Itakura Katsutsune (板倉 勝職, Itakura Katsutsune?, 17 août 1803 - 9 octobre 1849). Fils ainé d'Itakura Katsuaki, il est le sixième daimyo Itakura du domaine de Bitchū-Matsuyama. Itakura Katsuaki lui succède.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Itakura Katsutsune (板倉 勝職, Itakura Katsutsune?, 17 août 1803 - 9 octobre 1849). Fils ainé d'Itakura Katsuaki, il est le sixième daimyo Itakura du domaine de Bitchū-Matsuyama. Itakura Katsuaki lui succède.
  • Itakura Katsutsune (板倉 勝職, August 17, 1803 – October 9, 1849) was the eldest son of Itakura Katsuaki. He was the sixth Itakura Daimyō of Bitchū-Matsuyama Domain; he succeeded Itakura Katsuaki.
  • 板倉 勝職(いたくら かつつね、享和3年7月1日(1803年8月17日) - 嘉永2年8月23日(1849年10月9日))は、備中松山藩の第6代藩主。板倉家宗家12代。第5代藩主・板倉勝晙の長男。正室は大垣藩主・戸田氏庸の娘。継室は黒石領主・津軽寧親の娘。継々室は久留里藩主・黒田直方の娘(田中藩主・本多正意の養女)。子は娘(板倉勝静正室)。官位は従五位下、阿波守、周防守。幼名は充之進。文化元年(1804年)9月4日、父が死去したために跡を継いだ。しかし暗愚な人物で、藩政においては奢侈と淫らな行為を重ねて藩財政を悪化させた。文政10年(1827年)1月8日、奏者番に就任する。天保13年(1842年)6月、男児がいずれも早世したため、松平定信の孫に当たる勝静を養子に迎える。弘化2年(1845年)12月13日、病気のために奏者番を辞職する。嘉永2年(1849年)閏4月6日、隠居し、勝静に家督を譲った。同年8月23日、47歳で死去した。法号は寛隆院殿忠峰源義大居士。墓所は愛知県西尾市貝吹町の長円寺。
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 6515329 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 822 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 106292330 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:après
  • Itakura Katsuaki
prop-fr:avant
prop-fr:nom
  • Daimyo du Domaine de Bitchū-Matsuyama
prop-fr:période
  • 1801 (xsd:integer)
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Itakura Katsutsune (板倉 勝職, Itakura Katsutsune?, 17 août 1803 - 9 octobre 1849). Fils ainé d'Itakura Katsuaki, il est le sixième daimyo Itakura du domaine de Bitchū-Matsuyama. Itakura Katsuaki lui succède.
  • Itakura Katsutsune (板倉 勝職, August 17, 1803 – October 9, 1849) was the eldest son of Itakura Katsuaki. He was the sixth Itakura Daimyō of Bitchū-Matsuyama Domain; he succeeded Itakura Katsuaki.
  • 板倉 勝職(いたくら かつつね、享和3年7月1日(1803年8月17日) - 嘉永2年8月23日(1849年10月9日))は、備中松山藩の第6代藩主。板倉家宗家12代。第5代藩主・板倉勝晙の長男。正室は大垣藩主・戸田氏庸の娘。継室は黒石領主・津軽寧親の娘。継々室は久留里藩主・黒田直方の娘(田中藩主・本多正意の養女)。子は娘(板倉勝静正室)。官位は従五位下、阿波守、周防守。幼名は充之進。文化元年(1804年)9月4日、父が死去したために跡を継いだ。しかし暗愚な人物で、藩政においては奢侈と淫らな行為を重ねて藩財政を悪化させた。文政10年(1827年)1月8日、奏者番に就任する。天保13年(1842年)6月、男児がいずれも早世したため、松平定信の孫に当たる勝静を養子に迎える。弘化2年(1845年)12月13日、病気のために奏者番を辞職する。嘉永2年(1849年)閏4月6日、隠居し、勝静に家督を譲った。同年8月23日、47歳で死去した。法号は寛隆院殿忠峰源義大居士。墓所は愛知県西尾市貝吹町の長円寺。
rdfs:label
  • Itakura Katsutsune
  • Itakura Katsutsune
  • 板倉勝職
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-fr:après of
is prop-fr:avant of
is foaf:primaryTopic of