Mary Carter (née le 29 novembre 1934 à Sydney, Australie) est une joueuse de tennis australienne des années 1950 et début 1960. Elle est aussi connue sous son nom de femme mariée, Mary Carter-Reitano.Elle a remporté les Internationaux d'Australie en simple en 1956 et 1959. En double, elle s'est imposée en 1961 aux côtés de Margaret Smith Court.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Mary Carter (née le 29 novembre 1934 à Sydney, Australie) est une joueuse de tennis australienne des années 1950 et début 1960. Elle est aussi connue sous son nom de femme mariée, Mary Carter-Reitano.Elle a remporté les Internationaux d'Australie en simple en 1956 et 1959. En double, elle s'est imposée en 1961 aux côtés de Margaret Smith Court.
  • Mary Carter Reitano (nacida el 29 de noviembre de 1934) es una jugadora de tenis australiana retirada. Sus mayores éxitos los logró en el Abierto de Australia donde en nueve participaciones alcanzó ocho veces las semifinales, venciendo el torneo en 1956 y 1959. Formó pareja de dobles con Margaret Court, logrando el título de 1961 también en el torneo australiano.
  • Mary Carter Reitano (born 29 November 1934) is a female former tennis player from Australia.Reitano won the singles title at the 1956 and 1959 Australian Championships and failed to reached the semifinals there only once in nine attempts. She teamed with Margaret Court to win the women's doubles title there in 1961. Reitano teamed with three different partners to be the runner-up in women's doubles at the 1956, 1959, and 1962 Australian Championships. She also was the runner-up in mixed doubles at the 1960 and 1961 Australian Championships.
  • Mary Carter Reitano (ur. 29 listopada 1934 w Sydney, Australia), australijska tenisistka.W gronie seniorek dwukrotnie zwyciężyła w turnieju Australian Open. W 1956 roku pokonała Thelmę Long 3/6 6/2 9/7, a w 1959 wygrała z Renee Schuurman - 6/2 6/3. Zwyciężczyni wielkoszlemowego juniorskiego Australian Open w 1951 i 1952 roku.
  • メアリー・カーター・レイタノ(Mary Carter Reitano, 1934年11月29日 - )は、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州シドニー市出身の女子テニス選手。1950年代後半から1960年代初頭にかけて活躍した選手で、全豪選手権で1956年と1959年に女子シングルス2勝を挙げ、女子ダブルスでも1961年に優勝した。身長157cmほどの体格で、「全豪選手権で最も小柄な優勝者」と呼ばれた。1956年の初優勝時は独身選手の「メアリー・カーター」であったが、その後結婚して2つの姓を併用した。メアリー・カーターは1951年と1952年に全豪選手権のジュニア女子シングルスで2連覇し、その後ヨーロッパへ遠征して技術を磨いた。彼女は1954年から1962年まで全豪選手権に出場したが、1957年以外はすべて準決勝以上に勝ち残っている。3度目の出場だった1956年、カーターは女子シングルス・女子ダブルスの2部門で決勝に勝ち進んだ。女子シングルス決勝では、当時37歳のテルマ・コイン・ロングを 3-6, 6-2, 9-7 の逆転で破り、初優勝を飾った。女子ダブルスではベリル・ペンローズとペアを組み、ロングとメアリー・ベヴィス・ホートンの組に敗れて準優勝になる。1957年は準々決勝でロレイン・コグランに 10-8, 4-6, 1-6 で敗れたが、カーターがベスト8で止まったのはこの1度だけである。1958年の準決勝でコグランに敗れた時は、彼女の名前はまだ旧姓で掲載されている。1959年の全豪選手権から、彼女は既婚女性として「メアリー・カーター・レイタノ」と名乗るようになった。この大会の決勝戦で、カーター・レイタノはレネ・シュールマン(南アフリカ)を 6-2, 6-3 で破り、3年ぶり2度目の女子シングルス優勝を達成した。3年前と同様に、彼女はこの大会でも女子シングルス優勝・女子ダブルス準優勝になり、ダブルスではコグランと組みながらも、シュールマンとサンドラ・レイノルズの南アフリカペアに敗れた。2度の準優勝を経て、カーター・レイタノは1961年にマーガレット・スミスと組み、ここで女子ダブルス初優勝を果たした。1962年に現役を引退するまで、彼女は全豪選手権でベスト4以内を維持したが、最後の2度は準決勝でジャン・レヘインに敗れた。(1960年から1963年まで、全豪選手権の女子シングルス決勝は4年連続でスミスとレヘインの顔合わせになった。)メアリー・カーター・レイタノの全豪選手権以外の4大大会成績は、1959年全仏選手権のベスト8がある。ウィンブルドン選手権には4度出場したが、1955年の4回戦進出が自己最高成績であった。全米選手権には1度も出場していない。
  • Mary Carter Reitano (* 29. November 1934) ist eine ehemalige australische Tennisspielerin.Ihre größten Erfolge waren die Siege im Dameneinzel 1956 und 1959 bei den Australischen Tennismeisterschaften. Außerdem siegte sie zusammen mit Margareth Smith 1961 im Damendoppel.
  • Mary Carter (Sydney, 29 novembre 1934) è una tennista australiana.
dbpedia-owl:australiaOpenDouble
  • V (1)
dbpedia-owl:australiaOpenMixed
  • F (2)
dbpedia-owl:australiaOpenSingle
  • V (2)
dbpedia-owl:birthDate
  • 1934-11-29 (xsd:date)
dbpedia-owl:rolandGarrosDouble
  • 1/2
dbpedia-owl:rolandGarrosMixed
  • 1/2
dbpedia-owl:rolandGarrosSingle
  • 1/4
dbpedia-owl:spouseName
  • épouse Reitano
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1178082 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15450 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 181 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 109610948 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:wimbledonDouble
  • 1/8
dbpedia-owl:wimbledonMixed
  • 1/64
dbpedia-owl:wimbledonSingle
  • 1/8
prop-fr:catégorie
  • G. Chelem
prop-fr:contexte
  • Joueuse
prop-fr:date
  • 1961 (xsd:integer)
  • 1955-06-06 (xsd:date)
  • 1956-01-20 (xsd:date)
  • 1959-01-16 (xsd:date)
  • 1960-01-22 (xsd:date)
  • 1960-10-28 (xsd:date)
  • 1961-01-17 (xsd:date)
  • 1961-12-15 (xsd:date)
  • 1962-01-15 (xsd:date)
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1934-11-29 (xsd:date)
prop-fr:dotation
  • Non
prop-fr:f
  • Mary Bevis Hawton
  • Thelma Coyne Long
  • Jan Lehane
  • Lesley Turner
  • Noelene Turner
  • Renee Schuurman
prop-fr:nom
  • Mary Carter
prop-fr:nomD'épouse
  • épouse Reitano
prop-fr:n°_
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
prop-fr:openD'australieDouble
  • V
prop-fr:openD'australieMixte
  • F
prop-fr:openD'australieSimple
  • V
prop-fr:palmarès
  • Finales
  • Titres
prop-fr:parcours
prop-fr:pn
  • Margaret Smith Court
  • Darlene Hard
  • Lorraine Coghlan
  • Mary Bevis Hawton
  • Beryl Penrose
  • Bob Mark
  • John Pearce
prop-fr:rolandGarrosDouble
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:rolandGarrosMixte
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:rolandGarrosSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:score
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 9 (xsd:integer)
  • 12 (xsd:integer)
prop-fr:surface
  • Gazon
  • Terre
prop-fr:tableau
  • Double
  • Simple
prop-fr:tournoi
  • Open d'Australie
  • Internationaux d'Italie
  • Internationaux de Sydney
  • Tournoi de tennis de Beckenham
  • Tournoi de tennis de Brisbane
prop-fr:v
  • Margaret Smith Court
  • Bob Hewitt
  • Louise Brough
  • Mary Bevis Hawton
  • Thelma Coyne Long
  • Jan Lehane
  • Lesley Turner
  • Renee Schuurman
  • Robyn Ebbern
  • Sandra Reynolds
  • Trevor Fancutt
prop-fr:ville
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:wimbledonDouble
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:wimbledonMixte
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:wimbledonSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:édition
  • Internationaux d'Italie
  • Australian Championships
  • Kent Championships
  • New South Wales Championships
  • Queensland Grass Court Championships
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Mary Carter (née le 29 novembre 1934 à Sydney, Australie) est une joueuse de tennis australienne des années 1950 et début 1960. Elle est aussi connue sous son nom de femme mariée, Mary Carter-Reitano.Elle a remporté les Internationaux d'Australie en simple en 1956 et 1959. En double, elle s'est imposée en 1961 aux côtés de Margaret Smith Court.
  • Mary Carter Reitano (nacida el 29 de noviembre de 1934) es una jugadora de tenis australiana retirada. Sus mayores éxitos los logró en el Abierto de Australia donde en nueve participaciones alcanzó ocho veces las semifinales, venciendo el torneo en 1956 y 1959. Formó pareja de dobles con Margaret Court, logrando el título de 1961 también en el torneo australiano.
  • Mary Carter Reitano (ur. 29 listopada 1934 w Sydney, Australia), australijska tenisistka.W gronie seniorek dwukrotnie zwyciężyła w turnieju Australian Open. W 1956 roku pokonała Thelmę Long 3/6 6/2 9/7, a w 1959 wygrała z Renee Schuurman - 6/2 6/3. Zwyciężczyni wielkoszlemowego juniorskiego Australian Open w 1951 i 1952 roku.
  • メアリー・カーター・レイタノ(Mary Carter Reitano, 1934年11月29日 - )は、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州シドニー市出身の女子テニス選手。1950年代後半から1960年代初頭にかけて活躍した選手で、全豪選手権で1956年と1959年に女子シングルス2勝を挙げ、女子ダブルスでも1961年に優勝した。身長157cmほどの体格で、「全豪選手権で最も小柄な優勝者」と呼ばれた。1956年の初優勝時は独身選手の「メアリー・カーター」であったが、その後結婚して2つの姓を併用した。メアリー・カーターは1951年と1952年に全豪選手権のジュニア女子シングルスで2連覇し、その後ヨーロッパへ遠征して技術を磨いた。彼女は1954年から1962年まで全豪選手権に出場したが、1957年以外はすべて準決勝以上に勝ち残っている。3度目の出場だった1956年、カーターは女子シングルス・女子ダブルスの2部門で決勝に勝ち進んだ。女子シングルス決勝では、当時37歳のテルマ・コイン・ロングを 3-6, 6-2, 9-7 の逆転で破り、初優勝を飾った。女子ダブルスではベリル・ペンローズとペアを組み、ロングとメアリー・ベヴィス・ホートンの組に敗れて準優勝になる。1957年は準々決勝でロレイン・コグランに 10-8, 4-6, 1-6 で敗れたが、カーターがベスト8で止まったのはこの1度だけである。1958年の準決勝でコグランに敗れた時は、彼女の名前はまだ旧姓で掲載されている。1959年の全豪選手権から、彼女は既婚女性として「メアリー・カーター・レイタノ」と名乗るようになった。この大会の決勝戦で、カーター・レイタノはレネ・シュールマン(南アフリカ)を 6-2, 6-3 で破り、3年ぶり2度目の女子シングルス優勝を達成した。3年前と同様に、彼女はこの大会でも女子シングルス優勝・女子ダブルス準優勝になり、ダブルスではコグランと組みながらも、シュールマンとサンドラ・レイノルズの南アフリカペアに敗れた。2度の準優勝を経て、カーター・レイタノは1961年にマーガレット・スミスと組み、ここで女子ダブルス初優勝を果たした。1962年に現役を引退するまで、彼女は全豪選手権でベスト4以内を維持したが、最後の2度は準決勝でジャン・レヘインに敗れた。(1960年から1963年まで、全豪選手権の女子シングルス決勝は4年連続でスミスとレヘインの顔合わせになった。)メアリー・カーター・レイタノの全豪選手権以外の4大大会成績は、1959年全仏選手権のベスト8がある。ウィンブルドン選手権には4度出場したが、1955年の4回戦進出が自己最高成績であった。全米選手権には1度も出場していない。
  • Mary Carter Reitano (* 29. November 1934) ist eine ehemalige australische Tennisspielerin.Ihre größten Erfolge waren die Siege im Dameneinzel 1956 und 1959 bei den Australischen Tennismeisterschaften. Außerdem siegte sie zusammen mit Margareth Smith 1961 im Damendoppel.
  • Mary Carter (Sydney, 29 novembre 1934) è una tennista australiana.
  • Mary Carter Reitano (born 29 November 1934) is a female former tennis player from Australia.Reitano won the singles title at the 1956 and 1959 Australian Championships and failed to reached the semifinals there only once in nine attempts. She teamed with Margaret Court to win the women's doubles title there in 1961. Reitano teamed with three different partners to be the runner-up in women's doubles at the 1956, 1959, and 1962 Australian Championships.
rdfs:label
  • Mary Carter Reitano
  • Mary Carter
  • Mary Carter Reitano
  • Mary Carter Reitano
  • Mary Carter Reitano
  • Mary Carter Reitano
  • メアリー・カーター・レイタノ
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Mary Carter
is dbpedia-owl:championInDoubleFemale of
is dbpedia-owl:championInDoubleMale of
is dbpedia-owl:championInSingleFemale of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of