Georges-Alexandre de Mecklembourg-Strelitz, né le 6 juin 1859 à Remplin, décédé le 5 décembre 1909 à Saint-Pétersbourg, est un général de l'armée impériale russe.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Georges-Alexandre de Mecklembourg-Strelitz, né le 6 juin 1859 à Remplin, décédé le 5 décembre 1909 à Saint-Pétersbourg, est un général de l'armée impériale russe.
  • Georg Alexander, Herzog zu Mecklenburg (* 6. Juni 1859 in Remplin; † 22. Novemberjul./ 5. Dezember 1909greg. in Sankt Petersburg; vollständiger Name Georg Alexander Michael Friedrich Wilhelm Franz Carl, Herzog zu Mecklenburg) war ein Mitglied des russischen Zweiges des großherzoglichen Haus Mecklenburg-Strelitz und kaiserlich-russischer General.
  • ゲオルク・アレクサンダー・ツー・メクレンブルク(独:Herzog Georg Alexander zu Mecklenburg[-Strelitz], 1859年6月6日 レンプリン - 1909年12月5日 サンクトペテルブルク)は、ドイツのメクレンブルク=シュトレーリッツ大公家の一員で、ロシア帝国の軍人。ロシア語名はゲオルギー・ゲオルギエヴィチ・メクレンブルク=ストレリツキー(Георгий Георгиевич Мекленбург-Стрелицкий)。ドイツ語全名はゲオルク・アレクサンダー・ミヒャエル・フリードリヒ・ヴィルヘルム・フランツ・カール(Georg Alexander Michael Friedrich Wilhelm Franz Karl)。メクレンブルク=シュトレーリッツ大公ゲオルクの次男ゲオルク・アウグストとその妻でロシア大公ミハイル・パヴロヴィチの娘であるエカチェリーナ・ミハイロヴナの間の第3子、次男として生まれた。母方の祖母エレナ・パヴロヴナ大公妃の暮らすサンクトペテルブルクのミハイロフスキー宮殿で育ち、パーヴェル1世皇帝の曾孫として、両親や姉弟とともに広義のロシア帝室の一員と見なされていた。ドイツの大学を卒業後にロシア陸軍に入隊し、近衛軍竜騎兵連隊(Драгунский лейб-гвардии полк)の連隊長を務めて、陸軍少将まで昇進した。音楽的才能に恵まれ、チェロやピアノを弾きこなしたほか作曲も手がけ、自身の結成した弦楽カルテットを率いた。1890年2月14日にサンクトペテルブルクにおいて、ロシア貴族の娘ナターリヤ・ヴォンリャルスカヤ(1858年 - 1921年)と結婚した。この結婚は貴賤結婚とされ、ナターリヤと夫妻の間に生まれた子供は、ゲオルク・アレクサンダーの従兄の大公アドルフ・フリードリヒ5世の計らいにより、メクレンブルク家の所領のあるカーロウ(Carlow、現在のメクレンブルク=フォアポンメルン州ノルトヴェストメクレンブルク郡)に因んだカルロフ伯爵の家名を名乗ることになった。1895年、妻子とともにミハイロフスキー宮殿を出てフォンタンカ街46番地の屋敷に移り、1909年に50歳で世を去った。一人息子のゲオルギーは1928年、ゲオルク・アレクサンダーの弟カール・ミヒャエルの養子に入り、1934年には正嫡の絶えたメクレンブルク=シュトレーリッツ大公家の家督を継いでメクレンブルク公を名乗った。
  • Герцог Георг-Александр-Михаил-Фридрих-Вильгельм-Франц-Карл или (на русский манер) Гео́ргий Гео́ргиевич Мекленбург-Стрелицкий (25 мая (6 июня) 1859, Ремплин — 22 ноября (5 декабря) 1909, Санкт-Петербург) — принц (формально «герцог») Мекленбургского дома, сын великой княгини Екатерины Михайловны и герцога Георга, правнук императора Павла I, владелец Ораниенбаума и Карловки. Генерал-майор русской службы (14.12.1902).
  • Duke Georg Alexander of Mecklenburg-Strelitz (Russian: Георгий Георгиевич Мекленбург-Стрелицкий; 6 June 1859 – 5 December 1909) was the eldest son of Duke Georg August of Mecklenburg-Strelitz and of Grand Duchess Catherine Mikhailovna of Russia. He was a great-grandson of Emperor Paul and a cousin of Emperor Alexander III of Russia. Although he was a German prince of the House of Mecklenburg-Strelitz, he was raised in Imperial Russia, where he lived all his life.He followed a career as an officer in the Russian army and was Major General, Commander of the Life Guard Dragoon Reiment. Georg Alexander was a music lover, a skillful cellist and composer. In 1896 he formed a private string quartet called the Mecklenburg Quartet. He contracted a morganatic marriage and his rights and inheritance passed to his younger brother Charles Michael, Duke of Mecklenburg. His four children received the title of Counts of Carlow, but after Duke Georg Alexander's death, his unmarried brother adopted his son Georg, Count of Carlow, who became the heir to the House of Mecklenburg-Strelitz in 1934.
  • Giorgio Alessandro di Meclemburgo-Strelitz, (tedesco: Georg Alexander Michael Friedrich Wilhelm Franz Karl) (Remplin, 25 maggio 1859 – San Pietroburgo, 5 dicembre 1909), fu un principe di Meclemburgo-Strelitz e maggiore dell'esercito russo.
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1972296 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4544 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 54 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 106746707 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Georges-Alexandre de Mecklembourg-Strelitz, né le 6 juin 1859 à Remplin, décédé le 5 décembre 1909 à Saint-Pétersbourg, est un général de l'armée impériale russe.
  • Georg Alexander, Herzog zu Mecklenburg (* 6. Juni 1859 in Remplin; † 22. Novemberjul./ 5. Dezember 1909greg. in Sankt Petersburg; vollständiger Name Georg Alexander Michael Friedrich Wilhelm Franz Carl, Herzog zu Mecklenburg) war ein Mitglied des russischen Zweiges des großherzoglichen Haus Mecklenburg-Strelitz und kaiserlich-russischer General.
  • ゲオルク・アレクサンダー・ツー・メクレンブルク(独:Herzog Georg Alexander zu Mecklenburg[-Strelitz], 1859年6月6日 レンプリン - 1909年12月5日 サンクトペテルブルク)は、ドイツのメクレンブルク=シュトレーリッツ大公家の一員で、ロシア帝国の軍人。ロシア語名はゲオルギー・ゲオルギエヴィチ・メクレンブルク=ストレリツキー(Георгий Георгиевич Мекленбург-Стрелицкий)。ドイツ語全名はゲオルク・アレクサンダー・ミヒャエル・フリードリヒ・ヴィルヘルム・フランツ・カール(Georg Alexander Michael Friedrich Wilhelm Franz Karl)。メクレンブルク=シュトレーリッツ大公ゲオルクの次男ゲオルク・アウグストとその妻でロシア大公ミハイル・パヴロヴィチの娘であるエカチェリーナ・ミハイロヴナの間の第3子、次男として生まれた。母方の祖母エレナ・パヴロヴナ大公妃の暮らすサンクトペテルブルクのミハイロフスキー宮殿で育ち、パーヴェル1世皇帝の曾孫として、両親や姉弟とともに広義のロシア帝室の一員と見なされていた。ドイツの大学を卒業後にロシア陸軍に入隊し、近衛軍竜騎兵連隊(Драгунский лейб-гвардии полк)の連隊長を務めて、陸軍少将まで昇進した。音楽的才能に恵まれ、チェロやピアノを弾きこなしたほか作曲も手がけ、自身の結成した弦楽カルテットを率いた。1890年2月14日にサンクトペテルブルクにおいて、ロシア貴族の娘ナターリヤ・ヴォンリャルスカヤ(1858年 - 1921年)と結婚した。この結婚は貴賤結婚とされ、ナターリヤと夫妻の間に生まれた子供は、ゲオルク・アレクサンダーの従兄の大公アドルフ・フリードリヒ5世の計らいにより、メクレンブルク家の所領のあるカーロウ(Carlow、現在のメクレンブルク=フォアポンメルン州ノルトヴェストメクレンブルク郡)に因んだカルロフ伯爵の家名を名乗ることになった。1895年、妻子とともにミハイロフスキー宮殿を出てフォンタンカ街46番地の屋敷に移り、1909年に50歳で世を去った。一人息子のゲオルギーは1928年、ゲオルク・アレクサンダーの弟カール・ミヒャエルの養子に入り、1934年には正嫡の絶えたメクレンブルク=シュトレーリッツ大公家の家督を継いでメクレンブルク公を名乗った。
  • Герцог Георг-Александр-Михаил-Фридрих-Вильгельм-Франц-Карл или (на русский манер) Гео́ргий Гео́ргиевич Мекленбург-Стрелицкий (25 мая (6 июня) 1859, Ремплин — 22 ноября (5 декабря) 1909, Санкт-Петербург) — принц (формально «герцог») Мекленбургского дома, сын великой княгини Екатерины Михайловны и герцога Георга, правнук императора Павла I, владелец Ораниенбаума и Карловки. Генерал-майор русской службы (14.12.1902).
  • Giorgio Alessandro di Meclemburgo-Strelitz, (tedesco: Georg Alexander Michael Friedrich Wilhelm Franz Karl) (Remplin, 25 maggio 1859 – San Pietroburgo, 5 dicembre 1909), fu un principe di Meclemburgo-Strelitz e maggiore dell'esercito russo.
  • Duke Georg Alexander of Mecklenburg-Strelitz (Russian: Георгий Георгиевич Мекленбург-Стрелицкий; 6 June 1859 – 5 December 1909) was the eldest son of Duke Georg August of Mecklenburg-Strelitz and of Grand Duchess Catherine Mikhailovna of Russia. He was a great-grandson of Emperor Paul and a cousin of Emperor Alexander III of Russia.
rdfs:label
  • Georges-Alexandre de Mecklembourg-Strelitz
  • ゲオルク・アレクサンダー・ツー・メクレンブルク (1859-1909)
  • Duke Georg Alexander of Mecklenburg-Strelitz
  • Georg Alexander zu Mecklenburg
  • Giorgio Alessandro di Meclemburgo-Strelitz
  • Георгий Георгиевич Мекленбург-Стрелицкий
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of