Sir Henry Rowley Bishop (18 novembre 1786 – 30 avril 1855) est un compositeur anglais. Il est surtout célèbre pour les chansons « Home! Sweet Home! » et « Lo! Here the Gentle Lark ». Il a composé et arrangé quelques 120 œuvres dramatiques, dont 80 opéras, opérettes, cantates, et ballets. Anobli en 1842, il est le premier musicien honoré ainsi.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Sir Henry Rowley Bishop (18 novembre 1786 – 30 avril 1855) est un compositeur anglais. Il est surtout célèbre pour les chansons « Home! Sweet Home! » et « Lo! Here the Gentle Lark ». Il a composé et arrangé quelques 120 œuvres dramatiques, dont 80 opéras, opérettes, cantates, et ballets. Anobli en 1842, il est le premier musicien honoré ainsi. Bishop travaille pour tous les théâtres importants de Londres de son époque — y compris le Royal Opera House à Covent Garden, le théâtre royal de Drury Lane, Vauxhall et le Haymarket Theatre (en), et il est Professeur de Musique aux universités d’Édimbourg et d’Oxford. Sa seconde femme est la soprano Anna Bishop, qui a scandalisé la société britannique en le quittant et en vivant au grand jour une relation avec le harpiste Nicolas-Charles Bochsa jusqu’à la mort de ce dernier à Sydney.
  • 헨리 비숍 경(Sir Henry Rowley Bishop, 1786년 11월 18일~1855년 4월 30일)은 영국의 작곡가이자 지휘자이다. 코벤드 가든 극장과 그 밖의 여러 곳에서 지휘자로 이름을 떨쳤다. 1842년 Knight Bachelor(기사작위)에 서임되었으며, 1848년 옥스퍼드 대학교 교수가 되었다.〈즐거운 나의 집〉(Home Sweet Home) 은 널리 알려진 그의 대표작이다.
  • Барон Генри Роули Бишоп (англ. Sir Henry Rowley Bishop; 1786—1855) — английский композитор и дирижёр; один из основателей Лондонского Филармонического общества.
  • ヘンリー・ローリー・ビショップ(Henry Rowley Bishop, 1786年11月18日 - 1855年4月30日)はイングランドの作曲家。舞台音楽の専門家で現在ではほとんど忘れられているが、日本では唱歌「埴生の宿」の作曲者としてかろうじて記憶されている。1786年、ロンドンで生まれる。フランチェスコ・ビアンキーニから音楽教育を受け、1804年に『アンジェリーナ』と題された小品を作曲。次に手懸けたバレエ音楽『タマルランとバヤジット』は1806年に王立劇場で上演された。これが成功したため、さらに数作のバレエ音楽を手懸けた。1809年の最初の歌劇『チュルケスの花嫁』はドルーリー・レーン劇場で上演されたが、不幸なことに上演直後に劇場が火災に見舞われ、建物と一緒に楽譜も炎によって失われた。次回作は1810年に公会堂のために作曲された重要な歌劇『偏執狂』で、これによって名声を博し、その後3年間にわたってコヴェント・ガーデン王立歌劇場の専属作曲家に着任することができた。その在任中に、数々のオペラやカンタータ、シェイクスピア劇の付随音楽を作曲したが、現在ではほとんどが忘れられている。最も成功したのは『太陽の乙女』(1812年)、『粉挽きとあるじ』(1813年)、『ガイ・マネリングと奴隷』(1816年)、『女中マリアンと一族』(1822年)、『ミラノの乙女』(1823年)である。ちなみ日本で有名な「埴生の宿」の原曲Home! Sweet Home!は『ミラノの乙女』の導入部のアリアである。1825年にビショップはロバート・ウィリアム・エリストンに説得されて、コヴェント・ガーデン歌劇場からライバルのドルーリー・レーン劇場に復帰し、後者のために非常に慎重に歌劇『アラジン』を作曲し、ウェーバーの『オベロン』を打ち負かさんとした。結果は惨敗であり、『アラジン』によってビショップはオペラ作曲家としての生命を失った。1813年にロンドン・フィルハーモニック協会が結成され、ビショップは総裁の一人に選ばれると、指揮者に転向した。1830年にはヴォクソールの音楽監督に任命され、その任期中に人気の歌曲『わがいとしのジェーン』を作曲した。宗教的カンタータ『第七日』はフィルハーモニック協会のために作曲され、1833年に上演された。1839年にオックスフォード大学から音楽学で学位を授与される。1841年にはエディンバラ大学の教授に任命されたが、1843年に辞職した。1842年に音楽家として初めてナイトに叙勲される。1848年にクロッチ博士の後任教授としてオックスフォード大学に着任。第14代ダービー伯爵エドワード・スミス=スタンリーが総長に就任した際(1853年)の歓迎式典オードがビショップの絶筆となった。1855年に貧窮のうちに他界。ビショップは2度結婚している。ビショップ自身も声楽に心得があったが、前夫人ミス・リヨンも再婚相手のアンヌ・リヴィエール(芸名アンナ・リヴィエラ)もともにオペラ歌手であった。アンヌは後にビショップを捨て、ニコラ=シャルル・ボクサと駆け落ちした。現在ではビショップの名は合唱作家や小品作家としてのイメージと結びついている。ビショップの旋律は明晰で流麗で、的確で、そしてしばしば魅力的であるとみなされている。和声法は純粋かつ素朴で、甘美であるとみなされている。
  • Henry Rowley Bishop (Londres, Regne de la Gran Bretanya, 18 de novembre de 1786 - 30 d'abril de 1855) fou un compositor de música anglès.Des del principi de la seva vida desplegà un especial talent per la música dramàtica; estudià sota la direcció de Francesco Bianchi (1752-1810); precisament aquest últim any 1810, a conseqüència del gran èxit que l'any anterior assolí el seu Circassian Bride, fou nomenat director del teatre Covent Garden, de Londres, i poc temps després va compondre l'excel·lent música del Knight of Snowdon.L'any 1831 es casà amb la soprano Anne Rivière la qual promocionà les seves obres vocals, i que més tard l'abandonà per marxar amb l'arpista i compositor Bochsa.Un gran nombre de composicions dramàtiques, arranjaments, obertures, cants, etc., donats quasi sense interrupció, li valgueren una reputació nacional. Fou declarat fill adoptiu de la ciutat de Dublín, el 1820; elegit per la direcció del professorat musical d'Edimburg el 1841, i d'Oxford el 1848, després d'haver estat creat cavaller el 1842. Dirigí a Vaux Hall Gardens els concerts clàssics, i, en torn amb d'altres, la Societat Filharmònica.A part de les obres ja citades, mereixen especial atenció: The Miller and his Men; Guy Mennering; Aladdin, escrita, encara que amb poca fortuna, en competència amb l'Oberon de Weber; The Fortunate Isles; National Melodies, amb paraules de Thomas Moore, i l'universal i popular aire Home, sweet home...
  • Sir Henry Rowley Bishop (18 November 1786 – 30 April 1855) was an English composer. He is most famous for the songs "Home! Sweet Home!" and "Lo! Here the Gentle Lark." He was the composer or arranger of some 120 dramatic works, including 80 operas, light operas, cantatas, and ballets. Knighted in 1842, he was the first musician to be so honoured. Bishop worked for all the major theatres of London in his era — including the Royal Opera House at Covent Garden, the Theatre Royal, Drury Lane, Vauxhall Gardens and the Haymarket Theatre, and was Professor of Music at the universities of Edinburgh and Oxford. His second wife was the noted soprano Anna Bishop, who scandalised British society by leaving him and conducting an open liaison with the harpist Nicolas-Charles Bochsa until the latter's death in Sydney.
  • Henry Rowley Bishop (* 18. November 1786 in London; † 30. April 1855 ebenda) war ein englischer Komponist. Besonders bekannt sind seine Lieder Home! Sweet Home! aus der Oper Clari, or the Maid of Milan und Lo, Hear the Gentle Lark aus Bishops Vertonung der Komödie der Irrungen von William Shakespeare.1842 wurde Bishop zum Knight Bachelor ernannt, als der erste Komponist überhaupt, dem diese Auszeichnung zuteilwurde.
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 8251440 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8288 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 47 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 106898315 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:description
  • Interprété par l’Atelier Vocal des Herbiers
  • Retranscription synthétique pour piano
prop-fr:filename
  • Home! Sweet Home!.ogg
  • Henry_Rowley_Bishop__-_Foresters,_sound_-_Atelier_Vocal_des_Herbiers__-_1993.ogg
prop-fr:format
prop-fr:page
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:title
  • Foresters sound the cheerful horn
  • Home! Sweet Home!
prop-fr:volume
  • 4 (xsd:integer)
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:wstitle
  • Bishop, Sir Henry Rowley
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Sir Henry Rowley Bishop (18 novembre 1786 – 30 avril 1855) est un compositeur anglais. Il est surtout célèbre pour les chansons « Home! Sweet Home! » et « Lo! Here the Gentle Lark ». Il a composé et arrangé quelques 120 œuvres dramatiques, dont 80 opéras, opérettes, cantates, et ballets. Anobli en 1842, il est le premier musicien honoré ainsi.
  • 헨리 비숍 경(Sir Henry Rowley Bishop, 1786년 11월 18일~1855년 4월 30일)은 영국의 작곡가이자 지휘자이다. 코벤드 가든 극장과 그 밖의 여러 곳에서 지휘자로 이름을 떨쳤다. 1842년 Knight Bachelor(기사작위)에 서임되었으며, 1848년 옥스퍼드 대학교 교수가 되었다.〈즐거운 나의 집〉(Home Sweet Home) 은 널리 알려진 그의 대표작이다.
  • Барон Генри Роули Бишоп (англ. Sir Henry Rowley Bishop; 1786—1855) — английский композитор и дирижёр; один из основателей Лондонского Филармонического общества.
  • ヘンリー・ローリー・ビショップ(Henry Rowley Bishop, 1786年11月18日 - 1855年4月30日)はイングランドの作曲家。舞台音楽の専門家で現在ではほとんど忘れられているが、日本では唱歌「埴生の宿」の作曲者としてかろうじて記憶されている。1786年、ロンドンで生まれる。フランチェスコ・ビアンキーニから音楽教育を受け、1804年に『アンジェリーナ』と題された小品を作曲。次に手懸けたバレエ音楽『タマルランとバヤジット』は1806年に王立劇場で上演された。これが成功したため、さらに数作のバレエ音楽を手懸けた。1809年の最初の歌劇『チュルケスの花嫁』はドルーリー・レーン劇場で上演されたが、不幸なことに上演直後に劇場が火災に見舞われ、建物と一緒に楽譜も炎によって失われた。次回作は1810年に公会堂のために作曲された重要な歌劇『偏執狂』で、これによって名声を博し、その後3年間にわたってコヴェント・ガーデン王立歌劇場の専属作曲家に着任することができた。その在任中に、数々のオペラやカンタータ、シェイクスピア劇の付随音楽を作曲したが、現在ではほとんどが忘れられている。最も成功したのは『太陽の乙女』(1812年)、『粉挽きとあるじ』(1813年)、『ガイ・マネリングと奴隷』(1816年)、『女中マリアンと一族』(1822年)、『ミラノの乙女』(1823年)である。ちなみ日本で有名な「埴生の宿」の原曲Home! Sweet Home!は『ミラノの乙女』の導入部のアリアである。1825年にビショップはロバート・ウィリアム・エリストンに説得されて、コヴェント・ガーデン歌劇場からライバルのドルーリー・レーン劇場に復帰し、後者のために非常に慎重に歌劇『アラジン』を作曲し、ウェーバーの『オベロン』を打ち負かさんとした。結果は惨敗であり、『アラジン』によってビショップはオペラ作曲家としての生命を失った。1813年にロンドン・フィルハーモニック協会が結成され、ビショップは総裁の一人に選ばれると、指揮者に転向した。1830年にはヴォクソールの音楽監督に任命され、その任期中に人気の歌曲『わがいとしのジェーン』を作曲した。宗教的カンタータ『第七日』はフィルハーモニック協会のために作曲され、1833年に上演された。1839年にオックスフォード大学から音楽学で学位を授与される。1841年にはエディンバラ大学の教授に任命されたが、1843年に辞職した。1842年に音楽家として初めてナイトに叙勲される。1848年にクロッチ博士の後任教授としてオックスフォード大学に着任。第14代ダービー伯爵エドワード・スミス=スタンリーが総長に就任した際(1853年)の歓迎式典オードがビショップの絶筆となった。1855年に貧窮のうちに他界。ビショップは2度結婚している。ビショップ自身も声楽に心得があったが、前夫人ミス・リヨンも再婚相手のアンヌ・リヴィエール(芸名アンナ・リヴィエラ)もともにオペラ歌手であった。アンヌは後にビショップを捨て、ニコラ=シャルル・ボクサと駆け落ちした。現在ではビショップの名は合唱作家や小品作家としてのイメージと結びついている。ビショップの旋律は明晰で流麗で、的確で、そしてしばしば魅力的であるとみなされている。和声法は純粋かつ素朴で、甘美であるとみなされている。
  • Henry Rowley Bishop (* 18. November 1786 in London; † 30. April 1855 ebenda) war ein englischer Komponist. Besonders bekannt sind seine Lieder Home! Sweet Home! aus der Oper Clari, or the Maid of Milan und Lo, Hear the Gentle Lark aus Bishops Vertonung der Komödie der Irrungen von William Shakespeare.1842 wurde Bishop zum Knight Bachelor ernannt, als der erste Komponist überhaupt, dem diese Auszeichnung zuteilwurde.
  • Sir Henry Rowley Bishop (18 November 1786 – 30 April 1855) was an English composer. He is most famous for the songs "Home! Sweet Home!" and "Lo! Here the Gentle Lark." He was the composer or arranger of some 120 dramatic works, including 80 operas, light operas, cantatas, and ballets. Knighted in 1842, he was the first musician to be so honoured.
  • Henry Rowley Bishop (Londres, Regne de la Gran Bretanya, 18 de novembre de 1786 - 30 d'abril de 1855) fou un compositor de música anglès.Des del principi de la seva vida desplegà un especial talent per la música dramàtica; estudià sota la direcció de Francesco Bianchi (1752-1810); precisament aquest últim any 1810, a conseqüència del gran èxit que l'any anterior assolí el seu Circassian Bride, fou nomenat director del teatre Covent Garden, de Londres, i poc temps després va compondre l'excel·lent música del Knight of Snowdon.L'any 1831 es casà amb la soprano Anne Rivière la qual promocionà les seves obres vocals, i que més tard l'abandonà per marxar amb l'arpista i compositor Bochsa.Un gran nombre de composicions dramàtiques, arranjaments, obertures, cants, etc., donats quasi sense interrupció, li valgueren una reputació nacional.
rdfs:label
  • Henry Rowley Bishop
  • Henry Bishop (composer)
  • Henry Rowley Bishop
  • Henry Rowley Bishop
  • Бишоп, Генри Роули
  • ヘンリー・ローリー・ビショップ
  • 헨리 비숍
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of