Pierre Mollet, né le 23 mars 1920 à Neuchâtel et décédé le 27 octobre 2007 est un chanteur classique. De naissance suisse, il fut naturalisé canadien en 1974. Il épousa la pianiste canadienne Suzanne Blondin en 1979.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Pierre Mollet, né le 23 mars 1920 à Neuchâtel et décédé le 27 octobre 2007 est un chanteur classique. De naissance suisse, il fut naturalisé canadien en 1974. Il épousa la pianiste canadienne Suzanne Blondin en 1979.
  • ピエール・モレ(Pierre Mollet, 1920年3月23日 - 2007年10月27日)は、スイス出身のバリトン歌手。ヌーシャテルの生まれ。ローザンヌ音楽院でシャルル・パンゼラに学び、1946年のジュネーヴ国際音楽コンクールの声楽部門で2位入賞を果たした。1947年からパリ音楽院でナディア・ブーランジェに音楽の解釈を学びつつ歌手活動を始め、ストラスブールやエクサン=プロヴァンスなどの音楽祭に参加した。1948年から1962年までアメリカやフランス各地の演奏旅行を行って名声を博した。1952年にはオペラ=コミック座でドビュッシーの『ペレアスとメリザンド』に出演してオペラ・デビューを飾り、マスネの『ウェルテル』のアルベール役やグノーの『ロミオとジュリエット』のマキューシオ役などで当たりを取った。1967年にモントリオール万国博覧会で開催されるコンクールの審査員としてカナダに渡り、そのまま1978年までケベック音楽院で教鞭を執った。1974年にカナダに帰化し、カナダ人ピアニストのスザンヌ・ブロンディンと結婚した。1980年にはアリオーソ合唱団を創設して合唱指揮にも手を染めた。モントリオールにて没。
  • Pierre Mollet (23 March 1920, Neuchâtel - 27 October 2007) was a Canadian operatic baritone of Swiss birth. He became a naturalized Canadian citizen in 1974 and in 1979, he married the Canadian pianist Suzanne Blondin.Mollet was trained at the Lausanne Conservatory where he was a pupil of Charles Panzéra. In 1946 he won second prize at the Geneva International Music Competition. The following year he began studies in music interpretation with Nadia Boulanger in Paris, France and became highly active performing as a concert soloist with orchestras in that city during the late 1940s and 1950s. From 1948 to 1962, he traveled throughout Northern Africa and France performing in concerts sponsored by the Jeunesses Musicales International. He also sang in concerts at a number of notable music festivals such as the Strasbourg Festival and the Aix-en-Provence Festival.Mollet made his professional opera debut in 1952 portraying Pelléas in Claude Debussy's Pelléas et Mélisande at the Opéra-Comique; recording the part later that year with conductor Ernest Ansermet. He went on to sing that role for performances in cities throughout Europe and South America. He created the role of Eraste in Frank Martin's opera Monsieur de Pourceaugnac; other significant roles include Albert in Massenet's Werther and Mercutio in Gounod's Roméo et Juliette.
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 5778970 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2813 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 106780321 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Pierre Mollet, né le 23 mars 1920 à Neuchâtel et décédé le 27 octobre 2007 est un chanteur classique. De naissance suisse, il fut naturalisé canadien en 1974. Il épousa la pianiste canadienne Suzanne Blondin en 1979.
  • ピエール・モレ(Pierre Mollet, 1920年3月23日 - 2007年10月27日)は、スイス出身のバリトン歌手。ヌーシャテルの生まれ。ローザンヌ音楽院でシャルル・パンゼラに学び、1946年のジュネーヴ国際音楽コンクールの声楽部門で2位入賞を果たした。1947年からパリ音楽院でナディア・ブーランジェに音楽の解釈を学びつつ歌手活動を始め、ストラスブールやエクサン=プロヴァンスなどの音楽祭に参加した。1948年から1962年までアメリカやフランス各地の演奏旅行を行って名声を博した。1952年にはオペラ=コミック座でドビュッシーの『ペレアスとメリザンド』に出演してオペラ・デビューを飾り、マスネの『ウェルテル』のアルベール役やグノーの『ロミオとジュリエット』のマキューシオ役などで当たりを取った。1967年にモントリオール万国博覧会で開催されるコンクールの審査員としてカナダに渡り、そのまま1978年までケベック音楽院で教鞭を執った。1974年にカナダに帰化し、カナダ人ピアニストのスザンヌ・ブロンディンと結婚した。1980年にはアリオーソ合唱団を創設して合唱指揮にも手を染めた。モントリオールにて没。
  • Pierre Mollet (23 March 1920, Neuchâtel - 27 October 2007) was a Canadian operatic baritone of Swiss birth. He became a naturalized Canadian citizen in 1974 and in 1979, he married the Canadian pianist Suzanne Blondin.Mollet was trained at the Lausanne Conservatory where he was a pupil of Charles Panzéra. In 1946 he won second prize at the Geneva International Music Competition.
rdfs:label
  • Pierre Mollet
  • Pierre Mollet
  • ピエール・モレ
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of