Lorenzo Masi, connu sous le nom de Lorenzo da Firenze (Laurent de Florence), (mort en décembre 1372 ou janvier 1373), était un compositeur et professeur de musique italien du Trecento. Étroitement associé à Francesco Landini à Florence, il fut l'un des compositeurs de l'Ars nova.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Lorenzo Masi, connu sous le nom de Lorenzo da Firenze (Laurent de Florence), (mort en décembre 1372 ou janvier 1373), était un compositeur et professeur de musique italien du Trecento. Étroitement associé à Francesco Landini à Florence, il fut l'un des compositeurs de l'Ars nova.
  • Lorenzo Masi, known as Lorenzo da Firenze (Magister Laurentius de Florentia) (d. December 1372 or January 1373), was an Italian composer and music teacher of the Trecento. He was closely associated with Francesco Landini in Florence, and was one of the composers of the period known as the Italian ars nova.Little is known about his life, but some details can be inferred from the music. He was active as a teacher in Florence, probably as a teacher of Landini himself. He became a canon at the church of San Lorenzo in 1348, a post which he retained for the rest of his life.Lorenzo is represented in the Squarcialupi Codex, the illuminated manuscript which is the most comprehensive source of Italian music of the 14th century, with 16 pieces of music, 10 madrigals, 6 ballate and one caccia. In addition to his contribution to that collection, he wrote two mass movements which have survived (one of which is of doubtful attribution) and a pedagogical piece (the Antefana), the text of which shows that he was a teacher.His style is progressive, sometimes experimental, but curiously conservative in other ways. While he used imitation, a relatively new musical technique, and heterophonic texture, one of the rarest textures in European music, he also still used parallel perfect intervals. Voice crossings are common, when he wrote for more than one voice (most of his music is monophonic). In addition he used chromaticism to a degree rare in the 14th century, at least prior to the activity of the composers of the ars subtilior.French influence is evident in some of his music, for example isorhythmic passages (characteristic of Machaut, but rare in Italian music). Some of the notational quirks in his work also suggest a connection with France.
  • Lorenzo da Firenze, Magister Laurentius de Florentia, Masini (... – dicembre 1372 o gennaio 1373), è stato un compositore italiano del XIV secolo.Egli fu strettamente associato a Francesco Landini a Firenze e fu uno dei compositori dell'Ars nova.
  • ロレンツォ・ダ・フィレンツェ(Lorenzo da Firenze、もしくはラテン語で Magister Laurentius de Florentia, 1372年12月ないしは1373年1月没)はトレチェント音楽の作曲家・音楽教師。フィレンツェのフランチェスコ・ランディーニと密接な関係にあった。生涯についてはほとんど不明であるが、音楽から詳細が推察される。フィレンツェで教育者として活躍し、おそらくランディーニの恩師のひとりであった。1348年に聖ロレンツォ教会の聖職者となり、終身その地位にあった。ロレンツォ・ダ・フィレンツェは、豪華装飾本『スクアルチャルーピ写本』の代表的な人物で、10曲のマドリガーレと6曲のバッラータ、1曲のカッチャが載っている。さらに2曲のミサ曲断章も現存するが、そのうち1曲は偽作の疑いが拭えない。教育的な作品《 Antefana》は、歌詞において自分が教師であると示唆している。ロレンツォ・ダ・フィレンツェは進歩的で、時に実験的な音楽家ではあったものの、矛盾するようだが、見方を変えると保守的でもあった。比較的新しい作曲技法といえる模倣や、ヨーロッパ音楽では極めて稀なヘテロフォニーのテクスチュアを利用しているが、いまだに完全音程の並進行も利用している。このため多声の作品でも、たいていの曲がモノフォニーのテクスチュアをとっている。ポリフォニー作品では、声部交換が常用される。さらに、14世紀としては珍しく半音階技法も用いられ、アルス・スブティリオルの作曲家の活躍に先鞭を付けている。フランス音楽の影響は、いくつかの作品に明らかであり、イタリア音楽としては稀なイソリズムのパッセージが含まれている。記譜法に見られる癖も、フランス音楽とのつながりをほのめかしている。
  • Lorenzo da Firenze (? - fallecido en diciembre de 1372 o enero de 1373) fue un compositor y profesor italiano del siglo XIV. Se le asoció con el compositor Francesco Landini en Florencia, y fue uno de los compositores del llamado ars nova.
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 5706827 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3679 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 29 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 108762681 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Lorenzo Masi, connu sous le nom de Lorenzo da Firenze (Laurent de Florence), (mort en décembre 1372 ou janvier 1373), était un compositeur et professeur de musique italien du Trecento. Étroitement associé à Francesco Landini à Florence, il fut l'un des compositeurs de l'Ars nova.
  • Lorenzo da Firenze, Magister Laurentius de Florentia, Masini (... – dicembre 1372 o gennaio 1373), è stato un compositore italiano del XIV secolo.Egli fu strettamente associato a Francesco Landini a Firenze e fu uno dei compositori dell'Ars nova.
  • ロレンツォ・ダ・フィレンツェ(Lorenzo da Firenze、もしくはラテン語で Magister Laurentius de Florentia, 1372年12月ないしは1373年1月没)はトレチェント音楽の作曲家・音楽教師。フィレンツェのフランチェスコ・ランディーニと密接な関係にあった。生涯についてはほとんど不明であるが、音楽から詳細が推察される。フィレンツェで教育者として活躍し、おそらくランディーニの恩師のひとりであった。1348年に聖ロレンツォ教会の聖職者となり、終身その地位にあった。ロレンツォ・ダ・フィレンツェは、豪華装飾本『スクアルチャルーピ写本』の代表的な人物で、10曲のマドリガーレと6曲のバッラータ、1曲のカッチャが載っている。さらに2曲のミサ曲断章も現存するが、そのうち1曲は偽作の疑いが拭えない。教育的な作品《 Antefana》は、歌詞において自分が教師であると示唆している。ロレンツォ・ダ・フィレンツェは進歩的で、時に実験的な音楽家ではあったものの、矛盾するようだが、見方を変えると保守的でもあった。比較的新しい作曲技法といえる模倣や、ヨーロッパ音楽では極めて稀なヘテロフォニーのテクスチュアを利用しているが、いまだに完全音程の並進行も利用している。このため多声の作品でも、たいていの曲がモノフォニーのテクスチュアをとっている。ポリフォニー作品では、声部交換が常用される。さらに、14世紀としては珍しく半音階技法も用いられ、アルス・スブティリオルの作曲家の活躍に先鞭を付けている。フランス音楽の影響は、いくつかの作品に明らかであり、イタリア音楽としては稀なイソリズムのパッセージが含まれている。記譜法に見られる癖も、フランス音楽とのつながりをほのめかしている。
  • Lorenzo da Firenze (? - fallecido en diciembre de 1372 o enero de 1373) fue un compositor y profesor italiano del siglo XIV. Se le asoció con el compositor Francesco Landini en Florencia, y fue uno de los compositores del llamado ars nova.
  • Lorenzo Masi, known as Lorenzo da Firenze (Magister Laurentius de Florentia) (d. December 1372 or January 1373), was an Italian composer and music teacher of the Trecento. He was closely associated with Francesco Landini in Florence, and was one of the composers of the period known as the Italian ars nova.Little is known about his life, but some details can be inferred from the music. He was active as a teacher in Florence, probably as a teacher of Landini himself.
rdfs:label
  • Lorenzo da Firenze
  • Lorenzo da Firenze
  • Lorenzo da Firenze
  • Lorenzo da Firenze
  • ロレンツォ・ダ・フィレンツェ
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of