Patricia « Pat » Canning (née le 22 juillet 1922 à San Francisco, Californie) est une joueuse de tennis américaine des années 1940 et 1950. Elle est aussi connue sous son nom de femme mariée, Patricia Canning-Todd.Elle signe son plus beau succès en 1947, remportant Roland-Garros en simple dames face à Doris Hart en finale, non sans avoir préalablement éliminé Margaret Osborne duPont.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Patricia « Pat » Canning (née le 22 juillet 1922 à San Francisco, Californie) est une joueuse de tennis américaine des années 1940 et 1950. Elle est aussi connue sous son nom de femme mariée, Patricia Canning-Todd.Elle signe son plus beau succès en 1947, remportant Roland-Garros en simple dames face à Doris Hart en finale, non sans avoir préalablement éliminé Margaret Osborne duPont.
  • Patricia Canning Todd, znana jako Pat Todd (ur. 22 lipca 1922 w San Francisco) - amerykańska tenisistka, odnosząca po II wojnie światowej największe sukcesy na kortach.Była zwyciężczynią wszystkich wielkoszlemowych turniejów, ale tylko jednego w grze pojedynczej (dwa wygrała w grze podwójnej oraz jeden w grze mieszanej). Pat wygrała międzynarodowe mistrzostwa Francji w 1947 roku, a rok później była w półfinale. Po rocznej przerwie ponownie osiągnęła finał w 1950 roku, przegrany z Doris Hart. W 1947 i 1948 wygrała debel i mikst na turnieju mistrzostw Południowej Afryki. W 1948 wygrała również US National Indoor Championships. Zawodniczka grająca w Pucharze Wightman.
  • Patricia „Pat“ Canning Todd (* 22. Juli 1922 in San Francisco) ist eine ehemalige US-amerikanische Tennisspielerin.Sie war eine der besten Spielerinnen der Nachkriegszeit und gewann in den Jahren 1947 und 1948 insgesamt vier Grand-Slam-Titel, davon einen im Einzel, zwei im Doppel und einen im Mixed.Im Jahr 1947 gewann Sie das Dameneinzel bei den Französische Meisterschaften, als sie im Finale Doris Hart mit 6:3, 3:6 und 6:4 besiegte. Im Doppel unterlag sie mit ihrer Finalgegnerin Hart als Partnerin dem Doppel Louise Brough Clapp und Margaret Osborne duPont 5:7, 2:6.1948 gewann Sie bei den French Open mit ihrer Dauerdoppelpartnerin Hart im Doppelfinale gegen Shirley Fry Irvin und Mary Arnold Prentiss mit 6:4, 6:2 und konnte sich auch im Mixed den Titel an der Seite ihres tschechischen Mixedpartners Jaroslav Drobný gegen ihre Doppelpartnerin Hart, die zusammen mit Frank Sedgman spielte, mit 6:3, 3:6, 6:3.Todd stand zwischen 1942 und 1951 weitere 12-mal in einem Gran-Slam-Finale, davon einmal im Einzel (French Open 1950), achtmal im Doppel (1943-1951, davon viermal an der Seite von Doris Hart), und dreimal im Mixed (1942, 2x 1950). Bemerkenswert ist hier die Tatsache, dass Todd im Doppel mit ihren Partnerinnen von den acht verlorenen Grand-Slam-Finals alleine siebenmal gegen das Damendoppel Brought Clapp und Osborne duPont verlor.
  • Mary Patricia Canning Todd (born July 22, 1922 in San Francisco, California), was an American tennis player who had her best results just after World War II. In 1947 and 1948, she won a total of four Grand Slam championships: one in singles, two in women's doubles, and one in mixed doubles.Todd and her partner lost seven times to Brough and duPont in the women's doubles finals of Grand Slam tournaments. Todd's lone victory over the Brough-duPont partnership was in the 1947 Wimbledon final, when Todd teamed with Doris Hart. Todd and her partner lost twice to Brough and her partner in the mixed doubles finals of Grand Slam tournaments.As for Grand Slam singles tournaments, Todd won the title at the 1947 French Championships and reached the French semifinals in 1948. At the 1947 event, the fourth seeded Todd played top seeded duPont, the defending champion and the newly crowned Wimbledon champion, in a semifinal that took two days to complete. duPont won the first set 6–2. A thunderstorm stopped play for the remainder of the day. The next day, duPont was not the same player and a quick Todd, "producing magnificent backhand shots", won after being 1–3 down in the final set. The crowd was so vocal in backing Todd that a referee reversed a line call to give Todd match point. On winning, she jumped the net to shake hands with duPont. In the final, Hart played her normal attacking game and led 4–3 in the final set, but "she was against a great fighter who was content to retrieve, and on a slow court, defence overcame attack". At the 1948 event, Nelly Adamson Landry became one of only five non-Americans to win the women's singles title at the French Championships, Wimbledon, or the U.S. Championships from 1938 through 1958. Todd, who was the favorite and defending champion, was defaulted by French officials after she refused to move her scheduled center court match to court 2. Todd had complained about being last on center court after having played there only one match previously. When requested to move, she refused because of the late hour and because a full set of linesmen would not be present. "They can scratch [default] me if they like. I am not going to play anywhere but on the center court where my match is scheduled." The officials defaulted her, then changed their minds and gave her Landry's phone number to reschedule. When Landry could not be reached, the default stood. Todd swore never to enter the French again.But she returned to the French Championships in 1950, after a one year absence, and reached the final where she lost to Hart. Todd went to the hospital after the final for blood poisoning.During her Grand Slam singles career against Shirley Fry, Hart, du Pont, Pauline Betz, and Brough, Todd won five and lost eleven matches. Todd was 1–0 versus Fry, 2–1 versus Hart, 1–3 against du Pont, 0–1 against Betz, and 1–6 against Brough.As for tournaments that were not Grand Slam events, Todd won the singles and mixed doubles titles at the South American championships in 1947 and 1948. In 1942 and 1948, she won the U.S. National Indoor Championships. In 1950, she was the singles and doubles titlist at the Asian Championships and the Championships of India. She won both the singles and doubles titles at the tournament in Cincinnati in 1951. She also won the U.S. Hardcourt Championship in 1950 and 1951 and was the doubles champion in 1950, 1955, 1956 and 1957. According to John Olliff and Lance Tingay of The Daily Telegraph and the Daily Mail, Todd was ranked in the world top ten from 1946 through 1952 (no rankings issued from 1940 through 1945), reaching a career high of World No. 4 in those rankings in 1950. Todd was included in the year-end top ten rankings issued by the United States Lawn Tennis Association in 1942 and from 1944 through 1952, reaching a career high ranking of fourth in 1947 and 1949. She unsuccessfully complained about her sixth place ranking in 1948, especially the placement of Beverly Baker Fleitz, Gertrude Moran, and Hart above her, accusing the USLTA of having no standard ranking rules and of punishing her for refusing to play her semifinal match against Landry at the French Championships.Todd played doubles on the U.S. Wightman Cup team from 1947 to 1951, compiling a 4–1 win-loss record.Todd was nominated for induction into the International Tennis Hall of Fame in 2005 but was not selected.Todd will be inducted into the San Diego Tennis Hall of Fame on August 28, 2010, at 4:00 PM, at the Balboa Tennis Club at Morley Field.
  • Patricia Canning Todd (San Francisco, 22 luglio 1922) è una tennista statunitense.
  • メアリー・パトリシア・カニング・トッド(Mary Patricia Canning Todd, 1922年7月22日 - )は、アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ出身の女子テニス選手。1947年の全仏選手権女子シングルス優勝者で、第2次世界大戦終戦直後のアメリカテニス界を代表する女子選手のひとりとして活動した。旧姓「パトリシア・カニング」(Patricia Canning)といったが、結婚後は2つの姓を併用した。彼女は「パット」(Pat)という愛称で呼ばれたため、テニス文献でも「パット・トッド」(Pat Todd)「パット・カニング・トッド」(Pat Canning Todd)など、様々な呼び名で記載されている。 パトリシア・カニングの選手経歴は、まだ第2次世界大戦前の1938年全米選手権から始まる。第2次世界大戦の戦時中も、全米選手権だけは途切れることなく開催された。彼女は1940年代初めの早い時期に結婚したが、詳細な情報が残っておらず、全米選手権の女子競技部門(女子シングルス・女子ダブルス・混合ダブルス)の抽選表でもはっきりとは分からない。1942年の全米選手権混合ダブルス部門で、トッドはアレホ・ラッセル(アルゼンチン)とペアを組み、テッド・シュローダー&ルイーズ・ブラフ組に敗れた準優勝があった。終戦の年にあたる1945年、彼女は初めて全米選手権の女子シングルス8強に入る。1946年から他のテニス4大大会も開催が再開され、トッドは全仏選手権やウィンブルドン選手権にも出場し始めた。1946年全米選手権で、彼女は女子シングルスで初の準決勝に進み、女子ダブルスでメアリー・アーノルドと組んで準優勝した。当時の全米選手権女子ダブルスは、1942年から1950年までルイーズ・ブラフ&マーガレット・オズボーン組が「9連覇」していた。トッドは1946年から1948年まで、3年連続でこのペアの壁にぶつかることになる。1947年の全仏選手権で、トッドは女子シングルス・女子ダブルスの2部門で決勝に進出し、シングルス決勝でドリス・ハートを 6-3, 3-6, 6-4 で破って初優勝した。ハートと組んだ女子ダブルスでは、決勝でブラフ&オズボーン組に敗れた。続くウィンブルドン選手権で、トッドはシングルス準々決勝でシーラ・サマーズ(南アフリカ)に敗れたが、ハートとの女子ダブルスで初優勝を飾り、難敵のブラフ&オズボーン組を 3-6, 6-4, 7-5 で倒した。トッドが女子ダブルス決勝でブラフ&オズボーン組に勝ったのは、この1947年ウィンブルドンだけである。ところが、1948年全仏選手権の女子シングルス準決勝で、トッドは予想外の出来事で「失格」になった。ネリー・アダムソン・ランドリー(フランス)との準決勝を目前に控えて、審判員が予定の試合開始時間を早め、昼食をとっていたトッドに「今すぐ試合を開始しなさい」と告げたという。この大会ではハートとの女子ダブルスと、ヤロスラフ・ドロブニー(当時チェコスロバキア)と組んだ混合ダブルスで優勝したが、女子シングルス準決勝の気まずさが残り、彼女は1949年全仏選手権を出場辞退した。ハプニングの2年後、トッドは1950年全仏選手権女子シングルス・混合ダブルスの2部門で決勝に勝ち進んだ。3年ぶり2度目の女子シングルス決勝ではドリス・ハートに 4-6, 6-4, 2-6 で敗れ、ビル・タルバートと組んだ混合ダブルスも、直前に決勝戦出場を断念したため、この大会は2部門とも準優勝に終わった。この年はウィンブルドン選手権で初の混合ダブルス準優勝があり、パートナーはジェフ・ブラウン(オーストラリア)と組んだが、ルイーズ・ブラフとエリック・スタージェス(南アフリカ)の組に 9-11, 6-1, 4-6 で敗れた。トッドの全仏選手権以外の4大大会シングルス成績は、ウィンブルドン選手権は1948年・1949年・1950年・1952年の4度、全米選手権は1946年・1948年の2度ベスト4があり、この両大会では1度も決勝に進めなかった。全豪選手権には1度も出場していない。パトリシア・カニング・トッドの現役選手時代、第2次世界大戦終戦直後の女子テニス界はアメリカ勢が大半のグランドスラム・タイトルを寡占していた。彼女と同時代の選手には、ルイーズ・ブラフ、マーガレット・オズボーン・デュポン、ドリス・ハートなどがいた。この3人は現役生活を通じて、30を超える4大大会タイトルを獲得した強豪であり(女子シングルス・女子ダブルス・混合ダブルスの総計:ブラフ35勝、オズボーン37勝、ハート35勝)1947年の全仏選手権優勝者トッドでさえ、彼女たちの陰に隠れがちな存在であった。
dbpedia-owl:birthDate
  • 1922-07-22 (xsd:date)
dbpedia-owl:rolandGarrosDouble
  • V (1)
dbpedia-owl:rolandGarrosMixed
  • V (1)
dbpedia-owl:rolandGarrosSingle
  • V (1)
dbpedia-owl:spouseName
  • épouse Todd
dbpedia-owl:usOpenDouble
  • F (5)
dbpedia-owl:usOpenMixed
  • F (1)
dbpedia-owl:usOpenSingle
  • F (1)
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1308082 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 22959 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 230 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 109649683 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:wimbledonDouble
  • V (1)
dbpedia-owl:wimbledonMixed
  • F (1)
dbpedia-owl:wimbledonSingle
  • 1/2
prop-fr:catégorie
  • G. Chelem
prop-fr:contexte
  • Joueuse
prop-fr:couleurbordure
  • #FFFFFF
prop-fr:couleurfondt
  • #CCCCCC
prop-fr:date
  • 1938 (xsd:integer)
  • 1951 (xsd:integer)
  • 1955 (xsd:integer)
  • 1956 (xsd:integer)
  • 1957 (xsd:integer)
  • 1941-09-27 (xsd:date)
  • 1942-08-27 (xsd:date)
  • 1943-09-01 (xsd:date)
  • 1946-08-31 (xsd:date)
  • 1947-06-23 (xsd:date)
  • 1947-07-14 (xsd:date)
  • 1947-09-06 (xsd:date)
  • 1948-05-19 (xsd:date)
  • 1948-06-21 (xsd:date)
  • 1948-09-10 (xsd:date)
  • 1949-06-27 (xsd:date)
  • 1950-05-24 (xsd:date)
  • 1950-06-26 (xsd:date)
  • 1950-09-18 (xsd:date)
  • 1951-08-01 (xsd:date)
  • 1951-08-28 (xsd:date)
  • 1952-05-26 (xsd:date)
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1922-07-22 (xsd:date)
prop-fr:dotation
  • Non
prop-fr:f
  • Frank Sedgman
  • Louise Brough
  • Margaret Osborne
  • Maureen Connolly
  • Shirley Fry
  • Doris Hart
  • Margaret Jessee
  • Magda Rurac
  • Marta Barnett
  • Mary Arnold
  • Monica Nolan
  • Sue Herr
  • Helen Gurley
  • Wilma Smith
prop-fr:margebas
  • 0 (xsd:integer)
prop-fr:nom
  • Patricia Canning
prop-fr:nomD'épouse
  • épouse Todd
prop-fr:n°_
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
  • 9 (xsd:integer)
prop-fr:palmarès
  • Finales
  • Titres
prop-fr:parcours
prop-fr:pn
  • Jaroslav Drobný
  • Bill Talbert
  • Dorothy Head
  • Margaret Osborne
  • Thelma Coyne Long
  • Beverly Baker
  • Doris Hart
  • Nancy Chaffee
  • Gussy Moran
  • Barbara Scofield
  • Gracyn Wheeler
  • Mary Arnold
  • Virginia Wolfenden
  • Geoff Brown
  • Alejo Russell
prop-fr:rolandGarrosDouble
  • V
prop-fr:rolandGarrosMixte
  • V
  • V
prop-fr:rolandGarrosSimple
  • V
  • V
prop-fr:score
  • 0 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
  • 10 (xsd:integer)
  • 11 (xsd:integer)
  • Forfait
prop-fr:surface
  • Gazon
  • Terre
  • Dur
prop-fr:tableau
  • Double
  • Simple
prop-fr:titre
  • En double dames
  • En simple dames
  • En double mixte
  • Finales : 3
  • Finales : 9
  • Titres : 5
  • Titres : 9
  • Titres : 1
  • Finales : 4
prop-fr:tournoi
  • Tournoi de Wimbledon
  • US Open de tennis
  • Classic du New Jersey
  • Open de Cincinnati
  • US Hardcourt
  • Internationaux de France de tennis
  • Championnat de tennis du Surrey
  • Pacific Coast Championships
prop-fr:usOpenDouble
  • F
prop-fr:usOpenMixte
  • F
  • F
prop-fr:usOpenSimple
  • F
  • F
prop-fr:v
  • Louise Brough
  • Margaret Osborne
  • Maureen Connolly
  • Shirley Fry
  • Doris Hart
  • Enrique Morea
  • Helen Fletcher
  • Jean Quertier
  • Eric Sturgess
  • Ted Schroeder
  • Pauline Betz
  • Barbara Scofield
prop-fr:ville
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:wimbledonDouble
  • V
prop-fr:wimbledonMixte
  • F
prop-fr:wimbledonSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:édition
  • Pacific Coast Championships
  • The Championships
  • Internationaux de France
  • Eastern Grass Court Championships
  • US Hardcourt Championships
  • US National Championships
  • Surrey Grass Court Championships
  • Cincinnati tournament
  • US Hard Court Championships
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Patricia « Pat » Canning (née le 22 juillet 1922 à San Francisco, Californie) est une joueuse de tennis américaine des années 1940 et 1950. Elle est aussi connue sous son nom de femme mariée, Patricia Canning-Todd.Elle signe son plus beau succès en 1947, remportant Roland-Garros en simple dames face à Doris Hart en finale, non sans avoir préalablement éliminé Margaret Osborne duPont.
  • Patricia Canning Todd (San Francisco, 22 luglio 1922) è una tennista statunitense.
  • メアリー・パトリシア・カニング・トッド(Mary Patricia Canning Todd, 1922年7月22日 - )は、アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ出身の女子テニス選手。1947年の全仏選手権女子シングルス優勝者で、第2次世界大戦終戦直後のアメリカテニス界を代表する女子選手のひとりとして活動した。旧姓「パトリシア・カニング」(Patricia Canning)といったが、結婚後は2つの姓を併用した。彼女は「パット」(Pat)という愛称で呼ばれたため、テニス文献でも「パット・トッド」(Pat Todd)「パット・カニング・トッド」(Pat Canning Todd)など、様々な呼び名で記載されている。 パトリシア・カニングの選手経歴は、まだ第2次世界大戦前の1938年全米選手権から始まる。第2次世界大戦の戦時中も、全米選手権だけは途切れることなく開催された。彼女は1940年代初めの早い時期に結婚したが、詳細な情報が残っておらず、全米選手権の女子競技部門(女子シングルス・女子ダブルス・混合ダブルス)の抽選表でもはっきりとは分からない。1942年の全米選手権混合ダブルス部門で、トッドはアレホ・ラッセル(アルゼンチン)とペアを組み、テッド・シュローダー&ルイーズ・ブラフ組に敗れた準優勝があった。終戦の年にあたる1945年、彼女は初めて全米選手権の女子シングルス8強に入る。1946年から他のテニス4大大会も開催が再開され、トッドは全仏選手権やウィンブルドン選手権にも出場し始めた。1946年全米選手権で、彼女は女子シングルスで初の準決勝に進み、女子ダブルスでメアリー・アーノルドと組んで準優勝した。当時の全米選手権女子ダブルスは、1942年から1950年までルイーズ・ブラフ&マーガレット・オズボーン組が「9連覇」していた。トッドは1946年から1948年まで、3年連続でこのペアの壁にぶつかることになる。1947年の全仏選手権で、トッドは女子シングルス・女子ダブルスの2部門で決勝に進出し、シングルス決勝でドリス・ハートを 6-3, 3-6, 6-4 で破って初優勝した。ハートと組んだ女子ダブルスでは、決勝でブラフ&オズボーン組に敗れた。続くウィンブルドン選手権で、トッドはシングルス準々決勝でシーラ・サマーズ(南アフリカ)に敗れたが、ハートとの女子ダブルスで初優勝を飾り、難敵のブラフ&オズボーン組を 3-6, 6-4, 7-5 で倒した。トッドが女子ダブルス決勝でブラフ&オズボーン組に勝ったのは、この1947年ウィンブルドンだけである。ところが、1948年全仏選手権の女子シングルス準決勝で、トッドは予想外の出来事で「失格」になった。ネリー・アダムソン・ランドリー(フランス)との準決勝を目前に控えて、審判員が予定の試合開始時間を早め、昼食をとっていたトッドに「今すぐ試合を開始しなさい」と告げたという。この大会ではハートとの女子ダブルスと、ヤロスラフ・ドロブニー(当時チェコスロバキア)と組んだ混合ダブルスで優勝したが、女子シングルス準決勝の気まずさが残り、彼女は1949年全仏選手権を出場辞退した。ハプニングの2年後、トッドは1950年全仏選手権女子シングルス・混合ダブルスの2部門で決勝に勝ち進んだ。3年ぶり2度目の女子シングルス決勝ではドリス・ハートに 4-6, 6-4, 2-6 で敗れ、ビル・タルバートと組んだ混合ダブルスも、直前に決勝戦出場を断念したため、この大会は2部門とも準優勝に終わった。この年はウィンブルドン選手権で初の混合ダブルス準優勝があり、パートナーはジェフ・ブラウン(オーストラリア)と組んだが、ルイーズ・ブラフとエリック・スタージェス(南アフリカ)の組に 9-11, 6-1, 4-6 で敗れた。トッドの全仏選手権以外の4大大会シングルス成績は、ウィンブルドン選手権は1948年・1949年・1950年・1952年の4度、全米選手権は1946年・1948年の2度ベスト4があり、この両大会では1度も決勝に進めなかった。全豪選手権には1度も出場していない。パトリシア・カニング・トッドの現役選手時代、第2次世界大戦終戦直後の女子テニス界はアメリカ勢が大半のグランドスラム・タイトルを寡占していた。彼女と同時代の選手には、ルイーズ・ブラフ、マーガレット・オズボーン・デュポン、ドリス・ハートなどがいた。この3人は現役生活を通じて、30を超える4大大会タイトルを獲得した強豪であり(女子シングルス・女子ダブルス・混合ダブルスの総計:ブラフ35勝、オズボーン37勝、ハート35勝)1947年の全仏選手権優勝者トッドでさえ、彼女たちの陰に隠れがちな存在であった。
  • Patricia Canning Todd, znana jako Pat Todd (ur. 22 lipca 1922 w San Francisco) - amerykańska tenisistka, odnosząca po II wojnie światowej największe sukcesy na kortach.Była zwyciężczynią wszystkich wielkoszlemowych turniejów, ale tylko jednego w grze pojedynczej (dwa wygrała w grze podwójnej oraz jeden w grze mieszanej). Pat wygrała międzynarodowe mistrzostwa Francji w 1947 roku, a rok później była w półfinale. Po rocznej przerwie ponownie osiągnęła finał w 1950 roku, przegrany z Doris Hart.
  • Mary Patricia Canning Todd (born July 22, 1922 in San Francisco, California), was an American tennis player who had her best results just after World War II. In 1947 and 1948, she won a total of four Grand Slam championships: one in singles, two in women's doubles, and one in mixed doubles.Todd and her partner lost seven times to Brough and duPont in the women's doubles finals of Grand Slam tournaments.
  • Patricia „Pat“ Canning Todd (* 22. Juli 1922 in San Francisco) ist eine ehemalige US-amerikanische Tennisspielerin.Sie war eine der besten Spielerinnen der Nachkriegszeit und gewann in den Jahren 1947 und 1948 insgesamt vier Grand-Slam-Titel, davon einen im Einzel, zwei im Doppel und einen im Mixed.Im Jahr 1947 gewann Sie das Dameneinzel bei den Französische Meisterschaften, als sie im Finale Doris Hart mit 6:3, 3:6 und 6:4 besiegte.
rdfs:label
  • Patricia Canning Todd
  • Patricia Canning Todd
  • Patricia Canning Todd
  • Patricia Canning Todd
  • Patricia Todd (Tennisspielerin)
  • パトリシア・カニング・トッド
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Patricia Canning
is dbpedia-owl:championInDoubleFemale of
is dbpedia-owl:championInDoubleMale of
is dbpedia-owl:championInMixedDouble of
is dbpedia-owl:championInSingleFemale of
is dbpedia-owl:championInSingleMale of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of