La seconde guerre des margraves est un conflit du Saint-Empire romain germanique qui s'est déroulé entre 1552 (paix de Passau) et 1555. Son instigateur est Albert Alcibiades, le margrave de Brandenbourg-Kulmbach et Brandenbourg-Bayreuth. La guerre a causé de graves dégâts principalement en Franconie et s'est conclue par l'exil d'Albert Alcibiades.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • La seconde guerre des margraves est un conflit du Saint-Empire romain germanique qui s'est déroulé entre 1552 (paix de Passau) et 1555. Son instigateur est Albert Alcibiades, le margrave de Brandenbourg-Kulmbach et Brandenbourg-Bayreuth. La guerre a causé de graves dégâts principalement en Franconie et s'est conclue par l'exil d'Albert Alcibiades.
  • 第二次辺境伯戦争(Zweite Markgrafenkrieg、単に辺境伯戦争(Markgrafenkrieg)、あるいはBundesständischer Kriegとも呼ばれる)は、1552年から1555年に神聖ローマ帝国内で戦われた戦争。当初は、ホーエンツォレルン家によるフランケン公領創設を目論むブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯アルブレヒト・アルキビアデスと、これに抵抗するニュルンベルク市との戦闘であったが、アルブレヒト・アルキビアデスがパッサウの和約の受け容れを拒否したことから戦渦が拡大した。アルブレヒト・アルキビアデスが行った侵略、略奪行為により、帝国内、特にフランケン地方の多くの集落や城が破壊された。被害はマインツ、ヴォルムス、オッペンハイム、メス、ヴェルダン、フランクフルト・アム・マイン、シュパイアーにも及んだ。 1552年6月19日:ニュルンベルクがアルブレヒト・アルキビアデスに降伏。この年から翌1553年にかけてフォルヒハイム、バンベルク、ハルシュタット、クンロイト、クリンゲンベルク・アム・マイン、ハイリゲンシュタット・イン・オーバーフランケン、エーバーマンシュタットを侵略。 1553年7月9日:ジーフェルスハウゼンの戦い。ザクセン選帝侯モーリッツとブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯ハインリヒ2世がアルブレヒト・アルキビアデスに勝利したが、モーリッツはこの戦いで戦死、ハインリヒ2世も2人の息子を失った。 1553年11月26日:ブラウンシュヴァイク、ベーメン、バンベルク、ニュルンベルク、ヴュルツブルク、及び帝国の他の地域からの軍勢を含めた連合軍によるクルムバッハへの侵攻と破壊。クルムバッハはアルブレヒト・アルキビアデスの本拠地であった。その居城プラッセンブルク城塞を包囲。 1554年6月:アルブレヒト・アルキビアデス、シュヴァルツァハの戦いに敗れる。 1554年7月:プラッセンブルク城塞を連合軍が占領した。アルブレヒト・アルキビアデスは帝国外へ追放刑となり、逃亡しなければならなかった。翌1555年にアウクスブルクの和議が締結、1557年にアルブレヒト・アルキビアデスが亡くなり、従弟のブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯ゲオルク・フリードリヒがブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯を兼ねることとなった。
  • The Second Margrave War (German: Zweiter Markgrafenkrieg) was a conflict in the Holy Roman Empire between 1552 and 1555. Instigated by Albert Alcibiades, Margrave of Brandenburg-Kulmbach and Brandenburg-Bayreuth, it involved numerous raids, plunderings and the destruction of many towns and castles in the empire, especially in Franconia. Other towns in other areas where also affected, such as Mainz, Worms, Oppenheim, Metz, Verdun, Frankfurt, and Speyer. 19 June 1552: Nuremberg capitulates to Albert Alcibiades; capture of Forchheim and Bamberg 9 July 1553: Battle of Sievershausen; Maurice, Elector of Saxony and Henry V, Duke of Brunswick-Lüneburg defeat Albert Alcibiades; Maurice is killed in the battle and Henry loses his two sons 1553 :The city of Hof was successfully besieged by the opponents of Margrave Albert II Alcibiades. 26 November 1553: Capture and destruction of Kulmbach, Albert's residence, by troops from Brunswick-Lüneburg, Bohemia, Bamberg, Nuremberg, Würzburg and other areas of the Empire. Siege of Plassenburg Castle June 1554: Albert defeated in the Battle of Schwarzach July 1554: Plassenburg Castle is handed over to the opposing forces
  • Der Zweite Markgrafenkrieg, auch Markgräflerkrieg oder Bundesständischer Krieg genannt, war ein Krieg im Heiligen Römischen Reich von 1552 bis 1554. Markgraf Albrecht Alcibiades von Brandenburg-Kulmbach bekämpfte vor allem die (katholischen) Hochstifte und bemühte sich um eine Vormachtstellung in Franken. Schließlich wurde er von einem Bündnis zahlreicher Fürsten geschlagen.
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3172291 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 763 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 103577456 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • La seconde guerre des margraves est un conflit du Saint-Empire romain germanique qui s'est déroulé entre 1552 (paix de Passau) et 1555. Son instigateur est Albert Alcibiades, le margrave de Brandenbourg-Kulmbach et Brandenbourg-Bayreuth. La guerre a causé de graves dégâts principalement en Franconie et s'est conclue par l'exil d'Albert Alcibiades.
  • 第二次辺境伯戦争(Zweite Markgrafenkrieg、単に辺境伯戦争(Markgrafenkrieg)、あるいはBundesständischer Kriegとも呼ばれる)は、1552年から1555年に神聖ローマ帝国内で戦われた戦争。当初は、ホーエンツォレルン家によるフランケン公領創設を目論むブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯アルブレヒト・アルキビアデスと、これに抵抗するニュルンベルク市との戦闘であったが、アルブレヒト・アルキビアデスがパッサウの和約の受け容れを拒否したことから戦渦が拡大した。アルブレヒト・アルキビアデスが行った侵略、略奪行為により、帝国内、特にフランケン地方の多くの集落や城が破壊された。被害はマインツ、ヴォルムス、オッペンハイム、メス、ヴェルダン、フランクフルト・アム・マイン、シュパイアーにも及んだ。 1552年6月19日:ニュルンベルクがアルブレヒト・アルキビアデスに降伏。この年から翌1553年にかけてフォルヒハイム、バンベルク、ハルシュタット、クンロイト、クリンゲンベルク・アム・マイン、ハイリゲンシュタット・イン・オーバーフランケン、エーバーマンシュタットを侵略。 1553年7月9日:ジーフェルスハウゼンの戦い。ザクセン選帝侯モーリッツとブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル侯ハインリヒ2世がアルブレヒト・アルキビアデスに勝利したが、モーリッツはこの戦いで戦死、ハインリヒ2世も2人の息子を失った。 1553年11月26日:ブラウンシュヴァイク、ベーメン、バンベルク、ニュルンベルク、ヴュルツブルク、及び帝国の他の地域からの軍勢を含めた連合軍によるクルムバッハへの侵攻と破壊。クルムバッハはアルブレヒト・アルキビアデスの本拠地であった。その居城プラッセンブルク城塞を包囲。 1554年6月:アルブレヒト・アルキビアデス、シュヴァルツァハの戦いに敗れる。 1554年7月:プラッセンブルク城塞を連合軍が占領した。アルブレヒト・アルキビアデスは帝国外へ追放刑となり、逃亡しなければならなかった。翌1555年にアウクスブルクの和議が締結、1557年にアルブレヒト・アルキビアデスが亡くなり、従弟のブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯ゲオルク・フリードリヒがブランデンブルク=クルムバッハ辺境伯を兼ねることとなった。
  • Der Zweite Markgrafenkrieg, auch Markgräflerkrieg oder Bundesständischer Krieg genannt, war ein Krieg im Heiligen Römischen Reich von 1552 bis 1554. Markgraf Albrecht Alcibiades von Brandenburg-Kulmbach bekämpfte vor allem die (katholischen) Hochstifte und bemühte sich um eine Vormachtstellung in Franken. Schließlich wurde er von einem Bündnis zahlreicher Fürsten geschlagen.
  • The Second Margrave War (German: Zweiter Markgrafenkrieg) was a conflict in the Holy Roman Empire between 1552 and 1555. Instigated by Albert Alcibiades, Margrave of Brandenburg-Kulmbach and Brandenburg-Bayreuth, it involved numerous raids, plunderings and the destruction of many towns and castles in the empire, especially in Franconia. Other towns in other areas where also affected, such as Mainz, Worms, Oppenheim, Metz, Verdun, Frankfurt, and Speyer.
rdfs:label
  • Seconde guerre des Margraves
  • Second Margrave War
  • Zweiter Markgrafenkrieg
  • 第二次辺境伯戦争
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of