Cette page concerne l'actualité sportive du mois de septembre 2006.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Cette page concerne l'actualité sportive du mois de septembre 2006.
  • See also: 2006 in sports
  • Zobacz też: Wrzesień 2006 · Zmarli we wrześniu 2006 · Wrzesień 2006 w Wikinews
  • == 2006年9月30日追加 ==== 2006年9月29日追加 ==== 2006年9月28日追加 ==(プロ野球)オリックス・バファローズは27日、中村勝広監督が今季限りで辞任すると発表した。中村監督は2003年からゼネラルマネージャーに就任。仰木彬前監督の後を受けて2005年オフから監督に就任したが、清原、中村紀ら相次ぐ主力の故障などにより低迷していた。== 2006年9月27日追加 ==== 2006年9月26日追加 ==(ゴルフ)日本ゴルフツアー機構(JGTO)は25日東京都内で定例の理事会を開き、8月に行われた日本オープンゴルフの最終予選会でスコアを改ざんして失格になった中西雅樹(22)に対し、出場停止5年及び制裁金200万円の処分を科した。一時は前例のない除名処分も検討されたが、初犯であることを考慮した。== 2006年9月25日追加 ==(プロ野球)プロ野球・北海道日本ハムファイターズの投手である金村曉が、24日に千葉マリンスタジアムで行われた対ロッテ戦終了後、トレイ・ヒルマン監督の起用法について報道陣に対して同監督を批判する発言を行ったことが明らかとなり、日本ハム球団は25日、東京都内で金村に対して事情聴取を行うと共に、パ・リーグプレーオフ終了までの出場選手登録抹消と罰金200万円を科した。金村は「チームが優勝するか否かの大事な時期にこういう発言をしてしまい、他の選手やファンに申し訳ない」と謝罪した。== 2006年9月24日追加 ==== 2006年9月23日追加 ==(プロ野球)阪神タイガースの片岡篤史内野手(37)の今季限りでの現役引退が報道された。来季は打撃コーチ濃厚と言われている。== 2006年9月22日追加 ==== 2006年9月21日追加 ==(モータースポーツ)本田技研工業の子会社で、三重県鈴鹿市にある鈴鹿サーキットを運営・管理しているモビリティランドは20日、1987年から毎年10月に開催していたF!日本グランプリの2007年の同サーキットでの開催を正式に断念することを発表した。これにより、2007年の同グランプリは国際自動車連盟(FIA)が既に発表していた通り、静岡県にある富士スピードウェイでの開催が正式に決定した。一方、鈴鹿サーキット側は2008年以降の同グランプリの開催に向けてFIAと今後も協議を続ける。(プロ野球)プロ野球・セ・リーグの広島は20日、マーティ・レオ・ブラウン監督の続投を発表した。今シーズンは投手陣の故障などもあり5位(9月20日現在)と低迷しているが、契約を一年延長することになったものである。== 2006年9月20日追加 ==(総合格闘技)2006年9月15日、東京の後楽園ホールで行われた「ミドル級 スマックガール第2代女王決定戦」(5分3R)で、赤野仁美(日本)がモーリー・ヘイゼル(アメリカ)を2R1:32腕ひしぎ十字固めで下し、2代目王者になる。== 2006年9月19日追加 ==(大リーグ)日本の日付で18日、シアトルマリナーズのイチロー選手が6年連続200本安打を達成した。ルーキーからの記録で、6年連続は史上初の記録となった。== 2006年9月18日追加 ==== 2006年9月17日追加 ==== 2006年9月16日追加 ==(プロ野球)16日、ナゴヤドームで行われたプロ野球・中日対阪神18回戦で、中日の山本昌投手がノーヒットノーランの偉業を達成した。41歳1ヵ月の山本はプロ初のノーヒットノーランで、これまで佐藤義則(当時オリックス)がマークした40歳11ヵ月を2ヵ月上回る最年長記録を更新した。この試合で山本が許したランナーはエラーによる1人だけで、四死球も与えなかった。中日のマジックは2つ減って15になった。一方阪神は2試合連続の完封負けを喫し、しかもナゴヤドームでは今季勝ち星なしの10連敗で首位中日とのゲーム差は6に広がった。== 2006年9月15日追加 ==== 2006年9月14日追加 ==== 2006年9月13日追加 ==(プロ野球)オリックスの清原和博内野手は12日、来季(2007年)もオリックスで現役としてプレーすることを宣言した。清原はこの日、左ひざ痛の治療に専念するため一軍出場選手登録を抹消された。(卓球)卓球の福原愛選手が来年から早稲田大学スポーツ科学部へ進学することが13日、明らかになった。(サッカー)日本サッカー協会の審判委員会は12日、家本政明・スペシャルレフェリーを1ヶ月間出場停止(研修期間)にすることを決め、同日Jリーグの各クラブに通知した。家本レフェリーは8月30日に行われた鹿島対名古屋戦でイエローカードを11枚出し、2人を退場処分にするなど不可解な判定を連発していた。== 2006年9月12日追加 ==(訃報)(競馬)元日本中央競馬会騎手で、調教師の吉永正人が11日死去、64歳。== 2006年9月11日追加 ==(総合格闘技)9月10日、さいたまスーパーアリーナで行われた「PRIDE 無差別級グランプリ2006 決勝戦」は、決勝戦でミルコ・クロコップ(クロアチア)がジョシュ・バーネット(アメリカ)を1Rタップアウトで下し、優勝した。== 2006年9月10日追加 ==== 2006年9月9日追加 ==== 2006年9月8日追加 ==== 2006年9月7日追加 ==== 2006年9月6日追加 ==(ボクシング)5日、東京・後楽園ホールで行われたスーパーフェザー級8回戦で、日本のプロボクシング史上初めてとなるカツラボクサー同士による対戦が行われた。対戦したのは昨年12月の試合中にカツラが取れたことで一躍有名になった小口雅之(草加有沢)と小口から「元祖カツラボクサー」の称号剥奪を狙う塩野翼(角海老宝石)。小口が笑福亭鶴瓶ばりのアフロヘアで入場すれば塩野も銀髪のロングヘアで入場。そして試合は壮絶な打ち合いとなり両者共に負傷しながらの戦いとなったが、結局小口が判定勝ちを収めた。試合後塩野は敗戦のショックからか現役引退をほのめかす発言をしたが、所属ジムの会長は「そのうち気が変わる」として慰留に努める方針。== 2006年9月5日追加 ==== 2006年9月4日追加 ==(ソフトボール)ソフトボール女子の世界選手権で、3日の北京での決勝トーナメント1回戦で、日本が1-0で中国を破り3位以上を決め、4位までに与えられる2008年の北京オリンピックへの出場権を獲得した。日本の北京オリンピック出場権獲得第一号の競技となる。(テニス)テニスの四大大会の全米オープン第4日は31日、ニューヨークのナショナルテニスセンターで、男女シングルス3回戦などが行われた。女子第28シードの杉山愛は第2シードのジュスティーヌ・エナン・アーデン(ベルギー)に6-4、1-6、0-6で敗れ、ベスト16に残れなかった。シングルスでの日本勢は姿を消した。女子ダブルスの1回戦では第4シードの杉山愛とダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)組がユリアナ・フェダクとタチアナ・ペレビニス(ウクライナ)組に6-4で第1セットを奪ったところで雨で試合が中断。中村藍子とジャミア・ジャクソン(米国)組は敗退した。→8月30日、9月1日、9月3日参照(大リーグ)シアトル・マリナーズのイチローは、2日のタンパベイ・デビルレイズ戦で、5打数2安打2得点1盗塁。今季37盗塁。7試合連続安打で打率を3割2分に上げた。城島健司は、4打数1安打。打率は2割9分5厘。チームは4-3で勝った。→9月3日参照== 2006年9月3日追加 ==(テニス)テニスの四大大会の全米オープン第4日は8月31日、ニューヨークのナショナルテニスセンターで、男女シングルス2回戦などが行われた。女子第28シードの杉山愛はタチアナ・ガルビン(イタリア)に6-7、6-4、6-2で逆転勝ちし、4年連続で3回戦に進出した。中村藍子は第16シードのアナ・イワノビッチ(セルビア)に5-7、3-6で敗れた。なお、4年ぶりに全米オープンに出場した第8シードのマルチナ・ヒンギス(スイス)はビルジニ・ラザノ(フランス)にストレートで敗れた。→8月30日、9月1日参照(大リーグ)シアトル・マリナーズのイチローは、1日のタンパベイ・デビルレイズ戦で、4打数1安打。打率は3割1分9厘。城島健司は、2回に今季14号となる先制ソロホームランを放ち、4打数1安打1打点。しかし、チームは1-2でサヨナラ負け。→9月2日参照(プロ野球)プロ野球・横浜は3日、牛島和彦監督が成績不振の責任を取って今季限りで退任すると発表した。牛島監督は昨年(2005年)就任。就任一年目は投手陣の整備に成功したこともあり3位と健闘したが、今季は投手陣の不振、故障者の続出などで低迷していた。(バスケットボール)世界選手権は、3日決勝戦が行われ、スペインがギリシャを70-47で破り初優勝。== 2006年9月2日追加 ==(大リーグ)シアトル・マリナーズのイチローは、8月30日のロサンゼルス・エンゼルス戦で、4打数1安打。打率は3割2分。今季36個目の盗塁をマークした。城島健司は、3打数3安打1打点1盗塁と活躍し、打率を2割9分6厘に上げた。チームは3-5で敗れた。→9月1日参照== 2006年9月1日追加 ==(大リーグ)シアトル・マリナーズのイチローは、29日のロサンゼルス・エンゼルス戦で、7号本塁打を放ち、4打数2安打1打点。打率は3割2分。城島健司は、4打数無安打。打率は2割9分4厘。チームは6-4で勝ち、6連勝した。→8月31日参照(テニス)テニスの四大大会の全米オープン第3日は8月30日、ニューヨークのナショナルテニスセンターで、男女シングルス1回戦などが行われた。中村藍子はメリンダ・ツィンク(ハンガリー)を6-1、6-2のストレートで破り、2回戦に進出した。女子ダブルス1回戦で、は、浅越しのぶと森上亜希子組がエカテリーナ・ビショウコワ(ロシア)とハナ・スロモバ(チェコ)組を破り2回戦に進出した。→8月30日参照
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 489142 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 25978 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 586 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 105949167 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Cette page concerne l'actualité sportive du mois de septembre 2006.
  • See also: 2006 in sports
  • Zobacz też: Wrzesień 2006 · Zmarli we wrześniu 2006 · Wrzesień 2006 w Wikinews
  • == 2006年9月30日追加 ==== 2006年9月29日追加 ==== 2006年9月28日追加 ==(プロ野球)オリックス・バファローズは27日、中村勝広監督が今季限りで辞任すると発表した。中村監督は2003年からゼネラルマネージャーに就任。仰木彬前監督の後を受けて2005年オフから監督に就任したが、清原、中村紀ら相次ぐ主力の故障などにより低迷していた。== 2006年9月27日追加 ==== 2006年9月26日追加 ==(ゴルフ)日本ゴルフツアー機構(JGTO)は25日東京都内で定例の理事会を開き、8月に行われた日本オープンゴルフの最終予選会でスコアを改ざんして失格になった中西雅樹(22)に対し、出場停止5年及び制裁金200万円の処分を科した。一時は前例のない除名処分も検討されたが、初犯であることを考慮した。== 2006年9月25日追加 ==(プロ野球)プロ野球・北海道日本ハムファイターズの投手である金村曉が、24日に千葉マリンスタジアムで行われた対ロッテ戦終了後、トレイ・ヒルマン監督の起用法について報道陣に対して同監督を批判する発言を行ったことが明らかとなり、日本ハム球団は25日、東京都内で金村に対して事情聴取を行うと共に、パ・リーグプレーオフ終了までの出場選手登録抹消と罰金200万円を科した。金村は「チームが優勝するか否かの大事な時期にこういう発言をしてしまい、他の選手やファンに申し訳ない」と謝罪した。== 2006年9月24日追加 ==== 2006年9月23日追加 ==(プロ野球)阪神タイガースの片岡篤史内野手(37)の今季限りでの現役引退が報道された。来季は打撃コーチ濃厚と言われている。== 2006年9月22日追加 ==== 2006年9月21日追加 ==(モータースポーツ)本田技研工業の子会社で、三重県鈴鹿市にある鈴鹿サーキットを運営・管理しているモビリティランドは20日、1987年から毎年10月に開催していたF!日本グランプリの2007年の同サーキットでの開催を正式に断念することを発表した。これにより、2007年の同グランプリは国際自動車連盟(FIA)が既に発表していた通り、静岡県にある富士スピードウェイでの開催が正式に決定した。一方、鈴鹿サーキット側は2008年以降の同グランプリの開催に向けてFIAと今後も協議を続ける。(プロ野球)プロ野球・セ・リーグの広島は20日、マーティ・レオ・ブラウン監督の続投を発表した。今シーズンは投手陣の故障などもあり5位(9月20日現在)と低迷しているが、契約を一年延長することになったものである。== 2006年9月20日追加 ==(総合格闘技)2006年9月15日、東京の後楽園ホールで行われた「ミドル級 スマックガール第2代女王決定戦」(5分3R)で、赤野仁美(日本)がモーリー・ヘイゼル(アメリカ)を2R1:32腕ひしぎ十字固めで下し、2代目王者になる。== 2006年9月19日追加 ==(大リーグ)日本の日付で18日、シアトルマリナーズのイチロー選手が6年連続200本安打を達成した。ルーキーからの記録で、6年連続は史上初の記録となった。== 2006年9月18日追加 ==== 2006年9月17日追加 ==== 2006年9月16日追加 ==(プロ野球)16日、ナゴヤドームで行われたプロ野球・中日対阪神18回戦で、中日の山本昌投手がノーヒットノーランの偉業を達成した。41歳1ヵ月の山本はプロ初のノーヒットノーランで、これまで佐藤義則(当時オリックス)がマークした40歳11ヵ月を2ヵ月上回る最年長記録を更新した。この試合で山本が許したランナーはエラーによる1人だけで、四死球も与えなかった。中日のマジックは2つ減って15になった。一方阪神は2試合連続の完封負けを喫し、しかもナゴヤドームでは今季勝ち星なしの10連敗で首位中日とのゲーム差は6に広がった。== 2006年9月15日追加 ==== 2006年9月14日追加 ==== 2006年9月13日追加 ==(プロ野球)オリックスの清原和博内野手は12日、来季(2007年)もオリックスで現役としてプレーすることを宣言した。清原はこの日、左ひざ痛の治療に専念するため一軍出場選手登録を抹消された。(卓球)卓球の福原愛選手が来年から早稲田大学スポーツ科学部へ進学することが13日、明らかになった。(サッカー)日本サッカー協会の審判委員会は12日、家本政明・スペシャルレフェリーを1ヶ月間出場停止(研修期間)にすることを決め、同日Jリーグの各クラブに通知した。家本レフェリーは8月30日に行われた鹿島対名古屋戦でイエローカードを11枚出し、2人を退場処分にするなど不可解な判定を連発していた。== 2006年9月12日追加 ==(訃報)(競馬)元日本中央競馬会騎手で、調教師の吉永正人が11日死去、64歳。== 2006年9月11日追加 ==(総合格闘技)9月10日、さいたまスーパーアリーナで行われた「PRIDE 無差別級グランプリ2006 決勝戦」は、決勝戦でミルコ・クロコップ(クロアチア)がジョシュ・バーネット(アメリカ)を1Rタップアウトで下し、優勝した。== 2006年9月10日追加 ==== 2006年9月9日追加 ==== 2006年9月8日追加 ==== 2006年9月7日追加 ==== 2006年9月6日追加 ==(ボクシング)5日、東京・後楽園ホールで行われたスーパーフェザー級8回戦で、日本のプロボクシング史上初めてとなるカツラボクサー同士による対戦が行われた。対戦したのは昨年12月の試合中にカツラが取れたことで一躍有名になった小口雅之(草加有沢)と小口から「元祖カツラボクサー」の称号剥奪を狙う塩野翼(角海老宝石)。小口が笑福亭鶴瓶ばりのアフロヘアで入場すれば塩野も銀髪のロングヘアで入場。そして試合は壮絶な打ち合いとなり両者共に負傷しながらの戦いとなったが、結局小口が判定勝ちを収めた。試合後塩野は敗戦のショックからか現役引退をほのめかす発言をしたが、所属ジムの会長は「そのうち気が変わる」として慰留に努める方針。== 2006年9月5日追加 ==== 2006年9月4日追加 ==(ソフトボール)ソフトボール女子の世界選手権で、3日の北京での決勝トーナメント1回戦で、日本が1-0で中国を破り3位以上を決め、4位までに与えられる2008年の北京オリンピックへの出場権を獲得した。日本の北京オリンピック出場権獲得第一号の競技となる。(テニス)テニスの四大大会の全米オープン第4日は31日、ニューヨークのナショナルテニスセンターで、男女シングルス3回戦などが行われた。女子第28シードの杉山愛は第2シードのジュスティーヌ・エナン・アーデン(ベルギー)に6-4、1-6、0-6で敗れ、ベスト16に残れなかった。シングルスでの日本勢は姿を消した。女子ダブルスの1回戦では第4シードの杉山愛とダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)組がユリアナ・フェダクとタチアナ・ペレビニス(ウクライナ)組に6-4で第1セットを奪ったところで雨で試合が中断。中村藍子とジャミア・ジャクソン(米国)組は敗退した。→8月30日、9月1日、9月3日参照(大リーグ)シアトル・マリナーズのイチローは、2日のタンパベイ・デビルレイズ戦で、5打数2安打2得点1盗塁。今季37盗塁。7試合連続安打で打率を3割2分に上げた。城島健司は、4打数1安打。打率は2割9分5厘。チームは4-3で勝った。→9月3日参照== 2006年9月3日追加 ==(テニス)テニスの四大大会の全米オープン第4日は8月31日、ニューヨークのナショナルテニスセンターで、男女シングルス2回戦などが行われた。女子第28シードの杉山愛はタチアナ・ガルビン(イタリア)に6-7、6-4、6-2で逆転勝ちし、4年連続で3回戦に進出した。中村藍子は第16シードのアナ・イワノビッチ(セルビア)に5-7、3-6で敗れた。なお、4年ぶりに全米オープンに出場した第8シードのマルチナ・ヒンギス(スイス)はビルジニ・ラザノ(フランス)にストレートで敗れた。→8月30日、9月1日参照(大リーグ)シアトル・マリナーズのイチローは、1日のタンパベイ・デビルレイズ戦で、4打数1安打。打率は3割1分9厘。城島健司は、2回に今季14号となる先制ソロホームランを放ち、4打数1安打1打点。しかし、チームは1-2でサヨナラ負け。→9月2日参照(プロ野球)プロ野球・横浜は3日、牛島和彦監督が成績不振の責任を取って今季限りで退任すると発表した。牛島監督は昨年(2005年)就任。就任一年目は投手陣の整備に成功したこともあり3位と健闘したが、今季は投手陣の不振、故障者の続出などで低迷していた。(バスケットボール)世界選手権は、3日決勝戦が行われ、スペインがギリシャを70-47で破り初優勝。== 2006年9月2日追加 ==(大リーグ)シアトル・マリナーズのイチローは、8月30日のロサンゼルス・エンゼルス戦で、4打数1安打。打率は3割2分。今季36個目の盗塁をマークした。城島健司は、3打数3安打1打点1盗塁と活躍し、打率を2割9分6厘に上げた。チームは3-5で敗れた。→9月1日参照== 2006年9月1日追加 ==(大リーグ)シアトル・マリナーズのイチローは、29日のロサンゼルス・エンゼルス戦で、7号本塁打を放ち、4打数2安打1打点。打率は3割2分。城島健司は、4打数無安打。打率は2割9分4厘。チームは6-4で勝ち、6連勝した。→8月31日参照(テニス)テニスの四大大会の全米オープン第3日は8月30日、ニューヨークのナショナルテニスセンターで、男女シングルス1回戦などが行われた。中村藍子はメリンダ・ツィンク(ハンガリー)を6-1、6-2のストレートで破り、2回戦に進出した。女子ダブルス1回戦で、は、浅越しのぶと森上亜希子組がエカテリーナ・ビショウコワ(ロシア)とハナ・スロモバ(チェコ)組を破り2回戦に進出した。→8月30日参照
rdfs:label
  • Septembre 2006 en sport
  • September 2006 in sports
  • Wrzesień 2006 w sporcie
  • スポーツ 最近の出来事 2006年9月
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of