Oliver Joseph Lodge (12 juin 1851 à Penkhull - 22 août 1940 à Wilsford cum Lake, près Salisbury, dans le Wiltshire) est un physicien britannique.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Oliver Joseph Lodge (12 juin 1851 à Penkhull - 22 août 1940 à Wilsford cum Lake, près Salisbury, dans le Wiltshire) est un physicien britannique.
  • Сэр Оливер Джозеф Лодж (англ. Sir Oliver Joseph Lodge; 12 июня 1851 — 22 августа 1940) — английский физик и изобретатель, один из изобретателей радио.
  • 올리버 조지프 로지 경(Sir Oliver Joseph Lodge, 1851년 6월 12일 ~ 1940년 8월 22일)은 영국의 물리학자이다. 무선 전보 기술에 관한 특허를 다수 보유한 발명가이기도 했다.
  • Sir Oliver Joseph Lodge (12 de junio de 1851 - 22 de agosto de 1940), nació en Penkhull cerca de Stoke-on-Trent, fue un físico y escritor inglés, envuelto en el desarrollo de la telegrafía sin hilos.Fue la primera persona en transmitir una señal de radio (en 1894, un año antes que Guillermo Marconi hiciera lo propio), y recibió reconocimiento internacional por su trabajo.Lodge también es conocido por su trabajo sobre el éter, que se postuló como la sustancia en la que se movían las ondas y que llenaba todo el espacio. En 1893 ideó un experimento que ayudaría a desacreditar esta teoría. Otros de sus trabajos incluyen investigaciones sobre la luz, el origen de la fuerza electromotriz en la célula voltaica, la electrólisis, y la aplicación de la electricidad en la dispersión de la niebla y el humo.
  • Sir Oliver Joseph Lodge (Penkhull (bij Stoke-on-Trent), 12 juni 1851 - Lake (Wilsford, Wiltshire), 22 augustus 1940) was een Brits natuurkundige.Hij volgde zijn opleiding aan de Adams' Grammar School. Hij was natuurkundige en schrijver en was betrokken bij de ontwikkeling van de draadloze telegrafie. Lodge bedacht de term coherer in zijn lezingen voor het Royal Institution (The Work of Hertz and Some of His Successors) en verkreeg het syntonic (of tuning) patent van het United States Patent Office.
  • サー・オリバー・ロッジ(Sir Oliver Joseph Lodge、1851年6月12日 - 1940年8月22日)は、イギリスの物理学者、著述家。初期の無線電信の検波器に用いられたコヒーラの発明者である。また、点火プラグの発明者である。1898年のランフォード・メダルの受賞者である。エーテルの研究でも知られる。また心霊現象研究協会のメンバーで、心霊現象を肯定する立場での活動、著述もおこなった。ミッドランズ西部の現在のストーク・オン・トレント市内の生まれ。ロンドン大学で科学を学び、1881年にリヴァプール大学で教えるようになる。1900年にリヴァプールを離れてバーミンガム大学に移り、1919年の引退までそこに留まった。英国の生んだ世界的物理学者であると同時に、その物理学的概念を心霊現象の解釈に適用した最初の心霊学者。すなわちロッジは目に見えない世界こそ実在で、それはこの地球をはじめとする全大宇宙の内奥に存在し、物質というのはその生命が意識ある個体としての存在を表現するためにエーテルが凝結したものに過ぎないと主張した。 その著書は大小あわせて20冊を超えるが、いずれも現実界は虚の世界で霊界こそ実在界であるという、仏教の色即是空の哲学に貫かれている。 彼は霊の世界について50年以上も研究し、その結果ますます宇宙を支配する超越的知性すなわち神への畏敬の念を深めたと述べている。 科学的探究がかえって宗教心を深める結果となったのである。 もちろんここでいう宗教心は特定の宗教に係わるものとは違う。 そのロッジ卿がある心霊現象に係わる詐欺容疑の訴訟問題で証人として法廷に立ったことがある。 その時、卿の前に証言した人たちが口にした"霊の世界"というのは一種の幻覚ですねと尋問されて、卿は首を横に振って「この世こそ幻影の世界なのです。 実在の世界は目に見えないところにのみ存在します。」と返答した。 1929年の著書「まぼろしの壁」の中でこう述べている。「われわれはよく、肉体の死後も生き続けられるだろうかという疑問を抱く。 が一体その死後というのはどういう意味であろうか。 もちろんこの肉体と結びついている5~70年の人生のあとのひとに違いないのであるが、私に言わせれば、こうした疑問は実に本末を転倒した思考から出る疑問にすぎない。 というのは、こうして物質をまとってこの地上に生きていること自体が驚異なのである、これは実に特殊な現象というべきである。 私はよく、死は冒険であるが楽しく待ち望むべき冒険である、と言ってきた。 確かにそうに違いないのだか、実は真に冒険というべきはこの地上生活そのものなのである。 地上生活というのは実に奇妙で珍しい現象である。 こうして肉体に宿って無事地上に出て来たこと自体が奇蹟なのだ。 失敗する霊がいくらでもいるのである。」
  • Sir Oliver Joseph Lodge (Penkhull, 12 de junho de 1851 — 22 de agosto de 1940) foi um físico e escritor inglês.
  • Sir Oliver Joseph Lodge (Penkhull, 12 giugno 1851 – Wilsford, 22 agosto 1940) è stato un fisico britannico.È stato fra i maggiori pionieri nelle ricerche sulla propagazione delle onde elettromagnetiche e di quelle radio. Concentrò le sue indagini sulle onde elettromagnetiche dette hertziane (scoperte da Heinrich Rudolf Hertz), ossia sulle onde radio. Fu inoltre presidente della Society for Psychical Research dal 1901 al 1903, e nuovamente nel 1932 assieme a Eleanor Sidgwick.Nel 1894, Lodge diede una piena dimostrazione delle proprietà fisiche delle onde hertziane e, prima di Guglielmo Marconi, offrì una prova che esse potevano essere utilizzate per il telegrafo senza fili. Ma fece uso di correnti a bassa frequenza, che non erano pratiche e avevano un raggio di trasmissione troppo limitato.Per captare le onde hertziane, Lodge aveva ideato e costruito un coherer, cioè un dispositivo, progenitore dei tubi elettronici e dei transistor, che nella sua prima versione di tubetto a limatura era stato ideato e sperimentato, nel 1884, dal fisico italiano Temistocle Calzecchi-Onesti (1853-1922).Il coherer venne poi perfezionato da Edouard Branly.Nel 1897, Lodge brevettò il sintonizzatore che, migliorato da Lord Parker, fu acquistato da Marconi nel 1911. Il suo libro migliore è Moderne vedute sull'elettricità (1899), impostato sulla teoria di James Clerk Maxwell.Studiò all'University College di Londra. Dal 1881 fu professore di fisica generale all'University College di Liverpool e dal 1900 primo presidente dell'Università di Birmingham. Fu politicamente schierato con il fabianesimo.
  • For the British poet and author (1878-1955), see Oliver W. F. Lodge Sir Oliver Joseph Lodge, FRS (12 June 1851 – 22 August 1940) was a British physicist and writer involved in the development of key patents in wireless telegraphy. In his 1894 Royal Institution lectures ("The Work of Hertz and Some of His Successors"), Lodge coined the term "coherer" for the device developed by French physicist Édouard Branly based on the work of Italian physicist Temistocle Calzecchi Onesti. In 1898 he was awarded the "syntonic" (or tuning) patent by the United States Patent Office. He was also credited by Lorentz (1895) with the first published description of the length contraction hypothesis, in 1893, though in fact Lodge's friend George Francis FitzGerald had first suggested the idea in print in 1889.
  • Sir Oliver Joseph Lodge (ur. 12 czerwca 1851, zm. 22 sierpnia 1940) – brytyjski fizyk, wynalazca i pisarz. Jeden z pionierów radia, autor kilku patentów kluczowych dla rozwoju telegrafii bez drutu. Pomysłodawca idei skrócenia Lorentza.
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 28159 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2833 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 110442736 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Oliver Joseph Lodge (12 juin 1851 à Penkhull - 22 août 1940 à Wilsford cum Lake, près Salisbury, dans le Wiltshire) est un physicien britannique.
  • Сэр Оливер Джозеф Лодж (англ. Sir Oliver Joseph Lodge; 12 июня 1851 — 22 августа 1940) — английский физик и изобретатель, один из изобретателей радио.
  • 올리버 조지프 로지 경(Sir Oliver Joseph Lodge, 1851년 6월 12일 ~ 1940년 8월 22일)은 영국의 물리학자이다. 무선 전보 기술에 관한 특허를 다수 보유한 발명가이기도 했다.
  • サー・オリバー・ロッジ(Sir Oliver Joseph Lodge、1851年6月12日 - 1940年8月22日)は、イギリスの物理学者、著述家。初期の無線電信の検波器に用いられたコヒーラの発明者である。また、点火プラグの発明者である。1898年のランフォード・メダルの受賞者である。エーテルの研究でも知られる。また心霊現象研究協会のメンバーで、心霊現象を肯定する立場での活動、著述もおこなった。ミッドランズ西部の現在のストーク・オン・トレント市内の生まれ。ロンドン大学で科学を学び、1881年にリヴァプール大学で教えるようになる。1900年にリヴァプールを離れてバーミンガム大学に移り、1919年の引退までそこに留まった。英国の生んだ世界的物理学者であると同時に、その物理学的概念を心霊現象の解釈に適用した最初の心霊学者。すなわちロッジは目に見えない世界こそ実在で、それはこの地球をはじめとする全大宇宙の内奥に存在し、物質というのはその生命が意識ある個体としての存在を表現するためにエーテルが凝結したものに過ぎないと主張した。 その著書は大小あわせて20冊を超えるが、いずれも現実界は虚の世界で霊界こそ実在界であるという、仏教の色即是空の哲学に貫かれている。 彼は霊の世界について50年以上も研究し、その結果ますます宇宙を支配する超越的知性すなわち神への畏敬の念を深めたと述べている。 科学的探究がかえって宗教心を深める結果となったのである。 もちろんここでいう宗教心は特定の宗教に係わるものとは違う。 そのロッジ卿がある心霊現象に係わる詐欺容疑の訴訟問題で証人として法廷に立ったことがある。 その時、卿の前に証言した人たちが口にした"霊の世界"というのは一種の幻覚ですねと尋問されて、卿は首を横に振って「この世こそ幻影の世界なのです。 実在の世界は目に見えないところにのみ存在します。」と返答した。 1929年の著書「まぼろしの壁」の中でこう述べている。「われわれはよく、肉体の死後も生き続けられるだろうかという疑問を抱く。 が一体その死後というのはどういう意味であろうか。 もちろんこの肉体と結びついている5~70年の人生のあとのひとに違いないのであるが、私に言わせれば、こうした疑問は実に本末を転倒した思考から出る疑問にすぎない。 というのは、こうして物質をまとってこの地上に生きていること自体が驚異なのである、これは実に特殊な現象というべきである。 私はよく、死は冒険であるが楽しく待ち望むべき冒険である、と言ってきた。 確かにそうに違いないのだか、実は真に冒険というべきはこの地上生活そのものなのである。 地上生活というのは実に奇妙で珍しい現象である。 こうして肉体に宿って無事地上に出て来たこと自体が奇蹟なのだ。 失敗する霊がいくらでもいるのである。」
  • Sir Oliver Joseph Lodge (Penkhull, 12 de junho de 1851 — 22 de agosto de 1940) foi um físico e escritor inglês.
  • Sir Oliver Joseph Lodge (ur. 12 czerwca 1851, zm. 22 sierpnia 1940) – brytyjski fizyk, wynalazca i pisarz. Jeden z pionierów radia, autor kilku patentów kluczowych dla rozwoju telegrafii bez drutu. Pomysłodawca idei skrócenia Lorentza.
  • For the British poet and author (1878-1955), see Oliver W. F. Lodge Sir Oliver Joseph Lodge, FRS (12 June 1851 – 22 August 1940) was a British physicist and writer involved in the development of key patents in wireless telegraphy. In his 1894 Royal Institution lectures ("The Work of Hertz and Some of His Successors"), Lodge coined the term "coherer" for the device developed by French physicist Édouard Branly based on the work of Italian physicist Temistocle Calzecchi Onesti.
  • Sir Oliver Joseph Lodge (Penkhull, 12 giugno 1851 – Wilsford, 22 agosto 1940) è stato un fisico britannico.È stato fra i maggiori pionieri nelle ricerche sulla propagazione delle onde elettromagnetiche e di quelle radio. Concentrò le sue indagini sulle onde elettromagnetiche dette hertziane (scoperte da Heinrich Rudolf Hertz), ossia sulle onde radio.
  • Sir Oliver Joseph Lodge (12 de junio de 1851 - 22 de agosto de 1940), nació en Penkhull cerca de Stoke-on-Trent, fue un físico y escritor inglés, envuelto en el desarrollo de la telegrafía sin hilos.Fue la primera persona en transmitir una señal de radio (en 1894, un año antes que Guillermo Marconi hiciera lo propio), y recibió reconocimiento internacional por su trabajo.Lodge también es conocido por su trabajo sobre el éter, que se postuló como la sustancia en la que se movían las ondas y que llenaba todo el espacio.
  • Sir Oliver Joseph Lodge (Penkhull (bij Stoke-on-Trent), 12 juni 1851 - Lake (Wilsford, Wiltshire), 22 augustus 1940) was een Brits natuurkundige.Hij volgde zijn opleiding aan de Adams' Grammar School. Hij was natuurkundige en schrijver en was betrokken bij de ontwikkeling van de draadloze telegrafie.
rdfs:label
  • Oliver Lodge
  • Oliver Joseph Lodge
  • Oliver Joseph Lodge
  • Oliver Lodge
  • Oliver Lodge
  • Oliver Lodge
  • Oliver Lodge
  • Oliver Lodge
  • Лодж, Оливер Джозеф
  • オリバー・ロッジ
  • 올리버 로지
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of