Maud Barger Wallach (15 juin 1870, New York – 2 avril 1954, Baltimore) est une joueuse de tennis américaine du début du XXe siècle.En 1908, à trente-huit ans, elle devient la gagnante la plus âgée de l'US Women's National Championship (US Open) – record battu en 1926 par Molla Mallory (quarante-deux ans). Elle est membre du International Tennis Hall of Fame depuis 1958.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Maud Barger Wallach (15 juin 1870, New York – 2 avril 1954, Baltimore) est une joueuse de tennis américaine du début du XXe siècle.En 1908, à trente-huit ans, elle devient la gagnante la plus âgée de l'US Women's National Championship (US Open) – record battu en 1926 par Molla Mallory (quarante-deux ans). Elle est membre du International Tennis Hall of Fame depuis 1958.
  • Maud Barger-Wallach (ur. 15 czerwca 1870 w Nowym Jorku, zm. 2 kwietnia 1954 w Baltimore) – tenisistka amerykańska.Największe sukcesy osiągnęła po 30. roku życia, kontynuując karierę jeszcze przez kilkanaście lat. W 1906 dotarła po raz pierwszy do finału mistrzostw USA (obecne US Open), ulegając Helen Homans 4:6, 3:6. Dwa lata potem, w wieku 38 lat, wygrała ten turniej, po zwycięstwie nad Marie Wagner 4:6, 6:1, 6:3 w finale turnieju eliminacyjnego oraz nad Evelyn Sears 6:3, 1:6, 6:3 w finale głównym. Nie obroniła tytułu w 1909, przegrywając zdecydowanie z Hazel Hotchkiss Wightman 1:6, 0:6. W 1912 była w finale turnieju deblowego mistrzostw USA; jeszcze w 1916 dotarła w tym turnieju do ćwierćfinału w grze pojedynczej.Była jedną z inicjatorek stworzenia rankingu kobiecego w tenisie amerykańskim (1913); w 1915 figurowała na pozycji nr 5 tej klasyfikacji, w 1916 nr 10. Wygrywając mistrzostwa USA w 1908 stała się na kilkanaście lat najstarszą zwyciężczynią jednego z późniejszych turniejów wielkoszlemowych; starsza była triumfatorka mistrzostw USA w 1926 Molla Mallory (42 lata).W późniejszych wspomnieniach Barger-Wallach wspominała swoją karierę jako "nie wspaniałą, ale za to szczęśliwą". Jej pogromczyni w finale mistrzostw USA 1909 Hotchkiss Wightman jako źródło swojego sukcesu wskazywała słaby beckhend przeciwniczki, chwaląc zarazem forhend. Po zakończeniu aktywnej kariery zawodniczej wielokrotnie uczestniczyła w turniejach weteranów, szczególnie chętnie w Newport (Rhode Island). Tam też została pochowana, a w 1958 jej nazwisko wpisano do Międzynarodowej Tenisowej Hall of Fame (także z siedzibą w Newport).
  • Maud Barger-Wallach (* 15. Juni 1870 in New York; † 2. April 1954 in Baltimore, Maryland) war eine US-amerikanische Tennisspielerin.
  • Maud Barger-Wallach (June 15, 1870 in New York City, New York - April 2, 1954 in Baltimore, Maryland) was an American female tennis player of the early 1900s.She was the daughter of Samuel F. Barger, a lawyer and director of the New York Central Railroad, and Edna Jenie LaFavor. In June 1890 she married sportsman Richard Wallach.She only began playing tennis when she was about 30 years old. In 1908 Barger-Wallach became the oldest U.S. Open champion at the age of 38 (42 year-old Molla Mallory won in 1926, taking away her old-age record).At the age of 61 in 1931 she traveled overseas with the U.S. men's tennis contingent, and when Sidney Wood of the U.S. won the Wimbledon Gentlemen's Singles over Frank Shields of the U.S. in the final, in a walkover because Shields was injured, Wood gave his trophy to Barger-Wallach to hold till the next time that he and Shields should play each other on grass (as at Wimbledon), telling her to give it to the winner. Wood finally met Shields in a tournament on grass at Queen's Club in London three years later, beating him, and Barger-Wallach then gave Wood's Wimbledon trophy to him.She was a right-handed baseline player with an accurate but soft forehand and a weak backhand which, if possible, she tried to run around. She had an unorthodox playing style characterized by an underhand serve, accurate placements as well as tennis intelligence and determination.Barger-Wallach was inducted in the International Tennis Hall of Fame in 1958.
  • モード・バーガー=ウォラック(Maud Barger-Wallach, 1870年6月15日 - 1954年4月2日)は、アメリカ・ニューヨーク出身の女子テニス選手。人生の遅い年齢からテニスを始め、1908年の全米選手権女子シングルスに38歳で優勝した選手である。彼女はリチャード・ウォラック(Richard Wallach)と結婚し、選手生活を始めた時はすでに2つの姓を併用していた。モード・バーガー=ウォラックは「私は30歳からテニスを始めた」と語ったが、そのような遅い年齢で始めたにもかかわらず、36歳だった1906年に初めて全米選手権の「チャレンジ・ラウンド」決勝に勝ち進んだ。初期の全米選手権は、「チャレンジ・ラウンド」(挑戦者決定戦)から「オールカマーズ・ファイナル」(大会前年優勝者とチャレンジ・ラウンド勝者で優勝を争う)への流れで優勝者を決定した。バーガー=ウォラックはチャレンジ・ラウンド決勝でヘレン・ホーマンズに敗れたが、大会前年度優勝者のエリザベス・ムーアが1905年を最後に現役を引退したため、1906年度のオールカマーズ・ファイナルは実施されなかった。この場合はチャレンジ・ラウンドの優勝者と準優勝者を優勝記録表に掲載するため、1906年の全米選手権女子シングルスはホーマンズが優勝、バーガー=ウォラックが準優勝者になる。2年後の1908年、モード・バーガー=ウォラックは2年ぶり2度目のチャレンジ・ラウンド決勝でマリー・ワーグナーを破り、初めてオールカマーズ・ファイナルへの出場資格を獲得する。オールカマーズ・ファイナルでも大会前年度優勝者イブリン・シアーズを 6-3, 1-6, 6-3 で破り、バーガー=ウォラックは「38歳」で全米選手権女子シングルス初優勝を飾った。これは当時の全米女子最年長優勝記録であったが、18年後の1926年にモーラ・マロリーが「42歳」で彼女の最年長優勝記録を更新した。翌1909年のオールカマーズ・ファイナルにおいて、前年優勝者のバーガー=ウォラックはヘイゼル・ホッチキスに 0-6, 1-6 で完敗し、タイトルを明け渡してしまう。その後は1912年に女子ダブルス準優勝があり、1916年に46歳で女子シングルスのベスト8に入った。1931年の全仏選手権に61歳で出場した記録も残っている。[1] 高齢のチャンピオンとしてテニスの歴史に名前を残したモード・バーガー=ウォラックは、1954年4月2日にボルチモアで亡くなり、ロードアイランド州ニューポートに埋葬された。この地に国際テニス殿堂が設立され、バーガー=ウォラックは没後4年目の1958年に殿堂入りを果たしている。
dbpedia-owl:birthDate
  • 1870-06-15 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1954-04-02 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:ithfDate
  • 1958
dbpedia-owl:racketCatching
  • Droitière
dbpedia-owl:rolandGarrosSingle
  • 1/32
dbpedia-owl:spouseName
  • épouse Wallach
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:usOpenDouble
  • F (1)
dbpedia-owl:usOpenSingle
  • V (1)
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1310694 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6447 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 106103452 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:catégorie
  • G. Chelem
prop-fr:contexte
  • Joueuse
prop-fr:date
  • 1906-06-19 (xsd:date)
  • 1908-06-22 (xsd:date)
  • 1909-06-21 (xsd:date)
  • 1912-06-10 (xsd:date)
prop-fr:dateD'entréeÀL'ithf
  • 1958 (xsd:integer)
prop-fr:dateDeDécès
  • 1954-04-02 (xsd:date)
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1870-06-15 (xsd:date)
prop-fr:dotation
  • Non
prop-fr:f
  • Evelyn Sears
prop-fr:lieuDeDécès
  • Baltimore
prop-fr:lieuDeNaissance
  • New York
prop-fr:nom
  • Maud Barger Wallach
prop-fr:nomD'épouse
  • épouse Wallach
prop-fr:n°_
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
prop-fr:palmarès
  • Finales
  • Titres
prop-fr:parcours
prop-fr:pn
  • Mrs. Frederick Schmitz
prop-fr:priseDeRaquette
  • Droitière
prop-fr:rolandGarrosSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:score
  • 6 (xsd:integer)
prop-fr:surface
  • Gazon
prop-fr:tableau
  • Double
  • Simple
prop-fr:tournoi
  • US Open de tennis
prop-fr:usOpenDouble
  • F
prop-fr:usOpenSimple
  • V
prop-fr:v
  • Mary Kendall Browne
  • Hazel Hotchkiss
  • Dorothy Green
  • Helen Homans
prop-fr:ville
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:édition
  • US National Championships
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Maud Barger Wallach (15 juin 1870, New York – 2 avril 1954, Baltimore) est une joueuse de tennis américaine du début du XXe siècle.En 1908, à trente-huit ans, elle devient la gagnante la plus âgée de l'US Women's National Championship (US Open) – record battu en 1926 par Molla Mallory (quarante-deux ans). Elle est membre du International Tennis Hall of Fame depuis 1958.
  • Maud Barger-Wallach (* 15. Juni 1870 in New York; † 2. April 1954 in Baltimore, Maryland) war eine US-amerikanische Tennisspielerin.
  • モード・バーガー=ウォラック(Maud Barger-Wallach, 1870年6月15日 - 1954年4月2日)は、アメリカ・ニューヨーク出身の女子テニス選手。人生の遅い年齢からテニスを始め、1908年の全米選手権女子シングルスに38歳で優勝した選手である。彼女はリチャード・ウォラック(Richard Wallach)と結婚し、選手生活を始めた時はすでに2つの姓を併用していた。モード・バーガー=ウォラックは「私は30歳からテニスを始めた」と語ったが、そのような遅い年齢で始めたにもかかわらず、36歳だった1906年に初めて全米選手権の「チャレンジ・ラウンド」決勝に勝ち進んだ。初期の全米選手権は、「チャレンジ・ラウンド」(挑戦者決定戦)から「オールカマーズ・ファイナル」(大会前年優勝者とチャレンジ・ラウンド勝者で優勝を争う)への流れで優勝者を決定した。バーガー=ウォラックはチャレンジ・ラウンド決勝でヘレン・ホーマンズに敗れたが、大会前年度優勝者のエリザベス・ムーアが1905年を最後に現役を引退したため、1906年度のオールカマーズ・ファイナルは実施されなかった。この場合はチャレンジ・ラウンドの優勝者と準優勝者を優勝記録表に掲載するため、1906年の全米選手権女子シングルスはホーマンズが優勝、バーガー=ウォラックが準優勝者になる。2年後の1908年、モード・バーガー=ウォラックは2年ぶり2度目のチャレンジ・ラウンド決勝でマリー・ワーグナーを破り、初めてオールカマーズ・ファイナルへの出場資格を獲得する。オールカマーズ・ファイナルでも大会前年度優勝者イブリン・シアーズを 6-3, 1-6, 6-3 で破り、バーガー=ウォラックは「38歳」で全米選手権女子シングルス初優勝を飾った。これは当時の全米女子最年長優勝記録であったが、18年後の1926年にモーラ・マロリーが「42歳」で彼女の最年長優勝記録を更新した。翌1909年のオールカマーズ・ファイナルにおいて、前年優勝者のバーガー=ウォラックはヘイゼル・ホッチキスに 0-6, 1-6 で完敗し、タイトルを明け渡してしまう。その後は1912年に女子ダブルス準優勝があり、1916年に46歳で女子シングルスのベスト8に入った。1931年の全仏選手権に61歳で出場した記録も残っている。[1] 高齢のチャンピオンとしてテニスの歴史に名前を残したモード・バーガー=ウォラックは、1954年4月2日にボルチモアで亡くなり、ロードアイランド州ニューポートに埋葬された。この地に国際テニス殿堂が設立され、バーガー=ウォラックは没後4年目の1958年に殿堂入りを果たしている。
  • Maud Barger-Wallach (June 15, 1870 in New York City, New York - April 2, 1954 in Baltimore, Maryland) was an American female tennis player of the early 1900s.She was the daughter of Samuel F. Barger, a lawyer and director of the New York Central Railroad, and Edna Jenie LaFavor. In June 1890 she married sportsman Richard Wallach.She only began playing tennis when she was about 30 years old. In 1908 Barger-Wallach became the oldest U.S.
  • Maud Barger-Wallach (ur. 15 czerwca 1870 w Nowym Jorku, zm. 2 kwietnia 1954 w Baltimore) – tenisistka amerykańska.Największe sukcesy osiągnęła po 30. roku życia, kontynuując karierę jeszcze przez kilkanaście lat. W 1906 dotarła po raz pierwszy do finału mistrzostw USA (obecne US Open), ulegając Helen Homans 4:6, 3:6.
rdfs:label
  • Maud Barger Wallach
  • Maud Barger-Wallach
  • Maud Barger-Wallach
  • Maud Barger-Wallach
  • モード・バーガー=ウォラック
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Maud Barger Wallach
is dbpedia-owl:championInSingleFemale of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of