Martha E. Rogers était une théoricienne en soins infirmiers. Elle est née le 12 mai 1914 à Dallas, États-Unis d'Amérique et décédée le 13 mars 1994 à Phoenix, États-Unis d'Amérique à l'âge de 79 ans.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Martha E. Rogers était une théoricienne en soins infirmiers. Elle est née le 12 mai 1914 à Dallas, États-Unis d'Amérique et décédée le 13 mars 1994 à Phoenix, États-Unis d'Amérique à l'âge de 79 ans.
  • Martha Elizabeth Rogers (Dallas, 12 mei 1914 – 13 maart 1994) was een Amerikaanse verpleegkundige, onderzoeker, theoreticus en auteur. Ze staat bekend om haar theoretische beschouwingen op verpleegkunde en geldt als een van de belangrijkste verpleegkundige theoretici ter wereld. Daarmee past ze in het rijtje Florence Nightingale, Virginia Henderson en Dorothea Orem.
  • Martha Elizabeth Rogers (12 de mayo de 1914 - 13 de marzo de 1994) fue una enfermera, investigadora, teórica y autora estadounidense. Rogers es conocida por el desarrollo de Science of Unitary Human Beings y su libro de referencia An Introduction to the Theoretical Basis of Nursing.
  • Martha Elizabeth Rogers (May 12, 1914 – March 13, 1994) was an American nurse, researcher, theorist, and author. Rogers is best known for developing the Science of Unitary Human Beings and for her landmark book, An Introduction to the Theoretical Basis of Nursing.
  • マーサ・E・ロジャーズ(Martha Elizabeth Rogers、1914年5月12日 - 1994年3月14日)は、アメリカ合衆国の看護学者。テキサス州ダラスの生まれ。1931年-1933年テネシー州ノックスビルにあるテネシー大学で学び、この大学は卒業したかどうか定かではないが、いずれにせよ、その後同市のノックスビル総合病院看護学校で看護師免許を取得している。大学教育は、テキサス州ナッシュビルのジョージ・ピーバディ大学(George Peabody College )で学部の卒業をし、1945年コロンビア大学教育学部(Teacher's College)で公衆衛生看護管理(public health nursing supervision)で修士号、1952年にボルチモアのジョンズ・ホプキンス大学で公衆衛生看護学(M.P.H.)で修士、1954年に理学博士号を取得している。その間、彼女は当初はコネチカット州で、その後ミシガン州で保健師として働いていた。学位取得のあとは、1954年からニューヨーク大学看護学部で教鞭をとり、学部長の要職にも就き、訪問看護、公衆衛生看護などの分野で活躍した。1979年以後、同大学の名誉教授だった。1970年に初めて出した看護学の著書"An Introduction to the Theoretical Basis of Nursing"(『ロジャーズ 看護論』医学書院 1979年)が、看護が中心になって係わる人間とは何かというテーマを掲げ、従来はなかった看護学の独自の領域を看護人間学というオリジナルな視点から提起し、注目を集めた。特に新しいのは人間の生命過程の特徴を四つの領域、エネルギーの場としての人(一つの単位としての人間存在)、開放系(つまり、完結することのないシステム)、さまざまなパターン様式、時間と空間に留まらず物事には様々な次元があるということ、を提起した。このフレームワークの中で、彼女は、人間を中心として「環境」、「健康」、「看護と看護学」という同心円を考案し、ホメオダイナミックスという原理、共鳴と螺旋と統合という機能ほ持ったバランス維持機構を使って説明しようと試みた。これを実際に現場での看護研究に直接役立てることは無理があるが、この人間学的な看護理論の解説は新鮮な驚きを与え、看護の対象となる人間を説明するのに頻繁に引用された。看護の対象とする人間を思考モデルから考えていくという試みの先駆者の1人として知られる。
  • Martha Elisabeth Rogers (* 12. Mai 1914 in Dallas, Texas; † 13. März 1994 in Phoenix, Arizona) war eine amerikanische Pflegetheoretikerin, Pflegeforscherin und Professorin für Pflege. Sie entwickelte die Pflegetheorie der Wissenschaft des einheitlichen Menschen auf dem das zugehörige Pflegeergebnismodell beruht. Ihre theoretischen Arbeiten gelten als einer der Meilensteine der Neuorientierung der amerikanischen Pflegewissenschaft in den 1970er Jahren. Die auch als Energiefeldtheorie bekannte Arbeit Rogers gilt zudem als eine der Grundlagen des Therapeutic Touch.
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2417776 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2025 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 106560701 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:année
  • 1964 (xsd:integer)
  • 1970 (xsd:integer)
  • 1990 (xsd:integer)
prop-fr:auteur
  • Elizabeth Ann Manhart Barret
prop-fr:isbn
  • 0 (xsd:integer)
  • 978 (xsd:integer)
prop-fr:langue
  • en
prop-fr:lieu
  • Philadelphie
prop-fr:nom
  • Rogers
prop-fr:numéroD'édition
  • 18 (xsd:integer)
prop-fr:pagesTotales
  • 108 (xsd:integer)
  • 156 (xsd:integer)
  • 432 (xsd:integer)
prop-fr:prénom
  • Martha E.
prop-fr:titre
  • An Introduction to the Theoretical Basis of Nursing
  • Reveille in Nursing
  • Vision of Roger's Science-Based Nursing
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:éditeur
  • Ed. JF.A. Davis Company, New-York
  • Ed. Jones & Bartlett Publishers, New-York
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Martha E. Rogers était une théoricienne en soins infirmiers. Elle est née le 12 mai 1914 à Dallas, États-Unis d'Amérique et décédée le 13 mars 1994 à Phoenix, États-Unis d'Amérique à l'âge de 79 ans.
  • Martha Elizabeth Rogers (Dallas, 12 mei 1914 – 13 maart 1994) was een Amerikaanse verpleegkundige, onderzoeker, theoreticus en auteur. Ze staat bekend om haar theoretische beschouwingen op verpleegkunde en geldt als een van de belangrijkste verpleegkundige theoretici ter wereld. Daarmee past ze in het rijtje Florence Nightingale, Virginia Henderson en Dorothea Orem.
  • Martha Elizabeth Rogers (12 de mayo de 1914 - 13 de marzo de 1994) fue una enfermera, investigadora, teórica y autora estadounidense. Rogers es conocida por el desarrollo de Science of Unitary Human Beings y su libro de referencia An Introduction to the Theoretical Basis of Nursing.
  • Martha Elizabeth Rogers (May 12, 1914 – March 13, 1994) was an American nurse, researcher, theorist, and author. Rogers is best known for developing the Science of Unitary Human Beings and for her landmark book, An Introduction to the Theoretical Basis of Nursing.
  • マーサ・E・ロジャーズ(Martha Elizabeth Rogers、1914年5月12日 - 1994年3月14日)は、アメリカ合衆国の看護学者。テキサス州ダラスの生まれ。1931年-1933年テネシー州ノックスビルにあるテネシー大学で学び、この大学は卒業したかどうか定かではないが、いずれにせよ、その後同市のノックスビル総合病院看護学校で看護師免許を取得している。大学教育は、テキサス州ナッシュビルのジョージ・ピーバディ大学(George Peabody College )で学部の卒業をし、1945年コロンビア大学教育学部(Teacher's College)で公衆衛生看護管理(public health nursing supervision)で修士号、1952年にボルチモアのジョンズ・ホプキンス大学で公衆衛生看護学(M.P.H.)で修士、1954年に理学博士号を取得している。その間、彼女は当初はコネチカット州で、その後ミシガン州で保健師として働いていた。学位取得のあとは、1954年からニューヨーク大学看護学部で教鞭をとり、学部長の要職にも就き、訪問看護、公衆衛生看護などの分野で活躍した。1979年以後、同大学の名誉教授だった。1970年に初めて出した看護学の著書"An Introduction to the Theoretical Basis of Nursing"(『ロジャーズ 看護論』医学書院 1979年)が、看護が中心になって係わる人間とは何かというテーマを掲げ、従来はなかった看護学の独自の領域を看護人間学というオリジナルな視点から提起し、注目を集めた。特に新しいのは人間の生命過程の特徴を四つの領域、エネルギーの場としての人(一つの単位としての人間存在)、開放系(つまり、完結することのないシステム)、さまざまなパターン様式、時間と空間に留まらず物事には様々な次元があるということ、を提起した。このフレームワークの中で、彼女は、人間を中心として「環境」、「健康」、「看護と看護学」という同心円を考案し、ホメオダイナミックスという原理、共鳴と螺旋と統合という機能ほ持ったバランス維持機構を使って説明しようと試みた。これを実際に現場での看護研究に直接役立てることは無理があるが、この人間学的な看護理論の解説は新鮮な驚きを与え、看護の対象となる人間を説明するのに頻繁に引用された。看護の対象とする人間を思考モデルから考えていくという試みの先駆者の1人として知られる。
  • Martha Elisabeth Rogers (* 12. Mai 1914 in Dallas, Texas; † 13. März 1994 in Phoenix, Arizona) war eine amerikanische Pflegetheoretikerin, Pflegeforscherin und Professorin für Pflege. Sie entwickelte die Pflegetheorie der Wissenschaft des einheitlichen Menschen auf dem das zugehörige Pflegeergebnismodell beruht. Ihre theoretischen Arbeiten gelten als einer der Meilensteine der Neuorientierung der amerikanischen Pflegewissenschaft in den 1970er Jahren.
rdfs:label
  • Martha Rogers
  • Martha E. Rogers
  • Martha E. Rogers
  • Martha Elisabeth Rogers
  • Martha Rogers
  • マーサ・E・ロジャーズ
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of