Les monolignols sont des composés phytochimiques servant de source pour la biosynthèse de lignanes (composé de deux unités de monolignol) et lignines (polymère de monolignol) .

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Les monolignols sont des composés phytochimiques servant de source pour la biosynthèse de lignanes (composé de deux unités de monolignol) et lignines (polymère de monolignol) .
  • Monolignols are phytochemicals acting as source materials for biosynthesis of both lignans and lignin. The starting material for production of monolignols is the amino acid phenylalanine. The first reactions in the biosynthesis are shared with the phenylpropanoid pathway, and monolignols are considered to be a part of this group of compounds. There are three main monolignols: coniferyl alcohol, sinapyl alcohol and paracoumaryl alcohol. Different plants use different monolignols. For example, Norway spruce lignin is almost entirely coniferyl alcohol while paracoumaryl alcohol is found almost exclusively in grasses.Monolignols are synthetised in the cytosol as glucosides. The glucose is added to the monolignol to make them water soluble and to reduce their toxicity. The glucosides are transported through the cell membrane to the apoplast. The glucose is then removed and the monolignols are polymerised into lignin.The phenylpropenes are derived from the monolignols.
  • モノリグノール (monolignol) はリグニンやリグナン生合成の原料となるヒドロキシケイ皮アルコール類縁体である。モノリグノールはアミノ酸であるフェニルアラニンから生合成される。モノリグノール生合成の第一段階はフェニルプロパノイド経路と共通しており、モノリグノールはフェニルプロパノイド類に分類される。主要なモノリグノールとしては、コニフェリルアルコール、シナピルアルコール、パラクマリルアルコール (paracoumaryl alcohol) がある。植物はそれぞれの種が異なったモノリグノールを使用している。例えば、オウシュウトウヒに含まれるリグニンはほぼ完全にコリフェリルアルコール由来であるが、草本ではほぼ全てパラクマリルアルコールのみである。モノリグノールは、細胞質基質においてグルコシド(glucoside、グルコース配糖体)として合成される。グルコースが付加することにより、水溶性となり毒性が低減される。このグルコシドは細胞膜を経由してアポプラスト (apoplast) へ輸送される。ここでグルコースが除去され、モノリグノールの重合によりリグニンが生成する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3674521 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1961 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 107550815 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Les monolignols sont des composés phytochimiques servant de source pour la biosynthèse de lignanes (composé de deux unités de monolignol) et lignines (polymère de monolignol) .
  • モノリグノール (monolignol) はリグニンやリグナン生合成の原料となるヒドロキシケイ皮アルコール類縁体である。モノリグノールはアミノ酸であるフェニルアラニンから生合成される。モノリグノール生合成の第一段階はフェニルプロパノイド経路と共通しており、モノリグノールはフェニルプロパノイド類に分類される。主要なモノリグノールとしては、コニフェリルアルコール、シナピルアルコール、パラクマリルアルコール (paracoumaryl alcohol) がある。植物はそれぞれの種が異なったモノリグノールを使用している。例えば、オウシュウトウヒに含まれるリグニンはほぼ完全にコリフェリルアルコール由来であるが、草本ではほぼ全てパラクマリルアルコールのみである。モノリグノールは、細胞質基質においてグルコシド(glucoside、グルコース配糖体)として合成される。グルコースが付加することにより、水溶性となり毒性が低減される。このグルコシドは細胞膜を経由してアポプラスト (apoplast) へ輸送される。ここでグルコースが除去され、モノリグノールの重合によりリグニンが生成する。
  • Monolignols are phytochemicals acting as source materials for biosynthesis of both lignans and lignin. The starting material for production of monolignols is the amino acid phenylalanine. The first reactions in the biosynthesis are shared with the phenylpropanoid pathway, and monolignols are considered to be a part of this group of compounds. There are three main monolignols: coniferyl alcohol, sinapyl alcohol and paracoumaryl alcohol. Different plants use different monolignols.
rdfs:label
  • Monolignol
  • Monolignol
  • モノリグノール
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of