Phyllis Mudford (23 août 1905 - 27 janvier 2006) est une joueuse de tennis britannique de l'entre-deux-guerres. Elle est aussi connue sous son nom de femme mariée, Phyllis Mudford-King.En 1931, elle s'est imposée en double dames à Wimbledon, associée à Dorothy Shepherd Barron.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Phyllis Mudford (23 août 1905 - 27 janvier 2006) est une joueuse de tennis britannique de l'entre-deux-guerres. Elle est aussi connue sous son nom de femme mariée, Phyllis Mudford-King.En 1931, elle s'est imposée en double dames à Wimbledon, associée à Dorothy Shepherd Barron.
  • Phyllis Mudford King (23 August 1905 – 27 January 2006) was an English female tennis player and the oldest living Wimbledon champion when she died at age 100. Mudford was born in 1905 in Wallington, Surrey. She was educated at Sutton High School, where she was Captain of Tennis, and one of the school's four houses is named in her honour. She won the Wimbledon Ladies' Doubles Championship in 1931 with partner Dorothy Shepherd-Barron, and last took part in the tournament in 1953.In 1931 she won the singles title at the Kent Championships after defeating Dorothy Round in the final in straight sets. In 1934 she again won the title after beating Joan Hartigan in the final.
  • Phyllis Evelyn King, z domu Mudford (ur. 23 sierpnia 1905 w Wallington, zm. 27 stycznia 2006), tenisistka brytyjska, mistrzyni Wimbledonu w deblu.W 1931 wspólnie z Dorothy Shepherd Barron wygrała grę podwójną na Wimbledonie, pokonując w finale Belgijkę Josane Sigart i Francuzkę Doris Metaxę w trzech setach. W 1937, występując już pod nazwiskiem małżeńskim, w parze z rodaczką Elsie Goldsack Pittman, przegrała w wimbledońskim finale z Francuzką Simone Mathieu i Brytyjką Billie Yorke. W 1931 i 1935 była w półfinale mistrzostw USA w grze pojedynczej. Na Wimbledonie w grze pojedynczej najdalej dotarła w 1930 – do ćwierćfinału (na 16 startów, ostatni raz w 1953). Reprezentowała Wielką Brytanię w Pucharze Wightman w latach 1930-1932 i 1935, w 1938 była kapitanem reprezentacji. W 1930 pokonała w meczu pucharowym Sarah Palfrey, w 1931 uległa Helen Jacobs i Helen Wills (zdobyła punkt w deblu w parze z Shepherd Barron), w 1932 pokonała Annę McCune Harper, w 1935 przegrała z Palfrey. W latach 30. była klasyfikowana w czołowej dziesiątce na świecie (w rankingu "Daily Telegraph") – na 7. miejscu w 1930 i 9. miejscu rok później. Wielokrotnie występowała w grze mieszanej w parze z Fredem Perrym.W 1948 została członkiem All England Club, organizatora turniejów wimbledońskich. W sierpniu 2005 jako najstarsza żyjąca mistrzyni Wimbledonu ukończyła 100 lat, zmarła pół roku później. Z małżeństwa z Maurice Kingiem (zm. 1959) nie miała dzieci.
  • フィリス・キング(英: Phyllis King、1905年8月23日 - 2006年1月27日)は、イングランドのサリー州ウォリントン出身の女子テニス選手。1931年のウィンブルドン選手権女子ダブルス優勝者で「最も長生きしたウィンブルドン優勝者」と呼ばれたが、2006年1月27日に100歳5ヶ月で死去した。旧姓はフィリス・イブリン・マドフォード(Phyllis Evelyn Mudford)といい、1931年の女子ダブルス優勝はこの名前で優勝記録表に掲載されているが、1932年にモーリス・R・キングと結婚して「フィリス・キング」の名前になった。彼女のテニスは、強烈なフォアハンド・ドライブ(順回転のボール)を最大の武器にするベースライン・プレーヤーだった。テニスウェアも膝下ほどのプリーツ・スカートと白いシャツをまとい、頭髪には色のあるバンダナを着用していた。サリーにある「ホーレイ・ローンテニスクラブ」でテニスを始めたが、彼女がテニス・サーキットを回り始めたのは20歳を過ぎてからだった。1928年からウィンブルドン選手権に挑戦を始め、1930年に女子シングルスの自己最高成績を出したが、準々決勝で第1シードのヘレン・ウィルス・ムーディに1-6、2-6で敗れる。1931年のウィンブルドン選手権女子ダブルスではドロシー・シェパード=バロン(1897年 - 1953年)とペアを組み、ドリス・メタクサ(フランス)&ヨサンヌ・シガール(ベルギー)組を3-6、6-3、6-4で破って優勝した。ウィンブルドン女子ダブルスで優勝した後、全米選手権の女子シングルスでベスト4に進出したが、その準決勝でもムーディに2-6、4-6で敗れた。当時の世界ランキングは、イギリスの『デイリー・テレグラフ』紙の評論家であったウォリス・マイヤーズ(Wallis Myers)が選んでいたもので、現在のようなポイント制とは大きく異なっていたが、この世界ランキングによるマドフォードのシングルス最高位は「7位」であった。1932年にモーリス・R・キングと結婚し、以後は「フィリス・キング」と名乗るようになった。1935年に2度目の全米選手権準決勝に進出したが、そこではヘレン・ジェイコブスに4-6、3-6で敗れている。キングのシングルス成績は、(地元のウィンブルドンではなく)全米選手権で2度のベスト4進出が最高記録になった。2年後の1937年には再びウィンブルドン選手権の女子ダブルスで決勝進出を果たした。ドロシー・シェパード=バロンとペアを組んだ1931年の優勝から6年後、この時はエルシー・ピットマンと組んだが、シモーヌ・マチュー(フランス)&ビリー・ヨーク(インド生まれ)組に3-6、3-6で敗れ、2度目の女子ダブルス優勝はならなかった。1930年から1932年にかけてと1935年の4度にわたり、アメリカとイギリスの代表選手による女子団体戦「ワイトマンカップ」のイギリス代表選手に選ばれ、1938年にはイギリス・チームのキャプテンを務めた。1959年に夫のモーリスに先立たれ、以後46年間未亡人として暮らしたが、最晩年に至るまでテニスを熱心に観戦し続けたという。2005年8月に100歳の誕生日を迎えた時も、キングは記念インタビューで選手時代の回想や現在の選手たちへの関心を楽しそうに語っていた。しかし、この誕生日祝いからわずか5ヶ月後の2006年1月27日、サリー州ホーレイの自宅にて100歳5ヶ月の生涯を閉じた。現時点では「100歳以上まで生きたウィンブルドン優勝者」はキング1人だけである。
  • Phyllis Evelyn King, geborene Mudford (* 23. August 1905 in Wallington; † 27. Januar 2006 in Horley, Surrey), war eine britische Tennisspielerin.Ihre Tenniskarriere begann sie als Jugendliche im Horley Lawn Tennis Club in Surrey, nahm jedoch erst mit 20 an Amateurturnieren teil.Den größten Erfolg feierte sie 1931 in Wimbledon. Mit ihrer Partnerin Dorothy Shepherd-Barron besiegte sie das an vierter Position gesetzte Doppel Metaxa/Sigart in einem engen Match mit 3:6, 6:3 und 6:4. Der Erfolg kam überraschend, da die beiden nicht gesetzt waren. Honoriert wurde ihre Leistung mit einer Goldmedaille und einem Einkaufsgutschein im Wert von 10 Pfund. Allerdings sollte das Geld für einen würdigen Luxusgegenstand statt eines einfachen Haushaltsartikels ausgegeben werden. Mudford sparte diesen wie auch andere Gewinngutscheine und kaufte sich später etwas bei Harrods.Mit Elsie Goldsack Pitman gelang ihr 1937 erneut der Finaleinzug, beide unterlagen jedoch 3:6 3:6 gegen Simone Mathieu und Billie Yorke.Im Einzel hatte sie dagegen weniger Grund zum Feiern: Bei insgesamt 16 Wimbledonteilnahmen erreichte sie lediglich im Jahre 1930 das Viertelfinale. Letztmals stand King 1953 auf dem grünen Rasen der All England Championships, kurz vor ihrem 48. Geburtstag. Bei den US Open kam sie jeweils 1931 und 1935 ins Halbfinale. Ihre höchste Einzelplatzierung in der Weltrangliste war Rang 7.Für Großbritannien nahm sie 1930, 1931, 1932, 1935 und 1938 an den Wightman-Cup-Spielen gegen die USA teil. Dabei führte sie die britische Mannschaft 1938 als Teamkapitän zum Sieg.Seit 1948 ist King Mitglied des All England Clubs. Ihr Ehemann Maurice starb 1959 an einem Emphysem, das Paar hatte keine Kinder. Noch bis in ihre 1980er spielte sie privat Tennis. Zuletzt wohnte sie als älteste lebende Wimbledonsiegerin in Horley (Surrey), wo sie im hohen Alter von 100 Jahren starb.
dbpedia-owl:birthDate
  • 1905-08-23 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathDate
  • 2006-01-27 (xsd:date)
dbpedia-owl:rolandGarrosSingle
  • 1/8
dbpedia-owl:spouseName
  • née Mudford
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1393445 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9117 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 108 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 110694648 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:wimbledonDouble
  • V (1)
dbpedia-owl:wimbledonSingle
  • 1/4
prop-fr:catégorie
  • G. Chelem
prop-fr:contexte
  • Joueuse
prop-fr:date
  • 1931-06-22 (xsd:date)
  • 1937-06-21 (xsd:date)
prop-fr:dateDeDécès
  • 2006-01-27 (xsd:date)
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1905-08-23 (xsd:date)
prop-fr:dotation
  • Non
prop-fr:f
  • Doris Metaxa
  • Josane Sigart
prop-fr:nom
  • Phyllis King
prop-fr:nomD'épouse
  • née Mudford
prop-fr:n°_
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:palmarès
  • Finales
  • Titres
prop-fr:parcours
prop-fr:pn
  • Dorothy Shepherd
  • Elsie Pittman
prop-fr:rolandGarrosSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:score
  • 3 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
prop-fr:surface
  • Gazon
prop-fr:tableau
  • Double
prop-fr:tournoi
  • Tournoi de Wimbledon
prop-fr:v
  • Simonne Mathieu
  • Billie Yorke
prop-fr:ville
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:wimbledonDouble
  • V
prop-fr:wimbledonSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:édition
  • The Championships
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Phyllis Mudford (23 août 1905 - 27 janvier 2006) est une joueuse de tennis britannique de l'entre-deux-guerres. Elle est aussi connue sous son nom de femme mariée, Phyllis Mudford-King.En 1931, elle s'est imposée en double dames à Wimbledon, associée à Dorothy Shepherd Barron.
  • フィリス・キング(英: Phyllis King、1905年8月23日 - 2006年1月27日)は、イングランドのサリー州ウォリントン出身の女子テニス選手。1931年のウィンブルドン選手権女子ダブルス優勝者で「最も長生きしたウィンブルドン優勝者」と呼ばれたが、2006年1月27日に100歳5ヶ月で死去した。旧姓はフィリス・イブリン・マドフォード(Phyllis Evelyn Mudford)といい、1931年の女子ダブルス優勝はこの名前で優勝記録表に掲載されているが、1932年にモーリス・R・キングと結婚して「フィリス・キング」の名前になった。彼女のテニスは、強烈なフォアハンド・ドライブ(順回転のボール)を最大の武器にするベースライン・プレーヤーだった。テニスウェアも膝下ほどのプリーツ・スカートと白いシャツをまとい、頭髪には色のあるバンダナを着用していた。サリーにある「ホーレイ・ローンテニスクラブ」でテニスを始めたが、彼女がテニス・サーキットを回り始めたのは20歳を過ぎてからだった。1928年からウィンブルドン選手権に挑戦を始め、1930年に女子シングルスの自己最高成績を出したが、準々決勝で第1シードのヘレン・ウィルス・ムーディに1-6、2-6で敗れる。1931年のウィンブルドン選手権女子ダブルスではドロシー・シェパード=バロン(1897年 - 1953年)とペアを組み、ドリス・メタクサ(フランス)&ヨサンヌ・シガール(ベルギー)組を3-6、6-3、6-4で破って優勝した。ウィンブルドン女子ダブルスで優勝した後、全米選手権の女子シングルスでベスト4に進出したが、その準決勝でもムーディに2-6、4-6で敗れた。当時の世界ランキングは、イギリスの『デイリー・テレグラフ』紙の評論家であったウォリス・マイヤーズ(Wallis Myers)が選んでいたもので、現在のようなポイント制とは大きく異なっていたが、この世界ランキングによるマドフォードのシングルス最高位は「7位」であった。1932年にモーリス・R・キングと結婚し、以後は「フィリス・キング」と名乗るようになった。1935年に2度目の全米選手権準決勝に進出したが、そこではヘレン・ジェイコブスに4-6、3-6で敗れている。キングのシングルス成績は、(地元のウィンブルドンではなく)全米選手権で2度のベスト4進出が最高記録になった。2年後の1937年には再びウィンブルドン選手権の女子ダブルスで決勝進出を果たした。ドロシー・シェパード=バロンとペアを組んだ1931年の優勝から6年後、この時はエルシー・ピットマンと組んだが、シモーヌ・マチュー(フランス)&ビリー・ヨーク(インド生まれ)組に3-6、3-6で敗れ、2度目の女子ダブルス優勝はならなかった。1930年から1932年にかけてと1935年の4度にわたり、アメリカとイギリスの代表選手による女子団体戦「ワイトマンカップ」のイギリス代表選手に選ばれ、1938年にはイギリス・チームのキャプテンを務めた。1959年に夫のモーリスに先立たれ、以後46年間未亡人として暮らしたが、最晩年に至るまでテニスを熱心に観戦し続けたという。2005年8月に100歳の誕生日を迎えた時も、キングは記念インタビューで選手時代の回想や現在の選手たちへの関心を楽しそうに語っていた。しかし、この誕生日祝いからわずか5ヶ月後の2006年1月27日、サリー州ホーレイの自宅にて100歳5ヶ月の生涯を閉じた。現時点では「100歳以上まで生きたウィンブルドン優勝者」はキング1人だけである。
  • Phyllis Evelyn King, z domu Mudford (ur. 23 sierpnia 1905 w Wallington, zm. 27 stycznia 2006), tenisistka brytyjska, mistrzyni Wimbledonu w deblu.W 1931 wspólnie z Dorothy Shepherd Barron wygrała grę podwójną na Wimbledonie, pokonując w finale Belgijkę Josane Sigart i Francuzkę Doris Metaxę w trzech setach. W 1937, występując już pod nazwiskiem małżeńskim, w parze z rodaczką Elsie Goldsack Pittman, przegrała w wimbledońskim finale z Francuzką Simone Mathieu i Brytyjką Billie Yorke.
  • Phyllis Evelyn King, geborene Mudford (* 23. August 1905 in Wallington; † 27. Januar 2006 in Horley, Surrey), war eine britische Tennisspielerin.Ihre Tenniskarriere begann sie als Jugendliche im Horley Lawn Tennis Club in Surrey, nahm jedoch erst mit 20 an Amateurturnieren teil.Den größten Erfolg feierte sie 1931 in Wimbledon. Mit ihrer Partnerin Dorothy Shepherd-Barron besiegte sie das an vierter Position gesetzte Doppel Metaxa/Sigart in einem engen Match mit 3:6, 6:3 und 6:4.
  • Phyllis Mudford King (23 August 1905 – 27 January 2006) was an English female tennis player and the oldest living Wimbledon champion when she died at age 100. Mudford was born in 1905 in Wallington, Surrey. She was educated at Sutton High School, where she was Captain of Tennis, and one of the school's four houses is named in her honour.
rdfs:label
  • Phyllis King
  • Phyllis King
  • Phyllis King
  • Phyllis Mudford King
  • フィリス・キング
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Phyllis King
is dbpedia-owl:championInDoubleFemale of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of