Le Latécoère 28 (ou Laté 28) est un avion de la compagnie Latécoère avec lequel Mermoz a traversé l'Atlantique Sud pour la première fois le 12 mai 1930.Il a été rendu célèbre par son utilisation dans les liaisons postales entre la France et l'Amérique du Sud au service de l'Aéropostale, dans les années 1930.C'était un avion monomoteur à aile haute capable d'emporter 8 passagers.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Le Latécoère 28 (ou Laté 28) est un avion de la compagnie Latécoère avec lequel Mermoz a traversé l'Atlantique Sud pour la première fois le 12 mai 1930.Il a été rendu célèbre par son utilisation dans les liaisons postales entre la France et l'Amérique du Sud au service de l'Aéropostale, dans les années 1930.C'était un avion monomoteur à aile haute capable d'emporter 8 passagers. Il fut construit en 50 exemplaires de 1927 à 1932 et son moteur Renault initial était remplacé par un Hispano-Suiza plus puissant.C'est sa version hydravion qui fut utilisée lors de la traversée de l'Atlantique Sud.
  • The Latécoère 28 was a successful French long-haul mail plane and passenger airliner of the 1930s. It was the main-stay of Air France's predecessor, Aéropostale in its efforts to establish intercontinental air mail services and support French colonialism and French cultural influence between the wars.[citation needed]Its pilots included famous poets and French men of letters such as Antoine de Saint Exupéry and Jean Mermoz as well as the usual veterans from World War I.
  • ラテコエール28(Latécoère 28)は、1930年代のフランスの長距離郵便機、旅客機である。エールフランスの前身の会社の1つ Aéropostaleで大陸間の郵便機として使われ、大戦間のフランスの植民地政策を補完した。アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリやジャン・メルモーズらの乗った飛行機として知られる。ラテコエール28はラテコエール26の発展型で、単発の支柱で支持された単葉機で、エンジンは初めルノー 12Jbrが搭載された。固定脚で閉鎖式のコクピットに2名の乗員が搭乗し、8人の乗客のためのキャビンが取り付けられた。1927年から1932年の間にいくつかの型式の50機が製作された。1930年5月12日、ラテコエール28-3はメルモーズによってセネガルのサンルイからブラジルのナタールまで南大西洋横を横断する21時間の郵便飛行に成功した。ルノーエンジンはすぐに500馬力のイスパノ・スイザのエンジンに換装され、水上機型は650馬力のイスパノスイザのエンジンが搭載された。カサブランカからダカールへの郵便飛行、パリとマドリード間の飛行、南アメリカへの郵便飛行に用いられた。南アメリカへの郵便飛行はそれまで汽船で数週間から1月かけて運ばれた郵便物を4日で送ることを可能にした。軍用機として使われたことは少ないが、ベネズエラ軍が爆撃機として3機を購入し、スペイン内戦で数機がフランス政府から人民戦線側に供与された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 500227 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1747 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 16 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 96912044 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:envergure
  • 19.250000 (xsd:double)
prop-fr:hauteur
  • 3.580000 (xsd:double)
prop-fr:longueur
  • 13.640000 (xsd:double)
prop-fr:masseMaxi
  • 3856 (xsd:integer)
prop-fr:masseÀVide
  • 3215 (xsd:integer)
prop-fr:moteur
  • 28 (xsd:integer)
prop-fr:nom
  • Latécoère 28
prop-fr:nombreDePlaces
  • 8 (xsd:integer)
prop-fr:plafond
  • 5 200 m
prop-fr:rayonD'action
  • 4.685000 (xsd:double)
prop-fr:surfaceAlaire
  • 48.600000 (xsd:double)
prop-fr:type
  • avion de transport civil et postal
prop-fr:vitesseDeCroisière
  • 215.0
prop-fr:vitesseMaxi
  • 223.0
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Le Latécoère 28 (ou Laté 28) est un avion de la compagnie Latécoère avec lequel Mermoz a traversé l'Atlantique Sud pour la première fois le 12 mai 1930.Il a été rendu célèbre par son utilisation dans les liaisons postales entre la France et l'Amérique du Sud au service de l'Aéropostale, dans les années 1930.C'était un avion monomoteur à aile haute capable d'emporter 8 passagers.
  • The Latécoère 28 was a successful French long-haul mail plane and passenger airliner of the 1930s. It was the main-stay of Air France's predecessor, Aéropostale in its efforts to establish intercontinental air mail services and support French colonialism and French cultural influence between the wars.[citation needed]Its pilots included famous poets and French men of letters such as Antoine de Saint Exupéry and Jean Mermoz as well as the usual veterans from World War I.
  • ラテコエール28(Latécoère 28)は、1930年代のフランスの長距離郵便機、旅客機である。エールフランスの前身の会社の1つ Aéropostaleで大陸間の郵便機として使われ、大戦間のフランスの植民地政策を補完した。アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリやジャン・メルモーズらの乗った飛行機として知られる。ラテコエール28はラテコエール26の発展型で、単発の支柱で支持された単葉機で、エンジンは初めルノー 12Jbrが搭載された。固定脚で閉鎖式のコクピットに2名の乗員が搭乗し、8人の乗客のためのキャビンが取り付けられた。1927年から1932年の間にいくつかの型式の50機が製作された。1930年5月12日、ラテコエール28-3はメルモーズによってセネガルのサンルイからブラジルのナタールまで南大西洋横を横断する21時間の郵便飛行に成功した。ルノーエンジンはすぐに500馬力のイスパノ・スイザのエンジンに換装され、水上機型は650馬力のイスパノスイザのエンジンが搭載された。カサブランカからダカールへの郵便飛行、パリとマドリード間の飛行、南アメリカへの郵便飛行に用いられた。南アメリカへの郵便飛行はそれまで汽船で数週間から1月かけて運ばれた郵便物を4日で送ることを可能にした。軍用機として使われたことは少ないが、ベネズエラ軍が爆撃機として3機を購入し、スペイン内戦で数機がフランス政府から人民戦線側に供与された。
rdfs:label
  • Latécoère 28
  • Latécoère 28
  • ラテコエール28
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of