Tadamasa Hayashi (林 忠正, Tadamasa Hayashi?, 1853-1906) est un marchand d'art japonais qui a fait connaître en Europe l'art traditionnel japonais, comme, par exemple, l'ukiyo-e.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Tadamasa Hayashi (林 忠正, Tadamasa Hayashi?, 1853-1906) est un marchand d'art japonais qui a fait connaître en Europe l'art traditionnel japonais, comme, par exemple, l'ukiyo-e.
  • 林 忠正(はやし ただまさ、嘉永6年11月7日(1853年12月7日) - 明治39年(1906年)4月10日)は、明治時代に活躍した日本の美術商。越中国高岡(現在の富山県高岡市)出身。1878年(明治11年)に渡仏。多くの芸術的天才を生んだ19世紀末のパリに本拠を置き、オランダ、ベルギー、ドイツ、イギリス、アメリカ合衆国、中国(清)などを巡って、日本美術品を売り捌いた。美術品の販売ばかりではなく、日本文化や美術の紹介にも努め、研究者の仕事を助けたり、各国博物館の日本美術品の整理の担当をしたりした。1900年(明治33年)のパリ万国博覧会では日本事務局の事務官長を務めた。その文化的貢献に対し、フランス政府からは1894年(明治27年)に「教育文化功労章2級」を、1900年(明治33年)に「教育文化功労章1級」及び「レジオン・ドヌール3等章」を贈られた。また、浮世絵からヒントを得て、新しい絵画を創りつつあった印象派の画家たちと親交を結び、日本に初めて印象派の作品を紹介した。1883年(明治16年)に死没したエドゥアール・マネと親しんだのも、日本人として彼一人である。1905年(明治38年)の帰国に際し、500点もの印象派のコレクションを持ち帰り、自分の手で西洋近代美術館を建てようと計画したが、その翌年に果たせぬまま東京で死没した。52歳没。
  • Tadamasa Hayashi (林 忠正, 1853-1906) was a Japanese art dealer who introduced traditional Japanese art such as ukiyo-e to Europe. Tadamasa was born to a family of Physician the Nagasaki family. When he was still a child, he was adopted to the Hayashi family, an upper class samurai of Toyama-han.He then went to attend the University of Tokyo. In 1878, he decided to go to Paris, as a translator to seek a new life abroad.In Paris, he began a career as Japanese art dealer.He provided the text for the May 1886 edition of Paris Illustré. Vincent van Gogh traced the figure on the title page for his painting The Courtesan.
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3493823 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4420 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 105411213 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Tadamasa Hayashi (林 忠正, Tadamasa Hayashi?, 1853-1906) est un marchand d'art japonais qui a fait connaître en Europe l'art traditionnel japonais, comme, par exemple, l'ukiyo-e.
  • 林 忠正(はやし ただまさ、嘉永6年11月7日(1853年12月7日) - 明治39年(1906年)4月10日)は、明治時代に活躍した日本の美術商。越中国高岡(現在の富山県高岡市)出身。1878年(明治11年)に渡仏。多くの芸術的天才を生んだ19世紀末のパリに本拠を置き、オランダ、ベルギー、ドイツ、イギリス、アメリカ合衆国、中国(清)などを巡って、日本美術品を売り捌いた。美術品の販売ばかりではなく、日本文化や美術の紹介にも努め、研究者の仕事を助けたり、各国博物館の日本美術品の整理の担当をしたりした。1900年(明治33年)のパリ万国博覧会では日本事務局の事務官長を務めた。その文化的貢献に対し、フランス政府からは1894年(明治27年)に「教育文化功労章2級」を、1900年(明治33年)に「教育文化功労章1級」及び「レジオン・ドヌール3等章」を贈られた。また、浮世絵からヒントを得て、新しい絵画を創りつつあった印象派の画家たちと親交を結び、日本に初めて印象派の作品を紹介した。1883年(明治16年)に死没したエドゥアール・マネと親しんだのも、日本人として彼一人である。1905年(明治38年)の帰国に際し、500点もの印象派のコレクションを持ち帰り、自分の手で西洋近代美術館を建てようと計画したが、その翌年に果たせぬまま東京で死没した。52歳没。
  • Tadamasa Hayashi (林 忠正, 1853-1906) was a Japanese art dealer who introduced traditional Japanese art such as ukiyo-e to Europe. Tadamasa was born to a family of Physician the Nagasaki family. When he was still a child, he was adopted to the Hayashi family, an upper class samurai of Toyama-han.He then went to attend the University of Tokyo.
rdfs:label
  • Tasamasa Hayashi
  • Tadamasa Hayashi
  • 林忠正
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of