Lillian Watson (17 septembre 1857, Harrow, Angleterre – 27 mai 1918, Berkswell, Warwickshire, Angleterre) est une joueuse de tennis britannique de la fin du XIXe siècle. De même que l'Américaine Mary Ewing Outerbridge, elle est considérée comme l'une des pionnières de l'histoire de son sport.Fille d'un vicaire, elle s'aligne en 1884 à la première édition féminine du tournoi de Wimbledon - treize joueuses étant alors en lice pour le titre.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Lillian Watson (17 septembre 1857, Harrow, Angleterre – 27 mai 1918, Berkswell, Warwickshire, Angleterre) est une joueuse de tennis britannique de la fin du XIXe siècle. De même que l'Américaine Mary Ewing Outerbridge, elle est considérée comme l'une des pionnières de l'histoire de son sport.Fille d'un vicaire, elle s'aligne en 1884 à la première édition féminine du tournoi de Wimbledon - treize joueuses étant alors en lice pour le titre. Vêtue de jupons et d'un corset, elle est battue en finale dans le simple dames par sa sœur cadette, Maud.Il faut attendre 2002 pour que deux sœurs s'affrontent à nouveau à ce stade de l'épreuve (Venus et Serena Williams).
  • Lilian Mary Watson (17 September 1857 – 27 May 1918) was an English female tennis player.
  • リリアン・ワトソン(Lillian Watson, 1857年9月17日 - 1918年5月27日)は、イングランド・ロンドン生まれの女子テニス選手。1884年に第1回大会が行われたウィンブルドン選手権女子シングルス部門で、妹のモード・ワトソンとの「姉妹対決の決勝」に敗れて準優勝になった選手である。世界最古のテニス・トーナメントであるウィンブルドン選手権は、1877年に「オール・イングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」で第1回大会が行われた。最初は男子シングルスのみで始まり、初代優勝者はスペンサー・ゴア(1850年 - 1906年)であった。女子シングルスはそれから7年遅れて1884年に第1回の競技大会が行われた。参加選手は13名で、決勝戦はリリアン・ワトソンと7歳年下の妹モード・ワトソンとの“姉妹対決”になった。リリアンは妹のモードに 8-6, 3-6, 3-6 の逆転で敗れ、ウィンブルドン選手権で第1回女子シングルス優勝者になることはできなかった。ウィンブルドン選手権の女子シングルスでは、第3回大会の1886年から、大会前年優勝者を除く他の選手たちが「チャレンジ・ラウンド」(Challenge Round、挑戦者決定戦)を1回戦から勝ち抜き、それを制した選手が前年優勝者と決勝を戦う「オールカマーズ・ファイナル」(All-Comers Final)方式で優勝を決定した。リリアンは1886年の女子シングルス「チャレンジ・ラウンド」でベスト4に入ったが、ブランチ・ビングリー(1863年 - 1946年)に 3-6, 6-8 で敗れた。リリアンとモードのワトソン姉妹は、1886年を最後にウィンブルドン選手権から退いた。姉のリリアンは1918年5月27日に60歳で亡くなり、妹のモードほど長生きできなかった。第1回ウィンブルドン選手権で行われたリリアンとモードの「ワトソン姉妹対決の決勝」から117年後、2001年の全米オープン女子シングルス決勝で、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹が「姉妹対決の決勝」を実現させた。この決勝対決は、ウィンブルドン選手権でも2002年・2003年・2008年の3度実現する。2008年ウィンブルドンまで総計7回行われた黒人姉妹の決勝対決は、妹のセリーナが「5勝2敗」で大きく勝ち越した。
  • Lilian Watson (* 17. September 1857 in Harrow; † 27. Mai 1918 in Berkswell, West Midlands) war eine englische Tennisspielerin.Watson war die Tochter eines Vikars. Sie spielte beim ersten Damenwettbewerb der Wimbledon Championships 1884 und erreichte das Finale, in dem sie auf ihre jüngere Schwester Maud traf, und sich schließlich mit 8:6, 3:6, und 2:6 geschlagen geben musste. Lilian Watson trat auch in den beiden Folgejahren in Wimbledon an. 1885 schied sie in der ersten Runde aus, im Jahr darauf musste sie sich im Halbfinale der späteren Siegerin Blanche Bingley geschlagen geben. 1885 gewann sie an der Seite ihrer Schwester Maud das Doppel bei den irischen Meisterschaften.Sie starb 1918 im Alter von 60 Jahren.
  • Lillian Watson (17 settembre 1857 – 27 maggio 1918) è stata una tennista britannica.Sorella di Maud Watson, la prima donna a vincere il Torneo di Wimbledon. Nel 1884 raggiunge la finale di Wimbledon dove viene sconfitta da sua sorella Maud. È stata la prima partita tra sorelle nella storia di Wimbledon. Nel 1885 viene sconfitta a Wimbledon al primo turno e nella sua ultima presenza al torneo londinese, nel 1886, raggiunge le semifinali venendo sconfitta da Blanche Bingley, che diviene campionessa in quell'anno.
  • Lillian Mary Watson (ur. 17 września 1857 w Harrow, zm. 27 maja 1918 w Berkswell), tenisistka brytyjska.Była córką duchownego. W 1884, kiedy kobiety po raz pierwszy rywalizowały w turnieju wimbledońskim, Lillian Watson doszła do finału. Decydujący o tytule mecz przegrała z młodszą siostrą Maud 8:6, 3:6, 3:6.
dbpedia-owl:birthDate
  • 1857-09-17 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathDate
  • 1918-05-27 (xsd:date)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:thumbnailCaption
  • Ernest Renshaw, Lillian Watson,Herbert LawfordetMaud Watson
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1294968 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3382 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 106406679 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:wimbledonSingle
  • F (1)
prop-fr:catégorie
  • G. Chelem
prop-fr:contexte
  • Joueuse
prop-fr:date
  • 1884-07-05 (xsd:date)
prop-fr:dateDeDécès
  • 1918-05-27 (xsd:date)
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1857-09-17 (xsd:date)
prop-fr:dotation
  • Non
prop-fr:légende
  • Ernest Renshaw, Lillian Watson, Herbert Lawford et Maud Watson
prop-fr:nom
  • Lillian Watson
prop-fr:n°_
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:palmarès
  • Finales
prop-fr:parcours
prop-fr:score
  • 6 (xsd:integer)
prop-fr:surface
  • Gazon
prop-fr:tableau
  • Simple
prop-fr:tournoi
  • Tournoi de Wimbledon
prop-fr:v
  • Maud Watson
prop-fr:ville
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:wimbledonSimple
  • F
prop-fr:édition
  • The Championships
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Lillian Watson (17 septembre 1857, Harrow, Angleterre – 27 mai 1918, Berkswell, Warwickshire, Angleterre) est une joueuse de tennis britannique de la fin du XIXe siècle. De même que l'Américaine Mary Ewing Outerbridge, elle est considérée comme l'une des pionnières de l'histoire de son sport.Fille d'un vicaire, elle s'aligne en 1884 à la première édition féminine du tournoi de Wimbledon - treize joueuses étant alors en lice pour le titre.
  • Lilian Mary Watson (17 September 1857 – 27 May 1918) was an English female tennis player.
  • リリアン・ワトソン(Lillian Watson, 1857年9月17日 - 1918年5月27日)は、イングランド・ロンドン生まれの女子テニス選手。1884年に第1回大会が行われたウィンブルドン選手権女子シングルス部門で、妹のモード・ワトソンとの「姉妹対決の決勝」に敗れて準優勝になった選手である。世界最古のテニス・トーナメントであるウィンブルドン選手権は、1877年に「オール・イングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」で第1回大会が行われた。最初は男子シングルスのみで始まり、初代優勝者はスペンサー・ゴア(1850年 - 1906年)であった。女子シングルスはそれから7年遅れて1884年に第1回の競技大会が行われた。参加選手は13名で、決勝戦はリリアン・ワトソンと7歳年下の妹モード・ワトソンとの“姉妹対決”になった。リリアンは妹のモードに 8-6, 3-6, 3-6 の逆転で敗れ、ウィンブルドン選手権で第1回女子シングルス優勝者になることはできなかった。ウィンブルドン選手権の女子シングルスでは、第3回大会の1886年から、大会前年優勝者を除く他の選手たちが「チャレンジ・ラウンド」(Challenge Round、挑戦者決定戦)を1回戦から勝ち抜き、それを制した選手が前年優勝者と決勝を戦う「オールカマーズ・ファイナル」(All-Comers Final)方式で優勝を決定した。リリアンは1886年の女子シングルス「チャレンジ・ラウンド」でベスト4に入ったが、ブランチ・ビングリー(1863年 - 1946年)に 3-6, 6-8 で敗れた。リリアンとモードのワトソン姉妹は、1886年を最後にウィンブルドン選手権から退いた。姉のリリアンは1918年5月27日に60歳で亡くなり、妹のモードほど長生きできなかった。第1回ウィンブルドン選手権で行われたリリアンとモードの「ワトソン姉妹対決の決勝」から117年後、2001年の全米オープン女子シングルス決勝で、ビーナスとセリーナのウィリアムズ姉妹が「姉妹対決の決勝」を実現させた。この決勝対決は、ウィンブルドン選手権でも2002年・2003年・2008年の3度実現する。2008年ウィンブルドンまで総計7回行われた黒人姉妹の決勝対決は、妹のセリーナが「5勝2敗」で大きく勝ち越した。
  • Lillian Mary Watson (ur. 17 września 1857 w Harrow, zm. 27 maja 1918 w Berkswell), tenisistka brytyjska.Była córką duchownego. W 1884, kiedy kobiety po raz pierwszy rywalizowały w turnieju wimbledońskim, Lillian Watson doszła do finału. Decydujący o tytule mecz przegrała z młodszą siostrą Maud 8:6, 3:6, 3:6.
  • Lillian Watson (17 settembre 1857 – 27 maggio 1918) è stata una tennista britannica.Sorella di Maud Watson, la prima donna a vincere il Torneo di Wimbledon. Nel 1884 raggiunge la finale di Wimbledon dove viene sconfitta da sua sorella Maud. È stata la prima partita tra sorelle nella storia di Wimbledon.
  • Lilian Watson (* 17. September 1857 in Harrow; † 27. Mai 1918 in Berkswell, West Midlands) war eine englische Tennisspielerin.Watson war die Tochter eines Vikars. Sie spielte beim ersten Damenwettbewerb der Wimbledon Championships 1884 und erreichte das Finale, in dem sie auf ihre jüngere Schwester Maud traf, und sich schließlich mit 8:6, 3:6, und 2:6 geschlagen geben musste. Lilian Watson trat auch in den beiden Folgejahren in Wimbledon an.
rdfs:label
  • Lillian Watson (tennis)
  • Lilian Watson
  • Lilian Watson
  • Lillian Watson
  • Lillian Watson
  • Уотсон, Лилиан
  • リリアン・ワトソン
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Lillian Watson (tennis)
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of