Mary Bevis (née le 4 septembre 1924 à Sydney) est une joueuse de tennis australienne de la fin des années 1940 et des années 1950. Elle est aussi connue sous son nom marital, Mary Bevis-Hawton.Elle était capitaine de l'équipe australienne finaliste de la Fed Cup en 1979 et 1980 (chaque fois défaite contre les États-Unis)

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Mary Bevis (née le 4 septembre 1924 à Sydney) est une joueuse de tennis australienne de la fin des années 1940 et des années 1950. Elle est aussi connue sous son nom marital, Mary Bevis-Hawton.Elle était capitaine de l'équipe australienne finaliste de la Fed Cup en 1979 et 1980 (chaque fois défaite contre les États-Unis)
  • Mary Bevis Hawton (* 4. September 1924 in Sydney, gestorben 18. Januar 1981 in Sydney) ist eine ehemalige australische Tennisspielerin.
  • メアリー・ベヴィス・ホートン(Mary Bevis Hawton, 1924年9月4日 - )は、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州シドニー市出身の女子テニス選手。第2次世界大戦終戦後の全豪オープンで、1946年から1961年までの間に11度女子ダブルス決勝に進出し、そのうち1951年から1958年まで8年連続の決勝進出記録を持つ人である。同選手権のシングルスでは一度も決勝に進出できなかったが、1947年から1961年まで15年連続ベスト8に入り、そのうち6度ベスト4があった。1957年のウィンブルドン選手権と1958年の全仏選手権で女子ダブルス準優勝もある。旧姓は「メアリー・ベヴィス」といったが、1948年に結婚して2つの姓を併用した。夫の姓だけで「メアリー・ホートン」(Mary Hawton)と記載されることも多い。第2次世界大戦が1945年に終結した後、全豪選手権は1946年から開催が再開された。彼女は独身選手の「メアリー・ベヴィス」だった1946年から、1965年まで「20年連続」出場を続けた。初出場だった1946年、ベヴィスは女子ダブルスでジョイス・フィッチとペアを組み、ナンシー・ウィン・ボルトン&テルマ・コイン・ロング組を 9-7, 6-4 で破って初優勝した。初出場のシングルスでは、初戦でネル・ホール・ホップマンに敗れた。当時の全豪女子ダブルスで、ボルトンとロングは戦前の1936年から1940年まで5連覇があり、戦争による中断期間の後も1946年から1952年まで7年連続決勝進出を成し遂げた。その間、このペアに勝ったのは1946年のベヴィス&フィッチ組と、1950年のルイーズ・ブラフ&ドリス・ハート組(この組はアメリカペア)だけであった。ベヴィス・ホートンも1947年・1948年・1951年・1952年の4度、この強豪ペアの壁にぶつかり、もう2度と1946年のような勝利を得ることができなかった。彼女は1948年まで「メアリー・ベヴィス」の名前でプレーしたが、1949年から既婚女性として「メアリー・ベヴィス・ホートン」と2つの姓を名乗った。結婚をはさみ、彼女は全豪選手権で1947年から1961年まで「15年連続」女子シングルスのベスト8に入り、1951年から1958年まで「8年連続」女子ダブルス決勝に進出した。女子ダブルス決勝では、1951年・1952年はボルトン&ロング組に連敗する。ボルトンが1952年に現役引退した後も、ベビス・ホートンは1953年の決勝でアメリカペアのモーリーン・コノリー&ジュリア・サンプソン組に敗れた。5度の準優勝を経て、彼女はようやく1954年に8年ぶり2度目の女子ダブルス優勝を決めた。パートナーは、前年の1953年から組んでいたベリル・ペンローズだった。それから、彼女は1956年まで女子ダブルス3連覇を達成したが、1955年までペンローズと組み、1956年はテルマ・コイン・ロングと組んだ。最後の女子ダブルス決勝戦となった1958年も、ロングと組んで優勝している。シングルスでのベビス・ホートンは、1948年・1952年-1954年・1956年・1959年の6度ベスト4進出があったが、それぞれ違う相手に敗れ、決勝戦には一度も進出できなかった。1956年の準決勝では、ダブルス・パートナーのテルマ・コイン・ロングに 6-0, 3-6, 7-9 の逆転負けを喫したが、他の5度の準決勝はいずれもストレート負けに終わっている。1961年、ホートンは15度目の準々決勝でメアリー・カーター・レイタノに敗れた。1962年の3回戦でジャン・レヘインに敗れ、ここでホートンの連続ベスト8進出記録が止まった。メアリー・ベヴィス・ホートンは海外遠征にも積極的に挑戦し、1957年のウィンブルドン選手権と1958年の全仏選手権で女子ダブルス準優勝を記録した。パートナーはどちらもテルマ・コイン・ロングと組んだが、ウィンブルドン・ダブルスではアリシア・ギブソン&ダーリーン・ハード組(ともにアメリカ)、全仏ダブルスではヨラ・ラミレス&ロージー・レイズ(ともにメキシコ)組に敗れた。シングルスでは両大会とも2回戦敗退に終わった。終戦後のオーストラリア女子テニス界を代表する選手の1人として活躍したメアリー・ベヴィス・ホートンは、1965年の女子シングルス2回戦敗退を最後に、40歳で現役を引退した。最後の試合では、第6シードのキャロル・グレーブナー(アメリカ)に 2-6, 6-8 で敗れた。彼女の20年間の選手生活には、不運な敗北が数多くついてまわったが、単複とも長きにわたって好成績を出し続けたのである。
  • Mary Hawton (born 4 September 1924, in Sydney) is a former noted Australian international tennis player. She competed in the Australian Open 17 times, from 1949 to 1965.
  • Mary Bevis Hawton (ur. 4 września 1924 w Sydney) – australijska tenisistka okresu powojennego, zdobywczyni tytułów wielkoszlemowych na Australian Open w grze podwójnej i mieszanej.W 1946 roku zdobyła pierwsze mistrzostwo międzynarodowych mistrzostw Australii u boku rodaczki Joyce Fitch. Przez kolejne dwa lata dochodziła do finałów, a prawdziwą ofensywę pokazała w latach 50., wygrywając turniej deblistek pięciokrotnie i sześciokrotnie zostając wicemistrzynią. W 1957 razem z Thelmą Coyne Long była w decydującym meczu prestiżowego Wimbledonu w deblu, a rok później została wicemistrzynią Roland Garros. Spoza turniejów Wielkiego Szlema osiągała sukcesy w Rzymie (1956–1957), dziś będącym turniejem pierwszej kategorii WTA.Dwukrotnie dochodziła do finałów gry mieszanej mistrzostw Australii, wygrała je raz – w 1958 roku razem z rodakiem Bobem Howe'em.W latach 1979–1980 odgrywała rolę kapitana reprezentacji Australijek w rozgrywkach Pucharu Federacji. Za każdym razem jej ekipa docierała do finałów, spotykając się z zawodniczkami ze Stanów Zjednoczonych.W 1970 Mary Hawton wydała książkę pod tytułem How to play winning tennis.
  • Mary Bevis Hawton (Sydney, 4 settembre 1924) è una tennista australiana.
dbpedia-owl:australiaOpenDouble
  • V (5)
dbpedia-owl:australiaOpenMixed
  • V (1)
dbpedia-owl:australiaOpenSingle
  • 1/2
dbpedia-owl:birthDate
  • 1924-09-04 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1981-01-18 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:racketCatching
  • Droitière
dbpedia-owl:rolandGarrosDouble
  • F (1)
dbpedia-owl:rolandGarrosMixed
  • 1/4
dbpedia-owl:rolandGarrosSingle
  • 1/8
dbpedia-owl:spouseName
  • épouse Hawton
dbpedia-owl:usOpenDouble
  • 1/2
dbpedia-owl:usOpenSingle
  • 1/4
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1289158 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 26991 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 340 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 110743528 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:wimbledonDouble
  • F (1)
dbpedia-owl:wimbledonMixed
  • 1/16
dbpedia-owl:wimbledonSingle
  • 1/8
prop-fr:catégorie
  • G. Chelem
prop-fr:contexte
  • Joueuse
prop-fr:couleurbordure
  • #FFFFFF
prop-fr:couleurfondt
  • #CCCCCC
prop-fr:date
  • 1956 (xsd:integer)
  • 1957 (xsd:integer)
  • 1958 (xsd:integer)
  • 1946-01-19 (xsd:date)
  • 1947-01-18 (xsd:date)
  • 1948-01-16 (xsd:date)
  • 1951-01-20 (xsd:date)
  • 1952-01-18 (xsd:date)
  • 1952-11-13 (xsd:date)
  • 1953-01-08 (xsd:date)
  • 1954-01-23 (xsd:date)
  • 1955-01-21 (xsd:date)
  • 1956-01-20 (xsd:date)
  • 1957-01-18 (xsd:date)
  • 1957-06-10 (xsd:date)
  • 1957-06-24 (xsd:date)
  • 1957-09-22 (xsd:date)
  • 1958-01-17 (xsd:date)
  • 1958-05-20 (xsd:date)
  • 1961-01-17 (xsd:date)
  • 1961-12-15 (xsd:date)
prop-fr:dateDeDécès
  • 1981-01-18 (xsd:date)
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1924-09-04 (xsd:date)
prop-fr:dotation
  • Non
prop-fr:f
  • Angela Buxton
  • Angela Mortimer
  • Darlene Hard
  • Lorraine Coghlan
  • Louise Brough
  • Thelma Coyne Long
  • Beryl Penrose
  • Mary Carter Reitano
  • Nell Hall Hopman
  • Rosie Reyes
  • Yola Ramírez
  • Barbara Scofield
  • Nancye Wynne Bolton
  • Hazel Redick-Smith
  • Julia Wipplinger
  • Gwen Thiele
  • Peter Newman
prop-fr:lieuDeDécès
  • Sydney
prop-fr:lieuDeNaissance
  • Sydney
  • Sydney
prop-fr:margebas
  • 0 (xsd:integer)
prop-fr:nom
  • Mary Bevis
prop-fr:nomD'épouse
  • épouse Hawton
prop-fr:n°_
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
  • 9 (xsd:integer)
  • 10 (xsd:integer)
  • 11 (xsd:integer)
  • 12 (xsd:integer)
  • 13 (xsd:integer)
prop-fr:openD'australieDouble
  • V
prop-fr:openD'australieMixte
  • V
  • V
prop-fr:openD'australieSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:palmarès
  • Finales
  • Titres
prop-fr:parcours
prop-fr:pn
  • Fay Muller
  • Pat Hird
  • Robert Howe
  • Thelma Coyne Long
  • Beryl Penrose
  • Jan Lehane
  • Mary Carter Reitano
  • Roy Emerson
  • Janet Hopps
  • Joyce Fitch
  • Allison Burton
  • Pat Jones
prop-fr:priseDeRaquette
  • Droitière
prop-fr:rolandGarrosDouble
  • F
prop-fr:rolandGarrosMixte
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:rolandGarrosSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:score
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 9 (xsd:integer)
prop-fr:surface
  • Gazon
  • Terre
  • Dur
prop-fr:tableau
  • Double
prop-fr:titre
  • En double dames
  • En simple dames
  • Finales : 1
  • En double mixte
  • Titres : 1
  • Titres : 8
  • Finales : 13
prop-fr:tournoi
  • Open d'Australie
  • Tournoi de Wimbledon
  • Internationaux d'Italie
  • Internationaux de Sydney
  • Internationaux de France de tennis
  • Pacific Coast Championships
  • Tournoi de tennis de Beckenham
prop-fr:usOpenDouble
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:usOpenSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:v
  • Margaret Smith Court
  • Althea Gibson
  • Darlene Hard
  • Maureen Connolly
  • Neale Fraser
  • Shirley Fry
  • Thelma Coyne Long
  • Beryl Penrose
  • Christine Truman
  • Julia Sampson
  • Mary Carter Reitano
  • Robyn Ebbern
  • Rosie Reyes
  • Shirley Bloomer
  • Yola Ramírez
  • Nancye Wynne Bolton
prop-fr:ville
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:wimbledonDouble
  • F
prop-fr:wimbledonMixte
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:wimbledonSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:édition
  • Internationaux d'Italie
  • Pacific Coast Championships
  • The Championships
  • Internationaux de France
  • Australian Championships
  • Kent Lawn Tennis Championships
  • New South Wales Championships
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Mary Bevis (née le 4 septembre 1924 à Sydney) est une joueuse de tennis australienne de la fin des années 1940 et des années 1950. Elle est aussi connue sous son nom marital, Mary Bevis-Hawton.Elle était capitaine de l'équipe australienne finaliste de la Fed Cup en 1979 et 1980 (chaque fois défaite contre les États-Unis)
  • Mary Bevis Hawton (* 4. September 1924 in Sydney, gestorben 18. Januar 1981 in Sydney) ist eine ehemalige australische Tennisspielerin.
  • メアリー・ベヴィス・ホートン(Mary Bevis Hawton, 1924年9月4日 - )は、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州シドニー市出身の女子テニス選手。第2次世界大戦終戦後の全豪オープンで、1946年から1961年までの間に11度女子ダブルス決勝に進出し、そのうち1951年から1958年まで8年連続の決勝進出記録を持つ人である。同選手権のシングルスでは一度も決勝に進出できなかったが、1947年から1961年まで15年連続ベスト8に入り、そのうち6度ベスト4があった。1957年のウィンブルドン選手権と1958年の全仏選手権で女子ダブルス準優勝もある。旧姓は「メアリー・ベヴィス」といったが、1948年に結婚して2つの姓を併用した。夫の姓だけで「メアリー・ホートン」(Mary Hawton)と記載されることも多い。第2次世界大戦が1945年に終結した後、全豪選手権は1946年から開催が再開された。彼女は独身選手の「メアリー・ベヴィス」だった1946年から、1965年まで「20年連続」出場を続けた。初出場だった1946年、ベヴィスは女子ダブルスでジョイス・フィッチとペアを組み、ナンシー・ウィン・ボルトン&テルマ・コイン・ロング組を 9-7, 6-4 で破って初優勝した。初出場のシングルスでは、初戦でネル・ホール・ホップマンに敗れた。当時の全豪女子ダブルスで、ボルトンとロングは戦前の1936年から1940年まで5連覇があり、戦争による中断期間の後も1946年から1952年まで7年連続決勝進出を成し遂げた。その間、このペアに勝ったのは1946年のベヴィス&フィッチ組と、1950年のルイーズ・ブラフ&ドリス・ハート組(この組はアメリカペア)だけであった。ベヴィス・ホートンも1947年・1948年・1951年・1952年の4度、この強豪ペアの壁にぶつかり、もう2度と1946年のような勝利を得ることができなかった。彼女は1948年まで「メアリー・ベヴィス」の名前でプレーしたが、1949年から既婚女性として「メアリー・ベヴィス・ホートン」と2つの姓を名乗った。結婚をはさみ、彼女は全豪選手権で1947年から1961年まで「15年連続」女子シングルスのベスト8に入り、1951年から1958年まで「8年連続」女子ダブルス決勝に進出した。女子ダブルス決勝では、1951年・1952年はボルトン&ロング組に連敗する。ボルトンが1952年に現役引退した後も、ベビス・ホートンは1953年の決勝でアメリカペアのモーリーン・コノリー&ジュリア・サンプソン組に敗れた。5度の準優勝を経て、彼女はようやく1954年に8年ぶり2度目の女子ダブルス優勝を決めた。パートナーは、前年の1953年から組んでいたベリル・ペンローズだった。それから、彼女は1956年まで女子ダブルス3連覇を達成したが、1955年までペンローズと組み、1956年はテルマ・コイン・ロングと組んだ。最後の女子ダブルス決勝戦となった1958年も、ロングと組んで優勝している。シングルスでのベビス・ホートンは、1948年・1952年-1954年・1956年・1959年の6度ベスト4進出があったが、それぞれ違う相手に敗れ、決勝戦には一度も進出できなかった。1956年の準決勝では、ダブルス・パートナーのテルマ・コイン・ロングに 6-0, 3-6, 7-9 の逆転負けを喫したが、他の5度の準決勝はいずれもストレート負けに終わっている。1961年、ホートンは15度目の準々決勝でメアリー・カーター・レイタノに敗れた。1962年の3回戦でジャン・レヘインに敗れ、ここでホートンの連続ベスト8進出記録が止まった。メアリー・ベヴィス・ホートンは海外遠征にも積極的に挑戦し、1957年のウィンブルドン選手権と1958年の全仏選手権で女子ダブルス準優勝を記録した。パートナーはどちらもテルマ・コイン・ロングと組んだが、ウィンブルドン・ダブルスではアリシア・ギブソン&ダーリーン・ハード組(ともにアメリカ)、全仏ダブルスではヨラ・ラミレス&ロージー・レイズ(ともにメキシコ)組に敗れた。シングルスでは両大会とも2回戦敗退に終わった。終戦後のオーストラリア女子テニス界を代表する選手の1人として活躍したメアリー・ベヴィス・ホートンは、1965年の女子シングルス2回戦敗退を最後に、40歳で現役を引退した。最後の試合では、第6シードのキャロル・グレーブナー(アメリカ)に 2-6, 6-8 で敗れた。彼女の20年間の選手生活には、不運な敗北が数多くついてまわったが、単複とも長きにわたって好成績を出し続けたのである。
  • Mary Hawton (born 4 September 1924, in Sydney) is a former noted Australian international tennis player. She competed in the Australian Open 17 times, from 1949 to 1965.
  • Mary Bevis Hawton (Sydney, 4 settembre 1924) è una tennista australiana.
  • Mary Bevis Hawton (ur. 4 września 1924 w Sydney) – australijska tenisistka okresu powojennego, zdobywczyni tytułów wielkoszlemowych na Australian Open w grze podwójnej i mieszanej.W 1946 roku zdobyła pierwsze mistrzostwo międzynarodowych mistrzostw Australii u boku rodaczki Joyce Fitch. Przez kolejne dwa lata dochodziła do finałów, a prawdziwą ofensywę pokazała w latach 50., wygrywając turniej deblistek pięciokrotnie i sześciokrotnie zostając wicemistrzynią.
rdfs:label
  • Mary Bevis Hawton
  • Mary Bevis Hawton
  • Mary Bevis Hawton
  • Mary Bevis Hawton
  • Mary Hawton
  • メアリー・ベヴィス・ホートン
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Mary Bevis
is dbpedia-owl:championInDoubleFemale of
is dbpedia-owl:championInDoubleMale of
is dbpedia-owl:championInMixedDouble of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of