数学の測度論の分野におけるプロホロフの定理(プロホロフのていり、英: Prokhorov's theorem)とは、確率測度の空間内での測度の緊密性と相対コンパクト性(したがって弱収束)の概念を関連付けるものである。完備距離空間上の確率測度の研究を行ったソヴィエトの数学者ユリ・プロホロフの名にちなむ。「プロホロフの定理」という語はまた、直接的あるいは逆に関する一般化に対しても用いられている。

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 数学の測度論の分野におけるプロホロフの定理(プロホロフのていり、英: Prokhorov's theorem)とは、確率測度の空間内での測度の緊密性と相対コンパクト性(したがって弱収束)の概念を関連付けるものである。完備距離空間上の確率測度の研究を行ったソヴィエトの数学者ユリ・プロホロフの名にちなむ。「プロホロフの定理」という語はまた、直接的あるいは逆に関する一般化に対しても用いられている。
  • In measure theory Prokhorov’s theorem relates tightness of measures to relative compactness (and hence weak convergence) in the space of probability measures. It is credited to the Soviet mathematician Yuri Vasilyevich Prokhorov, who considered probability measures on complete separable metric spaces. The term "Prokhorov’s theorem" is also applied to later generalizations to either the direct or the inverse statements.
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 8270772 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2997 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 107019713 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 数学の測度論の分野におけるプロホロフの定理(プロホロフのていり、英: Prokhorov's theorem)とは、確率測度の空間内での測度の緊密性と相対コンパクト性(したがって弱収束)の概念を関連付けるものである。完備距離空間上の確率測度の研究を行ったソヴィエトの数学者ユリ・プロホロフの名にちなむ。「プロホロフの定理」という語はまた、直接的あるいは逆に関する一般化に対しても用いられている。
  • In measure theory Prokhorov’s theorem relates tightness of measures to relative compactness (and hence weak convergence) in the space of probability measures. It is credited to the Soviet mathematician Yuri Vasilyevich Prokhorov, who considered probability measures on complete separable metric spaces. The term "Prokhorov’s theorem" is also applied to later generalizations to either the direct or the inverse statements.
rdfs:label
  • Théorème de Prokhorov
  • Prokhorov's theorem
  • Twierdzenie Prochorowa
  • プロホロフの定理
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of