Jean Beaufret, né le 2 mai 1907 à Auzances, mort le 7 août 1982 à Paris, est un philosophe français, disciple et ami de Martin Heidegger.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Jean Beaufret, né le 2 mai 1907 à Auzances, mort le 7 août 1982 à Paris, est un philosophe français, disciple et ami de Martin Heidegger.
  • Jean Beaufret (* 2. Mai 1907 in Mars bei Auzances im Département Creuse; † 7. August 1982 in Paris) war ein französischer Philosoph und Germanist, Widerstandskämpfer während der deutschen Besatzungszeit. Er war stark durch Martin Heidegger geprägt. Zu seinen frühen Interessen zählen die Philosophen Hegel, Fichte und Karl Marx. Seit der Zeit vor dem Zweiten Weltkrieg unterhielt er Freundschaften mit Paul Éluard, Maurice Merleau-Ponty, André Breton und Paul Valéry.
  • ジャン・ボーフレ(Jean Beaufret, 1907年 - 1982年)は、フランスの哲学者・ドイツ学者。マルティン・ハイデッガーをフランスに紹介した立役者。高等師範学校を卒業、兵役を終えた後1933年、ボーフレは哲学の一級教員資格(アグレガシオン)を取得し、リセの哲学教師としてキャリアを積んだ。はじめ彼は19世紀ドイツ哲学に関心があり、特にヘーゲルやフィヒテ、マルクスが興味の対象だった。第二次大戦前にはエリュアール、メルロー=ポンティ、ブルトンやヴァレリーと知己になった。ハイデッガーがボーフレと親しくなったのは、自らの教授としての地位について非ナチ化委員会から疑義を呈された1946年のことである。ボーフレは当時興隆しつつあったフランス実存主義の潮流に彼を取り込もうとした。ハイデッガーの『〈ヒューマニズム〉について』(de:Brief über den »Humanismus«) はそれへの返信として著されたものである。 ボーフレは1947年、学生を連れトットナウベルク (en:Todtnauberg) にハイデッガーを訪ね、続いてフライブルクでの仏独学術交流会に参加した。これら二つの町のあるバーデン=ヴュルテンベルク州が未だフランス占領地区だった頃のことである。参加学生として選ばれた者の中にリオタールがおり、この時のことを次のように回想している。ハイデッガーの別荘 (Hütte) にさもしそうな小作がいたのを覚えている。伝統衣装をまとうその小作は、説教くさい口ぶりと狡い目遣いをする人だった。恥や不安の感情とは無縁といった風で、自分の知識で身を固め、自分の躾にうぬぼれているのだった。そういう光景を目にしたとたん、私は「ハイデッガー主義者」になる気をなくした。別にそう思ったからといってそのことを吹聴するつもりはない。それはいっときの印象なのであって、パリっ子にありがちな偏見をもってそのように感じたに違いない。それからハイデッガーを読むのをやめたわけでもない。("Heidegger and 'the Jews': a Conference in Vienna and Freiburg", p. 137, in Political Writings)その後もボーフレはハイデッガーの近しい仲間であった。ハイデッガーがデリダの著作を知るようになったのも彼を通じてである。ボーフレは「伝説的ともいうべき哲学教授であり、幾世代の学生、そして未来の教授を育てた」と言われている (D. Pettigrew and F. Raffoul, French Interpretations of Heidegger, p. 6) 。彼は「正統派フランス・ハイデッガー主義」の創始者とされる。これはフランス哲学の一潮流となっているが、同時にハイデッガーの国家社会主義に加担したという側面—これはビクトル・ファリアス (en:Victor Farías) 『ハイデッガーとナチズム』のフランス語版が1987年に出て以来強調されている—に目をつぶるものでもある。
  • Жан Бофре́ (фр. Jean Beaufret; 2 мая 1907(19070502), Озанс — 7 августа 1982, Париж) — французский философ, ученик, друг, исследователь и переводчик Хайдеггера.
  • Jean Beaufret (Auzances, 2 de mayo de 1907-París, 7 de agosto de 1982) fue un filósofo francés y un germanista muy influido por la recepción de la obra de Martin Heidegger.
  • Jean Beaufret (2 May 1907, Auzances – 7 August 1982, Paris) was a French philosopher and Germanist tremendously influential in the reception of Martin Heidegger's work in France.
dbpedia-owl:bnfId
  • cb12300856s
dbpedia-owl:viafId
  • 34523028
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 360489 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 19870 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 82 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 109301771 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:année
  • 2005 (xsd:integer)
prop-fr:annéePremièreÉdition
  • 2001 (xsd:integer)
prop-fr:bnf
  • 1.2300856E7
prop-fr:isbn
  • 201 (xsd:integer)
prop-fr:lienAuteur
  • Dominique Janicaud
prop-fr:nom
  • Janicaud
prop-fr:prénom
  • Dominique
prop-fr:titre
  • Heidegger en France
prop-fr:viaf
  • 34523028 (xsd:integer)
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:éditeur
  • Hachette
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Jean Beaufret, né le 2 mai 1907 à Auzances, mort le 7 août 1982 à Paris, est un philosophe français, disciple et ami de Martin Heidegger.
  • Jean Beaufret (* 2. Mai 1907 in Mars bei Auzances im Département Creuse; † 7. August 1982 in Paris) war ein französischer Philosoph und Germanist, Widerstandskämpfer während der deutschen Besatzungszeit. Er war stark durch Martin Heidegger geprägt. Zu seinen frühen Interessen zählen die Philosophen Hegel, Fichte und Karl Marx. Seit der Zeit vor dem Zweiten Weltkrieg unterhielt er Freundschaften mit Paul Éluard, Maurice Merleau-Ponty, André Breton und Paul Valéry.
  • Жан Бофре́ (фр. Jean Beaufret; 2 мая 1907(19070502), Озанс — 7 августа 1982, Париж) — французский философ, ученик, друг, исследователь и переводчик Хайдеггера.
  • Jean Beaufret (Auzances, 2 de mayo de 1907-París, 7 de agosto de 1982) fue un filósofo francés y un germanista muy influido por la recepción de la obra de Martin Heidegger.
  • Jean Beaufret (2 May 1907, Auzances – 7 August 1982, Paris) was a French philosopher and Germanist tremendously influential in the reception of Martin Heidegger's work in France.
  • ジャン・ボーフレ(Jean Beaufret, 1907年 - 1982年)は、フランスの哲学者・ドイツ学者。マルティン・ハイデッガーをフランスに紹介した立役者。高等師範学校を卒業、兵役を終えた後1933年、ボーフレは哲学の一級教員資格(アグレガシオン)を取得し、リセの哲学教師としてキャリアを積んだ。はじめ彼は19世紀ドイツ哲学に関心があり、特にヘーゲルやフィヒテ、マルクスが興味の対象だった。第二次大戦前にはエリュアール、メルロー=ポンティ、ブルトンやヴァレリーと知己になった。ハイデッガーがボーフレと親しくなったのは、自らの教授としての地位について非ナチ化委員会から疑義を呈された1946年のことである。ボーフレは当時興隆しつつあったフランス実存主義の潮流に彼を取り込もうとした。ハイデッガーの『〈ヒューマニズム〉について』(de:Brief über den »Humanismus«) はそれへの返信として著されたものである。 ボーフレは1947年、学生を連れトットナウベルク (en:Todtnauberg) にハイデッガーを訪ね、続いてフライブルクでの仏独学術交流会に参加した。これら二つの町のあるバーデン=ヴュルテンベルク州が未だフランス占領地区だった頃のことである。参加学生として選ばれた者の中にリオタールがおり、この時のことを次のように回想している。ハイデッガーの別荘 (Hütte) にさもしそうな小作がいたのを覚えている。伝統衣装をまとうその小作は、説教くさい口ぶりと狡い目遣いをする人だった。恥や不安の感情とは無縁といった風で、自分の知識で身を固め、自分の躾にうぬぼれているのだった。そういう光景を目にしたとたん、私は「ハイデッガー主義者」になる気をなくした。別にそう思ったからといってそのことを吹聴するつもりはない。それはいっときの印象なのであって、パリっ子にありがちな偏見をもってそのように感じたに違いない。それからハイデッガーを読むのをやめたわけでもない。("Heidegger and 'the Jews': a Conference in Vienna and Freiburg", p.
rdfs:label
  • Jean Beaufret
  • Jean Beaufret
  • Jean Beaufret
  • Jean Beaufret
  • Бофре, Жан
  • ジャン・ボーフレ
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-fr:aInfluencé of
is prop-fr:auteur of
is prop-fr:influencéPar of
is prop-fr:préface of
is foaf:primaryTopic of