Martin Mulligan est un joueur australien de tennis, né le 18 octobre 1940 à Marrickville.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Martin Mulligan est un joueur australien de tennis, né le 18 octobre 1940 à Marrickville.
  • Martin "Marty" Mulligan (born 18 October 1940) is a former tennis player from Australia. He is best remembered for reaching the men's singles final at Wimbledon in 1962, where he was defeated by fellow Australian Rod Laver 6–2, 6–2, 6–1. One British newspaper wrote, "Beaten? He was crushed, annihilated, steamrollered out of a match in which he never had a chance but never gave up hope."
  • Martin "Marty" Mulligan (Marrickville, 18 ottobre 1940) è un ex tennista australiano.Raggiunse la finale del singolare maschile del Torneo di Wimbledon nel 1962, dove venne sconfitto dal connazionale Rod Laver per 6–2, 6–2, 6–1.
  • Martin "Marty" Mulligan (n. 18 de octubre de 1940) es un ex jugador de tenis de Australia, nacido en Marrickville, suburbio de Sídney. Es mayormente recordado por haber alcanzado la final del torneo de Wimbledon en 1962.
  • マーティン・マリガン(Martin Mulligan, 1940年10月18日 - )は、オーストラリア・マリックビル出身の男子テニス選手。1962年のウィンブルドン選手権男子シングルス準優勝者。1970年の全日本テニス選手権男子シングルスで優勝したこともある。彼は「マーティー・マリガン」(Marty Mulligan)と呼ばれることも多い。マリガンは1961年の全豪選手権男子ダブルスで、ロイ・エマーソンとペアを組んだ準優勝がある。マリガンとエマーソンは、決勝でロッド・レーバー&ロバート・マーク組に 3-6, 5-7, 6-3, 11-9, 2-6 のフルセットで敗れた。この年に「オーストラリア・ローンテニス協会」が厳重な規定を設け、トップ選手たちが協会の許可なくオーストラリア国外のテニス・トーナメントに出場することを禁止した。無許可で海外試合に出た選手は、協会から追放されることが定められた。その翌年、1962年にマリガンはウィンブルドン選手権でノーシードから決勝に勝ち上がった。この大会では、ベスト4はマリガン、ロッド・レーバー、ニール・フレーザー、ジョン・フレーザーで、すべてオーストラリア勢であった。ウィンブルドンの男子シングルス4強にアメリカ勢が1人もいなかったのは、1922年以来40年ぶりだったという。マリガンは準決勝でジョン・フレーザーに 6-3, 6-2, 6-2 で快勝したが、決勝の舞台ではレーバーに 2-6, 2-6, 1-6 で完敗した。1962年はレーバーが1回目の「年間グランドスラム」を達成した年であり、マリガンは偉業の引き立て役の1人に回った。マーティン・マリガンは「オーストラリア・ローンテニス協会」の追放規定に反対し、1964年にオーストラリアを離れてイタリアに移り住んだ。その後はローマに在住し、ヨーロッパ各地の試合で活躍した。1968年、マリガンは男子テニス国別対抗戦・デビスカップのイタリア代表選手として出場し、チーム内で9勝2敗の成績を出した。イタリア・チームは「ヨーロッパ・ゾーン」の決勝まで進んだが、対スペイン戦の最終第5試合でマリガンがマニュエル・オランテスとの試合を途中棄権してしまった。この年からATPツアーが発足し、マリガンは2つのプロツアー大会で優勝している。それから2年後、マリガンは全日本テニス選手権で来日し、決勝で九鬼潤(法政大学)を 6-2, 6-3, 7-5 で破って優勝した。日本テニス協会による全日本テニス選手権の優勝記録表において、マリガンの国籍が「イタリア」(ITA)と記載されているのは、前述の事情による。[1] 最盛期のオーストラリアを離れたマリガンは、1975年5月に現役を引退した。
dbpedia-owl:australiaOpenDouble
  • F(1)
dbpedia-owl:australiaOpenSingle
  • 1/2
dbpedia-owl:birthDate
  • 1940-10-18 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:racketCatching
  • Droitier
dbpedia-owl:rolandGarrosDouble
  • 1/8
dbpedia-owl:rolandGarrosSingle
  • 1/4
dbpedia-owl:usOpenDouble
  • -
dbpedia-owl:usOpenSingle
  • 1/32
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1918424 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 19901 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 417 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 109221639 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:wimbledonDouble
  • 1/32
dbpedia-owl:wimbledonSingle
  • F(1)
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1940-10-18 (xsd:date)
prop-fr:lieuDeNaissance
  • Marrickville
prop-fr:nom
  • Martin Mulligan
prop-fr:openD'australieDouble
  • F
prop-fr:openD'australieSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:priseDeRaquette
  • Droitier
prop-fr:rolandGarrosDouble
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:rolandGarrosSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:usOpenDouble
  • -
prop-fr:usOpenSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:wimbledonDouble
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:wimbledonSimple
  • F
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Martin Mulligan est un joueur australien de tennis, né le 18 octobre 1940 à Marrickville.
  • Martin "Marty" Mulligan (born 18 October 1940) is a former tennis player from Australia. He is best remembered for reaching the men's singles final at Wimbledon in 1962, where he was defeated by fellow Australian Rod Laver 6–2, 6–2, 6–1. One British newspaper wrote, "Beaten? He was crushed, annihilated, steamrollered out of a match in which he never had a chance but never gave up hope."
  • Martin "Marty" Mulligan (Marrickville, 18 ottobre 1940) è un ex tennista australiano.Raggiunse la finale del singolare maschile del Torneo di Wimbledon nel 1962, dove venne sconfitto dal connazionale Rod Laver per 6–2, 6–2, 6–1.
  • Martin "Marty" Mulligan (n. 18 de octubre de 1940) es un ex jugador de tenis de Australia, nacido en Marrickville, suburbio de Sídney. Es mayormente recordado por haber alcanzado la final del torneo de Wimbledon en 1962.
  • マーティン・マリガン(Martin Mulligan, 1940年10月18日 - )は、オーストラリア・マリックビル出身の男子テニス選手。1962年のウィンブルドン選手権男子シングルス準優勝者。1970年の全日本テニス選手権男子シングルスで優勝したこともある。彼は「マーティー・マリガン」(Marty Mulligan)と呼ばれることも多い。マリガンは1961年の全豪選手権男子ダブルスで、ロイ・エマーソンとペアを組んだ準優勝がある。マリガンとエマーソンは、決勝でロッド・レーバー&ロバート・マーク組に 3-6, 5-7, 6-3, 11-9, 2-6 のフルセットで敗れた。この年に「オーストラリア・ローンテニス協会」が厳重な規定を設け、トップ選手たちが協会の許可なくオーストラリア国外のテニス・トーナメントに出場することを禁止した。無許可で海外試合に出た選手は、協会から追放されることが定められた。その翌年、1962年にマリガンはウィンブルドン選手権でノーシードから決勝に勝ち上がった。この大会では、ベスト4はマリガン、ロッド・レーバー、ニール・フレーザー、ジョン・フレーザーで、すべてオーストラリア勢であった。ウィンブルドンの男子シングルス4強にアメリカ勢が1人もいなかったのは、1922年以来40年ぶりだったという。マリガンは準決勝でジョン・フレーザーに 6-3, 6-2, 6-2 で快勝したが、決勝の舞台ではレーバーに 2-6, 2-6, 1-6 で完敗した。1962年はレーバーが1回目の「年間グランドスラム」を達成した年であり、マリガンは偉業の引き立て役の1人に回った。マーティン・マリガンは「オーストラリア・ローンテニス協会」の追放規定に反対し、1964年にオーストラリアを離れてイタリアに移り住んだ。その後はローマに在住し、ヨーロッパ各地の試合で活躍した。1968年、マリガンは男子テニス国別対抗戦・デビスカップのイタリア代表選手として出場し、チーム内で9勝2敗の成績を出した。イタリア・チームは「ヨーロッパ・ゾーン」の決勝まで進んだが、対スペイン戦の最終第5試合でマリガンがマニュエル・オランテスとの試合を途中棄権してしまった。この年からATPツアーが発足し、マリガンは2つのプロツアー大会で優勝している。それから2年後、マリガンは全日本テニス選手権で来日し、決勝で九鬼潤(法政大学)を 6-2, 6-3, 7-5 で破って優勝した。日本テニス協会による全日本テニス選手権の優勝記録表において、マリガンの国籍が「イタリア」(ITA)と記載されているのは、前述の事情による。[1] 最盛期のオーストラリアを離れたマリガンは、1975年5月に現役を引退した。
rdfs:label
  • Martin Mulligan
  • Martin Mulligan
  • Martin Mulligan
  • Martin Mulligan
  • マーティン・マリガン
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Martin Mulligan
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-fr:finaliste of
is foaf:primaryTopic of