Sō Aono 青野 聰, Aono Sō; né le 27 juillet 1943 dans la préfecture de Tokyo) est un écrivain japonais.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Sō Aono 青野 聰, Aono Sō; né le 27 juillet 1943 dans la préfecture de Tokyo) est un écrivain japonais.
  • So Aono (青野 聰, Aono Sō, July 27, 1943) is an award-winning Japanese novelist. He is the third son of the renowned literary critic Suekichi Aono. Aono was born in Tokyo and studied literature at Waseda University but left the university early to travel. After visiting Europe and Northern Africa, he returned to Japan in 1971, publishing his first work in the Waseda literary magazine. From 1972 to 1977 he travelled through Europe again. Upon his return to Japan, Aono became active in literary and critical writings. He currently lives in Tokyo and is a Professor of Literature at Tama Art University.Aono has translated works by Charles Bukowski into Japanese.
  • 青野 聰(あおの そう、1943年7月27日 - )は、日本の小説家、多摩美術大学教授。東京都出身。文藝評論家青野季吉と松井松栄の三男として生まれる。季吉は妻みづほがいた。2歳で母を喪い、継母に育てられる。1960年青野家に入籍。1966年、早稲田大学第一文学部中退。ヨーロッパや北アフリカ諸国を放浪した後、1971年、「早稲田文学」誌上にてデビュー。1979年、『母と子の契約』で芥川龍之介賞候補となり、新世代の作家として注目され、『愚者の夜』で同賞受賞。1984年『女からの声』で野間文芸新人賞、1988年『人間のいとなみ』で芸術選奨文部大臣賞、1992年『母よ』で読売文学賞受賞。文學界新人賞、三島由紀夫賞、平林たい子文学賞などの選考委員を務めた。1997年より多摩美大教授。2008年、紫綬褒章受章。子供は男の子4人。長男、次男はそれぞれ違う母親である。
  • Sō Aono (jap. 青野 聰, Aono Sō; * 27. Juli 1943 in der Präfektur Tokio) ist ein japanischer Schriftsteller.
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 7088613 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3083 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 106613492 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Sō Aono 青野 聰, Aono Sō; né le 27 juillet 1943 dans la préfecture de Tokyo) est un écrivain japonais.
  • 青野 聰(あおの そう、1943年7月27日 - )は、日本の小説家、多摩美術大学教授。東京都出身。文藝評論家青野季吉と松井松栄の三男として生まれる。季吉は妻みづほがいた。2歳で母を喪い、継母に育てられる。1960年青野家に入籍。1966年、早稲田大学第一文学部中退。ヨーロッパや北アフリカ諸国を放浪した後、1971年、「早稲田文学」誌上にてデビュー。1979年、『母と子の契約』で芥川龍之介賞候補となり、新世代の作家として注目され、『愚者の夜』で同賞受賞。1984年『女からの声』で野間文芸新人賞、1988年『人間のいとなみ』で芸術選奨文部大臣賞、1992年『母よ』で読売文学賞受賞。文學界新人賞、三島由紀夫賞、平林たい子文学賞などの選考委員を務めた。1997年より多摩美大教授。2008年、紫綬褒章受章。子供は男の子4人。長男、次男はそれぞれ違う母親である。
  • Sō Aono (jap. 青野 聰, Aono Sō; * 27. Juli 1943 in der Präfektur Tokio) ist ein japanischer Schriftsteller.
  • So Aono (青野 聰, Aono Sō, July 27, 1943) is an award-winning Japanese novelist. He is the third son of the renowned literary critic Suekichi Aono. Aono was born in Tokyo and studied literature at Waseda University but left the university early to travel. After visiting Europe and Northern Africa, he returned to Japan in 1971, publishing his first work in the Waseda literary magazine. From 1972 to 1977 he travelled through Europe again.
rdfs:label
  • Sō Aono
  • So Aono
  • Sō Aono
  • 青野聰
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of