The House of Love est un groupe britannique de la fin des années 80 - début des années 90. Séparé en 1993, le groupe s'est officiellement reformé en 2005 en sortant un nouvel album, Days Run Away.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • The House of Love est un groupe britannique de la fin des années 80 - début des années 90. Séparé en 1993, le groupe s'est officiellement reformé en 2005 en sortant un nouvel album, Days Run Away.
  • The House of Love sind eine englische Rockband, die Anfang der 90er ihre größten Hits hatte.
  • The House of Love are an English alternative rock band. Formed in 1986, the band rose to prominence in the UK as a leading indie rock band in 1988 and split up in 1993, eventually reforming a decade later in 2003. The band is best known for its detailed psychedelic guitar sound and for the successful singles "Shine On", "Christine" and "Destroy the Heart". The best-known members of The House of Love are singer/songwriter/guitarist Guy Chadwick and lead guitarist/backing singer Terry Bickers, who were the creative core of the original band until an acrimonious split in 1989 and who reformed the band together in 2003.
  • The House of Love è un gruppo musicale indie pop/rock inglese, formato nel 1986 nei dintorni di Londra dal Guy Chadwick, rimasto colpito da un concerto dei Jesus and Mary Chain e dal chitarrista Terry Bickers. Chadwick prese il nome del gruppo dal romanzo di Anaïs Nin Una spia nella casa dell'amore (in inglese A Spy In the House Of Love).Tra i principali esponenti dell'indie rock inglese della fine anni ottanta è famoso per avere pubblicato singoli di successo come Shine On, Christine e Destroy the Heart.
  • ハウス・オブ・ラヴ(The House of Love)は、ガイ・チャドウィックを中心に1986年に結成されたイギリスのロックバンドである。1993年に解散するが、2005年に再結成した。CDジャーナル電子版は再結成を報じる記事にて「愁いを含んだヴォーカルと、ときにサイケになるギター・サウンドが魅力」とバンドを紹介した。デビュー当初のハウス・オブ・ラヴは初期クリエイションの代表的バンドであった。クッキーシーンの伊藤英嗣は「ザ・スミスに続くスター候補として騒がれていた」と当時の状況を回想している。クリエイションは彼らのアルバム制作のために10万ポンドの借金をしており、1988年のデビューアルバムはレーベルの命運が懸かっていた。投資の結果は吉と出、アルバムは13万枚を売り上げた。バンドはその後40万ポンドの契約金を受け取り、メジャーレーベルのフォノグラムへと移籍した。デビューアルバムに収録されたシングル「クリスティーヌ」は、2004年にガーディアン紙に掲載された「インディポップ黄金期を飾るシングル10選」なる企画で10位に選ばれている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1813448 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6115 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 107330353 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:class
  • artist
prop-fr:fr
  • Guy Chadwick
  • Terry Bickers
  • The House of Love
prop-fr:id
  • mn0000080720
prop-fr:lang
  • en
prop-fr:texte
  • Guy Chadwick
  • Terry Bickers
  • The House of Love
prop-fr:trad
  • Guy Chadwick
  • Terry Bickers
  • The House of Love
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • The House of Love est un groupe britannique de la fin des années 80 - début des années 90. Séparé en 1993, le groupe s'est officiellement reformé en 2005 en sortant un nouvel album, Days Run Away.
  • The House of Love sind eine englische Rockband, die Anfang der 90er ihre größten Hits hatte.
  • ハウス・オブ・ラヴ(The House of Love)は、ガイ・チャドウィックを中心に1986年に結成されたイギリスのロックバンドである。1993年に解散するが、2005年に再結成した。CDジャーナル電子版は再結成を報じる記事にて「愁いを含んだヴォーカルと、ときにサイケになるギター・サウンドが魅力」とバンドを紹介した。デビュー当初のハウス・オブ・ラヴは初期クリエイションの代表的バンドであった。クッキーシーンの伊藤英嗣は「ザ・スミスに続くスター候補として騒がれていた」と当時の状況を回想している。クリエイションは彼らのアルバム制作のために10万ポンドの借金をしており、1988年のデビューアルバムはレーベルの命運が懸かっていた。投資の結果は吉と出、アルバムは13万枚を売り上げた。バンドはその後40万ポンドの契約金を受け取り、メジャーレーベルのフォノグラムへと移籍した。デビューアルバムに収録されたシングル「クリスティーヌ」は、2004年にガーディアン紙に掲載された「インディポップ黄金期を飾るシングル10選」なる企画で10位に選ばれている。
  • The House of Love are an English alternative rock band. Formed in 1986, the band rose to prominence in the UK as a leading indie rock band in 1988 and split up in 1993, eventually reforming a decade later in 2003. The band is best known for its detailed psychedelic guitar sound and for the successful singles "Shine On", "Christine" and "Destroy the Heart".
  • The House of Love è un gruppo musicale indie pop/rock inglese, formato nel 1986 nei dintorni di Londra dal Guy Chadwick, rimasto colpito da un concerto dei Jesus and Mary Chain e dal chitarrista Terry Bickers.
rdfs:label
  • The House of Love
  • The House of Love
  • The House of Love
  • The House of Love
  • ハウス・オブ・ラヴ
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of