Roger Cuthbert Quilter, né le 1er novembre 1877 à Hove – mort le 21 septembre 1953 à Londres, est un compositeur britannique. Il est surtout connu pour ses mélodies.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Roger Cuthbert Quilter, né le 1er novembre 1877 à Hove – mort le 21 septembre 1953 à Londres, est un compositeur britannique. Il est surtout connu pour ses mélodies.
  • Roger Cuthbert Quilter (Hove 1 November 1877 – 21 September 1953 London) was an English composer, known particularly for his songs.
  • Roger (Cuthbert) Quilter (Hove (Engeland), 1 november 1877 – Londen, 21 september 1953) was een Brits componist. Hij was het derde van totaal zeven kinderen van Sir William Cuthbert Quilters, een welgestelde zakenman (onder andere in 1881 oprichter van de "National Telephone Company"), later een baronet, en kunstverzamelaar.
  • Roger Quilter (* 1. November 1877 in Hove; † 21. September 1953 in London) war ein englischer Komponist.
  • ロジャー・クィルター(Roger Quilter, 1877年11月1日 - 1953年9月21日)は、イギリスの作曲家。サセックスのホーヴに生まれる。父親のカスバート・クィルター卿は準男爵で、美術品のコレクターとして知られていた。イートン・カレッジで学んだ後、フランクフルトの高等音楽院に進む。学友にパーシー・グレインジャー、シリル・スコット、ヘンリー・バルフォア・ガーディナーがいた。1890年代後半、高等音楽院で学ぶ作曲家たちのサークル、フランクフルト・グループに所属する。イギリスでの彼の名声は、歌曲と、童謡を織り交ぜた『子どもたちの序曲』や、劇音楽から編んだ組曲『虹の終わる場所に』などに代表される管弦楽のためのライト・ミュージックによって支えられている。ピーター・ウォーロックら何人かのイギリス人作曲家に影響を与えたことは特筆に値する。クィルターの書いた歌曲は、全部で100曲を越え、さらに今日でも歌われる英語のアート・ソングもある。有名な曲に、『愛の哲学』、『来たれ、死よ』、『もう泣いてくれるな』、『海辺で』、『おお、僕の恋人』がある。アルフレッド・テニスンの詩による『赤い花びら、優しく眠る』は彼の初期の歌曲であるにかかわらず、既に後の円熟したスタイルを持っている。クィルターはテノール歌手のジャーヴァス・エルウィズと、エルウィズが1921年に亡くなるまで、実りあるコラボレーションを楽しんだ。同性愛者として周囲の圧力に心を痛め、第二次世界大戦中に甥を失ったことで、精神疾患を患った。ロンドンのセント・ジョンズ・ウッドの自宅で死去。75歳の誕生日を祝う目前であった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 6118535 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 965 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 11 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 106754760 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Roger Cuthbert Quilter, né le 1er novembre 1877 à Hove – mort le 21 septembre 1953 à Londres, est un compositeur britannique. Il est surtout connu pour ses mélodies.
  • Roger Cuthbert Quilter (Hove 1 November 1877 – 21 September 1953 London) was an English composer, known particularly for his songs.
  • Roger (Cuthbert) Quilter (Hove (Engeland), 1 november 1877 – Londen, 21 september 1953) was een Brits componist. Hij was het derde van totaal zeven kinderen van Sir William Cuthbert Quilters, een welgestelde zakenman (onder andere in 1881 oprichter van de "National Telephone Company"), later een baronet, en kunstverzamelaar.
  • Roger Quilter (* 1. November 1877 in Hove; † 21. September 1953 in London) war ein englischer Komponist.
  • ロジャー・クィルター(Roger Quilter, 1877年11月1日 - 1953年9月21日)は、イギリスの作曲家。サセックスのホーヴに生まれる。父親のカスバート・クィルター卿は準男爵で、美術品のコレクターとして知られていた。イートン・カレッジで学んだ後、フランクフルトの高等音楽院に進む。学友にパーシー・グレインジャー、シリル・スコット、ヘンリー・バルフォア・ガーディナーがいた。1890年代後半、高等音楽院で学ぶ作曲家たちのサークル、フランクフルト・グループに所属する。イギリスでの彼の名声は、歌曲と、童謡を織り交ぜた『子どもたちの序曲』や、劇音楽から編んだ組曲『虹の終わる場所に』などに代表される管弦楽のためのライト・ミュージックによって支えられている。ピーター・ウォーロックら何人かのイギリス人作曲家に影響を与えたことは特筆に値する。クィルターの書いた歌曲は、全部で100曲を越え、さらに今日でも歌われる英語のアート・ソングもある。有名な曲に、『愛の哲学』、『来たれ、死よ』、『もう泣いてくれるな』、『海辺で』、『おお、僕の恋人』がある。アルフレッド・テニスンの詩による『赤い花びら、優しく眠る』は彼の初期の歌曲であるにかかわらず、既に後の円熟したスタイルを持っている。クィルターはテノール歌手のジャーヴァス・エルウィズと、エルウィズが1921年に亡くなるまで、実りあるコラボレーションを楽しんだ。同性愛者として周囲の圧力に心を痛め、第二次世界大戦中に甥を失ったことで、精神疾患を患った。ロンドンのセント・ジョンズ・ウッドの自宅で死去。75歳の誕生日を祝う目前であった。
rdfs:label
  • Roger Quilter
  • Roger Quilter
  • Roger Quilter
  • Roger Quilter
  • ロジャー・クィルター
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of