Ricardo Alonso González, généralement connu comme Pancho Gonzales, est un joueur de tennis américain, né le 9 mai 1928 à Los Angeles (Californie) et mort le 3 juillet 1995 à Las Vegas (Nevada).Il domina les années 1950 et le début des années 1960. Durant cette période, il jouait en tant que professionnel. Entièrement autodidacte, il était aussi un champion amateur à la fin des années 1940, gagnant deux fois le tournoi du Grand Chelem américain à Forest Hills, le futur US Open, sur gazon.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Ricardo Alonso González, généralement connu comme Pancho Gonzales, est un joueur de tennis américain, né le 9 mai 1928 à Los Angeles (Californie) et mort le 3 juillet 1995 à Las Vegas (Nevada).Il domina les années 1950 et le début des années 1960. Durant cette période, il jouait en tant que professionnel. Entièrement autodidacte, il était aussi un champion amateur à la fin des années 1940, gagnant deux fois le tournoi du Grand Chelem américain à Forest Hills, le futur US Open, sur gazon. Un article de 1999 dans « Sports Illustrated » qui sélectionnait leurs 20 athlètes préférés du XXe siècle a sélectionné Gonzales comme numéro 15 : « Si le sort de la Terre était en question, l'homme que vous voulez voir servir pour sauver l'humanité serait Ricardo Alonso González ».
  • Ricardo Alonso González, bekannt auch als Pancho Gonzales oder Richard Gonzales (* 9. Mai 1928 in Los Angeles, Kalifornien; † 3. Juli 1995 in Las Vegas, Nevada) war ein US-amerikanischer Tennisspieler.
  • パンチョ・ゴンザレス(Pancho Gonzales, 1928年5月9日 - 1995年7月3日)は、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス出身の男子テニス選手。本名は Ricardo Alonso González (リカルド・アロンソ・ゴンザレス)といい、愛称の「パンチョ・ゴンザレス」で最もよく知られる。1948年と1949年の全米選手権で大会2連覇を達成した選手で、1949年の全仏選手権とウィンブルドン選手権で男子ダブルス2連勝もある。その後プロテニス選手として活動し、1973年まで四半世紀の長きにわたってテニス経歴を続行した。メキシコ人の家庭に生まれ育ったゴンザレスは、テニスの歴史を通じて最も色彩豊かなキャラクターを備えた選手のひとりとして知られる。ゴンザレスは身長190cmほどの長身から放たれる高速サービスを最大の武器にし、多彩な戦術を自在に駆使するテニス・スタイルの持ち主だった。彼は試合中に周囲の人々に激怒をぶつけることの多い選手だったが、優れたエンターテイナーの才能を備えた選手として高い人気を集め、プロテニスの興行には不可欠な存在であった。ロサンゼルスでメキシコ人の両親の間に生まれたリカルド・アロンソ・ゴンザレスは、12歳の時に母親が買ってくれた安いテニスラケットに夢中になった。しかし彼には地元の上流階級のテニス界に受け入れられなかった時期があり、南カリフォルニアのジュニア・トーナメントを無断で欠場したことさえあったという。彼の少年時代は、ちょうど第2次世界大戦の戦時中であり、ゴンザレスはアメリカ陸軍に所属していたが、終戦後の1946年に18歳で軍隊をやめてテニスに専念し始める。1948年に全米選手権で初優勝した時、ゴンザレスは全米ランキング17位の位置で、大会では第8シードの選手であったが、準々決勝でフランク・パーカー、準決勝でチェコスロバキアのヤロスラフ・ドロブニーを破って勝ち進んだ。決勝戦では南アフリカのエリック・スタージェスを 6-2, 6-3, 14-12 のストレートで破り、全米初優勝を飾る。1949年、ゴンザレスは男子ダブルスでフランク・パーカーとペアを組み、全仏選手権とウィンブルドン選手権で4大大会男子ダブルス2連勝を果たす。続く全米選手権で、ゴンザレスは当年度のウィンブルドン優勝者になったテッド・シュローダーを 16-18, 2-6, 6-1, 6-2, 6-4 の逆転で破って2連覇を達成した。先にシュローダーが2セットを奪ったが、ゴンザレスは2セット・ダウン(先に相手に2セットを取られた状態)からの劇的な逆転勝利を収めた。この後、ゴンザレスは「プロテニス選手」に転向する。プロ選手に転向した当初の時期は、ゴンザレスはプロテニス界の“皇帝”と呼ばれたジャック・クレーマーに歯が立たなかった。しかしクレーマーが1954年に引退した後、ゴンザレスはプロテニスツアーの興行を盛り上げる存在になる。彼の名前がプログラムに載ることは、当時の観客動員に不可欠な要素となった。当時のプロ選手たちには別のトーナメント群があり、「全米プロテニス選手権」(US Pro)/「ウェンブリー・ワールド・プロテニス選手権」(Wembley World Pro)/「全仏プロテニス選手権」(French Pro)が彼らの主要な戦いの場であった。ゴンザレスは「全米プロテニス選手権」で男子シングルス8勝、男子ダブルス5勝の大会最多優勝記録を残し、「ウェンブリー・ワールド・プロ」でも4度の優勝があるが、「全仏プロテニス選手権」は3度の準優勝で止まった。彼の最大の親友はエクアドルのフランシスコ・オレガリオ・セグラ(Francisco Olegario Segura)で、セグラもゴンザレスと同じ“パンチョ”のニックネームをつけられて「パンチョ・セグラ」と呼ばれるようになった。ゴンザレスはプロテニスツアーで先輩選手のドン・バッジや、オーストラリアの実力者になったフランク・セッジマン、ケン・ローズウォール、ルー・ホード、ロッド・レーバーらと戦ったが、1964年の全米プロテニス選手権では決勝でレーバーに敗れ、9度目の優勝を逃している。しかし、ゴンザレスのキャリアはここで終わらなかった。1968年、テニス4大大会にプロ選手の出場を解禁する「オープン化措置」が実施される。オープン化制度のもとで最初に開かれた大会は、1968年全仏オープンであった。ゴンザレスにとっては1949年全米選手権の優勝から19年間の歳月が流れていたが、彼はこの全仏オープンに出場を決め、ロッド・レーバーとの準決勝に勝ち進んだ。19年前の1949年全仏選手権でもベスト4の成績であり、40歳を迎えてもゴンザレスの実力は衰えていなかった。ウィンブルドンでは3回戦でアレックス・メトレベリ(ソ連)に敗れたが、「全米オープン」という名称になった大会では準々決勝まで進み、19年前の優勝者は地元ファンの前で健在ぶりをアピールした。19年ぶりの準々決勝の舞台で、ゴンザレスはオランダのトム・オッカーに 16-14, 3-6, 8-10, 3-6 の激戦で敗れた。翌1969年のウィンブルドン1回戦で、ゴンザレスはチャーリー・パサレル(プエルトリコ)と歴史的なマラソン・マッチを繰り広げた。パサレルは2年前の1967年、ウィンブルドンの1回戦で大会前年優勝者のマニュエル・サンタナを「オープニング・マッチ」で破り、同選手権で史上初の番狂わせを演じた人である。ゴンザレスはそのパサレルに 22-24, 1-6, 16-14, 6-3, 11-9 で勝ち、総計「112ゲーム」を要した試合時間「5時間12分」の長丁場を制したが、この大会では4回戦で敗退した。1972年にゴンザレスは43歳9ヶ月でプロテニスツアーの最年長優勝記録を樹立し、1973年までテニス界の第一線で活躍した。まだ現役選手であった1968年に国際テニス殿堂入りを果たしている。パンチョ・ゴンザレスは生涯に6度結婚したが、最後の妻はアンドレ・アガシの姉リタであった。そのため、最晩年のゴンザレスはアガシと義理の兄弟関係のつながりを持っていた。1995年7月3日、ゴンザレスは前立腺癌のためラスベガスで67歳の生涯を閉じたが、義理の弟になったアガシが彼の葬儀の世話をした。
  • Рика́рдо Ало́нсо (Ри́чард) Гонса́лес (англ. Ricardo Alonzo (Richard) Gonzáles, больше известен как Па́нчо Гонсалес, англ. Pancho Gonzales; 9 мая 1928(19280509), Лос-Анджелес — 3 июля 1995, Лас-Вегас) — американский теннисист. В статусе любителя — четырёхкратный победитель турниров Большого шлема в одиночном и мужском парном разрядах и обладатель Кубка Дэвиса 1949 года в составе сборной США В статусе профессионала — восьмикратный чемпион США среди профессионалов и четырёхкратный чемпион Уэмбли. Член Международного зала теннисной славы с 1968 года
  • Рикардо Алонсо Гонзалес (на английски: Ricardo Alonso González) (роден на 9 май 1928 г. — починал на 3 юли 1995 г.), по-известен като Ричард „Панчо“ Гонзалес (на английски: Richard „Pancho“ Gonzales) (или също така и само Панчо Гонзалес), е бивш американски тенисист. Гонзалес е бил №1 в световната ранглиста при мъжете рекордните осем години през 50-те и началото на 60-те години на ХХ век. Той е спечелил две титли от Големия шлем, както и 12 шлемови турнира за професионалисти преди отворената ера (1968 г.).Гонзалес е самоук играч, който като аматьор печели на два пъти Откритото първенство на САЩ в края на 40-те години. И до днес той е смятан от мнозина за един от най-великите тенисиисти в историята на играта. В статия от 1999 г. на американското спортно списание Sports Illustrated за 20-те най-любими спортисти на ХХ век Гонзалес е поставен на 15-то място (единственият тенисист в класацията, като Крис Евърт е поставена на 20-то място), като за него е казано: „Ако бъдещето на човечеството е заложено на тенис-мач, човекът, който ще искате да сервира, за да го спаси, ще бъде Рикардо Алонсо Гонзалес.“ Дългогодишният американски тенис коментатор Бъд Колинс повтаря същите думи в своя статия от 2006 г. за MSNBC.com: „Ако трябва да избера някой, който да играе за моя живот, то това ще бъде Панчо Гонзалес.“
  • Ricardo Alonso González, Pancho González, także Gonzales (ur. 9 maja 1928 w Los Angeles, zm. 3 lipca 1995 w Las Vegas), tenisista amerykański, uważany za jednego z najwybitniejszych zawodników w historii tenisa.
  • Ricardo Alonso González ou Richard Gonzalez, (9 de Maio de 1928 - 3 de Julho de 1995), mais conhecido por Pancho Gonzales ou Pancho Gonzalez, foi um tenista estadunidense, número um do mundo durante oito anos nas décadas de 50 e 60.
  • 리카르도 알론소 곤살레스(Ricardo Alonso González, 1928년 5월 9일 ~ )는 1950년대부터 1960년대 초 사이에 8년간 세계 랭킹 1위에 올랐던 테니스 선수이다.거의 대부분 독학으로 테니스를 배운 그는 1940년대 후반 아마추어로 활동하면서 U.S. 챔피언십에서 두 번 우승하는 등 우수한 성적을 거두었다. 이후 1950년대에서 1960년대까지는 프로로 전향하여 프로 선수로 활동하면서 수 차례 세계 랭킹 1위를 기록하는 등 역시 뛰어난 성적을 기록하였다. 이 때문에 그는 현재까지도 테니스 역사상 가장 뛰어난 선수 중 한 명으로 평가받는다. 1999년 스포츠 일러스트레이티드지에 실린 20세기 가장 인기있었던 운동 선수 20인에 대한 기사에서 곤살레스는 다음과 같은 언급과 함께 15위에 랭크되었다. "만일 지구의 운명이 테니스 경기에 걸리게 된다면, 사람들은 인류를 위해 리카도 알론소 곤살레스가 서브해주길 바랄 것이다." 유명한 테니스 해설자였던 버드 콜린스는 2006년 8월 MSNBC.com에 기고한 글에서 이 표현을 흉내내어 다음과 같이 썼다. "만일 나의 생명을 걸고 경기를 해줄 사람을 고르라면, 나는 판초 곤살레스를 택할 것이다."
  • Ricardo Alonso González (May 9, 1928 – July 3, 1995), also known as Richard Gonzales, and usually as Pancho Gonzales, was an American tennis player. He was the World No. 1 tennis player for an all time record eight years from 1952 to 1960. He won 17 Major singles titles including 15 Pro Slams and 2 Grand Slams.Largely self-taught, Gonzales was a successful amateur player in the late-1940s, twice winning the United States Championships. He is still widely considered to be one of the greatest players in the history of the game. A 1999 Sports Illustrated article about the magazine's 20 "favorite athletes" of the 20th century said about Gonzales (their number 15 pick): "If earth was on the line in a tennis match, the man you want serving to save humankind would be Ricardo Alonso Gonzalez." The American tennis commentator Bud Collins echoed this in an August 2006 article for MSNBC.com: "If I had to choose someone to play for my life, it would be Pancho Gonzales."
  • Ricardo Alonso González, ezagunagoa Pancho Gonzales izenagatik (Los Angeles, Kalifornia, AEB, 1928ko maiatzaren 9a - Las Vegas, Nevada, AEB, 1995eko uztailaren 3a) estatubatuar tenislaria izan zen.
  • Este artículo pudo ser confundido con: Ricardo GonzálezRicardo "Pancho" Alonso Gonzales (9 de mayo de 1928 - 3 de julio de 1995) fue un tenista de los Estados Unidos. El esplendor de su carrera lo logró como profesional durante los años 50, en una época donde los profesionales no podían participar en los torneos de Grand Slam, siendo considerado el profesional Nº1 del mundo durante 8 años consecutivos. Como amateur, logró conquistar 2 veces el Campeonato Norteamericano.
  • Ricardo Alonso González (o Richard Gonzalez, detto Pancho Gonzales; Los Angeles, 9 maggio 1928 – Las Vegas, 3 luglio 1995) è stato un tennista statunitense, uno dei più grandi della storia.Rimase per otto anni in testa alla classifica mondiale tra gli anni cinquanta e sessanta giocando da professionista. Completamente autodidatta, fu un dilettante di successo nei tardi anni quaranta, vincendo lo US Open nel 1948 e 1949 e passando molto presto al professionismo, a soli 22 anni e dopo soli 6 Tornei dello Slam giocati.La carriera professionistica fu segnata da grandi successi, Gonzales è, dopo Ken Rosewall, il più titolato tennista professionista con 12 vittorie negli Slam Professionistici (8 nello U.S. Pro Tennis Championships e 4 nel Wembley Championship).Con l'avvento dell'era Open nel 1968, Gonzales fu ancora in grado di raggiungere le semifinali al Roland Garros ed i quarti allo U.S. Open. Giocò nel 1969 a Wimbledon un match entrato nella leggenda del tennis, allorché - a 41 anni - eliminò Charlie Pasarell, di 16 anni più giovane, vincendo 22-24, 1-6, 16-14, 6-3, 11-9 (allora non esisteva il tie-break) dopo 5 ore e 12 minuti di battaglia.Un articolo del 1999 di Sports Illustrated sui 20 atleti preferiti del ventesimo secolo scrisse di Gonzalez: "If earth was on the line in a tennis match, the man you want serving to save humankind would be Ricardo Alonso Gonzalez". Il noto commentatore televisivo Bud Collins ribadì questo concetto nel 2006 in un articolo per MSNBC.com: "se dovessi scegliere qualcuno che giochi per la mia vita, sceglierei Pancho Gonzalez."
dbpedia-owl:australiaOpenDouble
  • 1/16
dbpedia-owl:australiaOpenSingle
  • 1/16
dbpedia-owl:backhand
  • à une main
dbpedia-owl:bestRankSingle
  • n°1 Pro 1952 (Joe McCauley)
dbpedia-owl:birthDate
  • 1928-05-09 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:davisCup
  • 1 (1949)
dbpedia-owl:deathDate
  • 1995-07-03 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:firstProMatch
  • 1947 (Amateur) et 1949 (25 oct. - Pro Tour - Pro sous contrat)
dbpedia-owl:ithfDate
  • 1968
dbpedia-owl:lastProMatch
  • 1973 (sept. - Los Angeles PSW - Pro indépendant)
dbpedia-owl:racketCatching
  • Droitier
dbpedia-owl:rolandGarrosDouble
  • V(1)
dbpedia-owl:rolandGarrosSingle
  • 1/2
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:thumbnailCaption
  • Pancho Gonzales en 1954 sur le circuit professionnel australien.
dbpedia-owl:usOpenDouble
  • 1/4
dbpedia-owl:usOpenMixed
  • F(1)
dbpedia-owl:usOpenSingle
  • V(2)
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 625004 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 47590 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 751 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 110218659 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:wimbledonDouble
  • V(1)
dbpedia-owl:wimbledonSingle
  • 1/16
prop-fr:coupeDavis
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:dateD'entréeÀL'ithf
  • 1968 (xsd:integer)
prop-fr:dateDeDécès
  • 1995-07-03 (xsd:date)
prop-fr:dateDeMiseÀJour
  • 2014-10-25 (xsd:date)
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1928-05-09 (xsd:date)
prop-fr:dernierMatchPro
  • 1973 (xsd:integer)
prop-fr:lieuDeDécès
  • Las Vegas
prop-fr:lieuDeNaissance
  • Los Angeles
prop-fr:légende
  • Pancho Gonzales en 1954 sur le circuit professionnel australien.
prop-fr:meilleurClassementSimple
  • n°1 Pro 1952
prop-fr:nom
  • Pancho Gonzales
prop-fr:openD'australieDouble
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:openD'australieSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:premierMatchPro
  • 1947 (xsd:integer)
prop-fr:priseDeRaquette
  • Droitier
prop-fr:revers
  • à une main
prop-fr:rolandGarrosDouble
  • V
prop-fr:rolandGarrosSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:surnoms
  • "Gorgonzales", "Gorgo"
prop-fr:tailleImage
  • 250 (xsd:integer)
prop-fr:usOpenDouble
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:usOpenMixte
  • F
prop-fr:usOpenSimple
  • V
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:wimbledonDouble
  • V
prop-fr:wimbledonSimple
  • 1 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Ricardo Alonso González, généralement connu comme Pancho Gonzales, est un joueur de tennis américain, né le 9 mai 1928 à Los Angeles (Californie) et mort le 3 juillet 1995 à Las Vegas (Nevada).Il domina les années 1950 et le début des années 1960. Durant cette période, il jouait en tant que professionnel. Entièrement autodidacte, il était aussi un champion amateur à la fin des années 1940, gagnant deux fois le tournoi du Grand Chelem américain à Forest Hills, le futur US Open, sur gazon.
  • Ricardo Alonso González, bekannt auch als Pancho Gonzales oder Richard Gonzales (* 9. Mai 1928 in Los Angeles, Kalifornien; † 3. Juli 1995 in Las Vegas, Nevada) war ein US-amerikanischer Tennisspieler.
  • パンチョ・ゴンザレス(Pancho Gonzales, 1928年5月9日 - 1995年7月3日)は、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス出身の男子テニス選手。本名は Ricardo Alonso González (リカルド・アロンソ・ゴンザレス)といい、愛称の「パンチョ・ゴンザレス」で最もよく知られる。1948年と1949年の全米選手権で大会2連覇を達成した選手で、1949年の全仏選手権とウィンブルドン選手権で男子ダブルス2連勝もある。その後プロテニス選手として活動し、1973年まで四半世紀の長きにわたってテニス経歴を続行した。メキシコ人の家庭に生まれ育ったゴンザレスは、テニスの歴史を通じて最も色彩豊かなキャラクターを備えた選手のひとりとして知られる。ゴンザレスは身長190cmほどの長身から放たれる高速サービスを最大の武器にし、多彩な戦術を自在に駆使するテニス・スタイルの持ち主だった。彼は試合中に周囲の人々に激怒をぶつけることの多い選手だったが、優れたエンターテイナーの才能を備えた選手として高い人気を集め、プロテニスの興行には不可欠な存在であった。ロサンゼルスでメキシコ人の両親の間に生まれたリカルド・アロンソ・ゴンザレスは、12歳の時に母親が買ってくれた安いテニスラケットに夢中になった。しかし彼には地元の上流階級のテニス界に受け入れられなかった時期があり、南カリフォルニアのジュニア・トーナメントを無断で欠場したことさえあったという。彼の少年時代は、ちょうど第2次世界大戦の戦時中であり、ゴンザレスはアメリカ陸軍に所属していたが、終戦後の1946年に18歳で軍隊をやめてテニスに専念し始める。1948年に全米選手権で初優勝した時、ゴンザレスは全米ランキング17位の位置で、大会では第8シードの選手であったが、準々決勝でフランク・パーカー、準決勝でチェコスロバキアのヤロスラフ・ドロブニーを破って勝ち進んだ。決勝戦では南アフリカのエリック・スタージェスを 6-2, 6-3, 14-12 のストレートで破り、全米初優勝を飾る。1949年、ゴンザレスは男子ダブルスでフランク・パーカーとペアを組み、全仏選手権とウィンブルドン選手権で4大大会男子ダブルス2連勝を果たす。続く全米選手権で、ゴンザレスは当年度のウィンブルドン優勝者になったテッド・シュローダーを 16-18, 2-6, 6-1, 6-2, 6-4 の逆転で破って2連覇を達成した。先にシュローダーが2セットを奪ったが、ゴンザレスは2セット・ダウン(先に相手に2セットを取られた状態)からの劇的な逆転勝利を収めた。この後、ゴンザレスは「プロテニス選手」に転向する。プロ選手に転向した当初の時期は、ゴンザレスはプロテニス界の“皇帝”と呼ばれたジャック・クレーマーに歯が立たなかった。しかしクレーマーが1954年に引退した後、ゴンザレスはプロテニスツアーの興行を盛り上げる存在になる。彼の名前がプログラムに載ることは、当時の観客動員に不可欠な要素となった。当時のプロ選手たちには別のトーナメント群があり、「全米プロテニス選手権」(US Pro)/「ウェンブリー・ワールド・プロテニス選手権」(Wembley World Pro)/「全仏プロテニス選手権」(French Pro)が彼らの主要な戦いの場であった。ゴンザレスは「全米プロテニス選手権」で男子シングルス8勝、男子ダブルス5勝の大会最多優勝記録を残し、「ウェンブリー・ワールド・プロ」でも4度の優勝があるが、「全仏プロテニス選手権」は3度の準優勝で止まった。彼の最大の親友はエクアドルのフランシスコ・オレガリオ・セグラ(Francisco Olegario Segura)で、セグラもゴンザレスと同じ“パンチョ”のニックネームをつけられて「パンチョ・セグラ」と呼ばれるようになった。ゴンザレスはプロテニスツアーで先輩選手のドン・バッジや、オーストラリアの実力者になったフランク・セッジマン、ケン・ローズウォール、ルー・ホード、ロッド・レーバーらと戦ったが、1964年の全米プロテニス選手権では決勝でレーバーに敗れ、9度目の優勝を逃している。しかし、ゴンザレスのキャリアはここで終わらなかった。1968年、テニス4大大会にプロ選手の出場を解禁する「オープン化措置」が実施される。オープン化制度のもとで最初に開かれた大会は、1968年全仏オープンであった。ゴンザレスにとっては1949年全米選手権の優勝から19年間の歳月が流れていたが、彼はこの全仏オープンに出場を決め、ロッド・レーバーとの準決勝に勝ち進んだ。19年前の1949年全仏選手権でもベスト4の成績であり、40歳を迎えてもゴンザレスの実力は衰えていなかった。ウィンブルドンでは3回戦でアレックス・メトレベリ(ソ連)に敗れたが、「全米オープン」という名称になった大会では準々決勝まで進み、19年前の優勝者は地元ファンの前で健在ぶりをアピールした。19年ぶりの準々決勝の舞台で、ゴンザレスはオランダのトム・オッカーに 16-14, 3-6, 8-10, 3-6 の激戦で敗れた。翌1969年のウィンブルドン1回戦で、ゴンザレスはチャーリー・パサレル(プエルトリコ)と歴史的なマラソン・マッチを繰り広げた。パサレルは2年前の1967年、ウィンブルドンの1回戦で大会前年優勝者のマニュエル・サンタナを「オープニング・マッチ」で破り、同選手権で史上初の番狂わせを演じた人である。ゴンザレスはそのパサレルに 22-24, 1-6, 16-14, 6-3, 11-9 で勝ち、総計「112ゲーム」を要した試合時間「5時間12分」の長丁場を制したが、この大会では4回戦で敗退した。1972年にゴンザレスは43歳9ヶ月でプロテニスツアーの最年長優勝記録を樹立し、1973年までテニス界の第一線で活躍した。まだ現役選手であった1968年に国際テニス殿堂入りを果たしている。パンチョ・ゴンザレスは生涯に6度結婚したが、最後の妻はアンドレ・アガシの姉リタであった。そのため、最晩年のゴンザレスはアガシと義理の兄弟関係のつながりを持っていた。1995年7月3日、ゴンザレスは前立腺癌のためラスベガスで67歳の生涯を閉じたが、義理の弟になったアガシが彼の葬儀の世話をした。
  • Ricardo Alonso González, Pancho González, także Gonzales (ur. 9 maja 1928 w Los Angeles, zm. 3 lipca 1995 w Las Vegas), tenisista amerykański, uważany za jednego z najwybitniejszych zawodników w historii tenisa.
  • Ricardo Alonso González ou Richard Gonzalez, (9 de Maio de 1928 - 3 de Julho de 1995), mais conhecido por Pancho Gonzales ou Pancho Gonzalez, foi um tenista estadunidense, número um do mundo durante oito anos nas décadas de 50 e 60.
  • Ricardo Alonso González, ezagunagoa Pancho Gonzales izenagatik (Los Angeles, Kalifornia, AEB, 1928ko maiatzaren 9a - Las Vegas, Nevada, AEB, 1995eko uztailaren 3a) estatubatuar tenislaria izan zen.
  • Este artículo pudo ser confundido con: Ricardo GonzálezRicardo "Pancho" Alonso Gonzales (9 de mayo de 1928 - 3 de julio de 1995) fue un tenista de los Estados Unidos. El esplendor de su carrera lo logró como profesional durante los años 50, en una época donde los profesionales no podían participar en los torneos de Grand Slam, siendo considerado el profesional Nº1 del mundo durante 8 años consecutivos. Como amateur, logró conquistar 2 veces el Campeonato Norteamericano.
  • Ricardo Alonso González (o Richard Gonzalez, detto Pancho Gonzales; Los Angeles, 9 maggio 1928 – Las Vegas, 3 luglio 1995) è stato un tennista statunitense, uno dei più grandi della storia.Rimase per otto anni in testa alla classifica mondiale tra gli anni cinquanta e sessanta giocando da professionista.
  • Рикардо Алонсо Гонзалес (на английски: Ricardo Alonso González) (роден на 9 май 1928 г. — починал на 3 юли 1995 г.), по-известен като Ричард „Панчо“ Гонзалес (на английски: Richard „Pancho“ Gonzales) (или също така и само Панчо Гонзалес), е бивш американски тенисист. Гонзалес е бил №1 в световната ранглиста при мъжете рекордните осем години през 50-те и началото на 60-те години на ХХ век.
  • Рика́рдо Ало́нсо (Ри́чард) Гонса́лес (англ. Ricardo Alonzo (Richard) Gonzáles, больше известен как Па́нчо Гонсалес, англ. Pancho Gonzales; 9 мая 1928(19280509), Лос-Анджелес — 3 июля 1995, Лас-Вегас) — американский теннисист. В статусе любителя — четырёхкратный победитель турниров Большого шлема в одиночном и мужском парном разрядах и обладатель Кубка Дэвиса 1949 года в составе сборной США В статусе профессионала — восьмикратный чемпион США среди профессионалов и четырёхкратный чемпион Уэмбли.
  • 리카르도 알론소 곤살레스(Ricardo Alonso González, 1928년 5월 9일 ~ )는 1950년대부터 1960년대 초 사이에 8년간 세계 랭킹 1위에 올랐던 테니스 선수이다.거의 대부분 독학으로 테니스를 배운 그는 1940년대 후반 아마추어로 활동하면서 U.S. 챔피언십에서 두 번 우승하는 등 우수한 성적을 거두었다. 이후 1950년대에서 1960년대까지는 프로로 전향하여 프로 선수로 활동하면서 수 차례 세계 랭킹 1위를 기록하는 등 역시 뛰어난 성적을 기록하였다. 이 때문에 그는 현재까지도 테니스 역사상 가장 뛰어난 선수 중 한 명으로 평가받는다. 1999년 스포츠 일러스트레이티드지에 실린 20세기 가장 인기있었던 운동 선수 20인에 대한 기사에서 곤살레스는 다음과 같은 언급과 함께 15위에 랭크되었다.
  • Ricardo Alonso González (May 9, 1928 – July 3, 1995), also known as Richard Gonzales, and usually as Pancho Gonzales, was an American tennis player. He was the World No. 1 tennis player for an all time record eight years from 1952 to 1960. He won 17 Major singles titles including 15 Pro Slams and 2 Grand Slams.Largely self-taught, Gonzales was a successful amateur player in the late-1940s, twice winning the United States Championships.
rdfs:label
  • Pancho Gonzales
  • Pancho Gonzales
  • Pancho Gonzales
  • Pancho Gonzales
  • Pancho Gonzales
  • Pancho Gonzales
  • Ricardo González
  • Ricardo González
  • Гонсалес, Панчо
  • Панчо Гонзалес
  • パンチョ・ゴンザレス
  • 판초 곤살레스
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Pancho Gonzales
foaf:nick
  • "Gorgonzales", "Gorgo"
is dbpedia-owl:championInDoubleMale of
is dbpedia-owl:championInSingleMale of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-fr:finaliste of
is foaf:primaryTopic of