Kim Warwick, né le 8 avril 1952 à Sydney, est un joueur de tennis australien. Il a remporté six tournois du Grand Chelem : 4 en double messieurs (3 fois l'Open d'Australie et 1 fois Roland-Garros) et 2 en double mixte. Il a atteint, en simple, la finale de l'Open d'Australie.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Kim Warwick, né le 8 avril 1952 à Sydney, est un joueur de tennis australien. Il a remporté six tournois du Grand Chelem : 4 en double messieurs (3 fois l'Open d'Australie et 1 fois Roland-Garros) et 2 en double mixte. Il a atteint, en simple, la finale de l'Open d'Australie.
  • Kim Warwick (* 8. April 1952 in Sydney) ist ein ehemaliger australischer Tennisspieler. Er gewann in seiner Karriere drei Titel im Einzel und 26 im Doppel.
  • Kim Warwick (n, 8 de abril de 1952 en Sídney, Australia) es un exjugador de tenis australiano. En su carrera conquistó 29 torneos ATP y su mejor posición en el ranking de individuales fue Nº15 en octubre de 1981 y en el de dobles fue Nº10 en diciembre de 1985. También es recordado por haber ganado 4 Abiertos de Australia en categoría dobles masculinos.
  • Kim Warwick (ur. 8 kwietnia 1952 w Sydney) – australijski tenisista, mistrz czterech turniejów wielkoszlemowych w grze podwójnej i dwóch w grze mieszanej.
  • キム・ウォーウィック(Kim Warwick, 1952年4月8日 - )は、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州シドニー市出身の元男子プロテニス選手。1980年の全豪オープン男子シングルス準優勝者。1970年代後半から1980年代前半にかけて、オーストラリアを代表するダブルスの名手として活躍し、4大大会で男子ダブルス4勝、混合ダブルス2勝を挙げた。ATPツアーではシングルス3勝、ダブルス26勝を挙げたが、準優勝が1980年全豪オープンを含めて8つあった。ウォーウィックは少年時代、オーストラリアの名コーチであるビクトル・エドワーズの“秘蔵っ子”として知られた。エドワーズはイボンヌ・グーラゴングを育てたコーチであり、ウォーウィックとグーラゴングは1972年に混合ダブルスでペアを組んだ。2人は全仏オープンで地元フランスペアのジャン・クロード・バークレー&フランソワーズ・デュール組を 6-2, 6-4 で破り、続くウィンブルドンでもイリ・ナスターゼ&ロージー・カザルス組との決勝まで進出したが、ナスターゼとカザルスには 4-6, 4-6 で敗れた。その後しばらく低迷期があったが、1976年全仏オープン混合ダブルスでイラナ・クロス(南アフリカ)とペアを組み、4年ぶり2度目の優勝を果たす。ウォーウィックの4大大会男子ダブルス初優勝は、1978年全豪オープンであった。この大会で、ウォーウィックはポーランドのヴォイチェフ・フィバクと組み、決勝でポール・クロンク&クリフ・レッチャー(ともにオーストラリア)組を 7-6, 7-5 で破って初優勝を決めた。パートナーのフィバクにとっては、これはポーランドの男子テニス選手として初めて獲得した4大大会タイトルであった。それから2年後、1980年全豪オープンでウォーウィックは男子シングルス・男子ダブルスの2部門に決勝進出を果たした。当時の全豪オープン男子シングルスは、64名の選手による6回戦制で行われていた。第14シードのウォーウィックは、準決勝で大会3連覇を目指した第1シードのギレルモ・ビラスを 6-7, 6-4, 6-2, 2-6, 6-4 で破ったが、決勝ではブライアン・ティーチャー(アメリカ)に 5-7, 6-7, 2-6 のストレートで敗れて準優勝になった。男子ダブルスではマーク・エドモンドソンとペアを組んで優勝し、それ以後ウォーウィックはエドモンドソンとペアを組む機会が多くなった。1981年全豪オープンで、ウォーウィック&エドモンドソン組は男子ダブルス2連覇を達成する。1982年はシングルスで好成績があり、全米オープンでイワン・レンドルとの準々決勝に進出した。4年後の1985年、ウォーウィックとエドモンドソンは全仏オープン男子ダブルスで初優勝を飾り、このペアで4大大会3勝目を挙げた。2人は決勝でシュロモ・グリックスタイン(イスラエル)&ハンス・シモンソン(スウェーデン)組に 6-3, 6-4, 6-7, 6-3 で競り勝った。ウォーウィックにとっては、1972年と1976年の混合ダブルス優勝以来、9年ぶり3個目の全仏オープンタイトルになる。ところが、半年後の全豪オープン男子ダブルス決勝で、ウォーウィックとエドモンドソンはポール・アナコーン(アメリカ)&クリスト・バン・レンスバーグ(南アフリカ)組に 6-3, 6-7, 4-6, 4-6 で敗れ、4年ぶりの優勝を逃した。当時の全豪オープンは、1978年から1985年まで12月の年末開催であったため、1月開催となった現在の感覚とは大きく異なる点が注意を要する。キム・ウォーウィックは「ジャパン・オープン」で何度か日本を訪れたこともあり、1977年の大会で単複の決勝進出があった。ダブルスでは同じオーストラリアのジェフ・マスターズとペアを組んで優勝したが、シングルス決勝ではマニュエル・オランテスに敗れている。彼のテニス経歴を通じて、ダブルスでは1987年まで優勝記録があり、通算「26勝」を獲得した。“エドワーズの秘蔵っ子”からスタートしたウォーウィックは、1989年に37歳で現役を引退した。
  • Kim Warwick (born 8 April 1952 in Sydney, Australia) is a former Australian professional male tennis player who competed on the ATP Tour from 1970–1987 reaching the final of the singles Australian Open in 1980. He defeated over 35 players ranked in the top 10 including Guillermo Vilas, Raul Ramerez, Vitas Gerulaitis, Jan Kodeš, Bob Lutz and Arthur Ashe. Warwick's career-high singles ranking was World No. 15, achieved in 1981. He won three singles titles and 26 doubles including Australian Open 1978 (with Wojtek Fibak) and Australian Open 1980 and 1981, Roland Garros 1986 and also a runner-up in Australian Open 1985, all of them partnering fellow countryman Mark Edmondson. Partnering with Evonne Goolagong, he won the French Open 1972, defeating Françoise Dürr and Jean-Claude Barclay in the final 6–2, 6–4. Evonne and Kim were finalists in 1972 at Wimbledon against Rosie Casals and Ilie Năstase who won 6–4, 6–4. Kim also was a member of the winning team of World Team Tennis in 1975 (Pittsburgh) and 1986 (San Antonio). Warwick also holds the record for the most match points missed in a losing effort, having held 11 chances to defeat eventual champion Adriano Panatta in the Rome Masters in 1976.
  • Kim Warwick (Sydney, 8 aprile 1952) è un ex tennista australiano.
dbpedia-owl:australiaOpenDouble
  • V(3)
dbpedia-owl:australiaOpenMixed
  • 1/8
dbpedia-owl:australiaOpenSingle
  • F(1)
dbpedia-owl:bestRankDouble
  • (09/12/1985)
dbpedia-owl:bestRankSingle
  • (12/10/1981)
dbpedia-owl:birthDate
  • 1952-04-08 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:finalLostDouble
  • 26
dbpedia-owl:finalLostSingle
  • 8
dbpedia-owl:firstProMatch
  • 1970
dbpedia-owl:lastProMatch
  • 1987
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:racketCatching
  • Droitier
dbpedia-owl:rolandGarrosDouble
  • V(1)
dbpedia-owl:rolandGarrosMixed
  • V(2)
dbpedia-owl:rolandGarrosSingle
  • 1/32
dbpedia-owl:titleDouble
  • 26
dbpedia-owl:titleSingle
  • 3
dbpedia-owl:usOpenDouble
  • 1/2
dbpedia-owl:usOpenMixed
  • 1/4
dbpedia-owl:usOpenSingle
  • 1/4
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1931286 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 24342 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 224 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 110878406 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:wimbledonDouble
  • 1/4
dbpedia-owl:wimbledonMixed
  • F(1)
dbpedia-owl:wimbledonSingle
  • 1/8
dbpedia-owl:worldTeamCup
  • 1 (1979)
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1952-04-08 (xsd:date)
prop-fr:dernierMatchPro
  • 1987 (xsd:integer)
prop-fr:finalesPerduesDouble
  • 26 (xsd:integer)
prop-fr:finalesPerduesSimple
  • 8 (xsd:integer)
prop-fr:lieuDeNaissance
  • Sydney
prop-fr:nom
  • Kim Warwick
prop-fr:openD'australieDouble
  • V
prop-fr:openD'australieMixte
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:openD'australieSimple
  • F
prop-fr:premierMatchPro
  • 1970 (xsd:integer)
prop-fr:priseDeRaquette
  • Droitier
prop-fr:rolandGarrosDouble
  • V
prop-fr:rolandGarrosMixte
  • V
  • V
prop-fr:rolandGarrosSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:titresDouble
  • 26 (xsd:integer)
prop-fr:titresSimple
  • 3 (xsd:integer)
prop-fr:usOpenDouble
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:usOpenMixte
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:usOpenSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:wimbledonDouble
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:wimbledonMixte
  • F
prop-fr:wimbledonSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:worldTeamCup
  • 1 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Kim Warwick, né le 8 avril 1952 à Sydney, est un joueur de tennis australien. Il a remporté six tournois du Grand Chelem : 4 en double messieurs (3 fois l'Open d'Australie et 1 fois Roland-Garros) et 2 en double mixte. Il a atteint, en simple, la finale de l'Open d'Australie.
  • Kim Warwick (* 8. April 1952 in Sydney) ist ein ehemaliger australischer Tennisspieler. Er gewann in seiner Karriere drei Titel im Einzel und 26 im Doppel.
  • Kim Warwick (n, 8 de abril de 1952 en Sídney, Australia) es un exjugador de tenis australiano. En su carrera conquistó 29 torneos ATP y su mejor posición en el ranking de individuales fue Nº15 en octubre de 1981 y en el de dobles fue Nº10 en diciembre de 1985. También es recordado por haber ganado 4 Abiertos de Australia en categoría dobles masculinos.
  • Kim Warwick (ur. 8 kwietnia 1952 w Sydney) – australijski tenisista, mistrz czterech turniejów wielkoszlemowych w grze podwójnej i dwóch w grze mieszanej.
  • キム・ウォーウィック(Kim Warwick, 1952年4月8日 - )は、オーストラリア・ニューサウスウェールズ州シドニー市出身の元男子プロテニス選手。1980年の全豪オープン男子シングルス準優勝者。1970年代後半から1980年代前半にかけて、オーストラリアを代表するダブルスの名手として活躍し、4大大会で男子ダブルス4勝、混合ダブルス2勝を挙げた。ATPツアーではシングルス3勝、ダブルス26勝を挙げたが、準優勝が1980年全豪オープンを含めて8つあった。ウォーウィックは少年時代、オーストラリアの名コーチであるビクトル・エドワーズの“秘蔵っ子”として知られた。エドワーズはイボンヌ・グーラゴングを育てたコーチであり、ウォーウィックとグーラゴングは1972年に混合ダブルスでペアを組んだ。2人は全仏オープンで地元フランスペアのジャン・クロード・バークレー&フランソワーズ・デュール組を 6-2, 6-4 で破り、続くウィンブルドンでもイリ・ナスターゼ&ロージー・カザルス組との決勝まで進出したが、ナスターゼとカザルスには 4-6, 4-6 で敗れた。その後しばらく低迷期があったが、1976年全仏オープン混合ダブルスでイラナ・クロス(南アフリカ)とペアを組み、4年ぶり2度目の優勝を果たす。ウォーウィックの4大大会男子ダブルス初優勝は、1978年全豪オープンであった。この大会で、ウォーウィックはポーランドのヴォイチェフ・フィバクと組み、決勝でポール・クロンク&クリフ・レッチャー(ともにオーストラリア)組を 7-6, 7-5 で破って初優勝を決めた。パートナーのフィバクにとっては、これはポーランドの男子テニス選手として初めて獲得した4大大会タイトルであった。それから2年後、1980年全豪オープンでウォーウィックは男子シングルス・男子ダブルスの2部門に決勝進出を果たした。当時の全豪オープン男子シングルスは、64名の選手による6回戦制で行われていた。第14シードのウォーウィックは、準決勝で大会3連覇を目指した第1シードのギレルモ・ビラスを 6-7, 6-4, 6-2, 2-6, 6-4 で破ったが、決勝ではブライアン・ティーチャー(アメリカ)に 5-7, 6-7, 2-6 のストレートで敗れて準優勝になった。男子ダブルスではマーク・エドモンドソンとペアを組んで優勝し、それ以後ウォーウィックはエドモンドソンとペアを組む機会が多くなった。1981年全豪オープンで、ウォーウィック&エドモンドソン組は男子ダブルス2連覇を達成する。1982年はシングルスで好成績があり、全米オープンでイワン・レンドルとの準々決勝に進出した。4年後の1985年、ウォーウィックとエドモンドソンは全仏オープン男子ダブルスで初優勝を飾り、このペアで4大大会3勝目を挙げた。2人は決勝でシュロモ・グリックスタイン(イスラエル)&ハンス・シモンソン(スウェーデン)組に 6-3, 6-4, 6-7, 6-3 で競り勝った。ウォーウィックにとっては、1972年と1976年の混合ダブルス優勝以来、9年ぶり3個目の全仏オープンタイトルになる。ところが、半年後の全豪オープン男子ダブルス決勝で、ウォーウィックとエドモンドソンはポール・アナコーン(アメリカ)&クリスト・バン・レンスバーグ(南アフリカ)組に 6-3, 6-7, 4-6, 4-6 で敗れ、4年ぶりの優勝を逃した。当時の全豪オープンは、1978年から1985年まで12月の年末開催であったため、1月開催となった現在の感覚とは大きく異なる点が注意を要する。キム・ウォーウィックは「ジャパン・オープン」で何度か日本を訪れたこともあり、1977年の大会で単複の決勝進出があった。ダブルスでは同じオーストラリアのジェフ・マスターズとペアを組んで優勝したが、シングルス決勝ではマニュエル・オランテスに敗れている。彼のテニス経歴を通じて、ダブルスでは1987年まで優勝記録があり、通算「26勝」を獲得した。“エドワーズの秘蔵っ子”からスタートしたウォーウィックは、1989年に37歳で現役を引退した。
  • Kim Warwick (Sydney, 8 aprile 1952) è un ex tennista australiano.
  • Kim Warwick (born 8 April 1952 in Sydney, Australia) is a former Australian professional male tennis player who competed on the ATP Tour from 1970–1987 reaching the final of the singles Australian Open in 1980. He defeated over 35 players ranked in the top 10 including Guillermo Vilas, Raul Ramerez, Vitas Gerulaitis, Jan Kodeš, Bob Lutz and Arthur Ashe. Warwick's career-high singles ranking was World No. 15, achieved in 1981.
rdfs:label
  • Kim Warwick
  • Kim Warwick
  • Kim Warwick
  • Kim Warwick
  • Kim Warwick
  • Kim Warwick
  • キム・ウォーウィック
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Kim Warwick
is dbpedia-owl:championInDoubleMale of
is dbpedia-owl:championInMixedDouble of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of