テニス選手。1958年の全仏選手権(現在の全仏オープン)女子シングルス優勝者で、当地の女子テニス選手として唯一の4大大会シングルス優勝者である。彼女は全仏オープン女子シングルスで「33歳9ヶ月」の最年長優勝記録を樹立した。“Zsuzsa”(ジュジャ)というハンガリー語の名前が読みにくいことから、英語文献では Suzy Körmöczy (スージー・コルモッツィ)という簡略化した表記も見られる。(注:姓の日本語読み「ケルメツィ」については、ハンガリー文化センター [1] のニュースを参照した。)ケルメツィのテニスは、粘り強いベースライン・プレーヤーのスタイルで、トップスピン(順回転)のフォアハンド・ストロークを最も得意にした。少女時代から晩年まで、ハンガリーの国民的な人気者であった彼女は、同国最初の4大大会シングルス優勝者になったヨージェフ・アシュボード(1947年全仏選手権男子シングルス優勝)に比べて、はるかに多数の文献資料や写真が残っている。ジュジャ・ケルメツィは12歳でハンガリーの女子ジュニア・チャンピオンになり、14歳で初めての海外遠征に出るほどの有望選手だったが、彼女が15歳の時に第2次世界大戦が勃発した。終戦後にテニス経歴を再開し、1947年全仏選手権で初めてのベスト8に進出する。当時23歳のケルメツィは、準々決勝で第1シードのマーガレット・オズボーンに 0-6, 3-6 で完敗した。(この大会の男子シングルスで、ヨージェフ・アシュボードがハンガリー人のテニス選手として最初の4大大会優勝者になった。)この年にウィンブルドン選手権にもデビューしたが、1回戦で第8シードのジーン・ボストックに 4-6, 3-6 で敗れた。ウィンブルドン選手権では、大会前年度優勝者がセンター・コートの第1試合(オープニング・マッチ)に出る伝統があるが、1946年の優勝者ポーリーン・ベッツ(アメリカ)がプロテニス選手に転向したため、地元イギリス人選手であるボストックの試合がオープニング・マッチに割り当てられ、ケルメツィはそこに出場したのである。翌1948年には、第5シードで出場した全仏選手権は初戦で敗退したが、ウィンブルドン選手権でシャーリー・フライとの4回戦に進出した。しかし、1948年末にケルメツィの妊娠が分かり、1949年に娘を出産する。出産直後から激痛に悩まされるようになったケルメツィは「腎臓結石」と診断され、1951年の夏まで休養を余儀なくされた。その後も、彼女の競技生活はけがや病気との闘いが続いた。1951年のウィンブルドン選手権で3年ぶりに復帰し、マーガレット・オズボーン・デュポンとの3回戦に進出した後、1952年にも病気療養の生活を送る。1953年のウィンブルドン選手権で、ケルメツィは初めてのウィンブルドン・ベスト8に入り、第2シードのドリス・ハートに 5-7, 5-7 で敗れた。ここで腎臓の病気がぶり返し、1954年9月に腎臓の手術を受ける。ようやく1955年に入ってから、彼女は全仏選手権・ウィンブルドン選手権に挑戦するコンディションを取り戻した。1955年のウィンブルドン選手権で、ケルメツィは2回戦で第4シードのアンジェラ・モーティマー(イギリス)を破って波に乗り、第6シードのダーリーン・ハード(アメリカ)との準々決勝に進出した。翌1956年の全仏選手権で、彼女は1947年以来9年ぶりの好成績を出し、ようやく女子シングルスのベスト4に初進出した。2年後の1958年全仏選手権において、ジュジャ・ケルメツィの根気強い努力はついに報われ、初進出の決勝でシャーリー・ブルーマー(イギリス)を 6-4, 1-6, 6-2 で破って初優勝を飾った。これはハンガリー出身の女子テニス選手として最初の4大大会シングルス優勝であり、今なお同国の女性としては唯一の記録である。ヨージェフ・アシュボードの全仏男子シングルス優勝からも、すでに11年の歳月が流れていた。初優勝時の年齢「33歳9ヶ月」は、全仏オープンの女子シングルスでは史上最年長優勝記録である。全仏初優勝の後、ケルメツィはウィンブルドン選手権でも初めてのベスト4に入る。この年は出場9大会のうち、ウィンブルドンを除く8大会で優勝し、当時の女子テニス世界ランキングで「2位」に入った。1959年の全仏選手権で、ケルメツィはハンガリー女性として史上初の4大大会シングルス第1シードに選ばれた。しかし、2年連続の進出となった決勝戦で当時18歳のクリスティン・トルーマン(イギリス)に 4-6, 5-7 で敗れ、大会連覇を逸した。1961年全仏選手権では、ケルメツィは第10シードから4度目のベスト4に勝ち上がり、準々決勝で第2シードのマリア・ブエノ(ブラジル)を破った後、準決勝でアン・ヘイドン(イギリス)に 6-3, 1-6, 3-6 の逆転で敗れ、3度目の決勝進出を逃している。1963年には全米選手権に唯一の出場があり、この年に創設された女子テニス国別対抗戦・フェデレーションカップにもハンガリー代表選手として出場した。1964年全仏選手権の3回戦敗退とウィンブルドン選手権の1回戦敗退を最後に、ジュジャ・ケルメツィは40歳で競技テニスから引退する。ウィンブルドンの1回戦で、ケルメツィがビビアン・デニス(Vivienne Dennis)との試合を1ゲームだけで棄権した後、地元イギリスの新聞はケルメツィの撤退を「フェアな態度だった」と書いたという。それは(もし初戦を突破した場合の)次の対戦相手が、南アフリカのグレンダ・スワンであったことから、当時共産主義国家であったハンガリーの選手が、当時アパルトヘイトを推進していた南アフリカの選手と試合することは「禁止されていた」ためである。彼女の引退当時は、テニスの試合にもこのような政治の影が落ちていた。選手生活からの引退後、ケルメツィはハンガリーで後進の育成に携わった。彼女が65歳の時、1989年にハンガリーの共産主義政権が崩壊する。2006年8月25日、ケルメツィは82歳の誕生日に国際テニス連盟から「テニスに貢献した選手の賞」(Awards for Services to the Game)を授与された。一緒に受賞した選手は総計13名で、その中にはクルト・ニールセン(デンマーク)、加茂公成(日本)、バルバラ・シェット(オーストリア)、アンナ・スマシュノワ(イスラエル)、ジーナ・ガリソン(アメリカ)などがいた。しかし、国際テニス連盟の表彰から1ヶ月もたたないうちに、ジュジャ・ケルメツィは2006年9月16日に82歳と22日で死去した。
  • Zsuzsa Körmöczy (25 agosto 1924 – 16 settembre 2006) è stata una tennista ungherese.
  • Zsuzsa Körmöczy (August 25, 1924 - September 16, 2006) was a female tennis player from Hungary. She won the singles title at the 1958 French Championships at the age of 33 and reached the semifinals at Wimbledon in 1958. According to Lance Tingay of The Daily Telegraph and the Daily Mail, Körmöczy was ranked in the world top ten in 1953, 1955, 1956, and 1958 and again from 1959 through 1961 (no rankings issued from 1940 through 1945), reaching a career high of World No.
  • Körmöczy Zsuzsa (Budapest, 1924. augusztus 25. – Budapest, 2006. szeptember 16.) minden idők legsikeresebb magyarországi teniszezője volt.Körmöczy Zsuzsa kilenc éves korában kezdte a teniszezést és a következő évtizedekben több magyar klub (ÚTE, BBTE, BEAC, Vasas) versenyzője volt. Tizenkilencszer lett magyar bajnok, ötször főiskolai világbajnok. 1958-ban a női tenisz világranglistán második volt, és egy évtizeden át szerepelt a legjobb tíz között.
  • Zsuzsi Körmöczy, Zsuzsa Körmöczy (ur. 25 sierpnia 1924 w Budapeszcie, zm. 16 września 2006), tenisistka węgierska, zwyciężczyni międzynarodowych mistrzostw Francji i Włoch, reprezentantka w Pucharze Federacji.Praworęczna Węgierka zaliczała się do czołowych specjalistek gry na kortach ziemnych na przełomie lat 50. i 60. Regularne uderzenia z głębi kortu zapewniały jej nie tylko sukcesy na tej nawierzchni, ale i miejsce w czołówce światowej przez wiele lat.
  • Zsuzsa Körmöczy [ˈʒuʒɒ ˈkørmøtsi] (* 25. August 1924; † 16. September 2006) war eine ungarische Tennisspielerin.Körmöczy gewann 1958 in Roland Garros (den Französischen Tennismeisterschaften, heute French Open) das Endspiel gegen die Vorjahressiegerin Shirley Bloomer mit 6:4, 1:6 und 6:2. Das war der erste und letzte Grand Slam Titel einer Ungarin bis heute. Sie wurde 1958 der Sportler des Jahres in Ungarn, Körmöczy war die erste Frau, die diese Auszeichnung bekam.
rdfs:label
  • Zsuzsa Körmöczy
  • Körmöczy Zsuzsa
  • Zsuzsa Körmöczy
  • Zsuzsa Körmöczy
  • Zsuzsa Körmöczy
  • Zsuzsi Körmöczy
  • Кёрмёци, Жужа
  • ジュジャ・ケルメツィ
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Zsuzsa Körmöczy
is dbpedia-owl:championInSingleFemale of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of