Le championnat IndyCar Series 2006 a été remporté par le pilote américain Sam Hornish Jr. sur une Dallara-Honda du Team Penske.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Le championnat IndyCar Series 2006 a été remporté par le pilote américain Sam Hornish Jr. sur une Dallara-Honda du Team Penske.
  • 2006年のインディカー・シリーズは、インディカー・シリーズの11年目のシーズンである。この年より、ホンダエンジンのワンメイクとなり、エンジンでの優劣が無くなった。その分、ドライバーの実力がより問われるものともなった。また、拡大の一途をたどっていたレース数もこの年は3戦のオーバルコースがカレンダー落ちし、14戦でのシーズンとなった。エンジンがワンメイクとなったことでトップチームの実力が拮抗し、混戦のチャンピオンシップとなったが、チーム・ペンスキーに移籍後トヨタエンジンの劣勢状況からくすぶっていたサム・ホーニッシュJr.が前年チャンピオンでこの年チップ・ガナッシ・レーシングに移籍したダン・ウェルドン(同ポイントながら勝利数比較で上回る)やそのチームメイトスコット・ディクソン、自身のチームメイトエリオ・カストロネベスなどを振り切り、インディカー・シリーズ史上最多の3度目のチャンピオンを獲得した。またこの年は、マイケル・アンドレッティの息子、マリオ・アンドレッティの孫であるマルコ・アンドレッティが19歳でインディカー・シリーズにデビュー、インディ500ではレース最終盤でこの年インディ500にスポット復帰した父マイケルを抜きトップに立つと、最終周最終コーナーまでトップを守ったが、最後の直線でホーニッシュJr.に抜かれ、2位(父マイケルも3位)に終わり、「アンドレッティ家のインディ500の不運(マリオの1勝以外は一家の誰かがトップを快走した年もことごとく優勝を逃す)」はこの年も払拭はならなかった。しかし、マルコはこの屈辱をインフィニオンで当時の最年少優勝をあげることで晴らした。この年は開幕戦ホームステッド/マイアミで不幸な事故が起こった。この年レイホール・レターマン・レーシングに抜擢され初のフルシーズン参戦を果たすはずだったポール・ダナがフリー走行中にスピンを喫したエド・カーペンターを避けきれずクラッシュ、その衝撃によるダメージが大きく、結果事故死した。IRL3件目(レース期間中では2件目)の死亡事故となった。その他のトピックとしては、スーパーアグリ・フェルナンデス・レーシングからこの年も松浦孝亮が参戦したが、最高位はホームステッド/マイアミでの前年と同じ6位にとどまったロジャー安川はこの年はもてぎにも参戦ができず、インディ500は何とか予選最終週にプラヤ・デル・レーシングのシートを獲得したが、インディカー・シリーズフル参戦経験のないチームでは完走が精一杯であったダニカ・パトリックはこの年はナッシュビル・ミルウォーキーでの4位が最高。パノスシャシーに足を引っ張られるレースもあり、翌年からアンドレッティ・グリーン・レーシングに移籍を果たすことになるこの年のワトキンス・グレンではインディカー・シリーズ初の雨中のレースとなった。またこのレースでのスコット・ディクソンの勝利が前年のシャシー規定の変更後劣勢となっていたパノスシャシーの現在のところ最後の優勝となっている(チャンプカーのシャシー・エンジンで行われた2008年ロングビーチを除く)
  • IndyCar Series 2006 - był jedenastym sezonem wyścigów pod szyldem Indy Racing League. Rozpoczął się on 26 marca wyścigiem w Homestead, a zakończył 10 września wyścigiem na torze Chicagoland Speedway. Tytuł mistrzowski zdobył Sam Hornish Jr, a o jego zwycięstwie zadecydowała dopiero większa liczba zwycięstw niż Dana Wheldona, gdyż obaj zdobyli taką samą liczbę punktów. Tytuł najlepszego nowicjusza ("Rookie of the Year") zdobył Marco Andretti.
  • La Temporada de 2006 de la Indy Car Series comenzó el 26 de marzo y concluyó el 10 de septiembre. Sam Hornish Jr. ganó su tercer campeonato. Hornish también ganó la 90a edición de las 500 millas de Indianápolis, pasando al novato Marco Andretti en la última vuelta a menos de 150 m de la línea de meta. Esa temporada fue trágicamente recordada por el fallecimiento a inicio de temporada del novato Paul Dana, durante las prácticas al Grand Prix de Miami en el óvalo de Homestead.
  • Die IndyCar Series 2006 begann am 26. März 2006 in Homesteadund endete am 10. September 2006 in Joliet.
  • La stagione 2006 di Indy Racing League è iniziata il week-end del 26 marzo sull'ovale di Homestead, nei sobborghi di Miami e si è sviluppata lungo 14 appuntamenti fino alla conclusione del 10 settembre sull'ovale a Joliet (Illinois), nei sobborghi di Chicago. La stagione ha visto la vittoria finale dell'americano Sam Hornish Jr. davanti all'inglese Dan Wheldon e al brasiliano Helio Castroneves. La stagione, disputatasi come tradizione interamente su suolo americano tranne la solita trasferta giapponese a Motegi, ha visto nel corso del warm-up della prima gara stagionale, a Homestead, l'incidente mortale di Paul Dana, a seguito di una collisione con l'incolpevole Ed Carpenter. Per la prima volta dopo molti anni, la categoria ha vissuto in un regime di monomarca: di fatto per quanto riguarda i telai, poiché le squadre inizialmente dotate di chassis Panoz sono passate al Dallara per l'evidente gap prestazionale; per regolamento invece per quanto riguarda i motori, dal momento che il regolamento ha autorizzato il solo uso di motori Honda. Di seguito il resoconto di tutti i vari round della stagione.
  • The 2006 IRL IndyCar Series season began on March 26 and concluded on September 10. Sam Hornish, Jr. won his third IndyCar Series championship. Hornish also won the 90th Indianapolis 500, passing rookie Marco Andretti on the final lap less than 500 feet (150 m) from the finish line. The season was marred by the death of Paul Dana during practice at Homestead.
  • A Temporada da IndyCar Series de 2006 foi a décima primeira temporada da categoria, foram 14 corridas tendo se iniciado em 26 de Março de 2006 e encerrado-se em 10 de Setembro. Sam Hornish, Jr. foi o campeão.
  • De IndyCar Series 2006 was het elfde kampioenschap van de IndyCar Series. Het werd gewonnen door Sam Hornish Jr., die het kampioenschap voor de derde en laatste keer in zijn carrière won. Tijdens het seizoen werd de 90e Indianapolis 500 gehouden die eveneens gewonnen werd door Sam Hornish Jr. Het eerste race-weekend van het seizoen op de Homestead-Miami Speedway werd verstoord door een ongeval tijdens de laatste kwalificatiesessie waarbij Paul Dana om het leven kwam.
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1450307 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12974 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 237 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 95730593 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Le championnat IndyCar Series 2006 a été remporté par le pilote américain Sam Hornish Jr. sur une Dallara-Honda du Team Penske.
  • 2006年のインディカー・シリーズは、インディカー・シリーズの11年目のシーズンである。この年より、ホンダエンジンのワンメイクとなり、エンジンでの優劣が無くなった。その分、ドライバーの実力がより問われるものともなった。また、拡大の一途をたどっていたレース数もこの年は3戦のオーバルコースがカレンダー落ちし、14戦でのシーズンとなった。エンジンがワンメイクとなったことでトップチームの実力が拮抗し、混戦のチャンピオンシップとなったが、チーム・ペンスキーに移籍後トヨタエンジンの劣勢状況からくすぶっていたサム・ホーニッシュJr.が前年チャンピオンでこの年チップ・ガナッシ・レーシングに移籍したダン・ウェルドン(同ポイントながら勝利数比較で上回る)やそのチームメイトスコット・ディクソン、自身のチームメイトエリオ・カストロネベスなどを振り切り、インディカー・シリーズ史上最多の3度目のチャンピオンを獲得した。またこの年は、マイケル・アンドレッティの息子、マリオ・アンドレッティの孫であるマルコ・アンドレッティが19歳でインディカー・シリーズにデビュー、インディ500ではレース最終盤でこの年インディ500にスポット復帰した父マイケルを抜きトップに立つと、最終周最終コーナーまでトップを守ったが、最後の直線でホーニッシュJr.に抜かれ、2位(父マイケルも3位)に終わり、「アンドレッティ家のインディ500の不運(マリオの1勝以外は一家の誰かがトップを快走した年もことごとく優勝を逃す)」はこの年も払拭はならなかった。しかし、マルコはこの屈辱をインフィニオンで当時の最年少優勝をあげることで晴らした。この年は開幕戦ホームステッド/マイアミで不幸な事故が起こった。この年レイホール・レターマン・レーシングに抜擢され初のフルシーズン参戦を果たすはずだったポール・ダナがフリー走行中にスピンを喫したエド・カーペンターを避けきれずクラッシュ、その衝撃によるダメージが大きく、結果事故死した。IRL3件目(レース期間中では2件目)の死亡事故となった。その他のトピックとしては、スーパーアグリ・フェルナンデス・レーシングからこの年も松浦孝亮が参戦したが、最高位はホームステッド/マイアミでの前年と同じ6位にとどまったロジャー安川はこの年はもてぎにも参戦ができず、インディ500は何とか予選最終週にプラヤ・デル・レーシングのシートを獲得したが、インディカー・シリーズフル参戦経験のないチームでは完走が精一杯であったダニカ・パトリックはこの年はナッシュビル・ミルウォーキーでの4位が最高。パノスシャシーに足を引っ張られるレースもあり、翌年からアンドレッティ・グリーン・レーシングに移籍を果たすことになるこの年のワトキンス・グレンではインディカー・シリーズ初の雨中のレースとなった。またこのレースでのスコット・ディクソンの勝利が前年のシャシー規定の変更後劣勢となっていたパノスシャシーの現在のところ最後の優勝となっている(チャンプカーのシャシー・エンジンで行われた2008年ロングビーチを除く)
  • IndyCar Series 2006 - był jedenastym sezonem wyścigów pod szyldem Indy Racing League. Rozpoczął się on 26 marca wyścigiem w Homestead, a zakończył 10 września wyścigiem na torze Chicagoland Speedway. Tytuł mistrzowski zdobył Sam Hornish Jr, a o jego zwycięstwie zadecydowała dopiero większa liczba zwycięstw niż Dana Wheldona, gdyż obaj zdobyli taką samą liczbę punktów. Tytuł najlepszego nowicjusza ("Rookie of the Year") zdobył Marco Andretti.
  • La Temporada de 2006 de la Indy Car Series comenzó el 26 de marzo y concluyó el 10 de septiembre. Sam Hornish Jr. ganó su tercer campeonato. Hornish también ganó la 90a edición de las 500 millas de Indianápolis, pasando al novato Marco Andretti en la última vuelta a menos de 150 m de la línea de meta. Esa temporada fue trágicamente recordada por el fallecimiento a inicio de temporada del novato Paul Dana, durante las prácticas al Grand Prix de Miami en el óvalo de Homestead.
  • Die IndyCar Series 2006 begann am 26. März 2006 in Homesteadund endete am 10. September 2006 in Joliet.
  • The 2006 IRL IndyCar Series season began on March 26 and concluded on September 10. Sam Hornish, Jr. won his third IndyCar Series championship. Hornish also won the 90th Indianapolis 500, passing rookie Marco Andretti on the final lap less than 500 feet (150 m) from the finish line. The season was marred by the death of Paul Dana during practice at Homestead.
  • A Temporada da IndyCar Series de 2006 foi a décima primeira temporada da categoria, foram 14 corridas tendo se iniciado em 26 de Março de 2006 e encerrado-se em 10 de Setembro. Sam Hornish, Jr. foi o campeão.
  • De IndyCar Series 2006 was het elfde kampioenschap van de IndyCar Series. Het werd gewonnen door Sam Hornish Jr., die het kampioenschap voor de derde en laatste keer in zijn carrière won. Tijdens het seizoen werd de 90e Indianapolis 500 gehouden die eveneens gewonnen werd door Sam Hornish Jr. Het eerste race-weekend van het seizoen op de Homestead-Miami Speedway werd verstoord door een ongeval tijdens de laatste kwalificatiesessie waarbij Paul Dana om het leven kwam.
  • La stagione 2006 di Indy Racing League è iniziata il week-end del 26 marzo sull'ovale di Homestead, nei sobborghi di Miami e si è sviluppata lungo 14 appuntamenti fino alla conclusione del 10 settembre sull'ovale a Joliet (Illinois), nei sobborghi di Chicago. La stagione ha visto la vittoria finale dell'americano Sam Hornish Jr. davanti all'inglese Dan Wheldon e al brasiliano Helio Castroneves.
rdfs:label
  • IndyCar Series 2006
  • 2006 IndyCar Series season
  • 2006年のインディカー・シリーズ
  • IRL 2006
  • IndyCar Series 2006
  • IndyCar Series 2006
  • IndyCar Series 2006
  • Temporada 2006 de la IndyCar Series
  • Temporada da IndyCar Series de 2006
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of