La Reconquête chinoise de 1945 eut lieu à la toute fin de la guerre sino-japonaise. Elle se composa de deux phases : la victoire alliée face à l'offensive japonaise, à Chihkiang, dans l'ouest du Hunan (Bataille de l'ouest du Hunan), et la contre-offensive chinoise débutée d'abord dans le Guangxi (Seconde bataille du Guangxi), qui aboutit à la reconquête d'une partie des territoires perdus lors de l'opération Ichi-Go, puis se poursuivit dans d'autres provinces, repoussant les Japonais.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • La Reconquête chinoise de 1945 eut lieu à la toute fin de la guerre sino-japonaise. Elle se composa de deux phases : la victoire alliée face à l'offensive japonaise, à Chihkiang, dans l'ouest du Hunan (Bataille de l'ouest du Hunan), et la contre-offensive chinoise débutée d'abord dans le Guangxi (Seconde bataille du Guangxi), qui aboutit à la reconquête d'une partie des territoires perdus lors de l'opération Ichi-Go, puis se poursuivit dans d'autres provinces, repoussant les Japonais.
  • 芷江作戦(しこうさくせん)とは、日中戦争中の1945年4月から6月の間に行われた、湖南省西部・芷江への日本軍の進攻作戦である。中国側の呼称は湘西会戦。1944年に実施した大陸打通作戦において、日本軍は連合国軍の飛行場の制圧による制空権奪取と日本本土空襲の阻止を目標のひとつとしていた。大陸打通作戦の結果、日本軍は各地の連合国軍飛行場の占領には成功したものの、連合国側はさらに奥地の湖北省老河口や湖南省芷江付近などにも飛行場を整備し、航空作戦を継続できた。そのため、日本軍は、再び飛行場の制圧を目的とした老河口作戦と芷江作戦を実施することにした。芷江作戦では湖南-広西間の鉄道の確保も目的とされた。1945年4月から、日本軍は第20軍(坂西一良中将)を投じて芷江作戦を開始した。序盤は順調に進撃できたものの、まもなく連合国側の激しい反撃が始まり、4月25日頃には前進困難となった。中国軍の装備はアメリカからの兵器供与により以前よりも改善されており、またアメリカ陸軍航空軍による支援爆撃や航空輸送も十分に受けることができたためである。中国軍は次々と増援部隊を集結させ、第3方面軍・第4方面軍・第10方面軍などの計28個師団で迎撃していた。険しい地形も防衛戦に適していた。他方、日本側は太平洋方面への戦力抽出で部隊の質がかなり低下していたうえ、制空権を失っているために昼間行動は困難、兵站線も空襲で寸断された。5月9日、日本側の総指揮を執る支那派遣軍総司令官岡村寧次大将は、作戦の中止を決断した。日本軍は撤退を開始し、連合国軍は追撃に移った。各地で包囲を受けた日本軍は損害が続出し、各部隊の戦死傷は2万8000人に達していたが、撤退の決断が手遅れになる前に出されていたおかげで、かろうじて脱出に成功した。6月上旬までに日本軍は出撃地点へと帰還した。日本軍はこれ以後、終戦まで中国戦線で攻勢を行うことは無く、これが最後の攻勢作戦となった。
  • The Battle of West Hunan (湘西會戰), also known as the Zhijiang Campaign (芷江作戰) was the Japanese invasion of west Hunan and the subsequent Chinese counterattack that occurred between 6 April and 7 June 1945, during the last months of the Second Sino-Japanese War. Japanese strategic aims for this campaign were to seize Chinese airfields and secure railroads in West Hunan, and to achieve a decisive victory that their depleted land forces needed.This campaign, if successful, would also allow Japan to attack Sichuan and eventually the Chinese war time capital Chongqing. Although the Japanese were able to make initial headways, Chinese forces were able to turn the tide and forced the Japanese into a rout, recovering a substantial amount of lost ground.This was the last major Japanese offensive, and the last of 22 major battles during the war to involve more than 100,000 troops. Concurrently, the Chinese managed to repel a Japanese offensive in Henan and Hubei and launched a successful attack on Japanese forces in Guangxi, turning the course of the war sharply in China's favor even as they prepared to launch a full-scale counterattack across South China.
dbpedia-owl:depictionDescription
  • Troupes japonaises se rendant à l'armée chinoise.
dbpedia-owl:isPartOfMilitaryConflict
dbpedia-owl:place
dbpedia-owl:result
  • victoire des Alliés
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1774733 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7541 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 85 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 109507588 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • La Reconquête chinoise de 1945 eut lieu à la toute fin de la guerre sino-japonaise. Elle se composa de deux phases : la victoire alliée face à l'offensive japonaise, à Chihkiang, dans l'ouest du Hunan (Bataille de l'ouest du Hunan), et la contre-offensive chinoise débutée d'abord dans le Guangxi (Seconde bataille du Guangxi), qui aboutit à la reconquête d'une partie des territoires perdus lors de l'opération Ichi-Go, puis se poursuivit dans d'autres provinces, repoussant les Japonais.
  • 芷江作戦(しこうさくせん)とは、日中戦争中の1945年4月から6月の間に行われた、湖南省西部・芷江への日本軍の進攻作戦である。中国側の呼称は湘西会戦。1944年に実施した大陸打通作戦において、日本軍は連合国軍の飛行場の制圧による制空権奪取と日本本土空襲の阻止を目標のひとつとしていた。大陸打通作戦の結果、日本軍は各地の連合国軍飛行場の占領には成功したものの、連合国側はさらに奥地の湖北省老河口や湖南省芷江付近などにも飛行場を整備し、航空作戦を継続できた。そのため、日本軍は、再び飛行場の制圧を目的とした老河口作戦と芷江作戦を実施することにした。芷江作戦では湖南-広西間の鉄道の確保も目的とされた。1945年4月から、日本軍は第20軍(坂西一良中将)を投じて芷江作戦を開始した。序盤は順調に進撃できたものの、まもなく連合国側の激しい反撃が始まり、4月25日頃には前進困難となった。中国軍の装備はアメリカからの兵器供与により以前よりも改善されており、またアメリカ陸軍航空軍による支援爆撃や航空輸送も十分に受けることができたためである。中国軍は次々と増援部隊を集結させ、第3方面軍・第4方面軍・第10方面軍などの計28個師団で迎撃していた。険しい地形も防衛戦に適していた。他方、日本側は太平洋方面への戦力抽出で部隊の質がかなり低下していたうえ、制空権を失っているために昼間行動は困難、兵站線も空襲で寸断された。5月9日、日本側の総指揮を執る支那派遣軍総司令官岡村寧次大将は、作戦の中止を決断した。日本軍は撤退を開始し、連合国軍は追撃に移った。各地で包囲を受けた日本軍は損害が続出し、各部隊の戦死傷は2万8000人に達していたが、撤退の決断が手遅れになる前に出されていたおかげで、かろうじて脱出に成功した。6月上旬までに日本軍は出撃地点へと帰還した。日本軍はこれ以後、終戦まで中国戦線で攻勢を行うことは無く、これが最後の攻勢作戦となった。
  • The Battle of West Hunan (湘西會戰), also known as the Zhijiang Campaign (芷江作戰) was the Japanese invasion of west Hunan and the subsequent Chinese counterattack that occurred between 6 April and 7 June 1945, during the last months of the Second Sino-Japanese War.
rdfs:label
  • Reconquête chinoise de 1945
  • Battle of West Hunan
  • シ江作戦
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Reconquête chinoise
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of