Ivan Klíma est un écrivain et dramaturge tchèque, né le 14 septembre 1931, à Prague (alors en Tchécoslovaquie), et traduit en 29 langues.Souvent comparé à Milan Kundera, bien que moins célèbre, il est souvent considéré comme plus politique, bien qu'il y ait de nombreuses similarités entre leurs œuvres (en particulier, leurs héros sont souvent coupables d'adultère).↑ 1,0 et 1,1 (en) Article du Guardian, 1 mai 2004, Building bridges↑ Building bridges Philip Roth, who championed his work abroad while he was banned at home, found a kinship between Klíma and Kundera in their "affinity for the erotically vulnerable, their struggle against political despair, their brooding over social excreta, whether garbage or kitsch", and their "fixation on the fate of outcasts".

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Ivan Klíma est un écrivain et dramaturge tchèque, né le 14 septembre 1931, à Prague (alors en Tchécoslovaquie), et traduit en 29 langues.Souvent comparé à Milan Kundera, bien que moins célèbre, il est souvent considéré comme plus politique, bien qu'il y ait de nombreuses similarités entre leurs œuvres (en particulier, leurs héros sont souvent coupables d'adultère).
  • Ivan Klíma (born 14 September 1931, Prague, born as Ivan Kauders) is a Czech novelist and playwright. He has received the Magnesia Litera Award and the Franz Kafka Prize, among other honors.
  • Ivan Klíma, rodným jménem Ivan Kauders (* 14. září 1931 Praha) je český spisovatel a dramatik s židovskými kořeny , syn vynálezce a světového odborníka na silnoproudé motory Viléma Klímy. V současné době je nejpřekládanějším žijícím českým autorem
  • 이반 클리마 (체코어:Ivan Klíma, 1931년 9월 14일 - ) 체코의 작가이다. 제2차 세계 대전 당시 테레진의 게토에서 3년을 보냈다.전쟁 후에 김나지움에 입학하고 1951년 졸업한 후 프라하 카렐 대학교 철학부에서 공부한다.처음 활동을 시작한 것은 Život kolem nás (우리 주변의 삶)이라는 잡지에 글을 쓰면서였다. Květy (꽃)이라는 잡지의 편집인으로 일하기도 하였다. 1959년에 체코슬로벤스키 스피소바텔 (체코어:Československý spisovatel, 체코슬로바키아 작가)라는 출판사의 편집인이 되고 1963년까지 일한다. 1936년 이후에는 Lidové noviny 리도베 노비니, Literárné listy 리테라르네 리스티 등에 글을 쓰고 나중에는 Květen (발음:크베텐, 5월), Plamen (발음:플라멘, 불꽃), Orientace (발음:오리엔따쩨, 오리엔테이션) 등의 잡지에 글을 쓴다.1969년-1970년에는 미국의 미시간 대학에서 방문 교수로 활동한다. 체코슬로바키아로 돌아온 후에는 출판이 금지되고 사미즈다트로 글을 쓰게 된다.
  • イヴァン・クリーマ(Ivan Klíma, 1931年9月14日 - )は、チェコ出身の作家。ミラン・クンデラをして「世界で最も多く翻訳されたチェコの作家」と言わしめたチェコを代表する作家である。キリスト教の福音派に属していたユダヤ人技師の一家に生まれる。第二次世界大戦時、小学校の高学年(1941年12月)からプラハ近郊のゲットー「テレジーン」(マリア・テレジアの名に由来する)という名の収容所ですごした。ここは各地から集められてきたユダヤ人たちが最終目的地に移送されるまえの基地だった。終戦後、カレル大学哲学科に進学。卒業論文のテーマは「カレル・チャペック」。1963年から1969年まで文学新聞「Literarni noviny」副編集長として、自由化に向かう反体制文学のリーダー格になる。1967年、第4回チェコスロヴァキア作家同盟大会において、パヴェル・コホウト、ミラン・クンデラら作家たちと共産党批判を行う。1968年のプラハの春事件が勃発。1969年秋からアメリカのミシガン大学の客員教授として講義するための出国を許可された。しかしクリーマが出国した直後に、ソ連のテコ入れによる「正常化」路線徹底強化によって、チェコ国境が封鎖される。1969年末までに、海外在住のチェコ人はチェコ国籍を放棄するか、帰国するかの選択を迫られた。大使館の特別の配慮でアメリカ滞在の延長を許され、学期終了の1970年3月にクリーマは帰国。このときの心境は、『僕の陽気な朝』の二番目の短編『火曜日の朝―センチメンタル・ストーリー』に詳しい。反体制派と目され、作品は出版禁止処分に。専門的職業の場からも追放され、病院雑役などの労働に従事した。しかし、海外で出版される作品の印税により生活ができた。社会主義体制下では活動を禁じられていたペンクラブが、1989年の自由化後活動を再開したときの最初の会長に就任する。2002年、フランツ・カフカ賞受賞。
  • Ivan Klíma (ur. 14 września 1931 w Pradze, urodzonzy jako Ivan Kauders) - czeski prozaik i dramatopisarz. W latach 70. i 80. mógł publikować tylko w wydawnictwach niezależnych. Problematykę psychologiczną i etyczną, związaną głównie ze środowiskiem młodzieży, przestawił w opowiadaniach Bezvadný den (Wspaniały dzień, 1960), Milenci na jednu noc (Kochankowie na jedną noc, 1964). W powieści Godzina ciszy (1963, wyd. pol. 1966) dokonał rozrachunku z okresem kultu jednostki, analizując postawy moralne mieszkańców powojennej wsi słowackiej. Wątek dyskusji wokół historii, egzystencjalne rozterki, oraz absurdalne obserwacje w powieści Ani święci ani anioły (2003). Elementy dramatu absurdu zastosował w sztukach Zamek (1964) i Klára a dva páni (1968).W 2002 został odznaczony Medalem Za zasługi I stopnia.== Przypisy ==
  • Ivan Klíma (* 14. September 1931 in Prag, geboren als Ivan Kauders) ist ein tschechischer Schriftsteller.
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3466417 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5899 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 50 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 108759682 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Ivan Klíma est un écrivain et dramaturge tchèque, né le 14 septembre 1931, à Prague (alors en Tchécoslovaquie), et traduit en 29 langues.Souvent comparé à Milan Kundera, bien que moins célèbre, il est souvent considéré comme plus politique, bien qu'il y ait de nombreuses similarités entre leurs œuvres (en particulier, leurs héros sont souvent coupables d'adultère).↑ 1,0 et 1,1 (en) Article du Guardian, 1 mai 2004, Building bridges↑ Building bridges Philip Roth, who championed his work abroad while he was banned at home, found a kinship between Klíma and Kundera in their "affinity for the erotically vulnerable, their struggle against political despair, their brooding over social excreta, whether garbage or kitsch", and their "fixation on the fate of outcasts".
  • Ivan Klíma (born 14 September 1931, Prague, born as Ivan Kauders) is a Czech novelist and playwright. He has received the Magnesia Litera Award and the Franz Kafka Prize, among other honors.
  • Ivan Klíma, rodným jménem Ivan Kauders (* 14. září 1931 Praha) je český spisovatel a dramatik s židovskými kořeny , syn vynálezce a světového odborníka na silnoproudé motory Viléma Klímy. V současné době je nejpřekládanějším žijícím českým autorem
  • イヴァン・クリーマ(Ivan Klíma, 1931年9月14日 - )は、チェコ出身の作家。ミラン・クンデラをして「世界で最も多く翻訳されたチェコの作家」と言わしめたチェコを代表する作家である。キリスト教の福音派に属していたユダヤ人技師の一家に生まれる。第二次世界大戦時、小学校の高学年(1941年12月)からプラハ近郊のゲットー「テレジーン」(マリア・テレジアの名に由来する)という名の収容所ですごした。ここは各地から集められてきたユダヤ人たちが最終目的地に移送されるまえの基地だった。終戦後、カレル大学哲学科に進学。卒業論文のテーマは「カレル・チャペック」。1963年から1969年まで文学新聞「Literarni noviny」副編集長として、自由化に向かう反体制文学のリーダー格になる。1967年、第4回チェコスロヴァキア作家同盟大会において、パヴェル・コホウト、ミラン・クンデラら作家たちと共産党批判を行う。1968年のプラハの春事件が勃発。1969年秋からアメリカのミシガン大学の客員教授として講義するための出国を許可された。しかしクリーマが出国した直後に、ソ連のテコ入れによる「正常化」路線徹底強化によって、チェコ国境が封鎖される。1969年末までに、海外在住のチェコ人はチェコ国籍を放棄するか、帰国するかの選択を迫られた。大使館の特別の配慮でアメリカ滞在の延長を許され、学期終了の1970年3月にクリーマは帰国。このときの心境は、『僕の陽気な朝』の二番目の短編『火曜日の朝―センチメンタル・ストーリー』に詳しい。反体制派と目され、作品は出版禁止処分に。専門的職業の場からも追放され、病院雑役などの労働に従事した。しかし、海外で出版される作品の印税により生活ができた。社会主義体制下では活動を禁じられていたペンクラブが、1989年の自由化後活動を再開したときの最初の会長に就任する。2002年、フランツ・カフカ賞受賞。
  • Ivan Klíma (* 14. September 1931 in Prag, geboren als Ivan Kauders) ist ein tschechischer Schriftsteller.
  • Ivan Klíma (ur. 14 września 1931 w Pradze, urodzonzy jako Ivan Kauders) - czeski prozaik i dramatopisarz. W latach 70. i 80. mógł publikować tylko w wydawnictwach niezależnych. Problematykę psychologiczną i etyczną, związaną głównie ze środowiskiem młodzieży, przestawił w opowiadaniach Bezvadný den (Wspaniały dzień, 1960), Milenci na jednu noc (Kochankowie na jedną noc, 1964). W powieści Godzina ciszy (1963, wyd. pol.
  • 이반 클리마 (체코어:Ivan Klíma, 1931년 9월 14일 - ) 체코의 작가이다. 제2차 세계 대전 당시 테레진의 게토에서 3년을 보냈다.전쟁 후에 김나지움에 입학하고 1951년 졸업한 후 프라하 카렐 대학교 철학부에서 공부한다.처음 활동을 시작한 것은 Život kolem nás (우리 주변의 삶)이라는 잡지에 글을 쓰면서였다. Květy (꽃)이라는 잡지의 편집인으로 일하기도 하였다. 1959년에 체코슬로벤스키 스피소바텔 (체코어:Československý spisovatel, 체코슬로바키아 작가)라는 출판사의 편집인이 되고 1963년까지 일한다.
rdfs:label
  • Ivan Klíma
  • Ivan Klíma
  • Ivan Klíma
  • Ivan Klíma
  • Ivan Klíma
  • Клима, Иван
  • イヴァン・クリーマ
  • 이반 클리마
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of