Steve Denton, né le 5 septembre 1956 à Kingsville, est un joueur de tennis américain.Il a remporté l'US Open en double et a atteint deux fois la finale de l'Open d'Australie en simple.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Steve Denton, né le 5 septembre 1956 à Kingsville, est un joueur de tennis américain.Il a remporté l'US Open en double et a atteint deux fois la finale de l'Open d'Australie en simple.
  • Steve Denton (born September 5, 1956, in Kingsville, Texas) is a former professional tennis player for the ATP Tour. He is currently the head men's tennis coach at Texas A&M University.After becoming an all-American at the University of Texas in 1978, Denton spent nine seasons playing for the ATP Tour. He reached the final of both the 1981 and 1982 Australian Open, and won the 1982 US Open doubles championship with Kevin Curren, attaining career-high rankings of World No. 12 in singles and World No. 2 in doubles. He won a total of 18 tour level doubles titles and, despite reaching 6 finals, never won a singles title. In 1984, his 138 miles per hour (222 km/h) serve broke the world record, which would not be broken until 13 years later. After retiring from the pros, he moved to Corpus Christi, Texas, coaching several local junior tennis teams. In 2001, he debuted his college coaching career at Texas A&M University–Corpus Christi, where he led his teams to three conference championships and a first-ever NCAA tournament appearance. In 2006, he resigned to become the head coach at Texas A&M University.For his accomplishments, he is a member of the ITA Hall of Fame, the Texas Tennis Hall of Fame, the Blue-Gray Tennis Class Hall of Fame, and the Longhorn Hall of Honor.
  • スティーブ・デントン(Steve Denton, 1956年9月5日 - )は、アメリカ・テキサス州キングスビル出身の元男子プロテニス選手。1981年と1982年の2年連続で、全豪オープンの男子シングルス準優勝者になった選手である。男子ダブルスでは1982年の全米オープンで、ケビン・カレンとペアを組んで優勝した。混合ダブルスではウィンブルドンで1983年と1984年の2年連続準優勝がある。自己最高ランキングはシングルス12位、ダブルス5位。ATPツアーでダブルス18勝を挙げたが、シングルスでは全豪オープンの2年連続準優勝を含めて6度の準優勝があり、1度も優勝できずに終わった不運な選手である。1978年にプロ入り。1981年の全豪オープンは、現在とは違う12月の年末開催の大会で、男子シングルスは64名の選手による6回戦制で行われた。デントンはノーシードから決勝まで勝ち進んだが、決勝で第4シードのヨハン・クリークに 2-6, 6-7, 7-6, 4-6 で敗れて準優勝になった。翌1982年の全豪オープンでは、前年度優勝者のクリークが第1シード、準優勝者のデントンが第2シードに選ばれた。1982年の全豪オープン男子シングルスは、出場選手が96名に増え、トーナメントも7回戦制に拡大された。(32名の選手に「1回戦不戦勝」があったが、第2シードのデントンは1回戦から出場した。)デントンとクリークは順当に勝ち進み、2年連続の決勝対決を実現させたが、再びクリークが 6-3, 6-3, 6-2 で勝って大会2連覇を達成し、デントンは2年連続準優勝に終わった。2度の全豪準優勝を含めて、デントンは1984年まで男子ツアー大会のシングルスで6度の準優勝止まりに終わってしまい、とうとうシングルスでは優勝できなかった。全豪オープン以外の4大大会シングルス成績は、1982年のウィンブルドンと全米オープンの4回戦進出が最高で、全仏オープンでは1勝もできなかった。スティーブ・デントンはダブルスで優れた力量を発揮し、1982年の全米オープンでケビン・カレンとペアを組んで優勝した。1983年の全豪オープン男子ダブルスでは、デントンは同じアメリカのシャーウッド・スチュワートとペアを組んで決勝に勝ち進んだが(同大会のシングルスでは3回戦敗退)、地元オーストラリアペアのマーク・エドモンドソン&ポール・マクナミー組に 3-6, 6-7 で敗れて準優勝になっている。混合ダブルスでは、1981年の全米オープンでジョアン・ラッセル(アメリカ)とペアを組んだ準優勝と、ウィンブルドンで1983年と1984年の2年連続準優勝があった。1983年のウィンブルドン混合ダブルスでは、デントンは当時39歳のビリー・ジーン・キング夫人とペアを組み、1984年はキャシー・ジョーダンと組んだが、2年連続でジョン・ロイド(イギリス)&ウェンディ・ターンブル(オーストラリア)組に敗れる。デントンのキャリアには、不運な準優勝が数多くついてまわった。デントンは日本のトーナメントでも、ダブルスで2度の準優勝がある。1983年の「セイコー・スーパー・テニス」ダブルスではジョン・フィッツジェラルドとペアを組んだが、決勝でマーク・エドモンドソン&シャーウッド・スチュワート組に敗れた。現役最後の年となった1988年、デントンは「ジャパン・オープン」の男子ダブルスにデビッド・ペイトとペアを組んで出場している。デントンとペイトは決勝でヨハン・クリーク&ジョン・フィッツジェラルド組に敗れたが、これが彼の最後のツアー大会決勝戦になった。デントンは1987年にシングルスから撤退したが、ダブルスでは1988年までキャリアを続行し、1988年10月のシンガポール大会で日本の辻野隆三とペアを組んだ1回戦敗退を最後に現役を引退した。
  • Steve Denton (n, 5 de septiembre de 1956 en Kingsville, Texas, Estados Unidos) es un jugador de tenis americano. En su carrera ha conquistado 18 torneos ATP y su mejor posición en el ranking de individuales fue Nº12 en abril de 1983 y en el de dobles fue Nº2 en agosto de 1983.
  • Steve Denton (Kingsville, 5 settembre 1956) è un ex tennista statunitense.
  • Steve Denton (* 5. September 1956 in Kingsville, Texas) ist ein ehemaliger US-amerikanischer Tennisspieler. Er stand im Einzel in sechs Endspielen, von denen er alle sechs verlor. Im Doppel erreichte Denton 43 Endspiele, wovon er 19 Endspiele gewinnen konnte. Die meisten Siege im Doppel gelangen ihm mit Kevin Curren.In den Jahren 1981 und 1982 stand Denton im Finale der Australian Open. In beiden Jahren war der Südafrikaner Johan Kriek sein Gegenspieler, gegen den er beide Partien verlor. 1983 gelang ihm mit seinem Landsmann Sherwood Stewart der Einzug in das Finale der Doppelkonkurrenz gegen die Australier Mark Edmondson und Paul McNamee, jedoch unterlagen sie ihnen mit 3:6 und 6:7.Mit dem Südafrikaner Kevin Curren gelang Denton im Jahr 1982 der Sieg bei den US Open im Doppel gegen die US-Amerikaner Victor Amaya und Hank Pfister nach fünf Sätzen mit 6:2, 6:7, 5:7, 6:2 und 6:4.Von 1984 bis 1997 hielt Steve Denton den Rekord für den schnellsten Aufschlag mit 222,1 km/h, bevor Mark Philippoussis den Rekord mit 228,5 km/h brach. Den aktuellen Rekord stellte Andy Roddick mit 249,4 km/h am 24. September 2004 auf.
  • Steve Denton (ur. 5 września 1956 w Kingsville, Teksas) – amerykański tenisista, zwycięzca wielkoszlemowego US Open w grze podwójnej, dwukrotny finalista Australian Open w grze pojedynczej.Praworęczny, znany z mocnego serwisu Denton studiował na University of Texas, gdzie stworzył silną parę deblową z Południowoafrykańczykiem Kevinem Currenem. Razem występowali także w rozgrywkach zawodowych, gdzie ich największym sukcesem było wygranie US Open w 1982. W finale pokonali 6:2, 6:7, 5:7, 6:2, 6:4 Victora Amayę i Hanka Pfistera. W 1980 zajęli 3. miejsce w klasyfikacji Grand Prix.Denton wygrał łącznie 18 turniejów deblowych i w dalszych 23 osiągnął finały. W 1983 w parze z Sherwoodem Stewartem doszedł do finału Australian Open. Ponadto trzy finały wielkoszlemowe osiągnął w grze mieszanej - w 1981 na US Open z Joanne Russell, w 1983 i 1984 na Wimbledonie (pierwszy z Billie Jean King, drugi z Kathy Jordan). W styczniu 1983 zajmował 5. miejsce w rankingu światowym deblistów. Jako singlista nie zdołał wygrać żadnego turnieju, ale dwukrotnie doszedł do finału Australian Open. Oba finały - w 1981 i 1982 - przegrał z Johanem Kriekiem. Umiejętności serwisowe przyniosły mu przydomek Bull i rekord 39 asów w meczu I rundy US Open 1985; liczba ta nie wystarczyła jednak do pokonania Richarda Matuszewskiego, nie tylko ze względu na przyzwoity serwis samego Matuszewskiego (19 asów), ale i dużą pomoc Dentona (24 podwójne błędy serwisowe). W sierpniu 1983 Denton znajdował się na 12. miejscu w rankingu ATP. Zarobił jako tenisista zawodowy nieco ponad milion dolarów.Osiągnięcia w turniejach wielkoszlemowych: Wimbledon gra mieszana - finały 1983 (z Billie Jean King), 1984 (z Kathy Jordan) US Open gra podwójna - wygrana 1982 (z Kevinem Currenem) gra mieszana - finał 1981 (z Joanne Russell) Australian Open gra pojedyncza - finały 1981, 1982 gra podwójna - finał 1983 (z Sherwoodem Stewartem)Finały singlowe w turniejach wielkoszlemowych: Australian Open 1981 - 2:6, 6:7, 7:6, 4:6 z Johanem Kriekiem Australian Open 1982 - 3:6, 3:6, 2:6 z Johanem KriekiemWygrane turnieje (wszystkie w grze podwójnej): 1980 Bazylea, Indianapolis, Barcelona 1981 Indianapolis, Monterrey (World Championship Tennis), Sztokholm, Wiedeń 1982 Denver, Houston, Memphis, US Open, Frankfurt nad Menem, Canadian Open 1983 Houston (WCT), Las Vegas, Monachium (WCT), FiladelfiaFinały turniejowe: gra pojedyncza: 1981 Australian Open 1982 Australian Open, Cincinnati, Metz 1983 Richmond (WCT) 1984 Richmond (WCT) gra podwójna: 1979 Hongkong 1980 North Conway, Waszyngton, Bolonia 1981 Bruksela, Londyn (Queen's Club) 1982 Masters Doubles WTC, Monachium (WCT), Cincinnati, Sydney (hala) 1983 Forest Hills (WCT), Londyn (Queen's Club), Tokio (hala), Australian Open, Dallas, Wembley 1984 Bruksela, Mediolan, Richmond (WCT) 1985 Memphis, Atlanta 1987 Cincinnati 1988 Tokio (korty otwarte) gra mieszana: 1981 US Open 1983 Wimbledon 1984 Wimbledon
dbpedia-owl:australiaOpenDouble
  • F(1)
dbpedia-owl:australiaOpenMixed
  • -
dbpedia-owl:australiaOpenSingle
  • F(2)
dbpedia-owl:bestRankDouble
  • (03/01/83)
dbpedia-owl:bestRankSingle
  • (15/08/83)
dbpedia-owl:birthDate
  • 1956-09-05 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:finalLostDouble
  • 23
dbpedia-owl:finalLostSingle
  • 6
dbpedia-owl:firstProMatch
  • 1978
dbpedia-owl:lastProMatch
  • 1988
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:racketCatching
  • Droitier
dbpedia-owl:rolandGarrosDouble
  • 1/4
dbpedia-owl:rolandGarrosMixed
  • 1/4
dbpedia-owl:rolandGarrosSingle
  • 1/64
dbpedia-owl:titleDouble
  • 18
dbpedia-owl:titleSingle
  • 0
dbpedia-owl:usOpenDouble
  • V(1)
dbpedia-owl:usOpenMixed
  • F(1)
dbpedia-owl:usOpenSingle
  • 1/8
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1798801 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15677 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 160 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 110879650 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:wimbledonDouble
  • 1/2
dbpedia-owl:wimbledonMixed
  • F(2)
dbpedia-owl:wimbledonSingle
  • 1/8
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1956-09-05 (xsd:date)
prop-fr:dernierMatchPro
  • 1988 (xsd:integer)
prop-fr:entraîneur(s)_
  • Warren Jacques
prop-fr:finalesPerduesDouble
  • 23 (xsd:integer)
prop-fr:finalesPerduesSimple
  • 6 (xsd:integer)
prop-fr:lieuDeNaissance
  • Kingsville
prop-fr:nom
  • Steve Denton
prop-fr:openD'australieDouble
  • F
prop-fr:openD'australieMixte
  • -
prop-fr:openD'australieSimple
  • F
prop-fr:premierMatchPro
  • 1978 (xsd:integer)
prop-fr:priseDeRaquette
  • Droitier
prop-fr:rolandGarrosDouble
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:rolandGarrosMixte
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:rolandGarrosSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:titresDouble
  • 18 (xsd:integer)
prop-fr:titresSimple
  • 0 (xsd:integer)
prop-fr:usOpenDouble
  • V
prop-fr:usOpenMixte
  • F
prop-fr:usOpenSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:wimbledonDouble
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:wimbledonMixte
  • F
prop-fr:wimbledonSimple
  • 1 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Steve Denton, né le 5 septembre 1956 à Kingsville, est un joueur de tennis américain.Il a remporté l'US Open en double et a atteint deux fois la finale de l'Open d'Australie en simple.
  • スティーブ・デントン(Steve Denton, 1956年9月5日 - )は、アメリカ・テキサス州キングスビル出身の元男子プロテニス選手。1981年と1982年の2年連続で、全豪オープンの男子シングルス準優勝者になった選手である。男子ダブルスでは1982年の全米オープンで、ケビン・カレンとペアを組んで優勝した。混合ダブルスではウィンブルドンで1983年と1984年の2年連続準優勝がある。自己最高ランキングはシングルス12位、ダブルス5位。ATPツアーでダブルス18勝を挙げたが、シングルスでは全豪オープンの2年連続準優勝を含めて6度の準優勝があり、1度も優勝できずに終わった不運な選手である。1978年にプロ入り。1981年の全豪オープンは、現在とは違う12月の年末開催の大会で、男子シングルスは64名の選手による6回戦制で行われた。デントンはノーシードから決勝まで勝ち進んだが、決勝で第4シードのヨハン・クリークに 2-6, 6-7, 7-6, 4-6 で敗れて準優勝になった。翌1982年の全豪オープンでは、前年度優勝者のクリークが第1シード、準優勝者のデントンが第2シードに選ばれた。1982年の全豪オープン男子シングルスは、出場選手が96名に増え、トーナメントも7回戦制に拡大された。(32名の選手に「1回戦不戦勝」があったが、第2シードのデントンは1回戦から出場した。)デントンとクリークは順当に勝ち進み、2年連続の決勝対決を実現させたが、再びクリークが 6-3, 6-3, 6-2 で勝って大会2連覇を達成し、デントンは2年連続準優勝に終わった。2度の全豪準優勝を含めて、デントンは1984年まで男子ツアー大会のシングルスで6度の準優勝止まりに終わってしまい、とうとうシングルスでは優勝できなかった。全豪オープン以外の4大大会シングルス成績は、1982年のウィンブルドンと全米オープンの4回戦進出が最高で、全仏オープンでは1勝もできなかった。スティーブ・デントンはダブルスで優れた力量を発揮し、1982年の全米オープンでケビン・カレンとペアを組んで優勝した。1983年の全豪オープン男子ダブルスでは、デントンは同じアメリカのシャーウッド・スチュワートとペアを組んで決勝に勝ち進んだが(同大会のシングルスでは3回戦敗退)、地元オーストラリアペアのマーク・エドモンドソン&ポール・マクナミー組に 3-6, 6-7 で敗れて準優勝になっている。混合ダブルスでは、1981年の全米オープンでジョアン・ラッセル(アメリカ)とペアを組んだ準優勝と、ウィンブルドンで1983年と1984年の2年連続準優勝があった。1983年のウィンブルドン混合ダブルスでは、デントンは当時39歳のビリー・ジーン・キング夫人とペアを組み、1984年はキャシー・ジョーダンと組んだが、2年連続でジョン・ロイド(イギリス)&ウェンディ・ターンブル(オーストラリア)組に敗れる。デントンのキャリアには、不運な準優勝が数多くついてまわった。デントンは日本のトーナメントでも、ダブルスで2度の準優勝がある。1983年の「セイコー・スーパー・テニス」ダブルスではジョン・フィッツジェラルドとペアを組んだが、決勝でマーク・エドモンドソン&シャーウッド・スチュワート組に敗れた。現役最後の年となった1988年、デントンは「ジャパン・オープン」の男子ダブルスにデビッド・ペイトとペアを組んで出場している。デントンとペイトは決勝でヨハン・クリーク&ジョン・フィッツジェラルド組に敗れたが、これが彼の最後のツアー大会決勝戦になった。デントンは1987年にシングルスから撤退したが、ダブルスでは1988年までキャリアを続行し、1988年10月のシンガポール大会で日本の辻野隆三とペアを組んだ1回戦敗退を最後に現役を引退した。
  • Steve Denton (n, 5 de septiembre de 1956 en Kingsville, Texas, Estados Unidos) es un jugador de tenis americano. En su carrera ha conquistado 18 torneos ATP y su mejor posición en el ranking de individuales fue Nº12 en abril de 1983 y en el de dobles fue Nº2 en agosto de 1983.
  • Steve Denton (Kingsville, 5 settembre 1956) è un ex tennista statunitense.
  • Steve Denton (ur. 5 września 1956 w Kingsville, Teksas) – amerykański tenisista, zwycięzca wielkoszlemowego US Open w grze podwójnej, dwukrotny finalista Australian Open w grze pojedynczej.Praworęczny, znany z mocnego serwisu Denton studiował na University of Texas, gdzie stworzył silną parę deblową z Południowoafrykańczykiem Kevinem Currenem. Razem występowali także w rozgrywkach zawodowych, gdzie ich największym sukcesem było wygranie US Open w 1982.
  • Steve Denton (* 5. September 1956 in Kingsville, Texas) ist ein ehemaliger US-amerikanischer Tennisspieler. Er stand im Einzel in sechs Endspielen, von denen er alle sechs verlor. Im Doppel erreichte Denton 43 Endspiele, wovon er 19 Endspiele gewinnen konnte. Die meisten Siege im Doppel gelangen ihm mit Kevin Curren.In den Jahren 1981 und 1982 stand Denton im Finale der Australian Open. In beiden Jahren war der Südafrikaner Johan Kriek sein Gegenspieler, gegen den er beide Partien verlor.
  • Steve Denton (born September 5, 1956, in Kingsville, Texas) is a former professional tennis player for the ATP Tour. He is currently the head men's tennis coach at Texas A&M University.After becoming an all-American at the University of Texas in 1978, Denton spent nine seasons playing for the ATP Tour. He reached the final of both the 1981 and 1982 Australian Open, and won the 1982 US Open doubles championship with Kevin Curren, attaining career-high rankings of World No.
rdfs:label
  • Steve Denton
  • Steve Denton
  • Steve Denton
  • Steve Denton
  • Steve Denton
  • Steve Denton
  • スティーブ・デントン
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Steve Denton
is dbpedia-owl:championInDoubleMale of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of