See also: 2008 in sports, Portal:Sports and games

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • See also: 2008 in sports, Portal:Sports and games
  • == 2008年7月31日追加 == (水泳)ナショナルトレーニングセンターで合宿中だった水球の男子日本代表候補の3選手が合宿中に禁止されていた喫煙行為とタバコの火の不始末を再三繰り返していたとして、日本水泳連盟が3選手に対外試合出場禁止等の処分を行うと共に、水球強化部長を解任していたことが明らかに。 - 産経新聞== 2008年7月30日追加 ==(大リーグ)アメリカ大リーグ・マリナーズのイチロー外野手が、テキサス州アーリントンで行われたレンジャーズ戦の1回にレフト前安打を打ち、日米通算3,000安打を達成。日本のプロ野球選手で3,000安打を達成したのは、3,085安打のプロ野球記録を持つ張本勲(元東映・巨人・ロッテ)に次ぎ2人目。 -産経新聞(ボクシング)フライ級ダブル世界タイトルマッチ各12回戦(国立代々木競技場)で、世界ボクシング協会(WBA)チャンピオン・坂田健史(協栄)が、挑戦者で同級3位の久高寛之(仲里ATSUMI)を3-0の判定で下し、4度目の防衛に成功。 -産経新聞== 2008年7月29日追加 ==(競馬)デビュー以来165連敗の国内最多連敗記録を持つエリザベスクィーン(7歳・牝・兵庫県競馬組合所属)が29日の園田競馬第8レースで初勝利、連敗記録を止める。 - 朝日新聞(訃報)(競馬)日本中央競馬会(JRA)は、1995年の日本ダービー馬・タヤスツヨシが、繋養先の北海道日高町の牧場『ブリーダーズ・スタリオン・ステーション』で死んだと発表。タヤスツヨシはこの日の早朝、牧場内でバランスを崩し転倒した際に、右大腿骨を骨折し、安楽死の処置が取られた。 -産経新聞(サッカー)北京オリンピックに向けた最後の壮行試合となるサッカー日本代表の対アルゼンチン戦が国立競技場で行われた。0-1で日本がリードされて迎えた後半39分、折からの雷雨のため打ち切り、日本はそのまま敗戦。 -産経新聞== 2008年7月28日追加 == (自転車) ツール・ド・フランスは27日(現地時間)最終ステージが行われ、カルロス・サストレ(スペイン)が初の総合優勝を果たす。 - 朝日新聞== 2008年7月27日追加 == (サッカー)ポルトガル・スーペル・リーガのFCポルトは、Jリーグ・東京ヴェルディのFW・フッキを獲得したと発表した。 - 時事通信 (大リーグ)ニューヨーク・ヤンキースは26日、傘下の3A・スクラントンに所属する井川慶を40人ロースターから除外した。事実上の戦力外通告。 - 読売新聞== 2008年7月26日追加 == (野球)(オリンピック)国際野球連盟 (IBAF) は25日、国際大会での延長戦の決着を早めるためにタイブレークルールを導入する意向を発表した。北京五輪でも導入予定とのこと。 - 読売新聞== 2008年7月25日追加 == (オリンピック)国際オリンピック委員会 (IOC) は23日、イラクに対して、政府による介入などによる国内オリンピック委員会の機能不全を理由にIOCの資格停止を通告する書簡を送付。これによりイラクの北京オリンピックへの参加が不可能になった。 - 毎日新聞 (大相撲)大相撲七月場所(名古屋場所)は25日、13日目の取り組みを行い、大関・魁皇博之を破った横綱・白鵬翔が千秋楽を待たずに優勝を決める。白鵬の優勝は3場所ぶり7度目、名古屋場所での優勝は初めて。 - 産経新聞 (サッカー)Jリーグ1部 (J1) の柏レイソルは、ペルー・シエンシアーノ所属の澤昌克の完全移籍での加入が内定したと発表。 - 朝日新聞== 2008年7月24日追加 == (サッカー)北京オリンピック日本代表にも選ばれているゴールキーパーの西川周作(大分トリニータ)が、自身のブログに「Jリーグの試合で故意に警告を受けた」と記述した問題で、社団法人日本プロサッカーリーグは23日、西川と所属クラブの大分に厳重注意を行った。 - 朝日新聞== 2008年7月23日追加 ==== 2008年7月22日追加 ==(サッカー)Jリーグ ディビジョン1(J1)ガンバ大阪のFW・バレーが、アラブ首長国連邦のアルアハリに移籍するため、退団することが決まった。 -産経新聞== 2008年7月21日追加 == (ゴルフ)イギリス・ロイヤルバークデール・ゴルフクラブで行われた今シーズンのメジャー第3戦・全英オープンゴルフ選手権は20日(現地時間)最終ラウンドが行われ、パドレイグ・ハリントン(アイルランド)が通算3オーバーで2連覇を達成。この日スタート時点で首位だったグレッグ・ノーマン(オーストラリア)は通算9オーバーの3位タイに終わり、メジャー史上最年長優勝の記録更新はならず。 - 朝日新聞== 2008年7月20日追加 ==(大相撲)文部科学省が日本相撲協会に対し、両国国技館の改修を巡り、数億円規模の高額工事を随意契約により実施している実態が公益法人として望ましくないとして、行政指導を行っていたことが明らかになり、文科省は相撲協会に対し、9月末日までに報告するよう求めた。 -読売新聞== 2008年7月19日追加 == (ゴルフ)イギリス・ロイヤルバークデール・ゴルフクラブで行われている全英オープンゴルフ選手権は18日(現地時間)第2ラウンドが行われ、崔京周(韓国)が通算1アンダーで単独トップ。日本から参加した7選手は矢野東と塚田好宣の通算10オーバー(84位)が最高で全員が予選落ち。日本からの参加選手が一人も決勝ラウンドに進めなかったのは1992年以来16年ぶり。 - 毎日新聞== 2008年7月18日追加 == (大相撲)愛知県体育館で行われている大相撲七月場所(名古屋場所)に出場していた横綱・朝青龍明徳が18日から休場。関係者によると、この日の朝に肘の痛みを訴え、名古屋市内の病院に向かったという。朝青龍の(出場停止を除く)休場は2006年五月場所(夏場所)以来3回目。前日まで3勝2敗であった。 - 毎日新聞 (サッカー)Jリーグ1部 (J1) のガンバ大阪が、休園中の遊園地であるエキスポランド(大阪府吹田市)内に新たな本拠地となるスタジアムの建設を計画していることが明らかになった。クラブ関係者が18日に取材に対して認めたもの。ガンバ大阪は同じ万博記念公園内にある万博記念競技場を本拠地としてきたが、収容人員(約2万1000人)の少なさから新スタジアムの建設が懸案事項となっていた。 - 産経新聞== 2008年7月17日追加 ==(大リーグ)MLBオールスターゲームは15日(現地時間)ヤンキー・スタジアム(ニューヨーク州ニューヨーク)で行われ、アメリカンリーグが延長15回、4 - 3でナショナルリーグにサヨナラ勝ち。延長15回、試合時間4時間50分はいずれもオールスターゲーム史上最長。最優秀選手 (MVP)には本塁打を含む2安打を放ったJ.D.ドリュー(ボストン・レッドソックス)が選ばれる。 - 毎日新聞(サッカー)元サッカーブラジル代表のロナウジーニョが、FCバルセロナ(スペイン・リーガ・エスパニョーラ)からACミラン(イタリア・セリエA)に移籍することが15日(現地時間)発表された。イタリアでの報道によると、移籍金は1500万ユーロ(約25億円)とのこと。 - 毎日新聞(野球)(オリンピック)野球の北京オリンピック代表選手24人が決定。ダルビッシュ有(日本ハム)・上原浩治(巨人)・田中将大(楽天)らが選出された。 -産経新聞(大リーグ)日本人選手のアメリカ大リーグ進出の先駆けとなり、日本と大リーグとで通算201勝を挙げた野茂英雄投手が、現役引退の決意を固めたことが明らかになった。4月にロイヤルズを自由契約となった後も、獲得に乗り出す球団が無く、引退を決意したという。 -産経新聞== 2008年7月16日追加 ==== 2008年7月15日追加 ==== 2008年7月14日追加 ==== 2008年7月13日追加 ==== 2008年7月12日追加 ==(サッカー)(ドーピング)11日、我那覇和樹(J1・川崎)の弁護団が、Jリーグおよび日本サッカー協会に対し、要望書を送付したことを明らかにした。要望書では、Jリーグがスポーツ仲裁裁判所(CAS)の裁定に対して誤った見解をとっているため、その是正と関係者に対する必要な措置、また、Jリーグに誤りを繰り返さないことなどを求めている。さらに、今回のJリーグの誤った判断の背景に組織上の重大な問題をついても指摘している。(野球)(オリンピック)オランダで野球のハールレム国際大会を視察していた、野球の北京オリンピック日本代表の星野仙一監督は、12日に帰国した後、現地で柵に強打し痛めた右脇腹の検査を受けたところ、右肋骨骨折で全治3週間と診断された。 -産経新聞== 2008年7月11日追加 ==(サッカー)10日、日本サッカー協会は理事会を開き、Jリーグで同一チームから5人以上の警告または退場者を出した場合、当該チームに罰金J1は50万円、J2は25万円を科するなどの基本改正案を承認した。また、出場停止になった選手にも罰金(J1:10万円、J2:5万円)を科することにした。なお、これは国際サッカー連盟(FIFA)の懲罰規定に合わせたものである。== 2008年7月10日追加 ==(高校野球)第80回記念選抜高校野球大会の第4回運営委員会が行われ、2009年春の第81回大会からは、『21世紀枠』を2枠から3枠に増やす一方、『希望枠』(1枠)については、失点・失策などのデータに関して、各球場の状況が違うことなど、公平性確保が難しいとの問題点があるため、廃止することを承認。 -毎日新聞(サッカー)日本サッカー協会は、10日に行われた理事会で、役員改選に伴い、任期満了で退任する川淵三郎会長の後任に、Jリーグ専務理事の犬飼基昭常務理事を昇格させる人事案を承認。新理事には、元ラグビー日本代表監督の平尾誠二、2008年に現役復帰した女子テニスのクルム伊達公子も加わった。川淵会長は名誉会長に。 -産経新聞== 2008年7月9日追加 ==(陸上競技)5日、オリンピック代表を決める全米陸上選手権がオレゴン州ユージーンで第6日目が行われた。男子200メートル2次予選でタイソン・ゲイが30メートルも走らないところでトラックへ転がった。左太もも裏を痛めたためだった。6日、米陸連は、タイソンが MRI による精密検査を受け左太もも裏の筋肉の軽い張りと診断されたと発表した。2週間ばかり本格的練習はやめるが、北京オリンピックへの出場は支障ないと見込み。→関連7月1日== 2008年7月8日追加 ==(プロ野球)7日、プロ野球の実行委員会が開かれた。2009年のセ・パ両リーグの交流戦を今年と同じ各24試合行うことを決めた。2001年3月に行われる予定のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への参加を正式に決めた。今年も東京ドームでアジアシリーズを中国・韓国・台湾・日本の4国で行うことを決めた。== 2008年7月7日追加 ==(テニス)テニスのウィンブルドン選手権最終日、男子シングルス決勝が行われ、全仏オープンの覇者で第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が、史上2人目の6連覇を目指した第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)をフルセットで破り初優勝。 -読売新聞(大リーグ)アメリカ大リーグは、15日のオールスター戦の出場選手を発表。日本人選手では、マリナーズのイチローとカブスの福留孝介が選出された。イチローはメジャーデビューから8年連続出場。福留は初出場。今季9勝1敗の松坂大輔(レッドソックス)は選出されなかった。 -読売新聞(ドーピング)3日、米アンチ・ドーピング機関(USADA)は、北京オリンピックの体操男子代表のモーガン・ハムから、ドーピング(禁止薬物使用)検査で陽性反応が出たと発表した。これにより同選手の全米選手権の記録は抹消された。== 2008年7月6日追加 ==(テニス)英国のオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブで行われているテニスの四大大会の一つウィンブルドン選手権の第11日目の4日、男子シングルスの準決勝が行われ、第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)はマラト・サフィン(ロシア)を6-3、7-6、6-4で破り、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)はライナー・シュットラー(ドイツ)を6-1、7-6、6-4で退け、決勝に進んだ。両選手の対決は3年連続となる。(サッカー)4日、イタリア・サッカー協会は、昨シーズンのセリエA(同国1部リーグ)のアタランタとリボルノ戦のホームとアウェーの2試合で不正行為が行われたとして、アタランタ2選手リボルノ3選手を告発した。両チームは昨年12月は1-1で引き分け、5月はアタランタが3-2で勝ち、リボルノは2部に降格。イタリア・サッカー界は2006年にユヴェントスやミランなどが関与した不正事件で大きく揺れたばかりである。== 2008年7月5日追加 ==(テニス)英国のオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブで行われているテニスの四大大会の一つウィンブルドン選手権の第10日目の3日、女子シングルス準決勝が行われ、ビーナス・ウィリアムズ(米国)が第5シードのエレナ・デメンチェワ(ロシア)に6-1、7-6で快勝し、第6シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)は鄭潔(中国)を6-2、7-6で下した。ウィンブルドンでの決勝戦は姉のヴィーナスが5度目、妹のセリーナは3度目である、この姉妹の対決は5度目で3年ぶりである。(大リーグ)3日、米メジャーリーグの試合は各地で行われ、シアトル・マリナーズのイチローはデトロイト・タイガース戦で3安打し、3試合連続複数安打と大活躍で、打率は3割5厘。== 2008年7月4日追加 ==(大リーグ)2日、米メジャーリーグの試合は各地で行われ、シアトル・マリナーズのイチローは、トロント・ブルージェイズ戦で3打数3安打と活躍し、打率を3割1厘に上げ、約3ヶ月ぶりに3割台に戻した。(ドーピング)2日、国際オリンピック委員会(IOC)は、北京オリンピックでのドーピング(禁止薬物使用)撲滅のために、今月27日から大会終了まで、4500回以上の検査を実施する予定であることを発表した。また、6月の理事会で、ドーピングで6ヶ月以上の出場停止処分を受けた違反者は、処分期間が明けても次のオリンピックへの出場を認めないとする新規約を承認した。== 2008年7月3日追加 ==(サッカー)サッカーの欧州選手権の第17日の6月25日は、スイスのバーゼルで準決勝のドイツとトルコが対戦し、ドイツが3-2で競り勝ち、通算6度目の決勝神を果たした。第18日の6月26日は、ウィーンで準決勝の残り1試合が行われ、スペインがロシアに3-0で快勝した。最終日の6月29日、ウィーンで決勝戦が行われ、スペインがドイツを1-0で下し、2度目の優勝を果たした。4年後の次回大会はポーランドとウクライナの共催で行われる。→関連 6月14日、6月19日、6月24日(ドーピング)6月30日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、2006年の自転車レース、ツール・ド・フランスで優勝したフロイド・ランディス(米国)がドーピング違反による処分の取り消しを求めて行った申し立てを却下した。米反ドーピング機関(USADA)が科した2007年1月末から2年間の資格停止処分を支持した。== 2008年7月2日追加 ==トライアスロンの井出樹里さん(西東京市在住)が北京オリンピック代表に選ばれた(週刊東興通信)。(柔道)学生全国大会(女子17回・男子57回)、創価大学が女子日本一!、男子も5年連続出場、ベスト32に輝いた(聖教新聞)。(ドーピング)6月28日、日本プロ野球組織(NPB)は、ヤクルトのリオスを5月末のドーピング(禁止薬物使用)検査で筋肉増強剤が検出されため1年間の出場停止処分にした。これで、ドーピング違反者は、3人目となった。ヤクルト球団は入団時の薬物検査はしていなかった。プロ野球の薬物検査は特定の試合で両チームから2人ずつくじで選んで検査することになっており、全員検査するわけではない。== 2008年7月1日追加 ==(陸上競技)6月29日、オリンピック代表を決める全米陸上選手権がオレゴン州ユージーンで第3日目が行われた。男子100メートル決勝は、タイソン・ゲイが追い風4.1メートルの参考記録ながら9秒68の好タイムで代表に決まった。従来の参考記録は1996年にオバデール・トンポソンが追い風5.0メートルで9秒69が最高だった。同日、ジャマイカのキングストンでオリンピック代表を決める陸上選手権が行われ、男子100メートルは9秒72の世界記録を持つウサイン・ボルトが9秒85で優勝し、前世界記録保持者のアサファ・パウエルは9秒97で2位であった。(テニス)英国のオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブで行われているテニスの四大大会の一つウィンブルドン選手権の第6日目の28日、女子シングル3回戦で杉山愛が大会初出場の18歳、アリサ・クレイバノワ(ロシア)4-6、4-6に敗れた。これでシングルスのの日本勢は全員敗退した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3111398 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6578 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 138 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 106766274 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • See also: 2008 in sports, Portal:Sports and games
  • == 2008年7月31日追加 == (水泳)ナショナルトレーニングセンターで合宿中だった水球の男子日本代表候補の3選手が合宿中に禁止されていた喫煙行為とタバコの火の不始末を再三繰り返していたとして、日本水泳連盟が3選手に対外試合出場禁止等の処分を行うと共に、水球強化部長を解任していたことが明らかに。 - 産経新聞== 2008年7月30日追加 ==(大リーグ)アメリカ大リーグ・マリナーズのイチロー外野手が、テキサス州アーリントンで行われたレンジャーズ戦の1回にレフト前安打を打ち、日米通算3,000安打を達成。日本のプロ野球選手で3,000安打を達成したのは、3,085安打のプロ野球記録を持つ張本勲(元東映・巨人・ロッテ)に次ぎ2人目。 -産経新聞(ボクシング)フライ級ダブル世界タイトルマッチ各12回戦(国立代々木競技場)で、世界ボクシング協会(WBA)チャンピオン・坂田健史(協栄)が、挑戦者で同級3位の久高寛之(仲里ATSUMI)を3-0の判定で下し、4度目の防衛に成功。 -産経新聞== 2008年7月29日追加 ==(競馬)デビュー以来165連敗の国内最多連敗記録を持つエリザベスクィーン(7歳・牝・兵庫県競馬組合所属)が29日の園田競馬第8レースで初勝利、連敗記録を止める。 - 朝日新聞(訃報)(競馬)日本中央競馬会(JRA)は、1995年の日本ダービー馬・タヤスツヨシが、繋養先の北海道日高町の牧場『ブリーダーズ・スタリオン・ステーション』で死んだと発表。タヤスツヨシはこの日の早朝、牧場内でバランスを崩し転倒した際に、右大腿骨を骨折し、安楽死の処置が取られた。 -産経新聞(サッカー)北京オリンピックに向けた最後の壮行試合となるサッカー日本代表の対アルゼンチン戦が国立競技場で行われた。0-1で日本がリードされて迎えた後半39分、折からの雷雨のため打ち切り、日本はそのまま敗戦。 -産経新聞== 2008年7月28日追加 == (自転車) ツール・ド・フランスは27日(現地時間)最終ステージが行われ、カルロス・サストレ(スペイン)が初の総合優勝を果たす。 - 朝日新聞== 2008年7月27日追加 == (サッカー)ポルトガル・スーペル・リーガのFCポルトは、Jリーグ・東京ヴェルディのFW・フッキを獲得したと発表した。 - 時事通信 (大リーグ)ニューヨーク・ヤンキースは26日、傘下の3A・スクラントンに所属する井川慶を40人ロースターから除外した。事実上の戦力外通告。 - 読売新聞== 2008年7月26日追加 == (野球)(オリンピック)国際野球連盟 (IBAF) は25日、国際大会での延長戦の決着を早めるためにタイブレークルールを導入する意向を発表した。北京五輪でも導入予定とのこと。 - 読売新聞== 2008年7月25日追加 == (オリンピック)国際オリンピック委員会 (IOC) は23日、イラクに対して、政府による介入などによる国内オリンピック委員会の機能不全を理由にIOCの資格停止を通告する書簡を送付。これによりイラクの北京オリンピックへの参加が不可能になった。 - 毎日新聞 (大相撲)大相撲七月場所(名古屋場所)は25日、13日目の取り組みを行い、大関・魁皇博之を破った横綱・白鵬翔が千秋楽を待たずに優勝を決める。白鵬の優勝は3場所ぶり7度目、名古屋場所での優勝は初めて。 - 産経新聞 (サッカー)Jリーグ1部 (J1) の柏レイソルは、ペルー・シエンシアーノ所属の澤昌克の完全移籍での加入が内定したと発表。 - 朝日新聞== 2008年7月24日追加 == (サッカー)北京オリンピック日本代表にも選ばれているゴールキーパーの西川周作(大分トリニータ)が、自身のブログに「Jリーグの試合で故意に警告を受けた」と記述した問題で、社団法人日本プロサッカーリーグは23日、西川と所属クラブの大分に厳重注意を行った。 - 朝日新聞== 2008年7月23日追加 ==== 2008年7月22日追加 ==(サッカー)Jリーグ ディビジョン1(J1)ガンバ大阪のFW・バレーが、アラブ首長国連邦のアルアハリに移籍するため、退団することが決まった。 -産経新聞== 2008年7月21日追加 == (ゴルフ)イギリス・ロイヤルバークデール・ゴルフクラブで行われた今シーズンのメジャー第3戦・全英オープンゴルフ選手権は20日(現地時間)最終ラウンドが行われ、パドレイグ・ハリントン(アイルランド)が通算3オーバーで2連覇を達成。この日スタート時点で首位だったグレッグ・ノーマン(オーストラリア)は通算9オーバーの3位タイに終わり、メジャー史上最年長優勝の記録更新はならず。 - 朝日新聞== 2008年7月20日追加 ==(大相撲)文部科学省が日本相撲協会に対し、両国国技館の改修を巡り、数億円規模の高額工事を随意契約により実施している実態が公益法人として望ましくないとして、行政指導を行っていたことが明らかになり、文科省は相撲協会に対し、9月末日までに報告するよう求めた。 -読売新聞== 2008年7月19日追加 == (ゴルフ)イギリス・ロイヤルバークデール・ゴルフクラブで行われている全英オープンゴルフ選手権は18日(現地時間)第2ラウンドが行われ、崔京周(韓国)が通算1アンダーで単独トップ。日本から参加した7選手は矢野東と塚田好宣の通算10オーバー(84位)が最高で全員が予選落ち。日本からの参加選手が一人も決勝ラウンドに進めなかったのは1992年以来16年ぶり。 - 毎日新聞== 2008年7月18日追加 == (大相撲)愛知県体育館で行われている大相撲七月場所(名古屋場所)に出場していた横綱・朝青龍明徳が18日から休場。関係者によると、この日の朝に肘の痛みを訴え、名古屋市内の病院に向かったという。朝青龍の(出場停止を除く)休場は2006年五月場所(夏場所)以来3回目。前日まで3勝2敗であった。 - 毎日新聞 (サッカー)Jリーグ1部 (J1) のガンバ大阪が、休園中の遊園地であるエキスポランド(大阪府吹田市)内に新たな本拠地となるスタジアムの建設を計画していることが明らかになった。クラブ関係者が18日に取材に対して認めたもの。ガンバ大阪は同じ万博記念公園内にある万博記念競技場を本拠地としてきたが、収容人員(約2万1000人)の少なさから新スタジアムの建設が懸案事項となっていた。 - 産経新聞== 2008年7月17日追加 ==(大リーグ)MLBオールスターゲームは15日(現地時間)ヤンキー・スタジアム(ニューヨーク州ニューヨーク)で行われ、アメリカンリーグが延長15回、4 - 3でナショナルリーグにサヨナラ勝ち。延長15回、試合時間4時間50分はいずれもオールスターゲーム史上最長。最優秀選手 (MVP)には本塁打を含む2安打を放ったJ.D.ドリュー(ボストン・レッドソックス)が選ばれる。 - 毎日新聞(サッカー)元サッカーブラジル代表のロナウジーニョが、FCバルセロナ(スペイン・リーガ・エスパニョーラ)からACミラン(イタリア・セリエA)に移籍することが15日(現地時間)発表された。イタリアでの報道によると、移籍金は1500万ユーロ(約25億円)とのこと。 - 毎日新聞(野球)(オリンピック)野球の北京オリンピック代表選手24人が決定。ダルビッシュ有(日本ハム)・上原浩治(巨人)・田中将大(楽天)らが選出された。 -産経新聞(大リーグ)日本人選手のアメリカ大リーグ進出の先駆けとなり、日本と大リーグとで通算201勝を挙げた野茂英雄投手が、現役引退の決意を固めたことが明らかになった。4月にロイヤルズを自由契約となった後も、獲得に乗り出す球団が無く、引退を決意したという。 -産経新聞== 2008年7月16日追加 ==== 2008年7月15日追加 ==== 2008年7月14日追加 ==== 2008年7月13日追加 ==== 2008年7月12日追加 ==(サッカー)(ドーピング)11日、我那覇和樹(J1・川崎)の弁護団が、Jリーグおよび日本サッカー協会に対し、要望書を送付したことを明らかにした。要望書では、Jリーグがスポーツ仲裁裁判所(CAS)の裁定に対して誤った見解をとっているため、その是正と関係者に対する必要な措置、また、Jリーグに誤りを繰り返さないことなどを求めている。さらに、今回のJリーグの誤った判断の背景に組織上の重大な問題をついても指摘している。(野球)(オリンピック)オランダで野球のハールレム国際大会を視察していた、野球の北京オリンピック日本代表の星野仙一監督は、12日に帰国した後、現地で柵に強打し痛めた右脇腹の検査を受けたところ、右肋骨骨折で全治3週間と診断された。 -産経新聞== 2008年7月11日追加 ==(サッカー)10日、日本サッカー協会は理事会を開き、Jリーグで同一チームから5人以上の警告または退場者を出した場合、当該チームに罰金J1は50万円、J2は25万円を科するなどの基本改正案を承認した。また、出場停止になった選手にも罰金(J1:10万円、J2:5万円)を科することにした。なお、これは国際サッカー連盟(FIFA)の懲罰規定に合わせたものである。== 2008年7月10日追加 ==(高校野球)第80回記念選抜高校野球大会の第4回運営委員会が行われ、2009年春の第81回大会からは、『21世紀枠』を2枠から3枠に増やす一方、『希望枠』(1枠)については、失点・失策などのデータに関して、各球場の状況が違うことなど、公平性確保が難しいとの問題点があるため、廃止することを承認。 -毎日新聞(サッカー)日本サッカー協会は、10日に行われた理事会で、役員改選に伴い、任期満了で退任する川淵三郎会長の後任に、Jリーグ専務理事の犬飼基昭常務理事を昇格させる人事案を承認。新理事には、元ラグビー日本代表監督の平尾誠二、2008年に現役復帰した女子テニスのクルム伊達公子も加わった。川淵会長は名誉会長に。 -産経新聞== 2008年7月9日追加 ==(陸上競技)5日、オリンピック代表を決める全米陸上選手権がオレゴン州ユージーンで第6日目が行われた。男子200メートル2次予選でタイソン・ゲイが30メートルも走らないところでトラックへ転がった。左太もも裏を痛めたためだった。6日、米陸連は、タイソンが MRI による精密検査を受け左太もも裏の筋肉の軽い張りと診断されたと発表した。2週間ばかり本格的練習はやめるが、北京オリンピックへの出場は支障ないと見込み。→関連7月1日== 2008年7月8日追加 ==(プロ野球)7日、プロ野球の実行委員会が開かれた。2009年のセ・パ両リーグの交流戦を今年と同じ各24試合行うことを決めた。2001年3月に行われる予定のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)への参加を正式に決めた。今年も東京ドームでアジアシリーズを中国・韓国・台湾・日本の4国で行うことを決めた。== 2008年7月7日追加 ==(テニス)テニスのウィンブルドン選手権最終日、男子シングルス決勝が行われ、全仏オープンの覇者で第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)が、史上2人目の6連覇を目指した第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)をフルセットで破り初優勝。 -読売新聞(大リーグ)アメリカ大リーグは、15日のオールスター戦の出場選手を発表。日本人選手では、マリナーズのイチローとカブスの福留孝介が選出された。イチローはメジャーデビューから8年連続出場。福留は初出場。今季9勝1敗の松坂大輔(レッドソックス)は選出されなかった。 -読売新聞(ドーピング)3日、米アンチ・ドーピング機関(USADA)は、北京オリンピックの体操男子代表のモーガン・ハムから、ドーピング(禁止薬物使用)検査で陽性反応が出たと発表した。これにより同選手の全米選手権の記録は抹消された。== 2008年7月6日追加 ==(テニス)英国のオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブで行われているテニスの四大大会の一つウィンブルドン選手権の第11日目の4日、男子シングルスの準決勝が行われ、第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)はマラト・サフィン(ロシア)を6-3、7-6、6-4で破り、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)はライナー・シュットラー(ドイツ)を6-1、7-6、6-4で退け、決勝に進んだ。両選手の対決は3年連続となる。(サッカー)4日、イタリア・サッカー協会は、昨シーズンのセリエA(同国1部リーグ)のアタランタとリボルノ戦のホームとアウェーの2試合で不正行為が行われたとして、アタランタ2選手リボルノ3選手を告発した。両チームは昨年12月は1-1で引き分け、5月はアタランタが3-2で勝ち、リボルノは2部に降格。イタリア・サッカー界は2006年にユヴェントスやミランなどが関与した不正事件で大きく揺れたばかりである。== 2008年7月5日追加 ==(テニス)英国のオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブで行われているテニスの四大大会の一つウィンブルドン選手権の第10日目の3日、女子シングルス準決勝が行われ、ビーナス・ウィリアムズ(米国)が第5シードのエレナ・デメンチェワ(ロシア)に6-1、7-6で快勝し、第6シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)は鄭潔(中国)を6-2、7-6で下した。ウィンブルドンでの決勝戦は姉のヴィーナスが5度目、妹のセリーナは3度目である、この姉妹の対決は5度目で3年ぶりである。(大リーグ)3日、米メジャーリーグの試合は各地で行われ、シアトル・マリナーズのイチローはデトロイト・タイガース戦で3安打し、3試合連続複数安打と大活躍で、打率は3割5厘。== 2008年7月4日追加 ==(大リーグ)2日、米メジャーリーグの試合は各地で行われ、シアトル・マリナーズのイチローは、トロント・ブルージェイズ戦で3打数3安打と活躍し、打率を3割1厘に上げ、約3ヶ月ぶりに3割台に戻した。(ドーピング)2日、国際オリンピック委員会(IOC)は、北京オリンピックでのドーピング(禁止薬物使用)撲滅のために、今月27日から大会終了まで、4500回以上の検査を実施する予定であることを発表した。また、6月の理事会で、ドーピングで6ヶ月以上の出場停止処分を受けた違反者は、処分期間が明けても次のオリンピックへの出場を認めないとする新規約を承認した。== 2008年7月3日追加 ==(サッカー)サッカーの欧州選手権の第17日の6月25日は、スイスのバーゼルで準決勝のドイツとトルコが対戦し、ドイツが3-2で競り勝ち、通算6度目の決勝神を果たした。第18日の6月26日は、ウィーンで準決勝の残り1試合が行われ、スペインがロシアに3-0で快勝した。最終日の6月29日、ウィーンで決勝戦が行われ、スペインがドイツを1-0で下し、2度目の優勝を果たした。4年後の次回大会はポーランドとウクライナの共催で行われる。→関連 6月14日、6月19日、6月24日(ドーピング)6月30日、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は、2006年の自転車レース、ツール・ド・フランスで優勝したフロイド・ランディス(米国)がドーピング違反による処分の取り消しを求めて行った申し立てを却下した。米反ドーピング機関(USADA)が科した2007年1月末から2年間の資格停止処分を支持した。== 2008年7月2日追加 ==トライアスロンの井出樹里さん(西東京市在住)が北京オリンピック代表に選ばれた(週刊東興通信)。(柔道)学生全国大会(女子17回・男子57回)、創価大学が女子日本一!、男子も5年連続出場、ベスト32に輝いた(聖教新聞)。(ドーピング)6月28日、日本プロ野球組織(NPB)は、ヤクルトのリオスを5月末のドーピング(禁止薬物使用)検査で筋肉増強剤が検出されため1年間の出場停止処分にした。これで、ドーピング違反者は、3人目となった。ヤクルト球団は入団時の薬物検査はしていなかった。プロ野球の薬物検査は特定の試合で両チームから2人ずつくじで選んで検査することになっており、全員検査するわけではない。== 2008年7月1日追加 ==(陸上競技)6月29日、オリンピック代表を決める全米陸上選手権がオレゴン州ユージーンで第3日目が行われた。男子100メートル決勝は、タイソン・ゲイが追い風4.1メートルの参考記録ながら9秒68の好タイムで代表に決まった。従来の参考記録は1996年にオバデール・トンポソンが追い風5.0メートルで9秒69が最高だった。同日、ジャマイカのキングストンでオリンピック代表を決める陸上選手権が行われ、男子100メートルは9秒72の世界記録を持つウサイン・ボルトが9秒85で優勝し、前世界記録保持者のアサファ・パウエルは9秒97で2位であった。(テニス)英国のオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブで行われているテニスの四大大会の一つウィンブルドン選手権の第6日目の28日、女子シングル3回戦で杉山愛が大会初出場の18歳、アリサ・クレイバノワ(ロシア)4-6、4-6に敗れた。これでシングルスのの日本勢は全員敗退した。
rdfs:label
  • Juillet 2008 en sport
  • July 2008 in sports
  • スポーツ 最近の出来事 2008年7月
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-fr:débutConstruction of
is foaf:primaryTopic of