Une marine fluviale ou flotte fluviale (en anglais : Brown-water navy) est un terminologie maritime désignant une marine de guerre assignée à la défense des fleuves.Concept américain, il est à différencier de la marine littorale et de la marine de haute-mer (capable d'opérer à plus de 200 milles marins/370 kilomètres du littoral sur des océans ouverts).

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Une marine fluviale ou flotte fluviale (en anglais : Brown-water navy) est un terminologie maritime désignant une marine de guerre assignée à la défense des fleuves.Concept américain, il est à différencier de la marine littorale et de la marine de haute-mer (capable d'opérer à plus de 200 milles marins/370 kilomètres du littoral sur des océans ouverts).
  • ブラウンウォーター・ネイビー(Brown Water Navy、沿岸海軍)とは、アメリカ海軍で、河川や沿岸部を担当範囲とする部隊を指す用語。大洋を担当とする通常の艦隊(ブルーウォーター・ネイビー、外洋海軍)に対し、水が茶色い河川や沿岸部を担当することからこの名が付いたといわれる。アメリカ海軍ではブラウンウォーター・ネイビーはイレギュラーな存在という事もあり(米国内の沿岸・港湾・河川・湖沼の警備はアメリカ沿岸警備隊が行なっている。また、サイクロン級沿岸哨戒艇に代表されるように、アメリカ海軍での哨戒艇は、特殊作戦の支援というような「特殊」な任務に用いられていた)、ブルーウォーター・ネイビーに対しての蔑称として、あるいは自虐的に使われる事もある。ただし、近年では米艦コール襲撃事件などの教訓から、基地周辺の港湾を警備する武装ボート(シー・アーク・ドーントレス哨戒艇など)の充実を図っている。ブラウンウォーター・ネイビーの名が最初に使われたのは、南北戦争でミシシッピ川で戦ったモニター艦などに対してであった。20世紀には砲艦が権益保護のため中国の長江に派遣された部隊にその名が引き継がれた。ベトナム戦争ではメコン川に派遣され、流域の南ベトナム解放民族戦線のゲリラ討伐を行った。なお、実際には河川哨戒艇や高速哨戒艇を中心とする河川哨戒部隊と、重装備の河川砲艇(上陸用舟艇を改造したものからオリジナルの設計のものまで存在した)から成る河川戦闘部隊に分割されていた。イラク戦争では、開戦直後からアメリカ海兵隊が多種の哨戒艦艇を内水域のパトロールに投入している。2004年に海兵隊はユーフラテス川のパトロールおよび反乱軍の交通路の遮断を目的とした小部隊河川艇を受領した。ティグリス川・ユーフラテス川において、Navy SEALsを用いた奇襲作戦を主任務とするブラウン・ウォーター・ネイビー部隊を編成する計画が度々出されており、海兵隊のサポートを受けながら小規模な活動が開始されている。このほかに河川の警備は河岸に駐屯しているアメリカ陸軍・海兵隊及び新生イラク軍(イラク治安部隊)隷下も独自に舟艇部隊が保有している。
  • Brown-water navy is a term that originated in the United States Navy, referring to the small gunboats and patrol boats used in rivers, along with some of the larger ships (including converted WWII LCMs, LSTs, etc.) that supported them as "mother ships," from which they operated. A broader meaning is any naval force that has the capacity to carry out military operations in river or littoral environments, commonly known as riverine warfare. The term "brown-water" generally describes river environments carrying heavy sediment loads, such as from soil runoff or flooding. Since presence of "brown water" requires a soil source, whether riverine or coastal, the term has become associated with littoral navies.The term is used in contrast to the terms "green-water navy" and "blue-water navy". At one time, it was common to refer to all non-blue-water navies as "brown-water navies". Today blue-water navies are generally defined as being capable of sustained oversea deployment, preferably with aircraft carriers,[citation needed] while green-water navies are defined as those with frigates or better, operating in coastal and regional areas.Being a brown-water navy does not imply a lack of offensive capability, as many small littoral combat ships are armed with powerful anti-ship missiles.
  • Con il termine brown-water navy (o dall'inglese flotta delle acque marrone) si intende una flotta di navi militari idonee ad operare in acque fluviali o litoranee. Tale neologismo è stato coniato dalla US NAVY riferito proprio alle piccole cannoniere o motovedette utilizzate sui fiumi.Una flotta di B.W.N., visti gli enormi progressi della tecnica e la sempre maggior riduzione degli ingombri dei sistemi d'arma navali, può rivelarsi una offensivamente molto temibile in quanto dotata di una notevole quantità di potenti missili anti-nave.
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 7029592 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5337 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 53 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 110026474 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Une marine fluviale ou flotte fluviale (en anglais : Brown-water navy) est un terminologie maritime désignant une marine de guerre assignée à la défense des fleuves.Concept américain, il est à différencier de la marine littorale et de la marine de haute-mer (capable d'opérer à plus de 200 milles marins/370 kilomètres du littoral sur des océans ouverts).
  • ブラウンウォーター・ネイビー(Brown Water Navy、沿岸海軍)とは、アメリカ海軍で、河川や沿岸部を担当範囲とする部隊を指す用語。大洋を担当とする通常の艦隊(ブルーウォーター・ネイビー、外洋海軍)に対し、水が茶色い河川や沿岸部を担当することからこの名が付いたといわれる。アメリカ海軍ではブラウンウォーター・ネイビーはイレギュラーな存在という事もあり(米国内の沿岸・港湾・河川・湖沼の警備はアメリカ沿岸警備隊が行なっている。また、サイクロン級沿岸哨戒艇に代表されるように、アメリカ海軍での哨戒艇は、特殊作戦の支援というような「特殊」な任務に用いられていた)、ブルーウォーター・ネイビーに対しての蔑称として、あるいは自虐的に使われる事もある。ただし、近年では米艦コール襲撃事件などの教訓から、基地周辺の港湾を警備する武装ボート(シー・アーク・ドーントレス哨戒艇など)の充実を図っている。ブラウンウォーター・ネイビーの名が最初に使われたのは、南北戦争でミシシッピ川で戦ったモニター艦などに対してであった。20世紀には砲艦が権益保護のため中国の長江に派遣された部隊にその名が引き継がれた。ベトナム戦争ではメコン川に派遣され、流域の南ベトナム解放民族戦線のゲリラ討伐を行った。なお、実際には河川哨戒艇や高速哨戒艇を中心とする河川哨戒部隊と、重装備の河川砲艇(上陸用舟艇を改造したものからオリジナルの設計のものまで存在した)から成る河川戦闘部隊に分割されていた。イラク戦争では、開戦直後からアメリカ海兵隊が多種の哨戒艦艇を内水域のパトロールに投入している。2004年に海兵隊はユーフラテス川のパトロールおよび反乱軍の交通路の遮断を目的とした小部隊河川艇を受領した。ティグリス川・ユーフラテス川において、Navy SEALsを用いた奇襲作戦を主任務とするブラウン・ウォーター・ネイビー部隊を編成する計画が度々出されており、海兵隊のサポートを受けながら小規模な活動が開始されている。このほかに河川の警備は河岸に駐屯しているアメリカ陸軍・海兵隊及び新生イラク軍(イラク治安部隊)隷下も独自に舟艇部隊が保有している。
  • Con il termine brown-water navy (o dall'inglese flotta delle acque marrone) si intende una flotta di navi militari idonee ad operare in acque fluviali o litoranee.
  • Brown-water navy is a term that originated in the United States Navy, referring to the small gunboats and patrol boats used in rivers, along with some of the larger ships (including converted WWII LCMs, LSTs, etc.) that supported them as "mother ships," from which they operated. A broader meaning is any naval force that has the capacity to carry out military operations in river or littoral environments, commonly known as riverine warfare.
rdfs:label
  • Marine fluviale
  • Brown-water navy
  • Flottiglia fluviale
  • ブラウンウォーター・ネイビー
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:type of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-fr:type of
is foaf:primaryTopic of