Le terme sancai (chinois : 三彩 ; pinyin : sāncǎi ; littéralement : « trois couleurs ») désigne un type de céramique chinoise dont les décorations comportent des glaçures polychrome de trois couleurs, ou d'avantage.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Le terme sancai (chinois : 三彩 ; pinyin : sāncǎi ; littéralement : « trois couleurs ») désigne un type de céramique chinoise dont les décorations comportent des glaçures polychrome de trois couleurs, ou d'avantage.
  • 唐三彩(とうさんさい、拼音: tángsāncǎi、三彩とも)は唐代の芸術品で、1000年以上の歴史を持つ。いわゆる唐三彩は唐代の陶器の上の釉薬の色を指し、後に唐代の彩陶(上絵を施した陶器)を総称する語として使われるようになった。唐代の陶器の釉薬の色は非常に多く、クリーム色、赤褐色、薄緑、深緑、藍色、紫などがある。中でもクリーム色・緑・白の三色の組み合わせ、或いは緑・赤褐色・藍の三色の組み合わせを主としていることから三彩と称されている。唐三彩は二回にわたって焼かれる。一回目は白色の粘土で器物の原型を作り、窯の中で1000~1100度で素焼きにされる。冷却の後、器物を取り出し、各種の釉薬をかけ、再び窯の中で850~950度で焼かれる。炎色反応を用いて色を付けることから、釉薬には銅(緑)、鉄(赤褐色)、マンガン(紫色)、コバルト(藍色)、アンチモン(クリーム色)を用い、助燃剤として鉛やアルミニウムを用いる。釉薬の色が互いに浸透し、年代が経つことにより、顔料の色が微妙に変化し、新たな色を作る。唐三彩は芸術品としての水準は極めて高いものの、日用品として用いられることは少なく、主に埋葬品として使用された。唐三彩の形状は非常に多く、人物、動物、器物の三種に主に分類される。人物には天子、文官、武将、貴婦人、男の子、下女、芸人、ペルシア人などがある。動物には、馬、ラクダ、牛、羊、ライオン、虎などがある。器物には容器、文房具、お碗、壺、皿などがある。唐三彩は日用品や部屋の装飾品よりも主に埋葬品として使用され、主に中原一帯で生産・流行し、中原一帯の官僚たちに使用された。唐代の陵墓を発掘するにしたがって、埋葬品としての唐三彩が大量に発掘された。唐三彩の造形は当時の社会や風俗を表している。力強く瀟洒な様子である天子の像や武将の像、肥えた馬やラクダの像は、初唐の国力が強盛であったことを示す。顔がややふっくらとして、体が豊満な女性の像は、当時の女性はふくよかであることが美しいとされたことを示している。
  • 당삼채(唐三彩)는 중국 당대의 도기로 삼채 유약을 사용한 것을 말한다.주로 장안·낙양 귀족들의 장례용으로 제작되었고, 묘릉에 부장되었다. 도질(陶質)의 소지에 화장한 다음 녹·갈·황·백의 연유로 화려하게 칠하였으며, 또는 코발트의 남유(藍釉)를 칠한 것도 있다. 기형은 용수호, 만년호와 반(盤), 완 외에 여러 가지 형태의 남녀 인물상, 신상, 진묘수(鎭墓獸), 말, 낙타 등의 각종 명기. 당대 귀족의 취미, 생활양상을 잘 나타내고 또 당시 유행한 서아시아풍 의장과 복식이 가끔 보인다. 아마도 측천무후(재위 690∼705) 경부터 출현하여 후장(厚葬)의 풍습이 높아짐에 따라 크게 유행하였으나, 안록산의 난(756) 이후에는 제작되지 않았다. 그러나 발해삼채, 요삼채, 송삼채 등과 페르시아 삼채 등에까지 그 영향이 미쳤다고 한다.
  • Sancai (chiń.: 三彩; pinyin: sāncǎi; dosł. „trzy kolory”) – trójkolorowa chińska porcelana charakterystyczna dla okresu dynastii Tang.Porcelana sancai zachowała się głównie w postaci figurek grobowych odkrytych w dużych ilościach w grobowcach z okolic Xi’anu, lecz także w postaci dachówek, naczyń i elementów budowli. Figurki, przedstawiające postaci ludzi i zwierząt (zazwyczaj koni), pokryte są szkliwem którego paleta barw – wbrew dosłownemu tłumaczeniu nazwy – obejmuje odcienie brązu, zieleni, żółci, błękitu i bieli; barwy są wymieszane ze sobą i płynnie przechodzą jedna w drugą.Figurki kobiece przedstawiają zazwyczaj tancerki i damy dworu, figurki postaci męskich – przedstawicieli różnych narodowości przebywających wówczas na dworze cesarskim w Chang’anie (kupców perskich i środkowoazjatyckich, często na wielbłądach objuczonych towarami), wojowników i służbę.
  • Sancai (Chinese: 三彩; pinyin: sāncǎi; literally "three colours") is a type of decoration on Chinese pottery using three intermingled colors for decoration.
  • Сань-цай (кит. упр. 三彩, пиньинь: sāncǎi; дословно: «три цвета») — тип керамики, в котором для украшения используется три цвета. В русскоязычных текстах также встречается неграмотное написание «санкай»
  • Sancai (chino:三彩; literalmente=tres colores) es un tipo de cerámica que utiliza como decoración tres colores entremezclados.
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3451520 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8082 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 110187188 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:c
  • 三彩
  • 五彩
prop-fr:court
  • o
prop-fr:l
  • cinq couleurs
  • trois couleurs
prop-fr:p
  • sāncǎi
  • wǔcǎi
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Le terme sancai (chinois : 三彩 ; pinyin : sāncǎi ; littéralement : « trois couleurs ») désigne un type de céramique chinoise dont les décorations comportent des glaçures polychrome de trois couleurs, ou d'avantage.
  • 唐三彩(とうさんさい、拼音: tángsāncǎi、三彩とも)は唐代の芸術品で、1000年以上の歴史を持つ。いわゆる唐三彩は唐代の陶器の上の釉薬の色を指し、後に唐代の彩陶(上絵を施した陶器)を総称する語として使われるようになった。唐代の陶器の釉薬の色は非常に多く、クリーム色、赤褐色、薄緑、深緑、藍色、紫などがある。中でもクリーム色・緑・白の三色の組み合わせ、或いは緑・赤褐色・藍の三色の組み合わせを主としていることから三彩と称されている。唐三彩は二回にわたって焼かれる。一回目は白色の粘土で器物の原型を作り、窯の中で1000~1100度で素焼きにされる。冷却の後、器物を取り出し、各種の釉薬をかけ、再び窯の中で850~950度で焼かれる。炎色反応を用いて色を付けることから、釉薬には銅(緑)、鉄(赤褐色)、マンガン(紫色)、コバルト(藍色)、アンチモン(クリーム色)を用い、助燃剤として鉛やアルミニウムを用いる。釉薬の色が互いに浸透し、年代が経つことにより、顔料の色が微妙に変化し、新たな色を作る。唐三彩は芸術品としての水準は極めて高いものの、日用品として用いられることは少なく、主に埋葬品として使用された。唐三彩の形状は非常に多く、人物、動物、器物の三種に主に分類される。人物には天子、文官、武将、貴婦人、男の子、下女、芸人、ペルシア人などがある。動物には、馬、ラクダ、牛、羊、ライオン、虎などがある。器物には容器、文房具、お碗、壺、皿などがある。唐三彩は日用品や部屋の装飾品よりも主に埋葬品として使用され、主に中原一帯で生産・流行し、中原一帯の官僚たちに使用された。唐代の陵墓を発掘するにしたがって、埋葬品としての唐三彩が大量に発掘された。唐三彩の造形は当時の社会や風俗を表している。力強く瀟洒な様子である天子の像や武将の像、肥えた馬やラクダの像は、初唐の国力が強盛であったことを示す。顔がややふっくらとして、体が豊満な女性の像は、当時の女性はふくよかであることが美しいとされたことを示している。
  • 당삼채(唐三彩)는 중국 당대의 도기로 삼채 유약을 사용한 것을 말한다.주로 장안·낙양 귀족들의 장례용으로 제작되었고, 묘릉에 부장되었다. 도질(陶質)의 소지에 화장한 다음 녹·갈·황·백의 연유로 화려하게 칠하였으며, 또는 코발트의 남유(藍釉)를 칠한 것도 있다. 기형은 용수호, 만년호와 반(盤), 완 외에 여러 가지 형태의 남녀 인물상, 신상, 진묘수(鎭墓獸), 말, 낙타 등의 각종 명기. 당대 귀족의 취미, 생활양상을 잘 나타내고 또 당시 유행한 서아시아풍 의장과 복식이 가끔 보인다. 아마도 측천무후(재위 690∼705) 경부터 출현하여 후장(厚葬)의 풍습이 높아짐에 따라 크게 유행하였으나, 안록산의 난(756) 이후에는 제작되지 않았다. 그러나 발해삼채, 요삼채, 송삼채 등과 페르시아 삼채 등에까지 그 영향이 미쳤다고 한다.
  • Sancai (Chinese: 三彩; pinyin: sāncǎi; literally "three colours") is a type of decoration on Chinese pottery using three intermingled colors for decoration.
  • Сань-цай (кит. упр. 三彩, пиньинь: sāncǎi; дословно: «три цвета») — тип керамики, в котором для украшения используется три цвета. В русскоязычных текстах также встречается неграмотное написание «санкай»
  • Sancai (chino:三彩; literalmente=tres colores) es un tipo de cerámica que utiliza como decoración tres colores entremezclados.
  • Sancai (chiń.: 三彩; pinyin: sāncǎi; dosł. „trzy kolory”) – trójkolorowa chińska porcelana charakterystyczna dla okresu dynastii Tang.Porcelana sancai zachowała się głównie w postaci figurek grobowych odkrytych w dużych ilościach w grobowcach z okolic Xi’anu, lecz także w postaci dachówek, naczyń i elementów budowli.
rdfs:label
  • Sancai
  • Sancai
  • Sancai
  • Sancai
  • Сань-цай
  • 唐三彩
  • 당삼채
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of