José Alberto Justiniano est un chanteur de salsa né le 22 décembre 1958 dans le quartier " Villa Consuelo " de Saint-Domingue (capitale de la République dominicaine).Un DJ new-yorkais l'a surnommé " El Canario " (" Le Canari ") pour louer sa faciliter à improviser et son incroyable capacité à imiter la flûte en sifflant.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • José Alberto Justiniano est un chanteur de salsa né le 22 décembre 1958 dans le quartier " Villa Consuelo " de Saint-Domingue (capitale de la République dominicaine).Un DJ new-yorkais l'a surnommé " El Canario " (" Le Canari ") pour louer sa faciliter à improviser et son incroyable capacité à imiter la flûte en sifflant.
  • ホセ・アルベルト (José Alberto、1958年12月22日ドミニカ共和国サントドミンゴ生まれ、本名ホセ・アルベルト・フスティニアノ(José Alberto Justiniano))は、ドミニカ人のサルサ歌手。ホセ・アルベルトは7歳の時に家族とともにプエルトリコに移り、ラテン音楽に傾倒してLas Antillas Military Academyで歌唱力を磨いた。彼は1970年代初めにニューヨークへ移住し、いくつかの楽団で歌った。1977年10月に、「ティピカ73」のバンドリーダーとして一躍国際的な注目を浴びた。1983年には自身のバンドを始め、1984年のソロデビュー曲「Noches Calientes」のリリースでラテン音楽界の大スターとなった。彼の1991年のアルバム「Dance With Me」では、いわゆる「サルサ・ロマンティカ」と呼ばれるサルサの新しいスタイルを確立した。「Sueno Contigo」といったヒットで、彼の歌声は広く知られた。特に彼のフルートを吹いているかのような口笛の技術に卓越し、「El Canario(カナリア)」のニックネームで呼ばれている。アメリカ合衆国とヨーロッパ、特に母国のドミニカ共和国、プエルトリコ、ペルー、ベネズエラ、パナマ、エクアドルなど、ラテン・アメリカ諸国で人気がある。
  • José Alberto (* 22. Dezember 1958 in Santo Domingo, Dominikanische Republik), eigentlich José Alberto Justiniano, wegen seines Gesangstalent auch als „El Canario“ bezeichnet, ist ein dominikanischer Salsamusiker.
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 929847 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8645 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 79 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 106649720 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • José Alberto Justiniano est un chanteur de salsa né le 22 décembre 1958 dans le quartier " Villa Consuelo " de Saint-Domingue (capitale de la République dominicaine).Un DJ new-yorkais l'a surnommé " El Canario " (" Le Canari ") pour louer sa faciliter à improviser et son incroyable capacité à imiter la flûte en sifflant.
  • ホセ・アルベルト (José Alberto、1958年12月22日ドミニカ共和国サントドミンゴ生まれ、本名ホセ・アルベルト・フスティニアノ(José Alberto Justiniano))は、ドミニカ人のサルサ歌手。ホセ・アルベルトは7歳の時に家族とともにプエルトリコに移り、ラテン音楽に傾倒してLas Antillas Military Academyで歌唱力を磨いた。彼は1970年代初めにニューヨークへ移住し、いくつかの楽団で歌った。1977年10月に、「ティピカ73」のバンドリーダーとして一躍国際的な注目を浴びた。1983年には自身のバンドを始め、1984年のソロデビュー曲「Noches Calientes」のリリースでラテン音楽界の大スターとなった。彼の1991年のアルバム「Dance With Me」では、いわゆる「サルサ・ロマンティカ」と呼ばれるサルサの新しいスタイルを確立した。「Sueno Contigo」といったヒットで、彼の歌声は広く知られた。特に彼のフルートを吹いているかのような口笛の技術に卓越し、「El Canario(カナリア)」のニックネームで呼ばれている。アメリカ合衆国とヨーロッパ、特に母国のドミニカ共和国、プエルトリコ、ペルー、ベネズエラ、パナマ、エクアドルなど、ラテン・アメリカ諸国で人気がある。
  • José Alberto (* 22. Dezember 1958 in Santo Domingo, Dominikanische Republik), eigentlich José Alberto Justiniano, wegen seines Gesangstalent auch als „El Canario“ bezeichnet, ist ein dominikanischer Salsamusiker.
rdfs:label
  • José Alberto
  • José Alberto
  • ホセ・アルベルト
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of