Julie Heldman (née le 8 décembre 1945 à Berkeley en Californie) est une joueuse de tennis américaine.Elle débute très jeune sa carrière sportive, au début des années 1960.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Julie Heldman (née le 8 décembre 1945 à Berkeley en Californie) est une joueuse de tennis américaine.Elle débute très jeune sa carrière sportive, au début des années 1960. Aux Jeux olympiques de Mexico en 1968, elle glane quelque cinq médailles – le tennis étant alors épreuve de démonstration.En 1970, avec huit autres joueuses, the Original Nine, elle a participé à la création du tout premier circuit professionnel de tennis féminin autonome (futur WTA Tour).Elle a joué ses derniers matchs en 1975, après avoir remporté une vingtaine de titres, notamment le tournoi de Cincinnati (1962) et les Internationaux d'Italie (1969) en simple dames.De 1973 à 1978, elle a commenté les matchs de Wimbledon et de l'US Open pour les chaînes de télévision CBS, NBC et HBO.Elle est la fille de Gladys Heldman.
  • Julie Heldman (born December 8, 1945) is a retired American tennis player who won 22 professional tennis titles. In 1969 she was World No. 5, her highest career world ranking, and was ranked No. 2 in the U.S.
  • Julie Medalie Heldman (* 8. Dezember 1945 in Berkeley) ist eine ehemalige US-amerikanische Tennisspielerin.
  • Julie Heldman (Berkeley, 8 dicembre 1945) è un'ex tennista statunitense.
  • Julie Medalie Heldman (Berkeley (Californië), 8 december 1945) is een voormalig professioneel tennisspeelster uit de Verenigde Staten. In het volwassenencircuit was ze actief van 1962 tot en met 1975.
  • Джули Медали Хелдман (англ. Julie Medalie Heldman; р. 8 декабря 1945(19451208), Беркли) — американская теннисистка. Двукратная обладательница Кубка Федерации в составе сборной США, победительница показательного Олимпийского теннисного турнира в Мехико (1968 год) в смешанном парном разряде (с Гербертом Фицгиббоном).
  • ジュリー・ヘルドマン(Julie Heldman, 1945年12月8日 - )は、アメリカ・カリフォルニア州バークレー出身の元女子プロテニス選手。名門のテニス一家に生まれ育ち、1960年代後半から1970年代前半にかけて、アメリカを代表する女子選手のひとりとして活動した。彼女はウィンブルドンを除く4大大会で女子シングルスのベスト4に入ったが、決勝戦には進出できず、故障のため早い年齢での現役引退を余儀なくされた。母親のグラディス・ヘルドマン(1922年 - 2003年)は、1953年に「ワールド・テニス」(World Tennis)という雑誌を創刊した著名なジャーナリストで、女子テニスツアー機構の創設にも大きく貢献し、(選手ではない)「ジャーナリスト」部門で国際テニス殿堂入りした人である。[1] 父親のジュリアスは、かつての全米選手権ジュニア・チャンピオンであり、グラディスは夫の影響でテニス振興活動に熱中し始めたという。ジュリーはそのような家庭環境の中で、姉のキャリーとともに早くからテニスに親しみ、1960年から全米選手権に出場し始めた。1966年、ヘルドマンは初めて全仏選手権のベスト8に入る。1968年のメキシコ五輪では、テニスの非公式競技が「公開競技」(Demonstration)と「エキシビション」(Exhibition)に分かれて実施された。[2] 当時はまだ「アマチュアテニス選手」であったヘルドマンは、このメキシコ五輪の非公式競技に参加し、「公開競技」で女子シングルス銅メダル・女子ダブルス銀メダル・混合ダブルス金メダル、「エキシビション」で女子シングルス銀メダル・女子ダブルス金メダルを獲得した。ヘルドマンは1969年から「プロテニス選手」に転向し、この年に全仏オープン・ウィンブルドン・全米オープンの3大会連続でベスト8に進出し、世界ランキングで自己最高の「5位」に入った。この頃、女子テニス界はシステムの転換点を迎え、9人の女子プロ選手たちが全米テニス協会(USTA)を離脱して、テキサス州ヒューストンに本拠を置く「バージニア・スリムズ・サーキット」というプロテニスツアーに参加を決定した。ジュリーはビリー・ジーン・キング夫人、ロージー・カザルス、ナンシー・リッチー、ジュディ・テガート・ドールトン、ケリー・メルビル、クリスティ・ピジョン、ヴァレリー・ジーゲンフス、ピーチズ・バルトコビッツと並んで「ヒューストンの9人」(Houston Nine)と呼ばれ、ジュリーの母親グラディスが「バージニア・スリムズ・サーキット」を全面的に支援した。このサーキットは商業的な成功を収め、こうして現在のような女子プロテニスツアーの原型が据えられた。ヘルドマンはその後、1970年全仏オープンで初の準決勝に進出したが、ここではマーガレット・コート夫人に 0-6, 2-6 で完敗した。4年後の1974年、ヘルドマンは全豪オープンと全米オープンの2大会で準決勝に進出した。キャリアで唯一の出場となった全豪オープンでは、当時19歳になったばかりのクリス・エバートに 2-6, 3-6 で敗れ、全米オープンではビリー・ジーン・キング夫人に 6-2, 3-6, 1-6 で逆転負けした。キャリアを通じて3度の4大大会女子シングルス準決勝進出があったが、ヘルドマンはとうとう決勝戦に手が届かなかった。1975年は全仏オープン1回戦・全米オープン2回戦敗退に終わったヘルドマンは、この年に「バージニア・スリムズ・サーキット」で最後のシーズンを戦った後、故障のため1976年に現役を引退した。引退後は母親の影響もあり、テレビ解説者として多方面の活躍を続けてきた。その間、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で法学を学んだこともある。ジュリー・ヘルドマンは2001年に「国際ユダヤ人スポーツ殿堂」入りを果たしたが、2年後に母親のグラディスを亡くした。
dbpedia-owl:australiaOpenDouble
  • 1/2
dbpedia-owl:australiaOpenSingle
  • 1/2
dbpedia-owl:birthDate
  • 1945-12-08 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:fedCup
  • 2 (1966, 1969)
dbpedia-owl:lastProMatch
  • 1975
  • (dernier match officiel)
dbpedia-owl:rolandGarrosDouble
  • 1/2
dbpedia-owl:rolandGarrosMixed
  • 1/4
dbpedia-owl:rolandGarrosSingle
  • 1/2
dbpedia-owl:spouseName
  • épouse Weiss
dbpedia-owl:usOpenDouble
  • 1/2
dbpedia-owl:usOpenMixed
  • 1/2
dbpedia-owl:usOpenSingle
  • 1/2
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1173445 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 55502 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 598 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 110423957 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:wimbledonDouble
  • 1/4
dbpedia-owl:wimbledonMixed
  • 1/4
dbpedia-owl:wimbledonSingle
  • 1/4
prop-fr:catégorie
  • JO
prop-fr:contexte
  • Joueuse
prop-fr:couleurbordure
  • #FFFFFF
prop-fr:couleurfondt
  • #CCCCCC
prop-fr:date
  • 1962 (xsd:integer)
  • 1965 (xsd:integer)
  • 1969 (xsd:integer)
  • 1968-07-07 (xsd:date)
  • 1968-07-15 (xsd:date)
  • 1968-10-14 (xsd:date)
  • 1968-10-28 (xsd:date)
  • 1969-03-31 (xsd:date)
  • 1969-06-09 (xsd:date)
  • 1969-10-28 (xsd:date)
  • 1969-11-03 (xsd:date)
  • 1969-11-13 (xsd:date)
  • 1970-04-20 (xsd:date)
  • 1970-07-13 (xsd:date)
  • 1971-04-05 (xsd:date)
  • 1971-06-07 (xsd:date)
  • 1971-08-09 (xsd:date)
  • 1971-10-12 (xsd:date)
  • 1971-10-19 (xsd:date)
  • 1971-10-23 (xsd:date)
  • 1971-11-02 (xsd:date)
  • 1971-11-08 (xsd:date)
  • 1971-11-18 (xsd:date)
  • 1972-07-10 (xsd:date)
  • 1972-10-17 (xsd:date)
  • 1972-10-24 (xsd:date)
  • 1972-10-31 (xsd:date)
  • 1973-01-23 (xsd:date)
  • 1973-01-29 (xsd:date)
  • 1973-06-04 (xsd:date)
  • 1973-07-09 (xsd:date)
  • 1973-08-19 (xsd:date)
  • 1973-10-22 (xsd:date)
  • 1973-10-30 (xsd:date)
  • 1973-11-11 (xsd:date)
  • 1974-03-18 (xsd:date)
  • 1974-05-20 (xsd:date)
  • 1974-08-05 (xsd:date)
  • 1974-08-12 (xsd:date)
  • 1974-08-19 (xsd:date)
  • 1974-09-16 (xsd:date)
  • 1974-10-28 (xsd:date)
  • 1974-11-04 (xsd:date)
  • 1974-11-11 (xsd:date)
  • 1975-08-04 (xsd:date)
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1945-12-08 (xsd:date)
prop-fr:dernierMatchPro
  • 1975 (xsd:integer)
prop-fr:dotation
  • 7800 (xsd:integer)
  • 10000 (xsd:integer)
  • 25000 (xsd:integer)
  • 30000 (xsd:integer)
  • 50000 (xsd:integer)
  • 72000 (xsd:integer)
  • Non
prop-fr:f
  • Chris Evert
  • Dianne Fromholtz
  • Françoise Dürr
  • Glynis Coles
  • Helga Masthoff
  • Karen Krantzcke
  • Kerry Melville
  • Lesley Hunt
  • Margaret Smith Court
  • Patti Hogan
  • Peggy Michel
  • Raquel Giscafré
  • Sharon Walsh
  • Valerie Ziegenfuss
  • Virginia Wade
  • Jeanne Evert
  • Kerry Harris
  • Jürgen Fassbender
  • Kathleen Harter
  • Nell Truman
  • Ana María Arias
  • Barbara Hawcroft
  • Faye Urban
  • Peaches Bartkowicz
  • Roberta Alison
  • Jackie Fayter-Hough
prop-fr:fedCup
  • 2 (xsd:integer)
prop-fr:lieuDeNaissance
  • Berkeley
prop-fr:margebas
  • 0 (xsd:integer)
prop-fr:nom
  • Julie Heldman
prop-fr:nomD'épouse
  • épouse Weiss
prop-fr:n°_
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
  • 9 (xsd:integer)
  • 10 (xsd:integer)
  • 11 (xsd:integer)
  • 12 (xsd:integer)
  • 13 (xsd:integer)
  • 14 (xsd:integer)
  • 15 (xsd:integer)
  • 16 (xsd:integer)
  • 17 (xsd:integer)
  • 18 (xsd:integer)
  • 19 (xsd:integer)
  • 20 (xsd:integer)
prop-fr:openD'australieDouble
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:openD'australieSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:palmarès
  • Finales
  • Titres
prop-fr:parcours
prop-fr:pn
  • Ann Kiyomura
  • Betty Stöve
  • Evonne Goolagong
  • Françoise Dürr
  • Olga Morozova
  • Pam Teeguarden
  • Rosie Casals
  • Rosie Darmon
  • Virginia Wade
  • Gail Sherriff
  • Linda Tuero
  • Mary-Ann Eisel
  • Judy Tegart-Dalton
  • Kathleen Harter
  • Herb Fitzgibbon
  • Benita Senn
  • ''' Dianne Fromholtz
prop-fr:rolandGarrosDouble
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:rolandGarrosMixte
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:rolandGarrosSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:score
  • 1 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • Partage
  • default
  • Sort
prop-fr:surface
  • Gazon
  • Terre
  • Dur
  • Moquette
prop-fr:tableau
  • Double
  • Simple
prop-fr:titre
  • En double dames
  • En simple dames
  • En double mixte
  • Finales : 19
  • Titres : 12
  • Titres : 1
  • Finales : 20
  • Titres : 8
prop-fr:tournoi
  • Internationaux d'Italie
  • Open de Cincinnati
  • Open de Los Angeles
  • Open de Nottingham
  • Open de Porto Rico
  • Open de Suisse
  • Open de Suède
  • Open du Canada
  • Tournoi d'Orlando
  • Tournoi de Cardiff
  • Tournoi de Newport
  • Tournoi de Washington
  • US Clay Court
  • Tournoi de Chichester
  • Championnat de Newport
  • Coupe de Billingham
  • Tournoi de St. Petersburg
  • Championnat de tennis d'Hoylake
  • Championnat de tennis de Bournemouth
  • Coupe de tennis d'Aberavon
  • Coupe de tennis de Torquay
  • London Indoor Championships
  • Tournoi de tennis de Beckenham
  • Tennis aux Jeux olympiques d'été
  • Coupe d'Édimbourg
  • Tournoi d'Akron
  • Coupe de Londres
prop-fr:usOpenDouble
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:usOpenMixte
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:usOpenSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:v
  • Billie Jean King
  • Chris Evert
  • Françoise Dürr
  • Helga Masthoff
  • Karen Krantzcke
  • Kerry Melville
  • Margaret Smith Court
  • Martina Navrátilová
  • María-Isabel Fernández
  • Olga Morozova
  • Patti Hogan
  • Rosie Casals
  • Sharon Walsh
  • Virginia Wade
  • Marita Redondo
  • Ann Haydon-Jones
  • Annette Van Zyl
  • Edda Buding
  • Judy Tegart-Dalton
  • Lesley Charles
  • Vicky Berner
  • Sue Mappin
  • Faye Urban
  • Peaches Bartkowicz
  • Eva Lundquist
  • Fiorella Bonicelli
prop-fr:ville
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:wimbledonDouble
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:wimbledonMixte
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:wimbledonSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:édition
  • Jeux olympiques d'été
  • Italian Open
  • Barnett Bank Classic
  • Rothmans Canadian Open
  • VS of Newport
  • Dewar Cup Final
  • US Clay Court Champ’s
  • Virginia Slims Masters
  • Akron Open
  • British Motor Cars of Los Angeles
  • Caribe Hilton
  • Dewar Cup of Aberavon
  • Embassy Open Indoor Championships
  • Kent Championships
  • Rothmans North of England Champ’s
  • Swiss Open Championships
  • John Player Tournament
  • VS Grass Court Championships
  • Cincinnati tournament
  • Rothmans British HC Champ’s
  • Swedish Open
  • Canadian Nationals
  • Dewar Cup
  • Dewar Circuit
  • Green Shield Welsh Champ’s
  • Rothmans Championships
  • Virginia Slims of Washington DC
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Julie Heldman (née le 8 décembre 1945 à Berkeley en Californie) est une joueuse de tennis américaine.Elle débute très jeune sa carrière sportive, au début des années 1960.
  • Julie Heldman (born December 8, 1945) is a retired American tennis player who won 22 professional tennis titles. In 1969 she was World No. 5, her highest career world ranking, and was ranked No. 2 in the U.S.
  • Julie Medalie Heldman (* 8. Dezember 1945 in Berkeley) ist eine ehemalige US-amerikanische Tennisspielerin.
  • Julie Heldman (Berkeley, 8 dicembre 1945) è un'ex tennista statunitense.
  • Julie Medalie Heldman (Berkeley (Californië), 8 december 1945) is een voormalig professioneel tennisspeelster uit de Verenigde Staten. In het volwassenencircuit was ze actief van 1962 tot en met 1975.
  • Джули Медали Хелдман (англ. Julie Medalie Heldman; р. 8 декабря 1945(19451208), Беркли) — американская теннисистка. Двукратная обладательница Кубка Федерации в составе сборной США, победительница показательного Олимпийского теннисного турнира в Мехико (1968 год) в смешанном парном разряде (с Гербертом Фицгиббоном).
  • ジュリー・ヘルドマン(Julie Heldman, 1945年12月8日 - )は、アメリカ・カリフォルニア州バークレー出身の元女子プロテニス選手。名門のテニス一家に生まれ育ち、1960年代後半から1970年代前半にかけて、アメリカを代表する女子選手のひとりとして活動した。彼女はウィンブルドンを除く4大大会で女子シングルスのベスト4に入ったが、決勝戦には進出できず、故障のため早い年齢での現役引退を余儀なくされた。母親のグラディス・ヘルドマン(1922年 - 2003年)は、1953年に「ワールド・テニス」(World Tennis)という雑誌を創刊した著名なジャーナリストで、女子テニスツアー機構の創設にも大きく貢献し、(選手ではない)「ジャーナリスト」部門で国際テニス殿堂入りした人である。[1] 父親のジュリアスは、かつての全米選手権ジュニア・チャンピオンであり、グラディスは夫の影響でテニス振興活動に熱中し始めたという。ジュリーはそのような家庭環境の中で、姉のキャリーとともに早くからテニスに親しみ、1960年から全米選手権に出場し始めた。1966年、ヘルドマンは初めて全仏選手権のベスト8に入る。1968年のメキシコ五輪では、テニスの非公式競技が「公開競技」(Demonstration)と「エキシビション」(Exhibition)に分かれて実施された。[2] 当時はまだ「アマチュアテニス選手」であったヘルドマンは、このメキシコ五輪の非公式競技に参加し、「公開競技」で女子シングルス銅メダル・女子ダブルス銀メダル・混合ダブルス金メダル、「エキシビション」で女子シングルス銀メダル・女子ダブルス金メダルを獲得した。ヘルドマンは1969年から「プロテニス選手」に転向し、この年に全仏オープン・ウィンブルドン・全米オープンの3大会連続でベスト8に進出し、世界ランキングで自己最高の「5位」に入った。この頃、女子テニス界はシステムの転換点を迎え、9人の女子プロ選手たちが全米テニス協会(USTA)を離脱して、テキサス州ヒューストンに本拠を置く「バージニア・スリムズ・サーキット」というプロテニスツアーに参加を決定した。ジュリーはビリー・ジーン・キング夫人、ロージー・カザルス、ナンシー・リッチー、ジュディ・テガート・ドールトン、ケリー・メルビル、クリスティ・ピジョン、ヴァレリー・ジーゲンフス、ピーチズ・バルトコビッツと並んで「ヒューストンの9人」(Houston Nine)と呼ばれ、ジュリーの母親グラディスが「バージニア・スリムズ・サーキット」を全面的に支援した。このサーキットは商業的な成功を収め、こうして現在のような女子プロテニスツアーの原型が据えられた。ヘルドマンはその後、1970年全仏オープンで初の準決勝に進出したが、ここではマーガレット・コート夫人に 0-6, 2-6 で完敗した。4年後の1974年、ヘルドマンは全豪オープンと全米オープンの2大会で準決勝に進出した。キャリアで唯一の出場となった全豪オープンでは、当時19歳になったばかりのクリス・エバートに 2-6, 3-6 で敗れ、全米オープンではビリー・ジーン・キング夫人に 6-2, 3-6, 1-6 で逆転負けした。キャリアを通じて3度の4大大会女子シングルス準決勝進出があったが、ヘルドマンはとうとう決勝戦に手が届かなかった。1975年は全仏オープン1回戦・全米オープン2回戦敗退に終わったヘルドマンは、この年に「バージニア・スリムズ・サーキット」で最後のシーズンを戦った後、故障のため1976年に現役を引退した。引退後は母親の影響もあり、テレビ解説者として多方面の活躍を続けてきた。その間、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で法学を学んだこともある。ジュリー・ヘルドマンは2001年に「国際ユダヤ人スポーツ殿堂」入りを果たしたが、2年後に母親のグラディスを亡くした。
rdfs:label
  • Julie Heldman
  • Julie Heldman
  • Julie Heldman
  • Julie Heldman
  • Julie Heldman
  • Хелдман, Джули
  • ジュリー・ヘルドマン
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Julie Heldman
is dbpedia-owl:championInDoubleFemale of
is dbpedia-owl:championInDoubleMale of
is dbpedia-owl:championInMixedDouble of
is dbpedia-owl:championInSingleMale of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of