Le montage-séquence est un anglicisme (le mot montage est ici réimporté de l'anglais) désignant une succession de plans, souvent accompagnée de musique, condensant fortement une période de temps relativement longue, d'une journée au minimum, en une séquence de trois à quatre minutes au maximum.Ce type de séquence cinématographique évoque le clip.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Le montage-séquence est un anglicisme (le mot montage est ici réimporté de l'anglais) désignant une succession de plans, souvent accompagnée de musique, condensant fortement une période de temps relativement longue, d'une journée au minimum, en une séquence de trois à quatre minutes au maximum.Ce type de séquence cinématographique évoque le clip. Le terme consacré par la sémiotique du cinéma est « séquence en accolade ».Exemples de séquences musicale en accolade : la grossesse dans Métisse de Mathieu Kassovitz l'apprentissage dans Team America, police du monde de Trey Parker la journée des amoureux dans Y a-t-il un flic pour sauver la reine ? de David ZuckerPortail du cinéma Portail du cinéma
  • モンタージュ (montage) は、映画用語で、視点の異なる複数のカットを組み合わせて用いる技法の事。元々はフランス語で「(機械の)組み立て」という意味。映像編集の基礎であるため、編集と同義で使われることも多い。フィルムのつなぎ合わせが独自の意味をもたらすことは、映画の創成期から知られていた。たとえば米国ラフ・アンド・ガモン社の『女王メアリの処刑(The Execution of Mary Stuart)』(1895)では、撮影途中でわざとカメラを停止する「中止め」を用いて、首がギロチンで落ちるショッキングな演出を行った。また、映画の魔術師と呼ばれるメリエスは、編集によってさまざまな映像的トリックを試みただけでなく、『月世界旅行(Le voyage dans la Lune)』(1902)の最後のシーンでは「コマ撮り(Stop-Motion)」のアニメーションを実現している。この後のモンタージュ技法は、純丘曜彰によれば、大きく2つの方向へ分岐するとされる。一方はソ連の映画監督セルゲイ・エイゼンシュテインに代表されるエイゼンシュテイン・モンタージュであり、他方は米国の映画監督D・W・グリフィスに代表されるグリフィス・モンタージュである。エイゼンシュテイン・モンタージュは、当時流行し始めたソシュールの構造主義の影響を受け、台本の言語的要素を映像に置き換えて編集していく手法であり、エイゼンシュテインの映画『戦艦ポチョムキン』の「オデッサの階段」がその典型とされる。グリフィス・モンタージュは、フロイトの影響を受けたコンスタンチン・スタニスラフスキーの演出論に基づくものであり、俳優たちを特殊な状況に陥れた実際を、複数のカメラを用いたマルチ・カヴァレッジによって同時撮影し、その時間尺を変えることなく多面的な視点を取り入れて線形に編集していく手法であり、グリフィスの『イントレランス』のスペクタクルシーンがそのはじまりとされる。その後、エイゼンシュテイン・モンタージュは、共産主義におけるエンゲルスの質的弁証法の応用として、ソ連およびフランスの左翼思想家において支持され、同様に、左翼シンパの多かった日本の映画業界においても、映画編集理論の主流とされた。たとえば、小津安二郎は代表作『東京物語』において別撮りのカット・バックを多用している。バンクを用いる日本のアニメもこの系統に属する。また、理論的には、メッツらの映像記号論に継承されて研究されていく。また、グリフィス・モンタージュは、当初は多大な撮影予算がかかるために敬遠されてきたが、日本の黒澤明が代表作『七人の侍』の戦闘シーンでそのすごみを見せつけた。当初、記録媒体を持たなかったテレビも、複数のカメラで同時撮影し、サブ(副調整室)におけるスィッチングで同時編集していくため、このスタイルを採ることが多かった。おりしもロシア革命とスターリニズムから大量亡命でスタニスラフスキーの演出論は、戦後、故国ソ連よりも米国で定着し、マーロン・ブランドなどの俳優に大きな影響を与えていた。フランシス・フォード・コッポラはあくまでエイゼンシュテイン・スタイルを好んだが、その次世代のスティーブン・スピルバーグらは、黒澤の感化を受けてグリフィス・スタイルを多用し、今日、デジタル撮影の普及もあって、これがハリウッドの標準編集形態となっている。⇔ワンシーン・ワンショット、長回し
  • 몽타주(montage, 문화어: 판조립)는 따로 촬영된 화면을 떼어 붙이면서 새로운 장면이나 내용을 만드는 기법이다. 일반적으로 영화나 사진의 편집 구성의 한 수법으로 간주된다.
  • Montage /mɒnˈtɑːʒ/ is a technique in film editing in which a series of short shots are edited into a sequence to condense space, time, and information. The term has been used in various contexts. It was introduced to cinema primarily by Eisenstein, and early Soviet directors used it as a synonym for creative editing. In France the word "montage" simply denotes cutting. The term "montage sequence" has been used primarily by British and American studios, which refers to the common technique as outlined in this article.The montage sequence is usually used to suggest the passage of time, rather than to create symbolic meaning as it does in Soviet montage theory. From the 1930s to the 1950s, montage sequences often combined numerous short shots with special optical effects (fades, dissolves, split screens, double and triple exposures) dance and music. They were usually assembled by someone other than the director or the editor of the movie.
  • In der Kinobranche versteht man unter Filmmontage (oder Richten) das sachgerechte Verbinden („Kleben“) der einzelnen Akte einer Filmkopie durch den Filmvorführer, wenn diese hernach kontinuierlich (d. h. ohne Überblendung) vorgeführt werden soll. Das umgekehrte Verfahren wird als Demontage oder Trennen bezeichnet.
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3192100 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 851 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 94268414 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Le montage-séquence est un anglicisme (le mot montage est ici réimporté de l'anglais) désignant une succession de plans, souvent accompagnée de musique, condensant fortement une période de temps relativement longue, d'une journée au minimum, en une séquence de trois à quatre minutes au maximum.Ce type de séquence cinématographique évoque le clip.
  • モンタージュ (montage) は、映画用語で、視点の異なる複数のカットを組み合わせて用いる技法の事。元々はフランス語で「(機械の)組み立て」という意味。映像編集の基礎であるため、編集と同義で使われることも多い。フィルムのつなぎ合わせが独自の意味をもたらすことは、映画の創成期から知られていた。たとえば米国ラフ・アンド・ガモン社の『女王メアリの処刑(The Execution of Mary Stuart)』(1895)では、撮影途中でわざとカメラを停止する「中止め」を用いて、首がギロチンで落ちるショッキングな演出を行った。また、映画の魔術師と呼ばれるメリエスは、編集によってさまざまな映像的トリックを試みただけでなく、『月世界旅行(Le voyage dans la Lune)』(1902)の最後のシーンでは「コマ撮り(Stop-Motion)」のアニメーションを実現している。この後のモンタージュ技法は、純丘曜彰によれば、大きく2つの方向へ分岐するとされる。一方はソ連の映画監督セルゲイ・エイゼンシュテインに代表されるエイゼンシュテイン・モンタージュであり、他方は米国の映画監督D・W・グリフィスに代表されるグリフィス・モンタージュである。エイゼンシュテイン・モンタージュは、当時流行し始めたソシュールの構造主義の影響を受け、台本の言語的要素を映像に置き換えて編集していく手法であり、エイゼンシュテインの映画『戦艦ポチョムキン』の「オデッサの階段」がその典型とされる。グリフィス・モンタージュは、フロイトの影響を受けたコンスタンチン・スタニスラフスキーの演出論に基づくものであり、俳優たちを特殊な状況に陥れた実際を、複数のカメラを用いたマルチ・カヴァレッジによって同時撮影し、その時間尺を変えることなく多面的な視点を取り入れて線形に編集していく手法であり、グリフィスの『イントレランス』のスペクタクルシーンがそのはじまりとされる。その後、エイゼンシュテイン・モンタージュは、共産主義におけるエンゲルスの質的弁証法の応用として、ソ連およびフランスの左翼思想家において支持され、同様に、左翼シンパの多かった日本の映画業界においても、映画編集理論の主流とされた。たとえば、小津安二郎は代表作『東京物語』において別撮りのカット・バックを多用している。バンクを用いる日本のアニメもこの系統に属する。また、理論的には、メッツらの映像記号論に継承されて研究されていく。また、グリフィス・モンタージュは、当初は多大な撮影予算がかかるために敬遠されてきたが、日本の黒澤明が代表作『七人の侍』の戦闘シーンでそのすごみを見せつけた。当初、記録媒体を持たなかったテレビも、複数のカメラで同時撮影し、サブ(副調整室)におけるスィッチングで同時編集していくため、このスタイルを採ることが多かった。おりしもロシア革命とスターリニズムから大量亡命でスタニスラフスキーの演出論は、戦後、故国ソ連よりも米国で定着し、マーロン・ブランドなどの俳優に大きな影響を与えていた。フランシス・フォード・コッポラはあくまでエイゼンシュテイン・スタイルを好んだが、その次世代のスティーブン・スピルバーグらは、黒澤の感化を受けてグリフィス・スタイルを多用し、今日、デジタル撮影の普及もあって、これがハリウッドの標準編集形態となっている。⇔ワンシーン・ワンショット、長回し
  • 몽타주(montage, 문화어: 판조립)는 따로 촬영된 화면을 떼어 붙이면서 새로운 장면이나 내용을 만드는 기법이다. 일반적으로 영화나 사진의 편집 구성의 한 수법으로 간주된다.
  • In der Kinobranche versteht man unter Filmmontage (oder Richten) das sachgerechte Verbinden („Kleben“) der einzelnen Akte einer Filmkopie durch den Filmvorführer, wenn diese hernach kontinuierlich (d. h. ohne Überblendung) vorgeführt werden soll. Das umgekehrte Verfahren wird als Demontage oder Trennen bezeichnet.
  • Montage /mɒnˈtɑːʒ/ is a technique in film editing in which a series of short shots are edited into a sequence to condense space, time, and information. The term has been used in various contexts. It was introduced to cinema primarily by Eisenstein, and early Soviet directors used it as a synonym for creative editing. In France the word "montage" simply denotes cutting.
rdfs:label
  • Montage-séquence
  • モンタージュ
  • Filmmontage
  • Montage (filmmaking)
  • 몽타주
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of