Décembre 2006 en sport ← Janvier 2007 en sport → Février 2007 en sportCette page concerne l'actualité sportive du mois de Janvier 2007

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Décembre 2006 en sport ← Janvier 2007 en sport → Février 2007 en sportCette page concerne l'actualité sportive du mois de Janvier 2007
  • == 2007年1月31日追加 == (中央競馬)1981年の有馬記念などに勝ち、種牡馬としてもメジロライアンなどの優秀な産駒を多数輩出したアンバーシャダイが北海道のアロースタッドで死亡。30歳。(アジア大会)長春冬季アジア競技大会第3日目の30日、スノーボード・ハーフパイプ(HP)男子で国母和宏が金メダルを獲得した。同女子では、29日に中島志保が今大会の日本選手第1号となる金メダルを獲得している。== 2007年1月30日追加 ==(野球)2008年北京オリンピック出場を目指す野球日本代表・星野仙一監督が29日、コーチ陣を発表。ヘッド兼打撃コーチには田淵幸一氏(元阪神→西武。のちに福岡ダイエー監督、阪神打撃コーチを歴任。TBS野球解説者)、守備走塁コーチには山本浩二氏(元広島内野手→監督、日本テレビ野球解説者)、投手コーチには2004年アテネオリンピックでも投手コーチを務めた大野豊氏(元広島投手→投手コーチ、NHK野球解説者)がそれぞれ就任した。== 2007年1月29日追加 ==(高校野球)26日、日本高等学校野球連盟は、選抜大会の出場が決まった32校に対して、「大会までの日々を充分自戒し、自覚ある行動」などを要望する文章を送付し、改めて注意を喚起した。同高野連によると、2006年度は1000件近い不祥事が報告されており、この日も推薦校のうち3校の不祥事が報告されたという。(テニス)28日、メルボルン・パークで行われていた全豪オープンテニスが全日程を終了した。男子シングルスでは、第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)が第10シードのフェルナンド・ゴンサレス(チリ)を7-6、6-4、6-4で下し、2年連続3度目の優勝を遂げた。27日、女子シングルスは、ノーシードのセリーナ・ウィリアムズ(米)が第1シードのマリア・シャラポワ(ロシア)に6-1、6-2で快勝した。男子ダブルスは、マイク、ボブのブライアン兄弟(米)が連勝し、女子ダブルスはブラック(ジンバブエ)リーゼル・フーバー(南アフリカ)組が初優勝した。混合ダブルスは、ダニエル・ネスター(カナダ)エレーナ・リホフツェワ(米)組が優勝した。== 2007年1月28日追加 ==(大リーグ)25日、米メジャー・リーグ機構(MLB)は、今季のレギュラーシーズンの日程を発表した。4月1日に開幕し、9月30日まで行う。オールスター戦は、7月10日に、サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地サンフランシスコのAT&Tパークで開催する。(マラソン)8月に大阪で開催される世界陸上の代表選手選考会を兼ねた第26回大阪国際女子マラソンが28日、長居スタジアム発着、御堂筋新橋交差点折り返しの42.195kmで行われ、マラソン3回目で約1年半振りのレースとなった原裕美子(京セラ)が2時間23分48秒で優勝し、代表を内定させた。レースは序盤から原と渋井陽子(三井住友海上)のマッチレースとなったが、29km付近で原がスパートをかけてそのまま逃げ切った。2位には2時間24分39秒で小崎まり(ノーリツ)、小崎と4秒差の3位にマラソン初挑戦となる加納由理(資生堂)がそれぞれ入った。一方渋井は足がけいれんするアクシデントに見舞われ、2時間34分15秒の10位に終わった。== 2007年1月27日追加 ==(高校野球)26日、第79回選抜高等学校野球大会の出場32校を決める選考委員会は、21世紀枠2校、神宮大会枠1を含む一般選考29校、守備重視で選ぶ希望枠1校を決めた。(サッカー)27日、欧州サッカー連盟(UEFA)はモンテネグロの加盟を正式に認めた。モンテネグロは昨年6月の独立の際に、セルビア・モンテネグロが所持していた加盟枠をセルビアが続承したために暫定加盟の状態が続いていたが、これによってUEFAの53番目の加盟国となった。また、同じく加盟申請をしていたジブラルタルは加盟を認められなかった。== 2007年1月26日追加 ==(野球)2008年北京オリンピック出場を目指す野球日本代表の監督に、星野仙一氏(阪神タイガース前監督、現・オーナー付シニアディレクター)の就任が25日、正式に決定した。(ドーピング)24日、米ナショナルフットボールリーグ(NFL)と選手会は、ドーピング(禁止薬物使用)検査に関する基準を引き上げることで合意したと発表した。(大相撲)25日、日本相撲協会の友綱監察委員長は、2006年11月の九州場所で横綱朝青龍が全勝優勝を果たした際に八百長に拘わったという疑惑を理事会の席上で北の湖理事長が報告したことを明らかにした。== 2007年1月25日追加 ==(プロ野球)24日、プロ野球のオーナー会議は、今月末で任期が入れる根来泰周コミッショナー(74)の退任を了承した。後任が決まるまで同氏が代行する。コミッショナーの仕事として、社団法人日本野球機構やセ・パ両リーグの運営の一元化など野球協約改訂作業がある。(サッカー)24日、ビジャレアルCF(スペイン)はVfBシュトゥットガルト(ドイツ)所属のデンマーク代表FWヨン・ダール・トマソンをシーズン終了までのレンタルで獲得したと発表した。この契約にはシーズン終了後の完全移籍も視野に入れた条項が含まれている。(サッカー)24日、リヴァプールFC(イングランド)はアヤックス・アムステルダム(オランダ)所属のU-19オランダ代表FWジョルディ・ブラウワーを獲得したと発表した。== 2007年1月24日追加 ==(サッカー)23日、セリエA(イタリア)のACミランはSSラツィオからDFマッシモ・オッドを獲得したことを発表。775万ユーロ(約12億2000万円)の移籍金とパスクアレ・フォッジャが代わりにラツィオへ移籍する。(サッカー)23日、クロアチア代表でヴェルダー・ブレーメン所属のFWイバン・クラスニッチが腎不全の治療として腎臓の移植手術を今週末にも行うことが明らかになった。これによりクラスニッチは約2ヶ月の間戦線を離脱する。(プロ野球)23日、セ、パ両リーグは、3年目になるセ・パ交流戦の日程を発表した。5月22日に開幕し、6月24日まで行われる。1チームの試合数は、ホーム2試合、ビジター2試合で4試合を6チーム相手に24試合であり、交流戦の全試合数は144試合。== 2007年1月23日追加 ==(テニス)全豪オープンテニスはメルボルン・パークで行われている。第4日の18日、女子ダブルス第6シードの杉山愛、ダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)組が1回戦を6-4、6-1で勝ち、第5日の19日、2回戦を6-3、6-2で勝ち、第8日の22日、3回戦を7-6、6-7、6-2で競り勝ち8強に入り、準々決勝に進んだ。(キックボクシング)1月21日、東京の新宿FACEで行われた「ベニー“THE JET”ユキーデ・プロデュース 武頼漢 -BURAIKAN- J・BOY!」のUKF世界ミドル級王座決定戦で、新田明臣(日本)がマジット“THE MAGIC MAN”(アメリカ / パキスタン)を判定2-0で破り、2代目王者になった。同興行で行われたUKF女子総合王座認定戦では、篠原光がリーソル・ウィルカーソン(アメリカ)を1R 2:35腕ひしぎ十字固めで破り、初代王者になった。篠原はデルチャ・ミハエル・ガブリエラ(ルーマニア)と対戦する予定だったが、練習中に足の甲を負傷したため、対戦相手がウィルカーソンと対戦することになった。また、ウィルカーソンは規定の体重を上回った為、篠原が勝った場合のみ王者として認められ、勝った場合は半年中のガブリエラ戦が義務づけられることになっていた。(サッカー)22日、FAプレミアリーグ(イングランド)のアストン・ヴィラとリーグ・アン(フランス)のオリンピック・リヨンはチェコ代表FWミラン・バロシュとノルウェー代表FWヨン・カリューのトレードを発表。== 2007年1月22日追加 ==(大相撲)21日、大相撲初場所千秋楽は、横綱朝青龍が14勝1敗で20度目の優勝を決めた。大関陣では場所前から膝を痛めていた栃東が5勝10敗と大きく負け越したが他の4大関は勝ち越した。豊ノ島が12勝3敗の快進撃し、横綱に次ぐ成績で敢闘賞、技能賞をダブル授賞した。(サッカー)21日、FAプレミアリーグ(イングランド)のミドルスブラFCは、浦項スティーラーズ所属で韓国代表のFW李東国を獲得したことを発表。== 2007年1月21日追加 ==(高校野球)18日、日本高等学校野球連盟は、今春の選抜高等学校野球大会推薦校だった東北(宮城)からの推薦辞退の申し出を了承した。昨年7月同校野球部員の問題行動(けんか)の報告が遅れたとして、17日高野連は、野球部長に謹慎処分、野球部に警告処分相当を日本学生野球協会審査室に上申する決定をしていた。(サッカー)19日、欧州サッカー連盟(UEFA)はホームページユーザーによる投票によって選出されたベストイレブン及び最優秀監督を発表。2006 FIFAワールドカップ優勝のイタリア代表からはジャンルイジ・ブッフォン、ジャンルカ・ザンブロッタ、ファビオ・カンナバーロの守備陣、2005-2006 UEFAチャンピオンズリーグを制したFCバルセロナからはザンブロッタの他にカルレス・プジョル、ロナウジーニョ、サミュエル・エトオ、フランク・ライカールト(監督)が選出。最多得票はロナウジーニョの291,636票。== 2007年1月20日追加 ==(テニス)17日、全豪オープンテニスの女子シングルス2回戦で杉山愛がアナスタシア・ヤキモワ(ベラルーシ)に2-6、6-2、8-10で競り負けた。続く18日、同2回戦で中村藍子がサニア・ミルザ(インド)を6-3、6-2で破り、2年連続で3回戦に進んだ。(サッカー)19日、元ドイツ代表でバイエルン・ミュンヘン所属のセバスティアン・ダイスラーが記者会見し、膝の怪我からの復帰が困難であることを理由に現役を引退することを表明。(大相撲)20日、東京・両国国技館で行われている大相撲初場所14日目で、横綱朝青龍が千秋楽を待たずして4場所連続で優勝。通算20勝目を記録した。== 2007年1月19日追加 ==(野球)(プロ野球)阪神タイガースの星野仙一オーナー付シニアディレクターが18日、プロ野球、アマチュア野球の代表者と会談し、2008年北京オリンピックの出場を目指す野球日本代表監督就任の打診を受けた。== 2007年1月18日追加 ==(メジャーリーグ)16日、ESPN(Entertainment and Sports Programming Network)は、テキサス・レンジャーズがサミー・ソーサ(38)の獲得に乗り出したと報じた。2003年にはコルク入りバットを使用して出場停止処分を受けたほか、その後ドーピングの疑惑もあった。(総合格闘技)K-1の谷川貞治イベントプロデューサー(EP)は17日、昨年の大晦日に大阪で行われた「K-1 PREMIUM Dynamite!!」の対桜庭和志戦で全身にスキンクリームを塗布する違反行為を行った秋山成勲について無期限出場停止にする追加処分を発表した。既に秋山に対しては試合の無効とファイトマネー全額没収の処分が科されている。(プロ野球)プロ野球のオリックス・バファローズは18日、今月6日に大阪市内で無免許の上ひき逃げ事件を起こして逮捕された投手の前川勝彦(本名・克彦)を懲戒解雇処分にした。== 2007年1月17日追加 ==(テニス)16日、全豪オープンテニスの女子シングルス1回戦、中村藍子が第32シードのエレニ・ダニリドゥ(ギリシア)に6-4、6-0で快勝した。== 2007年1月16日追加 ==(プロ野球)14日、日本プロ野球選手会(JPBPA)は、オリックス・バッファローズ球団に中村紀洋への謝罪と他球団との自由な契約交渉を認めるよう要求する文書を送付したことを明らかにした。== 2007年1月15日追加 ==(大相撲)14日、大相撲初場所8日目、7連勝でトップに立っていた玉春日が濠風に敗れて、全勝者がいなくなり、朝青龍、玉春日、玉乃島の三人が一敗でトップに並んだ。トップに片男波部屋の力士が二人並んだ。(大学サッカー)14日、第55回全日本大学サッカー選手権は、決勝が行われ、駒大が早大に6-1で大勝し、6度目の優勝を果たした。3連覇は、早大、大商大、順大に次いで4度目である。== 2007年1月14日追加 ==(陸上)(大会)14日に開催された第25回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会が京都府京都市の西京極陸上競技場~京都国際会館~西京極陸上競技場間(9区)で行われ3年連続11度目の京都が優勝した。== 2007年1月13日追加 ==(プロ野球)オリックス・バファローズの中村紀洋内野手が同球団を退団することが12日、決まった。(大相撲)12日、大相撲初場所6日目は、前頭11枚目の玉春日(片男波部屋)がこの日も快勝し、ただ一人土付かずでトップに立っている。(サッカー)11日、デービッド・ベッカム(31)は、米メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーと5年契約した。英メディアなどでは、契約金、年俸など合わせ、総額1億2800万ポンド(約299億5千万円)にのぼると報道している。== 2007年1月12日追加 ==(K-1)K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!の実行委員会は11日、大晦日の同大会で行われた秋山成勲対桜庭和志戦をノーコンテストにし、秋山の失格処分とファイトマネー全額没収を発表した。秋山が試合で禁止されているボディークリームを塗布していたため。(テニス)11日、全豪オープンテニスのシード選手が発表された。女子シングルスでは杉山愛が第23シードとなった。== 2007年1月11日追加 ==(ボクシング)世界ボクシング協会(WBC)のミドル級チャンピオンのマリアノ・カレラ(アルゼンチン)がドーピング(禁止薬物使用)のため王座を剥奪されたと、ブエノスアイレスの地元紙が9日付で伝えた。== 2007年1月10日追加 ==(大相撲)9日、大相撲初場所3日目、横綱朝青龍は、前頭西の筆頭出島に一方的に押し倒されて初黒星を喫した。昨年秋場所千秋楽からの連勝は18で止まった。大関栃東は左膝の不安を抱えながらも、東の前頭2枚目の時天空を押し出して初白星を挙げた。== 2007年1月9日追加 ==(大相撲)7日、日本相撲協会は、初場所の新弟子検査合格者八人を発表した。2006年12月26日参照== 2007年1月8日追加 ==(高校サッカー)8日、第85回全国高等学校サッカー選手権の決勝戦が行われた。作陽高(岡山)と盛岡商(岩手)とが対戦し、2-1で岩手県立盛岡商業高等学校が初優勝し、岩手県勢として初優勝を果たした。東北地方の優勝は、1958年の第36回大会と1967年の第45回大会で秋田市立秋田商業高等学校が全国制覇して以来40大会ぶりの優勝である。== 2007年1月7日追加 ==(大相撲)7日、大相撲初場所は、東京・両国国技館で初日の幕を開けた。この日は、四場所連続20度目の優勝を目指す横綱朝青龍は順当に勝ち、大関では場所前に膝の手術をした栃東が負けたほかは危なげなく勝った。== 2007年1月6日追加 ==(高校ラグビー)第86回全国高等学校ラグビー大会は5日、東大阪市の近鉄花園ラグビー場で準決勝2試合を行い、第1試合は福岡県代表の東福岡が大阪第二地区代表の大工大高を53-10で圧倒した。第2試合は大阪第一地区代表の東海大仰星が後半の6分間で4本のトライを挙げるなど優位に試合を進め、Aシードで神奈川県代表の桐蔭学園を40-13で下した。決勝は7日午後に行われる。(ボクシング)1月3日、東京の有明コロシアムで「ボクシンググランプリ2007 日本×メキシコ」が行われた。先鋒戦では、細野悟がマリオ・ガルシアと対戦し、6R2:38KO勝ちを収めた。続く次鋒戦では、宮将来がルーベン・エスタニスラオと対戦。10R判定0-1でドローに終わった。中堅戦では、大曲輝斉(日本ウェルター級王者)がアレハンドロ・ガルシアを3R0:53KOで下した。副将戦のWBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチでは、エドウィン・バレロ(ベネズエラ / 王者)がミチェル・ロサダ(メキシコ / 同級13位)をわずか1R1:12TKOで下し防衛に成功した。大将戦WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチでは、川嶋勝重(日本 / 同級2位)がクリスチャン・ミハレス(メキシコ / 王者)に10R1:05レフェリーストップによる生涯初のTKO負けを喫し、王座奪取に失敗した。結果、対抗戦は総得点が4.5の日本が2.5のメキシコを下し、日本の勝利に終わった。== 2007年1月5日追加 ==(中央競馬)日本中央競馬会 (JRA) は5日、東京都内で裁定委員会を開き、昨年12月21日未明に滋賀県栗東市内の飲食店で暴力事件を起こした騎手の藤田伸二に対して3月21日までの騎乗停止処分を科した。(卓球)3日、国際卓球連盟(ITTF)は、世界ランキングを発表した。女子では福原愛が前回の15位から13位に浮上した。== 2007年1月4日追加 ==(高校ラグビー)3日、第86回全国高等学校ラグビー大会は準々決勝を行い、大工大(大阪第一)、桐蔭学園(神奈川)、東海大仰星(大阪第二)東福岡(福岡)がそれぞれベストフォー入りした。準決勝は5日、大工大対東福岡、桐蔭学園対東海大仰星の組合せで行われる。(高校サッカー)3日、第85回全国高等学校サッカー選手権は、八千代(千葉)、丸岡(福井)、広島皆実(広島)、神村(鹿児島)、静岡学園(静岡)、盛岡商(岩手)星陵(石川)、作陽(岡山)がベストエイトに進んだ。5日の準決勝は、八千代対丸岡、広島皆実対盛岡商、作陽対静岡学園、星陵対神村学園の組合せで行われる。== 2007年1月3日追加 ==(高校ラグビー)1日、第86回全国高校ラグビー大会は、3回戦が終わりベストエイトが出揃った。東福岡(福岡)、東海大仰星(大阪第2)、桐蔭学園(神奈川)、仙台育英(宮城)、長崎北(長崎)、正智深谷(埼玉)、大分舞鶴(大分)、大工大(大阪第1)がそれぞれ勝ち残った。準々決勝(3日)組合せが行われた。桐蔭学園対正智深谷、仙台育英対大工大、東海大仰星対長崎北、東福岡対大分舞鶴の対戦が決まった。== 2007年1月2日追加 ==(陸上)2日行われた第83回東京箱根間往復大学駅伝競走第1日の往路で、順天堂大学が2年連続・8度目の往路優勝となった。東海大学が1分42秒差の2位、日本体育大学が3分20秒差の3位。== 2007年1月1日追加 ==(陸上)1日、第51回全日本実業団対抗駅伝大会が行われ、中国地区代表中国電力が3年ぶり2回目の優勝を果たす。(サッカー)1日、第86回全日本選手権決勝戦が東京・国立競技場で行なわれ、Jリーグとの2冠と大会2連覇を狙う浦和と昨年のJリーグ王者G大阪が対戦。浦和が1対0で勝利し2連覇を飾った。女子はTASAKIが優勝。
  • Zobacz też: Styczeń 2007 · Zmarli w styczniu 2007 · Styczeń 2007 w Wikinews
  • See also: 2007 in sports
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1261650 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 19763 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 454 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 104607995 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Décembre 2006 en sport ← Janvier 2007 en sport → Février 2007 en sportCette page concerne l'actualité sportive du mois de Janvier 2007
  • == 2007年1月31日追加 == (中央競馬)1981年の有馬記念などに勝ち、種牡馬としてもメジロライアンなどの優秀な産駒を多数輩出したアンバーシャダイが北海道のアロースタッドで死亡。30歳。(アジア大会)長春冬季アジア競技大会第3日目の30日、スノーボード・ハーフパイプ(HP)男子で国母和宏が金メダルを獲得した。同女子では、29日に中島志保が今大会の日本選手第1号となる金メダルを獲得している。== 2007年1月30日追加 ==(野球)2008年北京オリンピック出場を目指す野球日本代表・星野仙一監督が29日、コーチ陣を発表。ヘッド兼打撃コーチには田淵幸一氏(元阪神→西武。のちに福岡ダイエー監督、阪神打撃コーチを歴任。TBS野球解説者)、守備走塁コーチには山本浩二氏(元広島内野手→監督、日本テレビ野球解説者)、投手コーチには2004年アテネオリンピックでも投手コーチを務めた大野豊氏(元広島投手→投手コーチ、NHK野球解説者)がそれぞれ就任した。== 2007年1月29日追加 ==(高校野球)26日、日本高等学校野球連盟は、選抜大会の出場が決まった32校に対して、「大会までの日々を充分自戒し、自覚ある行動」などを要望する文章を送付し、改めて注意を喚起した。同高野連によると、2006年度は1000件近い不祥事が報告されており、この日も推薦校のうち3校の不祥事が報告されたという。(テニス)28日、メルボルン・パークで行われていた全豪オープンテニスが全日程を終了した。男子シングルスでは、第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)が第10シードのフェルナンド・ゴンサレス(チリ)を7-6、6-4、6-4で下し、2年連続3度目の優勝を遂げた。27日、女子シングルスは、ノーシードのセリーナ・ウィリアムズ(米)が第1シードのマリア・シャラポワ(ロシア)に6-1、6-2で快勝した。男子ダブルスは、マイク、ボブのブライアン兄弟(米)が連勝し、女子ダブルスはブラック(ジンバブエ)リーゼル・フーバー(南アフリカ)組が初優勝した。混合ダブルスは、ダニエル・ネスター(カナダ)エレーナ・リホフツェワ(米)組が優勝した。== 2007年1月28日追加 ==(大リーグ)25日、米メジャー・リーグ機構(MLB)は、今季のレギュラーシーズンの日程を発表した。4月1日に開幕し、9月30日まで行う。オールスター戦は、7月10日に、サンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地サンフランシスコのAT&Tパークで開催する。(マラソン)8月に大阪で開催される世界陸上の代表選手選考会を兼ねた第26回大阪国際女子マラソンが28日、長居スタジアム発着、御堂筋新橋交差点折り返しの42.195kmで行われ、マラソン3回目で約1年半振りのレースとなった原裕美子(京セラ)が2時間23分48秒で優勝し、代表を内定させた。レースは序盤から原と渋井陽子(三井住友海上)のマッチレースとなったが、29km付近で原がスパートをかけてそのまま逃げ切った。2位には2時間24分39秒で小崎まり(ノーリツ)、小崎と4秒差の3位にマラソン初挑戦となる加納由理(資生堂)がそれぞれ入った。一方渋井は足がけいれんするアクシデントに見舞われ、2時間34分15秒の10位に終わった。== 2007年1月27日追加 ==(高校野球)26日、第79回選抜高等学校野球大会の出場32校を決める選考委員会は、21世紀枠2校、神宮大会枠1を含む一般選考29校、守備重視で選ぶ希望枠1校を決めた。(サッカー)27日、欧州サッカー連盟(UEFA)はモンテネグロの加盟を正式に認めた。モンテネグロは昨年6月の独立の際に、セルビア・モンテネグロが所持していた加盟枠をセルビアが続承したために暫定加盟の状態が続いていたが、これによってUEFAの53番目の加盟国となった。また、同じく加盟申請をしていたジブラルタルは加盟を認められなかった。== 2007年1月26日追加 ==(野球)2008年北京オリンピック出場を目指す野球日本代表の監督に、星野仙一氏(阪神タイガース前監督、現・オーナー付シニアディレクター)の就任が25日、正式に決定した。(ドーピング)24日、米ナショナルフットボールリーグ(NFL)と選手会は、ドーピング(禁止薬物使用)検査に関する基準を引き上げることで合意したと発表した。(大相撲)25日、日本相撲協会の友綱監察委員長は、2006年11月の九州場所で横綱朝青龍が全勝優勝を果たした際に八百長に拘わったという疑惑を理事会の席上で北の湖理事長が報告したことを明らかにした。== 2007年1月25日追加 ==(プロ野球)24日、プロ野球のオーナー会議は、今月末で任期が入れる根来泰周コミッショナー(74)の退任を了承した。後任が決まるまで同氏が代行する。コミッショナーの仕事として、社団法人日本野球機構やセ・パ両リーグの運営の一元化など野球協約改訂作業がある。(サッカー)24日、ビジャレアルCF(スペイン)はVfBシュトゥットガルト(ドイツ)所属のデンマーク代表FWヨン・ダール・トマソンをシーズン終了までのレンタルで獲得したと発表した。この契約にはシーズン終了後の完全移籍も視野に入れた条項が含まれている。(サッカー)24日、リヴァプールFC(イングランド)はアヤックス・アムステルダム(オランダ)所属のU-19オランダ代表FWジョルディ・ブラウワーを獲得したと発表した。== 2007年1月24日追加 ==(サッカー)23日、セリエA(イタリア)のACミランはSSラツィオからDFマッシモ・オッドを獲得したことを発表。775万ユーロ(約12億2000万円)の移籍金とパスクアレ・フォッジャが代わりにラツィオへ移籍する。(サッカー)23日、クロアチア代表でヴェルダー・ブレーメン所属のFWイバン・クラスニッチが腎不全の治療として腎臓の移植手術を今週末にも行うことが明らかになった。これによりクラスニッチは約2ヶ月の間戦線を離脱する。(プロ野球)23日、セ、パ両リーグは、3年目になるセ・パ交流戦の日程を発表した。5月22日に開幕し、6月24日まで行われる。1チームの試合数は、ホーム2試合、ビジター2試合で4試合を6チーム相手に24試合であり、交流戦の全試合数は144試合。== 2007年1月23日追加 ==(テニス)全豪オープンテニスはメルボルン・パークで行われている。第4日の18日、女子ダブルス第6シードの杉山愛、ダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)組が1回戦を6-4、6-1で勝ち、第5日の19日、2回戦を6-3、6-2で勝ち、第8日の22日、3回戦を7-6、6-7、6-2で競り勝ち8強に入り、準々決勝に進んだ。(キックボクシング)1月21日、東京の新宿FACEで行われた「ベニー“THE JET”ユキーデ・プロデュース 武頼漢 -BURAIKAN- J・BOY!」のUKF世界ミドル級王座決定戦で、新田明臣(日本)がマジット“THE MAGIC MAN”(アメリカ / パキスタン)を判定2-0で破り、2代目王者になった。同興行で行われたUKF女子総合王座認定戦では、篠原光がリーソル・ウィルカーソン(アメリカ)を1R 2:35腕ひしぎ十字固めで破り、初代王者になった。篠原はデルチャ・ミハエル・ガブリエラ(ルーマニア)と対戦する予定だったが、練習中に足の甲を負傷したため、対戦相手がウィルカーソンと対戦することになった。また、ウィルカーソンは規定の体重を上回った為、篠原が勝った場合のみ王者として認められ、勝った場合は半年中のガブリエラ戦が義務づけられることになっていた。(サッカー)22日、FAプレミアリーグ(イングランド)のアストン・ヴィラとリーグ・アン(フランス)のオリンピック・リヨンはチェコ代表FWミラン・バロシュとノルウェー代表FWヨン・カリューのトレードを発表。== 2007年1月22日追加 ==(大相撲)21日、大相撲初場所千秋楽は、横綱朝青龍が14勝1敗で20度目の優勝を決めた。大関陣では場所前から膝を痛めていた栃東が5勝10敗と大きく負け越したが他の4大関は勝ち越した。豊ノ島が12勝3敗の快進撃し、横綱に次ぐ成績で敢闘賞、技能賞をダブル授賞した。(サッカー)21日、FAプレミアリーグ(イングランド)のミドルスブラFCは、浦項スティーラーズ所属で韓国代表のFW李東国を獲得したことを発表。== 2007年1月21日追加 ==(高校野球)18日、日本高等学校野球連盟は、今春の選抜高等学校野球大会推薦校だった東北(宮城)からの推薦辞退の申し出を了承した。昨年7月同校野球部員の問題行動(けんか)の報告が遅れたとして、17日高野連は、野球部長に謹慎処分、野球部に警告処分相当を日本学生野球協会審査室に上申する決定をしていた。(サッカー)19日、欧州サッカー連盟(UEFA)はホームページユーザーによる投票によって選出されたベストイレブン及び最優秀監督を発表。2006 FIFAワールドカップ優勝のイタリア代表からはジャンルイジ・ブッフォン、ジャンルカ・ザンブロッタ、ファビオ・カンナバーロの守備陣、2005-2006 UEFAチャンピオンズリーグを制したFCバルセロナからはザンブロッタの他にカルレス・プジョル、ロナウジーニョ、サミュエル・エトオ、フランク・ライカールト(監督)が選出。最多得票はロナウジーニョの291,636票。== 2007年1月20日追加 ==(テニス)17日、全豪オープンテニスの女子シングルス2回戦で杉山愛がアナスタシア・ヤキモワ(ベラルーシ)に2-6、6-2、8-10で競り負けた。続く18日、同2回戦で中村藍子がサニア・ミルザ(インド)を6-3、6-2で破り、2年連続で3回戦に進んだ。(サッカー)19日、元ドイツ代表でバイエルン・ミュンヘン所属のセバスティアン・ダイスラーが記者会見し、膝の怪我からの復帰が困難であることを理由に現役を引退することを表明。(大相撲)20日、東京・両国国技館で行われている大相撲初場所14日目で、横綱朝青龍が千秋楽を待たずして4場所連続で優勝。通算20勝目を記録した。== 2007年1月19日追加 ==(野球)(プロ野球)阪神タイガースの星野仙一オーナー付シニアディレクターが18日、プロ野球、アマチュア野球の代表者と会談し、2008年北京オリンピックの出場を目指す野球日本代表監督就任の打診を受けた。== 2007年1月18日追加 ==(メジャーリーグ)16日、ESPN(Entertainment and Sports Programming Network)は、テキサス・レンジャーズがサミー・ソーサ(38)の獲得に乗り出したと報じた。2003年にはコルク入りバットを使用して出場停止処分を受けたほか、その後ドーピングの疑惑もあった。(総合格闘技)K-1の谷川貞治イベントプロデューサー(EP)は17日、昨年の大晦日に大阪で行われた「K-1 PREMIUM Dynamite!!」の対桜庭和志戦で全身にスキンクリームを塗布する違反行為を行った秋山成勲について無期限出場停止にする追加処分を発表した。既に秋山に対しては試合の無効とファイトマネー全額没収の処分が科されている。(プロ野球)プロ野球のオリックス・バファローズは18日、今月6日に大阪市内で無免許の上ひき逃げ事件を起こして逮捕された投手の前川勝彦(本名・克彦)を懲戒解雇処分にした。== 2007年1月17日追加 ==(テニス)16日、全豪オープンテニスの女子シングルス1回戦、中村藍子が第32シードのエレニ・ダニリドゥ(ギリシア)に6-4、6-0で快勝した。== 2007年1月16日追加 ==(プロ野球)14日、日本プロ野球選手会(JPBPA)は、オリックス・バッファローズ球団に中村紀洋への謝罪と他球団との自由な契約交渉を認めるよう要求する文書を送付したことを明らかにした。== 2007年1月15日追加 ==(大相撲)14日、大相撲初場所8日目、7連勝でトップに立っていた玉春日が濠風に敗れて、全勝者がいなくなり、朝青龍、玉春日、玉乃島の三人が一敗でトップに並んだ。トップに片男波部屋の力士が二人並んだ。(大学サッカー)14日、第55回全日本大学サッカー選手権は、決勝が行われ、駒大が早大に6-1で大勝し、6度目の優勝を果たした。3連覇は、早大、大商大、順大に次いで4度目である。== 2007年1月14日追加 ==(陸上)(大会)14日に開催された第25回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会が京都府京都市の西京極陸上競技場~京都国際会館~西京極陸上競技場間(9区)で行われ3年連続11度目の京都が優勝した。== 2007年1月13日追加 ==(プロ野球)オリックス・バファローズの中村紀洋内野手が同球団を退団することが12日、決まった。(大相撲)12日、大相撲初場所6日目は、前頭11枚目の玉春日(片男波部屋)がこの日も快勝し、ただ一人土付かずでトップに立っている。(サッカー)11日、デービッド・ベッカム(31)は、米メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーと5年契約した。英メディアなどでは、契約金、年俸など合わせ、総額1億2800万ポンド(約299億5千万円)にのぼると報道している。== 2007年1月12日追加 ==(K-1)K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!!の実行委員会は11日、大晦日の同大会で行われた秋山成勲対桜庭和志戦をノーコンテストにし、秋山の失格処分とファイトマネー全額没収を発表した。秋山が試合で禁止されているボディークリームを塗布していたため。(テニス)11日、全豪オープンテニスのシード選手が発表された。女子シングルスでは杉山愛が第23シードとなった。== 2007年1月11日追加 ==(ボクシング)世界ボクシング協会(WBC)のミドル級チャンピオンのマリアノ・カレラ(アルゼンチン)がドーピング(禁止薬物使用)のため王座を剥奪されたと、ブエノスアイレスの地元紙が9日付で伝えた。== 2007年1月10日追加 ==(大相撲)9日、大相撲初場所3日目、横綱朝青龍は、前頭西の筆頭出島に一方的に押し倒されて初黒星を喫した。昨年秋場所千秋楽からの連勝は18で止まった。大関栃東は左膝の不安を抱えながらも、東の前頭2枚目の時天空を押し出して初白星を挙げた。== 2007年1月9日追加 ==(大相撲)7日、日本相撲協会は、初場所の新弟子検査合格者八人を発表した。2006年12月26日参照== 2007年1月8日追加 ==(高校サッカー)8日、第85回全国高等学校サッカー選手権の決勝戦が行われた。作陽高(岡山)と盛岡商(岩手)とが対戦し、2-1で岩手県立盛岡商業高等学校が初優勝し、岩手県勢として初優勝を果たした。東北地方の優勝は、1958年の第36回大会と1967年の第45回大会で秋田市立秋田商業高等学校が全国制覇して以来40大会ぶりの優勝である。== 2007年1月7日追加 ==(大相撲)7日、大相撲初場所は、東京・両国国技館で初日の幕を開けた。この日は、四場所連続20度目の優勝を目指す横綱朝青龍は順当に勝ち、大関では場所前に膝の手術をした栃東が負けたほかは危なげなく勝った。== 2007年1月6日追加 ==(高校ラグビー)第86回全国高等学校ラグビー大会は5日、東大阪市の近鉄花園ラグビー場で準決勝2試合を行い、第1試合は福岡県代表の東福岡が大阪第二地区代表の大工大高を53-10で圧倒した。第2試合は大阪第一地区代表の東海大仰星が後半の6分間で4本のトライを挙げるなど優位に試合を進め、Aシードで神奈川県代表の桐蔭学園を40-13で下した。決勝は7日午後に行われる。(ボクシング)1月3日、東京の有明コロシアムで「ボクシンググランプリ2007 日本×メキシコ」が行われた。先鋒戦では、細野悟がマリオ・ガルシアと対戦し、6R2:38KO勝ちを収めた。続く次鋒戦では、宮将来がルーベン・エスタニスラオと対戦。10R判定0-1でドローに終わった。中堅戦では、大曲輝斉(日本ウェルター級王者)がアレハンドロ・ガルシアを3R0:53KOで下した。副将戦のWBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチでは、エドウィン・バレロ(ベネズエラ / 王者)がミチェル・ロサダ(メキシコ / 同級13位)をわずか1R1:12TKOで下し防衛に成功した。大将戦WBC世界スーパーフライ級タイトルマッチでは、川嶋勝重(日本 / 同級2位)がクリスチャン・ミハレス(メキシコ / 王者)に10R1:05レフェリーストップによる生涯初のTKO負けを喫し、王座奪取に失敗した。結果、対抗戦は総得点が4.5の日本が2.5のメキシコを下し、日本の勝利に終わった。== 2007年1月5日追加 ==(中央競馬)日本中央競馬会 (JRA) は5日、東京都内で裁定委員会を開き、昨年12月21日未明に滋賀県栗東市内の飲食店で暴力事件を起こした騎手の藤田伸二に対して3月21日までの騎乗停止処分を科した。(卓球)3日、国際卓球連盟(ITTF)は、世界ランキングを発表した。女子では福原愛が前回の15位から13位に浮上した。== 2007年1月4日追加 ==(高校ラグビー)3日、第86回全国高等学校ラグビー大会は準々決勝を行い、大工大(大阪第一)、桐蔭学園(神奈川)、東海大仰星(大阪第二)東福岡(福岡)がそれぞれベストフォー入りした。準決勝は5日、大工大対東福岡、桐蔭学園対東海大仰星の組合せで行われる。(高校サッカー)3日、第85回全国高等学校サッカー選手権は、八千代(千葉)、丸岡(福井)、広島皆実(広島)、神村(鹿児島)、静岡学園(静岡)、盛岡商(岩手)星陵(石川)、作陽(岡山)がベストエイトに進んだ。5日の準決勝は、八千代対丸岡、広島皆実対盛岡商、作陽対静岡学園、星陵対神村学園の組合せで行われる。== 2007年1月3日追加 ==(高校ラグビー)1日、第86回全国高校ラグビー大会は、3回戦が終わりベストエイトが出揃った。東福岡(福岡)、東海大仰星(大阪第2)、桐蔭学園(神奈川)、仙台育英(宮城)、長崎北(長崎)、正智深谷(埼玉)、大分舞鶴(大分)、大工大(大阪第1)がそれぞれ勝ち残った。準々決勝(3日)組合せが行われた。桐蔭学園対正智深谷、仙台育英対大工大、東海大仰星対長崎北、東福岡対大分舞鶴の対戦が決まった。== 2007年1月2日追加 ==(陸上)2日行われた第83回東京箱根間往復大学駅伝競走第1日の往路で、順天堂大学が2年連続・8度目の往路優勝となった。東海大学が1分42秒差の2位、日本体育大学が3分20秒差の3位。== 2007年1月1日追加 ==(陸上)1日、第51回全日本実業団対抗駅伝大会が行われ、中国地区代表中国電力が3年ぶり2回目の優勝を果たす。(サッカー)1日、第86回全日本選手権決勝戦が東京・国立競技場で行なわれ、Jリーグとの2冠と大会2連覇を狙う浦和と昨年のJリーグ王者G大阪が対戦。浦和が1対0で勝利し2連覇を飾った。女子はTASAKIが優勝。
  • Zobacz też: Styczeń 2007 · Zmarli w styczniu 2007 · Styczeń 2007 w Wikinews
  • See also: 2007 in sports
rdfs:label
  • Janvier 2007 en sport
  • January 2007 in sports
  • Styczeń 2007 w sporcie
  • スポーツ 最近の出来事 2007年1月
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of