PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • James Hamilton (24 août 1838 – 3 janvier 1913), 2e duc d'Abercorn, fut un noble et diplomate britannique. Il fut diversement appelée « vicomte Hamilton » (jusqu'en 1868), « marquis de Hamilton » (1868-1885), et enfin « duc d'Abercorn » (à partir de 1885).
  • Lord James Hamilton, II duca di Abercorn (Brighton, 24 agosto 1838 – Londra, 3 gennaio 1913), è stato un politico britannico.
  • James Hamilton, 2.° Duque de Abercorn KG, CB, PC(24 de agosto de 1838 — 3 de janeiro de 1913) foi um nobre e diplomata britânico. Ele era o filho mais velho de James Hamilton, 1.° Duque de Abercorn e de sua esposa, Lady Louisa Russell.
  • 第2代アバコーン公爵ジェイムズ・ハミルトン(英: James Hamilton, 2nd Duke of Abercorn、1838年8月24日 - 1913年1月3日)は、イギリスの貴族。ガーター勲章勲爵士(KG)、バス勲章コンパニオン勲爵士(CB)、アイルランド枢密顧問官。第2代アバコーン侯爵ジェイムズ・ハミルトン(後の初代アバコーン公爵)と、その妻で第6代ベッドフォード公爵ジョン・ラッセルの娘であるルイーザ・ハミルトンの間に長男としてサセックス州ブライトンで生まれた。1868年に父親がアバコーン公爵に叙されるまでは「ハミルトン子爵」の、1868年から自身が襲爵するまでは「ハミルトン侯爵」の儀礼称号で称された。ハーロー校を経てオックスフォード大学クライスト・チャーチで学び、1860年に学士号(B.A.)を、1865年に修士号(M.A.)を取得。1860年から1880年までドニゴール州選挙区選出の保守党所属庶民院議員。1863年、ティロン州の州長官(High Sheriff of Tyrone)に任じられる。1865年にはデンマーク王クリスチャン9世にガーター勲章を授与するための特使としてデンマークへ派遣された。1866年から1885年までLord of the Bedchamberとして、1886年から1891年までGroom of the Stoleとしてウェールズ公アルバート・エドワード王子(後のイギリス王エドワード7世)に仕えた。1885年に父親の死去により爵位を相続し、加えて父親が就任していたドニゴール州統監(Lord Lieutenant of Donegal)や、フリーメーソンのアイルランド・グランド・ロッジの団長を引き継いだ。1887年、アイルランド枢密顧問官に列せられる。1901年にはエドワード7世の即位を伝える特使としてデンマーク・スウェーデン・ノルウェー・プロイセン・ザクセンを歴訪し、翌1902年に行われたエドワード7世の戴冠式においては大司馬を務めた。1865年にバス勲章コンパニオンを、1892年にガーター勲章を授けられた。ほかにデンマークからダンネブロ勲章を、ロシアから聖アンナ勲章を、オーストリア=ハンガリーから鉄冠勲章とレオポルト勲章を受勲している。ロンドンのグローヴナー・スクエアで肺炎のため73歳で死去し、ティロン州ニュータウンスチュワート近くのバロンズコートに葬られた。
  • James Hamilton, 2. Duke of Abercorn KG (* 24. August 1838 in Brighton; † 3. Januar 1913 in London), , war ein schottischer Adliger und britischer Politiker.
  • James Hamilton, 2nd Duke of Abercorn, KG, CB, PC (Ire) (24 August 1838 – 3 January 1913), styled Viscount Hamilton until 1868 and Marquess of Hamilton from 1868 to 1885, was a British nobleman and diplomat. He was the son of James Hamilton, 1st Duke of Abercorn, and Lady Louisa Jane Russell.
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 4154410 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4458 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 106889905 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • James Hamilton (24 août 1838 – 3 janvier 1913), 2e duc d'Abercorn, fut un noble et diplomate britannique. Il fut diversement appelée « vicomte Hamilton » (jusqu'en 1868), « marquis de Hamilton » (1868-1885), et enfin « duc d'Abercorn » (à partir de 1885).
  • Lord James Hamilton, II duca di Abercorn (Brighton, 24 agosto 1838 – Londra, 3 gennaio 1913), è stato un politico britannico.
  • James Hamilton, 2.° Duque de Abercorn KG, CB, PC(24 de agosto de 1838 — 3 de janeiro de 1913) foi um nobre e diplomata britânico. Ele era o filho mais velho de James Hamilton, 1.° Duque de Abercorn e de sua esposa, Lady Louisa Russell.
  • 第2代アバコーン公爵ジェイムズ・ハミルトン(英: James Hamilton, 2nd Duke of Abercorn、1838年8月24日 - 1913年1月3日)は、イギリスの貴族。ガーター勲章勲爵士(KG)、バス勲章コンパニオン勲爵士(CB)、アイルランド枢密顧問官。第2代アバコーン侯爵ジェイムズ・ハミルトン(後の初代アバコーン公爵)と、その妻で第6代ベッドフォード公爵ジョン・ラッセルの娘であるルイーザ・ハミルトンの間に長男としてサセックス州ブライトンで生まれた。1868年に父親がアバコーン公爵に叙されるまでは「ハミルトン子爵」の、1868年から自身が襲爵するまでは「ハミルトン侯爵」の儀礼称号で称された。ハーロー校を経てオックスフォード大学クライスト・チャーチで学び、1860年に学士号(B.A.)を、1865年に修士号(M.A.)を取得。1860年から1880年までドニゴール州選挙区選出の保守党所属庶民院議員。1863年、ティロン州の州長官(High Sheriff of Tyrone)に任じられる。1865年にはデンマーク王クリスチャン9世にガーター勲章を授与するための特使としてデンマークへ派遣された。1866年から1885年までLord of the Bedchamberとして、1886年から1891年までGroom of the Stoleとしてウェールズ公アルバート・エドワード王子(後のイギリス王エドワード7世)に仕えた。1885年に父親の死去により爵位を相続し、加えて父親が就任していたドニゴール州統監(Lord Lieutenant of Donegal)や、フリーメーソンのアイルランド・グランド・ロッジの団長を引き継いだ。1887年、アイルランド枢密顧問官に列せられる。1901年にはエドワード7世の即位を伝える特使としてデンマーク・スウェーデン・ノルウェー・プロイセン・ザクセンを歴訪し、翌1902年に行われたエドワード7世の戴冠式においては大司馬を務めた。1865年にバス勲章コンパニオンを、1892年にガーター勲章を授けられた。ほかにデンマークからダンネブロ勲章を、ロシアから聖アンナ勲章を、オーストリア=ハンガリーから鉄冠勲章とレオポルト勲章を受勲している。ロンドンのグローヴナー・スクエアで肺炎のため73歳で死去し、ティロン州ニュータウンスチュワート近くのバロンズコートに葬られた。
  • James Hamilton, 2. Duke of Abercorn KG (* 24. August 1838 in Brighton; † 3. Januar 1913 in London), , war ein schottischer Adliger und britischer Politiker.
  • James Hamilton, 2nd Duke of Abercorn, KG, CB, PC (Ire) (24 August 1838 – 3 January 1913), styled Viscount Hamilton until 1868 and Marquess of Hamilton from 1868 to 1885, was a British nobleman and diplomat. He was the son of James Hamilton, 1st Duke of Abercorn, and Lady Louisa Jane Russell.
rdfs:label
  • James Hamilton (2e duc d'Abercorn)
  • James Hamilton (politico 1838)
  • James Hamilton, 2. Duke of Abercorn
  • James Hamilton, 2.° Duque de Abercorn
  • James Hamilton, 2nd Duke of Abercorn
  • ジェイムズ・ハミルトン (第2代アバコーン公爵)
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of