La Panhard Dyna Z est une automobile produite par Panhard de 1954 à 1959.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • La Panhard Dyna Z est une automobile produite par Panhard de 1954 à 1959.
  • La Dyna Z era un'autovettura di fascia media prodotta dal 1953 al 1959 dalla Casa automobilistica francese Panhard.
  • Der Panhard Dyna Z wurde 1953 von Panhard als Nachfolger des Modells Dyna X herausgebracht und bis 1960 hergestellt. Insgesamt wurden 303.541 Stück gebaut. Sein Nachfolger war das Modell PL 17.
  • パナール・ディナZ(Panhard Dyna Z )はフランスの自動車メーカーであったパナールが1954年から1960年まで生産した小型大衆車である。1960年にはパナール・PL17(Panhard PL17 )と改称され、1965年まで生産された。1946年から生産されていたディナXのモデルチェンジ版で、全長4,570mm 全幅1,600mmという、当時の2,000ccクラスに匹敵する大きな車体を、徹底的な空力・軽量設計(ボディ装飾用のモールに至るまで全てアルミニウム製で車両重量は僅か650kg)によって、初代と同じ空冷水平対向2気筒850ccエンジンで最高速度130km/hで走らせる、フランス的合理主義の極限を行くエキセントリックなモデルとなった。しかし、ルノーやシトロエンには生産規模で大きく水を開けられていたこともあり、ディナ各車の製造コストは非常に高く、1955年以降はシトロエンの傘下に入り、徐々にスチール製パーツの比率を高めるようになり、1960年以降はオールスチールボディとなって「PL17」と改称された。虎柄の内装を持つ高出力版「ティグル」(Tigerの意)が追加され、重量増による性能低下を補った。1965年にパナールの乗用車部門がシトロエンに吸収合併されると、PL17は消滅した。PL17は日本にもシトロエンを扱っていた日仏自動車が代理店となって少数輸入された。
  • The Panhard Dyna Z was a lightweight motor car made by Panhard of France. It was first presented to the press at a Paris restaurant named "Les Ambassadeurs" on 17 June 1953 and went into production the following year. In 1959 it was replaced by the Panhard PL 17.
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 972694 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 24400 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 77 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 110750148 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:annéesDeProduction
  • 1954 (xsd:integer)
prop-fr:carrosseries
prop-fr:classe
  • Routière
prop-fr:cylindrée
  • 851 (xsd:integer)
prop-fr:hauteur
  • 1645 (xsd:integer)
  • Berline :
  • Cabriolet :
  • Camionnette bâchée :
prop-fr:largeur
  • 1720 (xsd:integer)
  • Berline :
  • Cabriolet :
  • Camionnette bâchée :
prop-fr:longueur
  • 4270 (xsd:integer)
  • Berline :
  • Cabriolet :
  • Camionnette bâchée :
prop-fr:marque
prop-fr:modèlePrécédent
prop-fr:modèleSuivant
prop-fr:moteurs
  • Bi-cylindre à plat refroidi par air
prop-fr:nom
  • Panhard Dyna Z
prop-fr:paysDeLaMarque
  • FRA
prop-fr:poids
  • 710 (xsd:integer)
prop-fr:production
  • environ 141348
prop-fr:transmission
  • Traction avant, 4 rapports
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:énergie
  • Essence
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • La Panhard Dyna Z est une automobile produite par Panhard de 1954 à 1959.
  • La Dyna Z era un'autovettura di fascia media prodotta dal 1953 al 1959 dalla Casa automobilistica francese Panhard.
  • Der Panhard Dyna Z wurde 1953 von Panhard als Nachfolger des Modells Dyna X herausgebracht und bis 1960 hergestellt. Insgesamt wurden 303.541 Stück gebaut. Sein Nachfolger war das Modell PL 17.
  • パナール・ディナZ(Panhard Dyna Z )はフランスの自動車メーカーであったパナールが1954年から1960年まで生産した小型大衆車である。1960年にはパナール・PL17(Panhard PL17 )と改称され、1965年まで生産された。1946年から生産されていたディナXのモデルチェンジ版で、全長4,570mm 全幅1,600mmという、当時の2,000ccクラスに匹敵する大きな車体を、徹底的な空力・軽量設計(ボディ装飾用のモールに至るまで全てアルミニウム製で車両重量は僅か650kg)によって、初代と同じ空冷水平対向2気筒850ccエンジンで最高速度130km/hで走らせる、フランス的合理主義の極限を行くエキセントリックなモデルとなった。しかし、ルノーやシトロエンには生産規模で大きく水を開けられていたこともあり、ディナ各車の製造コストは非常に高く、1955年以降はシトロエンの傘下に入り、徐々にスチール製パーツの比率を高めるようになり、1960年以降はオールスチールボディとなって「PL17」と改称された。虎柄の内装を持つ高出力版「ティグル」(Tigerの意)が追加され、重量増による性能低下を補った。1965年にパナールの乗用車部門がシトロエンに吸収合併されると、PL17は消滅した。PL17は日本にもシトロエンを扱っていた日仏自動車が代理店となって少数輸入された。
  • The Panhard Dyna Z was a lightweight motor car made by Panhard of France. It was first presented to the press at a Paris restaurant named "Les Ambassadeurs" on 17 June 1953 and went into production the following year. In 1959 it was replaced by the Panhard PL 17.
rdfs:label
  • Panhard Dyna Z
  • Panhard Dyna Z
  • Panhard Dyna Z
  • Panhard Dyna Z
  • パナール・ディナZ
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-fr:modèlePrécédent of
is prop-fr:modèleSuivant of
is foaf:primaryTopic of