Georges-Alexandre de Mecklembourg, (en allemand Georg-Alexander von Mecklenmburg), né le 27 août 1921 à Nice, décédé le 26 janvier 1996 à Mirow.Il fut duc de Mecklembourg et Chevalier de l'Ordre de Malte.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Georges-Alexandre de Mecklembourg, (en allemand Georg-Alexander von Mecklenmburg), né le 27 août 1921 à Nice, décédé le 26 janvier 1996 à Mirow.Il fut duc de Mecklembourg et Chevalier de l'Ordre de Malte.
  • ゲオルク・アレクサンダー・ヘルツォーク・ツー・メクレンブルク(Georg Alexander Herzog zu Mecklenburg, 1921年8月27日 - 1996年1月26日)は、メクレンブルク=シュトレーリッツ大公家家長(1963年 - 1996年)。全名はゲオルク・アレクサンダー・アンドレアス・カール・ミヒャエル・ペーター・フィリップ・イグナティウス・マリア (Georg Alexander Andreas Carl Michael Peter Philipp Ignatius Maria)。メクレンブルク=シュトレーリッツ大公ゲオルクの玄孫。カーロウ(カルロフ)伯ゲオルクとその最初の妻イリナ・ミハイロヴナ・ライェフスカヤの長男として、フランスのニースで生まれた。父のゲオルクは1928年、叔父のメクレンブルク=シュトレーリッツ家家長カール・ミヒャエルの養嗣子となり、「メクレンブルク公」の称号を名乗った。カーロウ伯爵家の「メクレンブルク公」への昇格は、1929年にロシア帝室家長キリル・ウラジーミロヴィチ大公、およびメクレンブルク=シュヴェリーン元大公フリードリヒ・フランツ4世の承認を受けた。1934年に父がメクレンブルク=シュトレーリッツ家家長位を継ぐと、ゲオルク・アレクサンダーはその推定相続人となった。1940年4月、ナチス政府の扇動によってレンプリン (en) にあった大公家の居城は放火され、焼失した。第2次世界大戦末期、ゲオルク・アレクサンダーは父とともにゲシュタポに拘束された。ゲオルク・アレクサンダーはフライブルク大学で法学を専攻し、その後銀行業務を学んだ。1950年12月18日にメクレンブルク=シュヴェリーン大公家が父ゲオルクをメクレンブルク=シュトレーリッツ大公家家長として認めると同時に、ゲオルク・アレクサンダーとその家族は「カーロウ伯爵」の称号を使うのを止めた。ゲオルク・アレクサンダーは一時アイルランドに居住し、家族の持つ多くの財産を管理していた。ドイツへの帰国後は、20年のあいだ広告会社に勤務した。1963年7月6日に父が死ぬと、ゲオルク・アレクサンダーはメクレンブルク=シュトレーリッツ大公家家長の地位を継いだ。1990年、ゲオルク・アレクサンダーはメクレンブルクに帰り、地元政府から大公家のかつての居城の一つミロウ (en) 城の一角を邸宅として提供され、同時に荒れ果てたミロフ城の修復作業に協力した。アレクサンダーは1996年にミロウで亡くなり、家長位は長男のボルヴィンに受け継がれた。
  • Georg Alexander Herzog zu Mecklenburg (* 27. August 1921 in Nizza; † 26. Januar 1996 in Mirow; vollständiger Name: Georg Alexander Andreas Carl Michael Peter Philipp Ignatius Maria Herzog zu Mecklenburg) war der älteste Sohn von Georg Herzog zu Mecklenburg und ein Ururenkel des Großherzogs Georg (1779–1860), des Regenten von Mecklenburg-Strelitz, dem Bruder der Königin Luise von Preußen (1776–1810).
  • Georg Alexander, Duke of Mecklenburg (German: Georg Alexander Herzog zu Mecklenburg; 27 August 1921 – 26 January 1996) was the head of the House of Mecklenburg-Strelitz from 1963 until his death.
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1972812 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3602 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 51 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 106570548 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:après
prop-fr:avant
prop-fr:fr
  • Ilona d'Autriche
prop-fr:lang
  • en
prop-fr:nom
  • Chef de la maison de Mecklembourg-Strelitz
prop-fr:période
  • 1963 (xsd:integer)
prop-fr:trad
  • Archduchess Ilona of Austria
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Georges-Alexandre de Mecklembourg, (en allemand Georg-Alexander von Mecklenmburg), né le 27 août 1921 à Nice, décédé le 26 janvier 1996 à Mirow.Il fut duc de Mecklembourg et Chevalier de l'Ordre de Malte.
  • ゲオルク・アレクサンダー・ヘルツォーク・ツー・メクレンブルク(Georg Alexander Herzog zu Mecklenburg, 1921年8月27日 - 1996年1月26日)は、メクレンブルク=シュトレーリッツ大公家家長(1963年 - 1996年)。全名はゲオルク・アレクサンダー・アンドレアス・カール・ミヒャエル・ペーター・フィリップ・イグナティウス・マリア (Georg Alexander Andreas Carl Michael Peter Philipp Ignatius Maria)。メクレンブルク=シュトレーリッツ大公ゲオルクの玄孫。カーロウ(カルロフ)伯ゲオルクとその最初の妻イリナ・ミハイロヴナ・ライェフスカヤの長男として、フランスのニースで生まれた。父のゲオルクは1928年、叔父のメクレンブルク=シュトレーリッツ家家長カール・ミヒャエルの養嗣子となり、「メクレンブルク公」の称号を名乗った。カーロウ伯爵家の「メクレンブルク公」への昇格は、1929年にロシア帝室家長キリル・ウラジーミロヴィチ大公、およびメクレンブルク=シュヴェリーン元大公フリードリヒ・フランツ4世の承認を受けた。1934年に父がメクレンブルク=シュトレーリッツ家家長位を継ぐと、ゲオルク・アレクサンダーはその推定相続人となった。1940年4月、ナチス政府の扇動によってレンプリン (en) にあった大公家の居城は放火され、焼失した。第2次世界大戦末期、ゲオルク・アレクサンダーは父とともにゲシュタポに拘束された。ゲオルク・アレクサンダーはフライブルク大学で法学を専攻し、その後銀行業務を学んだ。1950年12月18日にメクレンブルク=シュヴェリーン大公家が父ゲオルクをメクレンブルク=シュトレーリッツ大公家家長として認めると同時に、ゲオルク・アレクサンダーとその家族は「カーロウ伯爵」の称号を使うのを止めた。ゲオルク・アレクサンダーは一時アイルランドに居住し、家族の持つ多くの財産を管理していた。ドイツへの帰国後は、20年のあいだ広告会社に勤務した。1963年7月6日に父が死ぬと、ゲオルク・アレクサンダーはメクレンブルク=シュトレーリッツ大公家家長の地位を継いだ。1990年、ゲオルク・アレクサンダーはメクレンブルクに帰り、地元政府から大公家のかつての居城の一つミロウ (en) 城の一角を邸宅として提供され、同時に荒れ果てたミロフ城の修復作業に協力した。アレクサンダーは1996年にミロウで亡くなり、家長位は長男のボルヴィンに受け継がれた。
  • Georg Alexander Herzog zu Mecklenburg (* 27. August 1921 in Nizza; † 26. Januar 1996 in Mirow; vollständiger Name: Georg Alexander Andreas Carl Michael Peter Philipp Ignatius Maria Herzog zu Mecklenburg) war der älteste Sohn von Georg Herzog zu Mecklenburg und ein Ururenkel des Großherzogs Georg (1779–1860), des Regenten von Mecklenburg-Strelitz, dem Bruder der Königin Luise von Preußen (1776–1810).
  • Georg Alexander, Duke of Mecklenburg (German: Georg Alexander Herzog zu Mecklenburg; 27 August 1921 – 26 January 1996) was the head of the House of Mecklenburg-Strelitz from 1963 until his death.
rdfs:label
  • Georges-Alexandre de Mecklembourg
  • ゲオルク・アレクサンダー・ツー・メクレンブルク
  • Georg Alexander Herzog zu Mecklenburg
  • Georg Alexander, Duke of Mecklenburg
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-fr:après of
is prop-fr:avant of
is foaf:primaryTopic of