Mervyn Rose, né le 23 janvier 1930 à Coffs Harbour (Nouvelle-Galles du Sud), est un joueur de tennis australien.Il a remporté deux titres du Grand Chelem en simple : l'Open d'Australie en 1954 et Roland-Garros en 1958.Il est membre du International Tennis Hall of Fame depuis 2001.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Mervyn Rose, né le 23 janvier 1930 à Coffs Harbour (Nouvelle-Galles du Sud), est un joueur de tennis australien.Il a remporté deux titres du Grand Chelem en simple : l'Open d'Australie en 1954 et Roland-Garros en 1958.Il est membre du International Tennis Hall of Fame depuis 2001.
  • Mervyn Rose (n. 23 de enero de 1930) es un destacado exjugador australiano de tenis durante los años 50. Fue dos veces campeón del Grand Slam en individuales y 12 veces finalista en dobles, de las cuales ganó en 5 oportunidades.
  • Mervyn Rose (Coffs Harbour, 23 gennaio 1930) è un ex tennista australiano.
  • Mervyn Rose (ur. 23 stycznia 1930 w Coffs Harbour), tenisista australijski.W latach 50. czołowa rakieta świata i mocny punkt reprezentacji narodowej w Pucharze Davisa. W rankingu Lance Tingaya za rok 1958 znalazł się na 3. miejscu na świecie; w czołowej dziesiątce figurował w latach 1953-1958 (z przerwą na rok 1956).Zwycięzca dwóch turniejów wielkoszlemowych w grze pojedynczej - Australian Open 1954 i French Open 1958; w deblu wygrywał Australian Open w 1954, US Open 1952 i 1953 oraz Wimbledon 1954; ponadto mistrz Wimbledonu w mikście 1957. Ma na koncie także kilka przegranych wielkoszlemowych finałów - w Australian Open: 1953 (gra pojedyncza), 1952, 1953 i 1956 (gra podwójna). Na Wimbledonie dochodził do półfinału singla trzykrotnie (1952, 1953, 1958), na US Open raz - w 1952.W 1958 triumfował także w singlu na Foro Italico w Rzymie (międzynarodowe mistrzostwa Włoch).W latach 1950-1954 oraz w 1957 występował w reprezentacji daviscupowej; pięciokrotnie miał udział w zdobyciu Pucharu (1950-1953 i 1957).Po zakończeniu kariery zawodniczej zajął się pracą trenerską; wśród jego podopiecznych znaleźli się m.in. Margaret Smith Court, Kerry Harris, Richard Fromberg, Ian Fletcher, Magdalena Grzybowska, Billie Jean King oraz Arantxa Sánchez Vicario.Jednym z jego partnerów deblowych był słynny Amerykanin Vic Seixas.W 2001 Mervyn Rose został uhonorowany miejscem w Międzynarodowej Tenisowej Hall of Fame.
  • Mervyn Rose OAM (* 23. Januar 1930 in New South Wales, Australien) ist ein ehemaliger australischer Tennisspieler.Rose gehörte dem Team an, welches in den Jahren 1951 und 1957 den Davis Cup gewinnen konnte. Im Jahr 1954 gewann er im Einzel die Australian Open. Außerdem gewann er vier Grand-Slam Turniere im Doppel, nämlich 1954 mit Rex Hartwig die Australian Open gegen Neale Fraser und Clive Wilderspin und ebenfalls 1954 mit Rex Hartwig in Wimbledon gegen Vic Seixas und Tony Trabert. Außerdem gewann er 1952 mit Victor Seixas die US Open gegen Ken McGregor und Frank Sedgman und 1953 erneut mit Rex Hartwig erneut die US Open gegen Gardner Mulloy und William Talbert. Im Jahr 1957 gewann er das Mixed mit Darlene Hard in Wimbledon gegen Neale Fraser und Althea Gibson.In den 1950er Jahren war Rose fünf Mal in den Top Ten der Weltrangliste. Nachdem er vom Tennis zurückgetreten war, betätigte Rose sich als Trainer. Er arbeitete unter anderem mit dem italienischen Davis Cup Team. Außerdem trainierte er Margaret Court, Kerry Harris, Richard Fromberg, Ian Fletcher, Magdelina Grzybowska, Billie Jean King und Arantxa Sánchez Vicario.
  • Mervyn Gordon Rose AM (born 23 January 1930) is a former Australian male tennis player. He was born in Coffs Harbour, New South Wales and turned professional in 1959.He has coached numerous female players, including Billie Jean King, Margaret Court, Brett Prentice, Arantxa Sanchez Vicario, Eleni Daniilidou, Nadia Petrova, Magdalena Grzybowska and Caroline Schnieder.Rose was ranked inside the world's Top 10 throughout much of his tennis career and represented Australia in the Davis Cup from 1951 to 1957. He was ranked World No. 3 in 1958 by Lance Tingay of The Daily Telegraph.Rose was awarded the Australian Sports Medal in 2000, inducted into the International Tennis Hall of Fame in 2001 and the Australian Tennis Hall of Fame in 2002. He was awarded the Member of the Order of Australia (AM) in 2006 for service to tennis, particularly as a competitor at national and international levels and as a coach and mentor to both amateur and professional players.
  • Mervyn Rose (Coffs Harbour, 23 de janeiro de 1930) é um ex-jogador australiano de tênis, que durante os anos 50 destacou-se, sendo duas vezes campeão de torneios de Grand Slam em simples e 12 vezes finalista em duplas, ganhando em 5 oportunidades. Por duas vezes, ganhou a Copa Davis (em 1951 e em 1957).Após parar de jogar tênis, tornou-se treinador. Foram treinadas por Rose, entre outras, as tenistas Billie Jean King, Margaret Court, Arantxa Sánchez Vicario, Eleni Daniilidou e Nadia Petrova.Seu nome foi incluso no International Tennis Hall of Fame em 2001.
  • メルビン・ローズ(Mervyn Rose, 1930年1月23日 - )は、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州コフスハーバー出身の男子テニス選手。1950年代に活躍し、オーストラリア・テニス界の黄金時代を築いた名選手のひとりである。彼は4大大会男子シングルスで1954年全豪選手権、1958年全仏選手権の2勝を挙げ、男子ダブルス4勝・混合ダブルス2勝と合わせて7つのグランドスラム・タイトルを獲得した。彼のテニスは、基本的にはサーブ・アンド・ボレーのスタイルで、ボールのタッチを駆使する戦術家として知られた。左利きの選手。フルネームは Mervyn Gordon Rose (メルビン・ゴードン・ローズ)というが、“Rosie”(ロージー)という愛称で呼ばれた。ローズは少年時代、故郷のコフスハーバーで近所の子供たちがテニスで遊んでいる光景に見とれて、ラケットとシューズを借りて自分もテニスを始めたという。1949年から全豪選手権に出場し始め、1951年に混合ダブルスで躍進を見せる。この年は全仏選手権・ウィンブルドン選手権・全米選手権の3大会連続で混合ダブルス準優勝を記録した。パートナーはそれぞれ異なり、全仏はテルマ・コイン・ロング、ウィンブルドンはナンシー・ウィン・ボルトン、全米はシャーリー・フライと組んだ。同年の男子テニス国別対抗戦・デビスカップで、ローズは年末の12月26日-28日に行われた「ワールドグループ」決勝の対アメリカ戦に起用された。オーストラリアは「3勝2敗」で優勝を決めたが、ローズがシングルス戦2試合でビック・セイシャスとテッド・シュローダーの両選手に敗れたことから、彼はその後しばらくデ杯オーストラリア代表選手としての起用がなくなる。1952年にローズは全仏選手権を除く3つのグランドスラム大会でシングルス準決勝に進出し、全米選手権の男子ダブルスでセイシャスと組んで初優勝を決めた。ローズとセイシャスは、1951年全豪選手権から4大大会男子ダブルス7連勝中だったフランク・セッジマン&ケン・マグレガー組を 3-6, 10-8, 10-8, 6-8, 8-6 で下し、このペアの2年連続年間グランドスラムを阻止した。1953年、ローズは全豪選手権で初めてのシングルス決勝進出を果たすが、当時18歳のケン・ローズウォールに 0-6, 3-6, 4-6 のストレートで完敗した。ローズウォールはこの優勝により、全豪選手権の男子シングルス最年少優勝記録を樹立したが、これは現在も全豪オープンの記録として残っている。この年は全米選手権男子ダブルスで、同じオーストラリアのレックス・ハートウィグと組んで2連覇を達成した。続く1954年全豪選手権にて、メルビン・ローズは男子シングルス・男子ダブルスの単複2冠を獲得する。2年連続のシングルス決勝では、ダブルス・パートナーのハートウィグを 6-2, 0-6, 6-4, 6-2 で破って初優勝を決め、彼と組んだダブルスではニール・フレーザー&クライブ・ウィルダースピン組を 6-3, 6-4, 6-2 のストレートで圧倒した。ローズとハートウィグは、ウィンブルドン選手権でも男子ダブルス優勝を飾り、決勝でアメリカペアのビック・セイシャス&トニー・トラバート組に 6-4, 6-4, 3-6, 6-4 で勝ち、4大大会ダブルス年間2冠を獲得した。ローズの4大大会男子ダブルス優勝は「4勝」になったが、うち3勝がハートウィグとのコンビである。1955年から1956年にかけては好成績が少なかったが、1957年からローズは2度目の全盛期を迎える。それまで好成績が少なかった全仏選手権で、彼は初めてシングルス準決勝進出を決めた。この時は第8シードのハーバート・フラム(アメリカ)に 6-4, 4-6, 6-4, 2-6, 5-7 で競り負け、決勝進出を逃している。続くウィンブルドン選手権で、ローズは6年ぶり2度目の混合ダブルス決勝に進み、ダーリーン・ハードと組んで初優勝を決めた。2人はニール・フレーザー&アリシア・ギブソン組を 6-4, 7-5 で破り、ローズは1954年の男子ダブルスに続く2つ目のウィンブルドン・タイトルを獲得した。そして、彼のハイライトとなった1958年全仏選手権を迎える。第3シードのローズは、決勝でチリのルイス・アヤラを 6-3, 6-4, 6-4 のストレートで破り、1954年全豪選手権以来となる4大大会男子シングルス2勝目を達成した。この2年間、彼は世界各地のトーナメントで多数のシングルス・タイトルを獲得し、1957年に12勝、1958年に8勝を挙げた。1958年全仏選手権直前の「イタリアン・オープン」決勝で、ローズが地元イタリアの英雄ニコラ・ピエトランジェリを 5-7, 8-6, 6-4, 1-6, 6-2 で破った試合は、同大会史上最も壮絶な試合のひとつとして語り草になった。1959年から「プロテニス選手」に転向した後は、テニスコーチとしても活動している。1960年代にはビリー・ジーン・キング夫人のフォアハンド・ストローク改造に携わり、彼女の成功に大きく貢献した。ごく最近ではアランチャ・サンチェス・ビカリオを指導したこともある。2001年に国際テニス殿堂入りを果たした。テニスの歴史において、オーストラリアの選手たちが大半のビッグ・タイトルを獲得した黄金時代は、1950年代の初頭に幕を開けた。その先陣を切った選手が、4大大会総計22個(男子シングルス5勝+男子ダブルス9勝+混合ダブルス8勝)のタイトルを獲得したフランク・セッジマンであり、その後にケン・ローズウォールとルー・ホードが続いた。メルビン・ローズの全盛期は、この2人とほぼ同じ時期にあたる。彼らの後に続いて登場した選手が、アシュレー・クーパーやロイ・エマーソン、ロッド・レーバーなどである。彼らはみな、当時デビスカップオーストラリア代表監督を務めていたハリー・ホップマンに鍛えられた世代の選手だった。
dbpedia-owl:australiaOpenDouble
  • V(1)
dbpedia-owl:australiaOpenMixed
  • -
dbpedia-owl:australiaOpenSingle
  • V(1)
dbpedia-owl:birthDate
  • 1930-01-23 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:davisCup
  • 1 (1951, 1957)
dbpedia-owl:ithfDate
  • 2001
dbpedia-owl:racketCatching
  • Gaucher
dbpedia-owl:rolandGarrosDouble
  • F(2)
dbpedia-owl:rolandGarrosMixed
  • F(2)
dbpedia-owl:rolandGarrosSingle
  • V(1)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:usOpenDouble
  • V(2)
dbpedia-owl:usOpenMixed
  • F(1)
dbpedia-owl:usOpenSingle
  • 1/2
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1273107 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4934 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 106589082 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:wimbledonDouble
  • V(1)
dbpedia-owl:wimbledonMixed
  • V(1)
dbpedia-owl:wimbledonSingle
  • 1/2
prop-fr:coupeDavis
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:dateD'entréeÀL'ithf
  • 2001 (xsd:integer)
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1930-01-23 (xsd:date)
prop-fr:lieuDeNaissance
  • Coffs Harbour
prop-fr:nom
  • Mervyn Rose
prop-fr:openD'australieDouble
  • V
prop-fr:openD'australieMixte
  • -
prop-fr:openD'australieSimple
  • V
prop-fr:priseDeRaquette
  • Gaucher
prop-fr:rolandGarrosDouble
  • F
prop-fr:rolandGarrosMixte
  • F
  • F
prop-fr:rolandGarrosSimple
  • V
prop-fr:tailleImage
  • 150 (xsd:integer)
prop-fr:usOpenDouble
  • V
prop-fr:usOpenMixte
  • F
prop-fr:usOpenSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:wimbledonDouble
  • V
prop-fr:wimbledonMixte
  • V
  • V
prop-fr:wimbledonSimple
  • 1 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Mervyn Rose, né le 23 janvier 1930 à Coffs Harbour (Nouvelle-Galles du Sud), est un joueur de tennis australien.Il a remporté deux titres du Grand Chelem en simple : l'Open d'Australie en 1954 et Roland-Garros en 1958.Il est membre du International Tennis Hall of Fame depuis 2001.
  • Mervyn Rose (n. 23 de enero de 1930) es un destacado exjugador australiano de tenis durante los años 50. Fue dos veces campeón del Grand Slam en individuales y 12 veces finalista en dobles, de las cuales ganó en 5 oportunidades.
  • Mervyn Rose (Coffs Harbour, 23 gennaio 1930) è un ex tennista australiano.
  • メルビン・ローズ(Mervyn Rose, 1930年1月23日 - )は、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州コフスハーバー出身の男子テニス選手。1950年代に活躍し、オーストラリア・テニス界の黄金時代を築いた名選手のひとりである。彼は4大大会男子シングルスで1954年全豪選手権、1958年全仏選手権の2勝を挙げ、男子ダブルス4勝・混合ダブルス2勝と合わせて7つのグランドスラム・タイトルを獲得した。彼のテニスは、基本的にはサーブ・アンド・ボレーのスタイルで、ボールのタッチを駆使する戦術家として知られた。左利きの選手。フルネームは Mervyn Gordon Rose (メルビン・ゴードン・ローズ)というが、“Rosie”(ロージー)という愛称で呼ばれた。ローズは少年時代、故郷のコフスハーバーで近所の子供たちがテニスで遊んでいる光景に見とれて、ラケットとシューズを借りて自分もテニスを始めたという。1949年から全豪選手権に出場し始め、1951年に混合ダブルスで躍進を見せる。この年は全仏選手権・ウィンブルドン選手権・全米選手権の3大会連続で混合ダブルス準優勝を記録した。パートナーはそれぞれ異なり、全仏はテルマ・コイン・ロング、ウィンブルドンはナンシー・ウィン・ボルトン、全米はシャーリー・フライと組んだ。同年の男子テニス国別対抗戦・デビスカップで、ローズは年末の12月26日-28日に行われた「ワールドグループ」決勝の対アメリカ戦に起用された。オーストラリアは「3勝2敗」で優勝を決めたが、ローズがシングルス戦2試合でビック・セイシャスとテッド・シュローダーの両選手に敗れたことから、彼はその後しばらくデ杯オーストラリア代表選手としての起用がなくなる。1952年にローズは全仏選手権を除く3つのグランドスラム大会でシングルス準決勝に進出し、全米選手権の男子ダブルスでセイシャスと組んで初優勝を決めた。ローズとセイシャスは、1951年全豪選手権から4大大会男子ダブルス7連勝中だったフランク・セッジマン&ケン・マグレガー組を 3-6, 10-8, 10-8, 6-8, 8-6 で下し、このペアの2年連続年間グランドスラムを阻止した。1953年、ローズは全豪選手権で初めてのシングルス決勝進出を果たすが、当時18歳のケン・ローズウォールに 0-6, 3-6, 4-6 のストレートで完敗した。ローズウォールはこの優勝により、全豪選手権の男子シングルス最年少優勝記録を樹立したが、これは現在も全豪オープンの記録として残っている。この年は全米選手権男子ダブルスで、同じオーストラリアのレックス・ハートウィグと組んで2連覇を達成した。続く1954年全豪選手権にて、メルビン・ローズは男子シングルス・男子ダブルスの単複2冠を獲得する。2年連続のシングルス決勝では、ダブルス・パートナーのハートウィグを 6-2, 0-6, 6-4, 6-2 で破って初優勝を決め、彼と組んだダブルスではニール・フレーザー&クライブ・ウィルダースピン組を 6-3, 6-4, 6-2 のストレートで圧倒した。ローズとハートウィグは、ウィンブルドン選手権でも男子ダブルス優勝を飾り、決勝でアメリカペアのビック・セイシャス&トニー・トラバート組に 6-4, 6-4, 3-6, 6-4 で勝ち、4大大会ダブルス年間2冠を獲得した。ローズの4大大会男子ダブルス優勝は「4勝」になったが、うち3勝がハートウィグとのコンビである。1955年から1956年にかけては好成績が少なかったが、1957年からローズは2度目の全盛期を迎える。それまで好成績が少なかった全仏選手権で、彼は初めてシングルス準決勝進出を決めた。この時は第8シードのハーバート・フラム(アメリカ)に 6-4, 4-6, 6-4, 2-6, 5-7 で競り負け、決勝進出を逃している。続くウィンブルドン選手権で、ローズは6年ぶり2度目の混合ダブルス決勝に進み、ダーリーン・ハードと組んで初優勝を決めた。2人はニール・フレーザー&アリシア・ギブソン組を 6-4, 7-5 で破り、ローズは1954年の男子ダブルスに続く2つ目のウィンブルドン・タイトルを獲得した。そして、彼のハイライトとなった1958年全仏選手権を迎える。第3シードのローズは、決勝でチリのルイス・アヤラを 6-3, 6-4, 6-4 のストレートで破り、1954年全豪選手権以来となる4大大会男子シングルス2勝目を達成した。この2年間、彼は世界各地のトーナメントで多数のシングルス・タイトルを獲得し、1957年に12勝、1958年に8勝を挙げた。1958年全仏選手権直前の「イタリアン・オープン」決勝で、ローズが地元イタリアの英雄ニコラ・ピエトランジェリを 5-7, 8-6, 6-4, 1-6, 6-2 で破った試合は、同大会史上最も壮絶な試合のひとつとして語り草になった。1959年から「プロテニス選手」に転向した後は、テニスコーチとしても活動している。1960年代にはビリー・ジーン・キング夫人のフォアハンド・ストローク改造に携わり、彼女の成功に大きく貢献した。ごく最近ではアランチャ・サンチェス・ビカリオを指導したこともある。2001年に国際テニス殿堂入りを果たした。テニスの歴史において、オーストラリアの選手たちが大半のビッグ・タイトルを獲得した黄金時代は、1950年代の初頭に幕を開けた。その先陣を切った選手が、4大大会総計22個(男子シングルス5勝+男子ダブルス9勝+混合ダブルス8勝)のタイトルを獲得したフランク・セッジマンであり、その後にケン・ローズウォールとルー・ホードが続いた。メルビン・ローズの全盛期は、この2人とほぼ同じ時期にあたる。彼らの後に続いて登場した選手が、アシュレー・クーパーやロイ・エマーソン、ロッド・レーバーなどである。彼らはみな、当時デビスカップオーストラリア代表監督を務めていたハリー・ホップマンに鍛えられた世代の選手だった。
  • Mervyn Rose OAM (* 23. Januar 1930 in New South Wales, Australien) ist ein ehemaliger australischer Tennisspieler.Rose gehörte dem Team an, welches in den Jahren 1951 und 1957 den Davis Cup gewinnen konnte. Im Jahr 1954 gewann er im Einzel die Australian Open. Außerdem gewann er vier Grand-Slam Turniere im Doppel, nämlich 1954 mit Rex Hartwig die Australian Open gegen Neale Fraser und Clive Wilderspin und ebenfalls 1954 mit Rex Hartwig in Wimbledon gegen Vic Seixas und Tony Trabert.
  • Mervyn Gordon Rose AM (born 23 January 1930) is a former Australian male tennis player.
  • Mervyn Rose (Coffs Harbour, 23 de janeiro de 1930) é um ex-jogador australiano de tênis, que durante os anos 50 destacou-se, sendo duas vezes campeão de torneios de Grand Slam em simples e 12 vezes finalista em duplas, ganhando em 5 oportunidades. Por duas vezes, ganhou a Copa Davis (em 1951 e em 1957).Após parar de jogar tênis, tornou-se treinador.
  • Mervyn Rose (ur. 23 stycznia 1930 w Coffs Harbour), tenisista australijski.W latach 50. czołowa rakieta świata i mocny punkt reprezentacji narodowej w Pucharze Davisa. W rankingu Lance Tingaya za rok 1958 znalazł się na 3.
rdfs:label
  • Mervyn Rose
  • Mervyn Rose
  • Mervyn Rose
  • Mervyn Rose
  • Mervyn Rose
  • Mervyn Rose
  • Mervyn Rose
  • メルビン・ローズ
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Mervyn Rose
is dbpedia-owl:championInDoubleMale of
is dbpedia-owl:championInMixedDouble of
is dbpedia-owl:championInSingleMale of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of