Les Origines du totalitarisme (titre original : The Origins of Totalitarianism) est un ouvrage d’Hannah Arendt dont la première édition fut publiée en 1951.Il se compose de trois tomes : Antisemitism (L’Antisémitisme), publié en français en 1973 sous le titre Sur l’antisémitisme ; Imperialism (L’Impérialisme), publié en français en 1982 ; Totalitarianism (Le Totalitarisme), publié en français en 1972 sous le titre Le Système totalitaire.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Les Origines du totalitarisme (titre original : The Origins of Totalitarianism) est un ouvrage d’Hannah Arendt dont la première édition fut publiée en 1951.Il se compose de trois tomes : Antisemitism (L’Antisémitisme), publié en français en 1973 sous le titre Sur l’antisémitisme ; Imperialism (L’Impérialisme), publié en français en 1982 ; Totalitarianism (Le Totalitarisme), publié en français en 1972 sous le titre Le Système totalitaire.
  • The Origins of Totalitarianism (German Elemente und Ursprünge totaler Herrschaft, i.e. Elements and origins of totalitarian rule) is a book by Hannah Arendt which describes and analyzes the two major totalitarian movements of the 20th century, Nazism and Stalinism. Its original title was to have been 'The Burden of Our Times', and it was published as The Burden of Our Time [sic] in Britain in 1951. It was recognized upon its 1951 publication as the comprehensive account of its subject and was later hailed as a classic by the Times Literary Supplement.This book continues to be one of the definitive philosophical analyses of totalitarianism, at least in its 20th century form. Arendt dedicated the book to her husband Heinrich Blücher.
  • Le origini del totalitarismo è un libro di Hannah Arendt del 1951. Riconosciuto alla sua pubblicazione come la trattazione più completa del totalitarismo - e in seguito definito un classico dal The Times Literary Supplement - quest'opera continua da molti ad essere considerata il testo definitivo sulla storia dei regimi totalitari o quantomeno delle loro incarnazioni del XX secolo.Il libro inizia con una disamina delle cause dell'antisemitismo europeo nel primo e medio XIX secolo, continuando poi con un esame dell'imperialismo coloniale europeo dal 1884 alla prima guerra mondiale.L'ultima parte tratta delle istituzioni e delle azioni dei movimenti totalitari, esaminando in maniera approfondita le due più pure forme di governo totalitario del Novecento: quelle cioè realizzatesi nella Germania del nazismo e nella Russia comunista.L'autrice discute la trasformazione delle classi sociali in masse, il ruolo della propaganda nel mondo non totalitario (all'esterno della nazione come nella popolazione ancora non totalitarizzata) e l'uso del terrore, condizione necessaria a questa forma di governo. Nel capitolo conclusivo, la Arendt definisce l'alienazione e la riduzione dell'uomo a una macchina come requisiti necessari al dominio totale.
  • Los orígenes del totalitarismo (en inglés, The Origins of Totalitarianism) es un libro de Hannah Arendt que describe y analiza los dos movimientos totalitarios más importantes del siglo XX: el nazismo y el estalinismo. Publicado por primera vez en inglés en 1951, a menudo, es considerado el trabajo principal de la teórica política Hannah Arendt. Le dedicó el libro a su esposo Heinrich Blücher, a quien le debía varias sugerencias para este trabajo.Está compuesto por tres volúmenes: Antisemitism (Antisemitismo); Imperialism (Imperialismo) y Totalitarianism (Totalitarismo).
  • As Origens do Totalitarismo (em alemão: Elemente und Ursprünge totaler Herrschaft, lit. "Elementos e Origens do Governo Totalitário") é um livro da autora teuto-americana Hannah Arendt que descreve e analisa os dois principais movimentos totalitários do século XX, o nazismo e o stalinismo. Seu título original era O Fardo de Nossos Tempos, e chegou a ser publicado como O Fardo de Nosso Tempo (The Burden of Our Time [sic]) na Grã-Bretanha em 1951. Foi reconhecido desde sua publicação, naquele mesmo ano, como o relato mais abrangente do tema, e posteriormente denominado um clássico pelo Times Literary Supplement. O livro continua a ser até hoje uma das análises filosóficas definitivas do totalitarismo, ao menos na forma em que assumiu no século XX.Arendt dedicou o livro a seu marido, Heinrich Blücher.== Referências ==
  • 『全体主義の起源』(The Origins of Totalitarianism)とはハンナ・アーレントによる政治学の著作である。アーレントは1906年にドイツのハノーファーで生まれた政治学者である。1933年にナチ党が政権を掌握してからフランスへ亡命して政治活動に関わるが、1941年にフランス進攻があるとアメリカへ亡命して大学での教育に従事する。この著作では19世紀から20世紀にかけてイタリアやドイツで出現した全体主義についての論考が行われている。この著作は1951年に発表された研究であり、第1部の『反ユダヤ主義』、第2部の『帝国主義』、そして第3部の『全体主義』の三部から構成されている。19世紀のヨーロッパの政治秩序を構成していたのは絶対主義の王政に基づいた国民国家であった。国民国家は文化的同一性に立脚して統一的集団として確立された。この国民の枠組みとは別に成り立っていたのが階級社会である。つまり富裕層や貧困層などの諸階級から成り立っている階級社会であり、これは国民を文化的に同一だとした国民国家と本質的には矛盾するものである。当時のヨーロッパの政治秩序においてはこの国民国家と階級社会の衝突は見られることはなかったが、その中でユダヤ人は階級社会から隔絶されており、また平等な国民の一員として国家に保護されていた集団であった。そのために国家に対する不平不満が生じるとその矛先がユダヤ人に向けられるようになる。これが全体主義に向かう前段階であった。アーレントは『反ユダヤ主義』が表面化した事例としてドレフュス事件に言及している。国民国家の体制に次第に大きな影響力を及ぼすようになったのが資本主義であり、資本家は政治への介入を積極的に行うようになる。資本主義、人種主義、そして官僚制の混合として帝国主義が出現する。帝国主義は資本主義の原理によって資本の輸出を推進しながら行政によって権力の輸出をも推進する。この帝国主義の膨張活動にとって国民国家は支障となり、階級社会から脱落した人々であるモッブが移民となって植民地化に乗り出していった。加えて人種主義は国民とは異なる外見的な差異を持つ集団を自覚させることで植民地の支配を正当化し、また官僚制は植民地の支配に適当な政令を発令することで、帝国主義の特徴である半永久的な膨張政策を進展させた。イギリスやフランスは植民地を海外に求める海外帝国主義が可能であったが、ドイツやロシアはその海外展開に遅れたために欧州大陸内方面に植民地を求める大陸帝国主義を余儀なくされた。海外への膨張を遮られた大陸帝国主義は、次第に国民国家により構成された政治秩序を超えた汎民族運動と連携しながら、人種主義(種族的ナショナリズム)の性格を強めることになる。20世紀においては国民国家とそれに伴う階級社会が転換することになり、少数民族や人権問題の出現、大衆社会の成立が認められる。国内政治において政党が代表していた階級社会が消失したために、政党によっても代表されない孤立化した大衆が表面化したのである。ソ連について言えば、スターリンが農業集団化と有産階級の撲滅により個々を孤立無援にすることで、大衆社会を成立させたとする。この大衆は自らの政治的発言を階級政党とは別の政治勢力として集約しようと試み、プロパガンダを活用する全体主義運動を支持することになった。全体主義は大衆の支持を維持するために、また全体主義が体制として機能するためにはテロルとイデオロギーが重要である。テロルは法の支配によって確立されていた自由の領域を排除し、イデオロギーは一定の運動へと強制することで全体主義を制度化した。全体主義体制が問題であるのは、「個人性をまったく殲滅するようなシステムをつくること」にある。
  • Elemente und Ursprünge totaler Herrschaft (1955 auf Deutsch erschienen) ist das umfangreichste Buch der politischen Theoretikerin Hannah Arendt und wird vielfach als ihr Hauptwerk bezeichnet. Sie widmete es ihrem Ehemann Heinrich Blücher, dem sie viele Anregungen zu dieser Arbeit verdankte. Arendt untersucht darin die historische Entstehung und die gemeinsamen politischen Merkmale des Nationalsozialismus und des Stalinismus. Der Titel zählt zu einem der frühesten Standardwerke der Totalitarismusforschung.
dbpedia-owl:author
dbpedia-owl:firstPublisher
dbpedia-owl:isbn
  • 2-02-086989-6 & 2-02-0798905 & 2-02-0798905
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:literaryGenre
dbpedia-owl:numberOfPages
  • 1 (xsd:integer)
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:originalTitle
  • The Origins of Totalitarianism
dbpedia-owl:publisher
dbpedia-owl:translator
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 966076 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7482 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 77 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 99349590 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:auteur
prop-fr:collection
  • Points
prop-fr:dateparution
  • 1972 (xsd:integer)
prop-fr:dateparutionOrig
  • 1951 (xsd:integer)
prop-fr:genre
prop-fr:isbn
  • 2 (xsd:integer)
prop-fr:langue
prop-fr:pages
  • 1031 (xsd:integer)
prop-fr:titre
  • Les Origines du totalitarisme
prop-fr:titreOrig
  • The Origins of Totalitarianism
prop-fr:traducteur
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:éditeur
prop-fr:éditeurOrig
dc:publisher
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Les Origines du totalitarisme (titre original : The Origins of Totalitarianism) est un ouvrage d’Hannah Arendt dont la première édition fut publiée en 1951.Il se compose de trois tomes : Antisemitism (L’Antisémitisme), publié en français en 1973 sous le titre Sur l’antisémitisme ; Imperialism (L’Impérialisme), publié en français en 1982 ; Totalitarianism (Le Totalitarisme), publié en français en 1972 sous le titre Le Système totalitaire.
  • 『全体主義の起源』(The Origins of Totalitarianism)とはハンナ・アーレントによる政治学の著作である。アーレントは1906年にドイツのハノーファーで生まれた政治学者である。1933年にナチ党が政権を掌握してからフランスへ亡命して政治活動に関わるが、1941年にフランス進攻があるとアメリカへ亡命して大学での教育に従事する。この著作では19世紀から20世紀にかけてイタリアやドイツで出現した全体主義についての論考が行われている。この著作は1951年に発表された研究であり、第1部の『反ユダヤ主義』、第2部の『帝国主義』、そして第3部の『全体主義』の三部から構成されている。19世紀のヨーロッパの政治秩序を構成していたのは絶対主義の王政に基づいた国民国家であった。国民国家は文化的同一性に立脚して統一的集団として確立された。この国民の枠組みとは別に成り立っていたのが階級社会である。つまり富裕層や貧困層などの諸階級から成り立っている階級社会であり、これは国民を文化的に同一だとした国民国家と本質的には矛盾するものである。当時のヨーロッパの政治秩序においてはこの国民国家と階級社会の衝突は見られることはなかったが、その中でユダヤ人は階級社会から隔絶されており、また平等な国民の一員として国家に保護されていた集団であった。そのために国家に対する不平不満が生じるとその矛先がユダヤ人に向けられるようになる。これが全体主義に向かう前段階であった。アーレントは『反ユダヤ主義』が表面化した事例としてドレフュス事件に言及している。国民国家の体制に次第に大きな影響力を及ぼすようになったのが資本主義であり、資本家は政治への介入を積極的に行うようになる。資本主義、人種主義、そして官僚制の混合として帝国主義が出現する。帝国主義は資本主義の原理によって資本の輸出を推進しながら行政によって権力の輸出をも推進する。この帝国主義の膨張活動にとって国民国家は支障となり、階級社会から脱落した人々であるモッブが移民となって植民地化に乗り出していった。加えて人種主義は国民とは異なる外見的な差異を持つ集団を自覚させることで植民地の支配を正当化し、また官僚制は植民地の支配に適当な政令を発令することで、帝国主義の特徴である半永久的な膨張政策を進展させた。イギリスやフランスは植民地を海外に求める海外帝国主義が可能であったが、ドイツやロシアはその海外展開に遅れたために欧州大陸内方面に植民地を求める大陸帝国主義を余儀なくされた。海外への膨張を遮られた大陸帝国主義は、次第に国民国家により構成された政治秩序を超えた汎民族運動と連携しながら、人種主義(種族的ナショナリズム)の性格を強めることになる。20世紀においては国民国家とそれに伴う階級社会が転換することになり、少数民族や人権問題の出現、大衆社会の成立が認められる。国内政治において政党が代表していた階級社会が消失したために、政党によっても代表されない孤立化した大衆が表面化したのである。ソ連について言えば、スターリンが農業集団化と有産階級の撲滅により個々を孤立無援にすることで、大衆社会を成立させたとする。この大衆は自らの政治的発言を階級政党とは別の政治勢力として集約しようと試み、プロパガンダを活用する全体主義運動を支持することになった。全体主義は大衆の支持を維持するために、また全体主義が体制として機能するためにはテロルとイデオロギーが重要である。テロルは法の支配によって確立されていた自由の領域を排除し、イデオロギーは一定の運動へと強制することで全体主義を制度化した。全体主義体制が問題であるのは、「個人性をまったく殲滅するようなシステムをつくること」にある。
  • Le origini del totalitarismo è un libro di Hannah Arendt del 1951.
  • As Origens do Totalitarismo (em alemão: Elemente und Ursprünge totaler Herrschaft, lit. "Elementos e Origens do Governo Totalitário") é um livro da autora teuto-americana Hannah Arendt que descreve e analisa os dois principais movimentos totalitários do século XX, o nazismo e o stalinismo. Seu título original era O Fardo de Nossos Tempos, e chegou a ser publicado como O Fardo de Nosso Tempo (The Burden of Our Time [sic]) na Grã-Bretanha em 1951.
  • The Origins of Totalitarianism (German Elemente und Ursprünge totaler Herrschaft, i.e. Elements and origins of totalitarian rule) is a book by Hannah Arendt which describes and analyzes the two major totalitarian movements of the 20th century, Nazism and Stalinism. Its original title was to have been 'The Burden of Our Times', and it was published as The Burden of Our Time [sic] in Britain in 1951.
  • Elemente und Ursprünge totaler Herrschaft (1955 auf Deutsch erschienen) ist das umfangreichste Buch der politischen Theoretikerin Hannah Arendt und wird vielfach als ihr Hauptwerk bezeichnet. Sie widmete es ihrem Ehemann Heinrich Blücher, dem sie viele Anregungen zu dieser Arbeit verdankte. Arendt untersucht darin die historische Entstehung und die gemeinsamen politischen Merkmale des Nationalsozialismus und des Stalinismus.
  • Los orígenes del totalitarismo (en inglés, The Origins of Totalitarianism) es un libro de Hannah Arendt que describe y analiza los dos movimientos totalitarios más importantes del siglo XX: el nazismo y el estalinismo. Publicado por primera vez en inglés en 1951, a menudo, es considerado el trabajo principal de la teórica política Hannah Arendt.
rdfs:label
  • Les Origines du totalitarisme
  • As Origens do Totalitarismo
  • Elemente und Ursprünge totaler Herrschaft
  • Le origini del totalitarismo
  • Los orígenes del totalitarismo
  • The Origins of Totalitarianism
  • 全体主義の起源
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Les Origines du totalitarisme
  • The Origins of Totalitarianism
is dbpedia-owl:created of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of