Vivian " Viv " Erzerum Bede McGrath, né le 17 février 1916 à Mudgee (Nouvelle-Galles du Sud) et mort le 9 avril 1978 à Burradoo (Nouvelle-Galles du Sud), est un joueur de tennis australien.En simple, il a remporté les Championnats d'Australie en 1937 et a atteint les quarts de finale des Internationaux de France en 1935.En double messieurs, il a remporté les Championnats d'Australie en 1935, y a été finaliste en 1936 et 1940, ainsi que trois fois finaliste consécutivement à Roland-Garros de 1933 à 1935.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Vivian " Viv " Erzerum Bede McGrath, né le 17 février 1916 à Mudgee (Nouvelle-Galles du Sud) et mort le 9 avril 1978 à Burradoo (Nouvelle-Galles du Sud), est un joueur de tennis australien.En simple, il a remporté les Championnats d'Australie en 1937 et a atteint les quarts de finale des Internationaux de France en 1935.En double messieurs, il a remporté les Championnats d'Australie en 1935, y a été finaliste en 1936 et 1940, ainsi que trois fois finaliste consécutivement à Roland-Garros de 1933 à 1935.
  • Vivian McGrath (Merrendee, 17 febbraio 1916 – Burradoo, 9 aprile 1978) è stato un tennista australiano.
  • ビビアン・マグラス(Vivian McGrath, 1916年2月17日 - 1978年4月9日)は、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州マジー出身の男子テニス選手。1930年代にオーストラリアを代表する選手の1人として活躍し、1937年の全豪選手権男子シングルス優勝者になった。彼は地元の全豪選手権だけでなく、全仏選手権でも男子ダブルス3年連続準優勝の成績がある。マグラスは「両手打ちバックハンド・ストローク」を世界に紹介した選手としても知られる。フルネームは Vivian Erzerum Bede McGrath (ビビアン・アーゼルム・ビード・マグラス)という。愛称の「ビブ・マグラス」(Viv McGrath)でテニス文献や優勝記録表などに記載されることも多い。右利きの選手。若い頃から「テニスの天才少年」と呼ばれたマグラスは、1932年に16歳で全豪選手権のジュニア男子シングルスに優勝し、本戦でもベスト8に進出した。この準々決勝で敗れた相手が日本の佐藤次郎であったことから、マグラスは早くから日本人選手たちと深いつながりを持っていた。1933年、マグラスはチーム史上最年少の17歳でデビスカップのオーストラリア代表選手に初選出された。初めての海外遠征で、マグラスは全仏選手権でもジュニア男子シングルスに優勝し、この大会から3年連続で全仏選手権の男子ダブルス決勝に進出した。ここではエイドリアン・クイストとペアを組み、イギリスペアのフレッド・ペリー&ジョージ・ヒューズ組に敗れて準優勝になる。全仏選手権の終了後、デ杯「ヨーロッパ・ゾーン」準決勝でオーストラリアは日本と対戦し、マグラスはシングルス第2試合で佐藤に勝ったが、第4試合で布井良助に敗れている。[1] 年末の全豪選手権では、マグラスは準々決勝でアメリカの強豪選手エルスワース・バインズを破り、準決勝まで進出した。1934年のデビスカップでもオーストラリアと日本との対戦が決まったが、エースの佐藤次郎が遠征中にマラッカ海峡で投身自殺したため、日本チームは弱体化した。この対戦では、マグラスはシングルス第1試合で山岸二郎を破っている。[2] この後、マグラスはデ杯で日本チームとの対戦はなかった。1934年の全仏選手権男子ダブルス決勝では、マグラスはジャック・クロフォードとペアを組み、地元フランスのジャン・ボロトラ&ジャック・ブルニョン組に敗れた。1935年、マグラスは全仏選手権とウィンブルドンでシングルスのベスト8に入り、2大会連続でドイツのゴットフリート・フォン・クラムに連敗した。最後の全仏選手権男子ダブルス決勝では、パートナーはドン・ターンブルであったが、同じオーストラリアのエイドリアン・クイスト&ジャック・クロフォード組に敗れ、ここでは3年連続の準優勝に終わった。マグラスは地元の全豪選手権で、1935年の男子ダブルスと1937年の男子シングルスに優勝する。1935年の男子ダブルスではジャック・クロフォードとペアを組み、イギリスのフレッド・ペリー&ジョージ・ヒューズ組を 6-4, 8-6, 6-2 で破って優勝した。そしてついに、1937年の全豪選手権でマグラスは男子シングルス初優勝を達成する。1933年から1936年まで、シングルスでは4年連続のベスト4で止まっていたが、初進出の決勝でジョン・ブロムウィッチを 6-3, 1-6, 6-0, 2-6, 6-1 のフルセットで破り、21歳の若さでシングルス初栄冠を獲得した。対戦相手のブロムウィッチも、当時のテニス選手としては変則的なスタイルで、フォアハンド・ストロークとバックハンド・ストロークをともに両手打ちしていた。マグラスは1937年まで、5年間デビスカップ代表選手を務め、全豪選手権には1940年まで出場した。最後の全豪出場では、マグラスは男子ダブルスでクロフォードとペアを組み、決勝でエイドリアン・クイスト&ジョン・ブロムウィッチ組に敗れて準優勝になる。クイストとブロムウィッチは、1938年からペアとして全豪男子ダブルス連覇記録を始めていた。しかし第2次世界大戦が勃発すると、マグラスも軍役に就き、1941年11月から「オーストラリア帝国軍」にて輸送の仕事に携わった。世界大戦の終結後、マグラスは1946年5月に退役を認められたが、もう2度とテニスの早熟選手だった頃のフォームを取り戻せなかった。終戦後の彼は、手首や足などに関節炎を患い、喘息の発作にも悩まされた。(彼のライバル選手たちでも、エイドリアン・クイストやジョン・ブロムウィッチは終戦後テニス界に復帰した。)その後は後進の育成に携わり、オーストラリアの首都キャンベラの日本大使館でコーチを務めたこともある。ビビアン・マグラスは1978年4月9日、冠状動脈閉塞症のため62歳で死去した。彼の葬儀には、現役時代のライバルだったジャック・クロフォードとエイドリアン・クイストも出席し、棺の付き添い人を務めた。
  • Vivian ("Viv") Erzerum Bede McGrath (17 de febrero de 1916 - 9 de abril de 1978) fue un campeón australiano de tenis de los años 1930. Fue uno de los primeros jugadores de alto rendimiento en usar un revés a dos manos. Su mayor logro fue el Campeonato Australiano de 1937.
  • Vivian Erzerum Bede "Viv" McGrath (17 February 1916 – 9 April 1978) was an Australian tennis champion of the 1930s. Along with John Bromwich, he was one of the first great players to use a two-handed backhand. His name was pronounced "McGraw".
  • Vivian Erzerum Bede McGrath, Viv McGrath (ur. 17 lutego 1916 w Merrendee koło Mudgee, Nowa Południowa Walia, zm. 9 kwietnia 1978 w Burradoo, Nowa Południowa Walia) - tenisista australijski, zwycięzca wielkoszlemowych mistrzostw Australii w grze pojedynczej i podwójnej, reprezentant w Pucharze Davisa.
  • Vivian "Viv" Erzerum Bede McGrath (* 17. Februar 1916; † 9. April 1978) war ein australischer Tennisspieler.Sein größter Erfolg war der Gewinn der Australischen Tennismeisterschaften (heute: Australian Open) im Jahr 1937. Im Finale siegte er über John Bromwich mit 6:3, 1:6, 6:0, 2:6 und 6:1.Im Doppel konnte er zusammen mit Jack Crawford 1935 bei den Australischen Tennismeisterschaften triumphieren.McGrath war einer der ersten Tennisspieler, der die beidhändige Rückhand verwendete.
dbpedia-owl:australiaOpenDouble
  • V(1)
dbpedia-owl:australiaOpenSingle
  • V(1)
dbpedia-owl:birthDate
  • 1916-02-17 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1978-04-09 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:racketCatching
  • Droitier
dbpedia-owl:rolandGarrosDouble
  • F(3)
dbpedia-owl:rolandGarrosSingle
  • 1/4
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:usOpenDouble
  • -
dbpedia-owl:usOpenSingle
  • 1/16
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1266225 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7279 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 64 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 106563559 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:wimbledonDouble
  • -
dbpedia-owl:wimbledonSingle
  • 1/4
prop-fr:advers
prop-fr:cat
  • GC
prop-fr:champion
prop-fr:date
  • 1935 (xsd:integer)
  • 1937 (xsd:integer)
  • 1933-05-22 (xsd:date)
  • 1934-06-25 (xsd:date)
  • 1935-01-05 (xsd:date)
  • 1935-05-20 (xsd:date)
  • 1936-01-20 (xsd:date)
  • 1940-01-20 (xsd:date)
prop-fr:dateDeDécès
  • 1978-04-09 (xsd:date)
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1916-02-17 (xsd:date)
prop-fr:finaliste
prop-fr:lien
  • Championnat de tennis d'Australie 1935
  • Internationaux de France de tennis 1933
  • Internationaux de France de tennis 1935
  • Internationaux de France de tennis 1934
  • Internationaux d'Italie 1935
  • Championnat de tennis d'Australie 1936
  • Championnat de tennis d'Australie 1937
  • Championnat de tennis d'Australie 1940
  • Tournoi de Hambourg 1937
prop-fr:lieu
prop-fr:lieuDeDécès
  • Burradoo
prop-fr:lieuDeNaissance
  • Mudgee
prop-fr:nom
  • Vivian McGrath
prop-fr:num
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
prop-fr:openD'australieDouble
  • V
prop-fr:openD'australieSimple
  • V
  • V
prop-fr:paysad
  • GER
  • AUS
prop-fr:paysc
  • FRA
  • GBR
  • AUS
prop-fr:paysf
  • FRA
  • GBR
  • AUS
prop-fr:payst
  • FRA
  • GER
  • AUS
  • ITA
prop-fr:priseDeRaquette
  • Droitier
prop-fr:rolandGarrosDouble
  • F
prop-fr:rolandGarrosSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:score
  • 1 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 11 (xsd:integer)
prop-fr:surface
  • Gazon
  • Terre battue
prop-fr:tailleImage
  • 200 (xsd:integer)
prop-fr:tournoi
prop-fr:usOpenDouble
  • -
prop-fr:usOpenSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:wimbledonDouble
  • -
prop-fr:wimbledonSimple
  • 1 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Vivian " Viv " Erzerum Bede McGrath, né le 17 février 1916 à Mudgee (Nouvelle-Galles du Sud) et mort le 9 avril 1978 à Burradoo (Nouvelle-Galles du Sud), est un joueur de tennis australien.En simple, il a remporté les Championnats d'Australie en 1937 et a atteint les quarts de finale des Internationaux de France en 1935.En double messieurs, il a remporté les Championnats d'Australie en 1935, y a été finaliste en 1936 et 1940, ainsi que trois fois finaliste consécutivement à Roland-Garros de 1933 à 1935.
  • Vivian McGrath (Merrendee, 17 febbraio 1916 – Burradoo, 9 aprile 1978) è stato un tennista australiano.
  • ビビアン・マグラス(Vivian McGrath, 1916年2月17日 - 1978年4月9日)は、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州マジー出身の男子テニス選手。1930年代にオーストラリアを代表する選手の1人として活躍し、1937年の全豪選手権男子シングルス優勝者になった。彼は地元の全豪選手権だけでなく、全仏選手権でも男子ダブルス3年連続準優勝の成績がある。マグラスは「両手打ちバックハンド・ストローク」を世界に紹介した選手としても知られる。フルネームは Vivian Erzerum Bede McGrath (ビビアン・アーゼルム・ビード・マグラス)という。愛称の「ビブ・マグラス」(Viv McGrath)でテニス文献や優勝記録表などに記載されることも多い。右利きの選手。若い頃から「テニスの天才少年」と呼ばれたマグラスは、1932年に16歳で全豪選手権のジュニア男子シングルスに優勝し、本戦でもベスト8に進出した。この準々決勝で敗れた相手が日本の佐藤次郎であったことから、マグラスは早くから日本人選手たちと深いつながりを持っていた。1933年、マグラスはチーム史上最年少の17歳でデビスカップのオーストラリア代表選手に初選出された。初めての海外遠征で、マグラスは全仏選手権でもジュニア男子シングルスに優勝し、この大会から3年連続で全仏選手権の男子ダブルス決勝に進出した。ここではエイドリアン・クイストとペアを組み、イギリスペアのフレッド・ペリー&ジョージ・ヒューズ組に敗れて準優勝になる。全仏選手権の終了後、デ杯「ヨーロッパ・ゾーン」準決勝でオーストラリアは日本と対戦し、マグラスはシングルス第2試合で佐藤に勝ったが、第4試合で布井良助に敗れている。[1] 年末の全豪選手権では、マグラスは準々決勝でアメリカの強豪選手エルスワース・バインズを破り、準決勝まで進出した。1934年のデビスカップでもオーストラリアと日本との対戦が決まったが、エースの佐藤次郎が遠征中にマラッカ海峡で投身自殺したため、日本チームは弱体化した。この対戦では、マグラスはシングルス第1試合で山岸二郎を破っている。[2] この後、マグラスはデ杯で日本チームとの対戦はなかった。1934年の全仏選手権男子ダブルス決勝では、マグラスはジャック・クロフォードとペアを組み、地元フランスのジャン・ボロトラ&ジャック・ブルニョン組に敗れた。1935年、マグラスは全仏選手権とウィンブルドンでシングルスのベスト8に入り、2大会連続でドイツのゴットフリート・フォン・クラムに連敗した。最後の全仏選手権男子ダブルス決勝では、パートナーはドン・ターンブルであったが、同じオーストラリアのエイドリアン・クイスト&ジャック・クロフォード組に敗れ、ここでは3年連続の準優勝に終わった。マグラスは地元の全豪選手権で、1935年の男子ダブルスと1937年の男子シングルスに優勝する。1935年の男子ダブルスではジャック・クロフォードとペアを組み、イギリスのフレッド・ペリー&ジョージ・ヒューズ組を 6-4, 8-6, 6-2 で破って優勝した。そしてついに、1937年の全豪選手権でマグラスは男子シングルス初優勝を達成する。1933年から1936年まで、シングルスでは4年連続のベスト4で止まっていたが、初進出の決勝でジョン・ブロムウィッチを 6-3, 1-6, 6-0, 2-6, 6-1 のフルセットで破り、21歳の若さでシングルス初栄冠を獲得した。対戦相手のブロムウィッチも、当時のテニス選手としては変則的なスタイルで、フォアハンド・ストロークとバックハンド・ストロークをともに両手打ちしていた。マグラスは1937年まで、5年間デビスカップ代表選手を務め、全豪選手権には1940年まで出場した。最後の全豪出場では、マグラスは男子ダブルスでクロフォードとペアを組み、決勝でエイドリアン・クイスト&ジョン・ブロムウィッチ組に敗れて準優勝になる。クイストとブロムウィッチは、1938年からペアとして全豪男子ダブルス連覇記録を始めていた。しかし第2次世界大戦が勃発すると、マグラスも軍役に就き、1941年11月から「オーストラリア帝国軍」にて輸送の仕事に携わった。世界大戦の終結後、マグラスは1946年5月に退役を認められたが、もう2度とテニスの早熟選手だった頃のフォームを取り戻せなかった。終戦後の彼は、手首や足などに関節炎を患い、喘息の発作にも悩まされた。(彼のライバル選手たちでも、エイドリアン・クイストやジョン・ブロムウィッチは終戦後テニス界に復帰した。)その後は後進の育成に携わり、オーストラリアの首都キャンベラの日本大使館でコーチを務めたこともある。ビビアン・マグラスは1978年4月9日、冠状動脈閉塞症のため62歳で死去した。彼の葬儀には、現役時代のライバルだったジャック・クロフォードとエイドリアン・クイストも出席し、棺の付き添い人を務めた。
  • Vivian ("Viv") Erzerum Bede McGrath (17 de febrero de 1916 - 9 de abril de 1978) fue un campeón australiano de tenis de los años 1930. Fue uno de los primeros jugadores de alto rendimiento en usar un revés a dos manos. Su mayor logro fue el Campeonato Australiano de 1937.
  • Vivian Erzerum Bede "Viv" McGrath (17 February 1916 – 9 April 1978) was an Australian tennis champion of the 1930s. Along with John Bromwich, he was one of the first great players to use a two-handed backhand. His name was pronounced "McGraw".
  • Vivian Erzerum Bede McGrath, Viv McGrath (ur. 17 lutego 1916 w Merrendee koło Mudgee, Nowa Południowa Walia, zm. 9 kwietnia 1978 w Burradoo, Nowa Południowa Walia) - tenisista australijski, zwycięzca wielkoszlemowych mistrzostw Australii w grze pojedynczej i podwójnej, reprezentant w Pucharze Davisa.
  • Vivian "Viv" Erzerum Bede McGrath (* 17. Februar 1916; † 9. April 1978) war ein australischer Tennisspieler.Sein größter Erfolg war der Gewinn der Australischen Tennismeisterschaften (heute: Australian Open) im Jahr 1937. Im Finale siegte er über John Bromwich mit 6:3, 1:6, 6:0, 2:6 und 6:1.Im Doppel konnte er zusammen mit Jack Crawford 1935 bei den Australischen Tennismeisterschaften triumphieren.McGrath war einer der ersten Tennisspieler, der die beidhändige Rückhand verwendete.
rdfs:label
  • Vivian McGrath
  • Vivian McGrath
  • Vivian McGrath
  • Vivian McGrath
  • Vivian McGrath
  • Vivian McGrath
  • ビビアン・マグラス
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Vivian McGrath
is dbpedia-owl:championInDoubleMale of
is dbpedia-owl:championInSingleMale of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-fr:advers of
is prop-fr:champion of
is prop-fr:finaliste of
is foaf:primaryTopic of