Francis Xavier ("Frank") Shields, né le 18 novembre 1909 à New York, décédé le 19 août 1975 à New York, est un joueur américain de tennis des années 1930.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Francis Xavier ("Frank") Shields, né le 18 novembre 1909 à New York, décédé le 19 août 1975 à New York, est un joueur américain de tennis des années 1930.
  • フランク・シールズ(Frank Shields, 1909年11月18日 - 1975年8月19日)は、アメリカ・ニューヨーク出身の男子テニス選手。フルネームは Francis Xavier Shields (フランシス・ザビエル・シールズ)といい、「フランク」は彼の愛称である。1930年の全米選手権と1931年のウィンブルドン選手権で、4大大会男子シングルスに2度の準優勝を記録した後、1930年代後半にハリウッド俳優としても活動した人である。女優ブルック・シールズの祖父としても知られる。シールズは1926年から全米選手権に出場し始め、2年後の1928年に同選手権の準決勝でアンリ・コシェと対戦した。1930年の全米選手権で、彼は最初の4大大会男子シングルス決勝に進出する。対戦相手のジョン・ドエグは、左利きの荒々しい強力サービスを武器にする選手だった。第3セット終了時点でドエグにセットカウント 1-2 (ゲームカウント:シールズから見て 8-10, 6-1, 4-6)とリードされた後、第4セットでシールズがゲームカウント 14-13 でセット・ポイント(このポイントを決めれば、1セットを取れる)をつかんだ。ここからドエグがサービスで逆転し、シールズは第4セットを 14-16 で落とした。これでドエグの優勝が決まり、シールズは1930年の全米男子シングルス準優勝者になった。翌1931年のウィンブルドン選手権で、シールズはジャン・ボロトラとの準決勝の途中で芝生に足を滑らせ、足首を痛めてしまった。ボロトラには 7-5, 3-6, 6-4, 6-4 で勝ち、ウィンブルドン決勝進出を決めたが、足首のけがのためシドニー・ウッドとの決勝戦に出場できなくなった。ウィンブルドン男子決勝が「不戦勝」の結末になったのは、後にも先にも1931年の1度だけである。ウィンブルドンのアクシデントから2年後、シールズは1933年の全米選手権でシングルスのベスト4に入り、男子ダブルス準優勝を記録した。3年ぶり3度目のシングルス準決勝ではジャック・クロフォードに敗れたが、その過程の4回戦でシールズは日本の布井良助を 7-5, 6-2, 6-3 で破った。シールズが日本人男子選手と対戦したのは、布井を下した1933年全米選手権4回戦の1度だけである。男子ダブルスで、シールズは当時17歳のフランク・パーカーとペアを組んで初の決勝に進んだが、ジョージ・ロット&レスター・ストーフェン組に 13-11, 7-9, 7-9, 3-6 で敗れた。結局、シールズは4大大会で男子シングルス2度・男子ダブルス1度の準優勝に終わった。彼は男子テニス国別対抗戦・デビスカップでも、1931年・1932年・1934年の3度アメリカ代表選手として出場した。1935年全米選手権の準々決勝でフレッド・ペリーに敗退した後、シールズは一時的にテニス界を離れ、ハリウッドの映画俳優に転向した。インターネット・ムービー・データベース(IMDb)の資料によれば、シールズは1935年から1938年までの間に、通算7作の映画に出演した。彼の俳優経歴はこの3年間で終わっており、1938年からは再びテニス選手に戻って、全米選手権に復帰する。13年後の1951年、シールズは1年間デビスカップのアメリカ代表監督を務めた。シールズが監督を務めた年、米国チームは「アメリカン・ゾーン」の1回戦で日本チームと対戦した。日本はこの年から終戦後のデビスカップに復帰を認められたが、熊谷一弥監督が率いた日本代表チームは、シールズ監督の率いる米国チームに5戦全敗で終わった。[1] 1964年、シールズは国際テニス殿堂入りを果たした。シールズは私生活で3度結婚し、すべて離婚に終わったが、その間に4人の子供をもうけた。国際テニス殿堂入りの翌年、1965年5月31日に生まれた孫娘のブルック・シールズが、早くから子役モデル・女優として活動を始める。祖父のフランクは、ブルックが10歳になった1975年8月19日に故郷のニューヨークで65歳の生涯を閉じた。
  • Francis Xavier Shields (ur. 18 listopada 1909 w Oklahoma City, zm. 19 sierpnia 1975 w Nowym Jorku) – amerykański tenisista.Był trzykrotnie żonaty, wszystkie związki kończyły się rozwodami. Jego pierwszą żoną była Rebecca Tenney, którą poślubił w 1932 roku, a rozwiódł się osiem lat później. Ożenił się następnie z włoską arystokratką Donną Mariną Torlonia di Civitella-Cesi (1916–1960), którą poznał w czasie turnieju tenisowego w Rzymie. Była ona siostrą księcia Alessandro Torlonia di Civitella-Cesi, zięcia króla Hiszpanii Alfonsa XIII. W 1949 roku Shields zawarł trzecie małżeństwo, z córką finansisty Katharine Mortimer. Z drugiego małżeństwa miał syna Francisa Alexandra i córkę Cristianę Marinę (zamężną D'Onofrio), z trzeciego małżeństwa – syna Williama Xaviera i córkę Katharine. Wnuczką Franka Shieldsa jest aktorka Brooke Shields, była żona amerykańskiego tenisisty Andre Agassiego.Poza tenisem Shields wystąpił w kilku rolach w produkcjach hollywoodzkich pod koniec lat 30. (m.in. Come and Get It, 1936 i Dead End, 1937, u boku Humphreya Bogarta).
  • Frank Shields (New York, 18 novembre 1909 – New York, 19 agosto 1975) è stato un tennista e attore statunitense.
  • Francis „Frank“ Xavier Shields junior (* 18. November 1909 in New York; † 19. August 1975 ebenda) war ein US-amerikanischer Tennisspieler und Schauspieler.
  • Francis Xavier Alexander ("Frank") Shields, Sr. (November 18, 1909, in New York City – August 19, 1975, in New York City) was a professional American tennis player of the 1920s and 1930s.
  • Francis Xavier "Frank" Shields (n. 18 de noviembre de 1909 - 19 de agosto, 1975) fue un tenista estadounidense recordado por ser el primer tenista en no presentarse a la final de un torneo de Grand Slam, delegando el título así en manos de su compatriota Sidney Wood en el torneo de Wimbledon de 1931. Fue el abuelo de la actriz norteamericana Brooke Shields.
dbpedia-owl:australiaOpenDouble
  • -
dbpedia-owl:australiaOpenMixed
  • -
dbpedia-owl:australiaOpenSingle
  • -
dbpedia-owl:birthDate
  • 1909-11-18 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1975-08-19 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:ithfDate
  • 1964
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:racketCatching
  • Droitier
dbpedia-owl:rolandGarrosDouble
  • -
dbpedia-owl:rolandGarrosSingle
  • 1/8
dbpedia-owl:usOpenDouble
  • F(1)
dbpedia-owl:usOpenMixed
  • F(1)
dbpedia-owl:usOpenSingle
  • F(1)
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3964496 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3804 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 106521770 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:wimbledonDouble
  • 1/2
dbpedia-owl:wimbledonSingle
  • F(1)
prop-fr:dateD'entréeÀL'ithf
  • 1964 (xsd:integer)
prop-fr:dateDeDécès
  • 1975-08-19 (xsd:date)
prop-fr:dateDeNaissance
  • 1909-11-18 (xsd:date)
prop-fr:lieuDeDécès
  • New York
prop-fr:lieuDeNaissance
  • New York
  • New York
prop-fr:nom
  • Frank Shields
prop-fr:openD'australieDouble
  • -
prop-fr:openD'australieMixte
  • -
  • -
prop-fr:openD'australieSimple
  • -
  • -
prop-fr:priseDeRaquette
  • Droitier
prop-fr:rolandGarrosDouble
  • -
prop-fr:rolandGarrosSimple
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:usOpenDouble
  • F
prop-fr:usOpenMixte
  • F
  • F
prop-fr:usOpenSimple
  • F
  • F
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
prop-fr:wimbledonDouble
  • 1 (xsd:integer)
prop-fr:wimbledonSimple
  • F
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Francis Xavier ("Frank") Shields, né le 18 novembre 1909 à New York, décédé le 19 août 1975 à New York, est un joueur américain de tennis des années 1930.
  • フランク・シールズ(Frank Shields, 1909年11月18日 - 1975年8月19日)は、アメリカ・ニューヨーク出身の男子テニス選手。フルネームは Francis Xavier Shields (フランシス・ザビエル・シールズ)といい、「フランク」は彼の愛称である。1930年の全米選手権と1931年のウィンブルドン選手権で、4大大会男子シングルスに2度の準優勝を記録した後、1930年代後半にハリウッド俳優としても活動した人である。女優ブルック・シールズの祖父としても知られる。シールズは1926年から全米選手権に出場し始め、2年後の1928年に同選手権の準決勝でアンリ・コシェと対戦した。1930年の全米選手権で、彼は最初の4大大会男子シングルス決勝に進出する。対戦相手のジョン・ドエグは、左利きの荒々しい強力サービスを武器にする選手だった。第3セット終了時点でドエグにセットカウント 1-2 (ゲームカウント:シールズから見て 8-10, 6-1, 4-6)とリードされた後、第4セットでシールズがゲームカウント 14-13 でセット・ポイント(このポイントを決めれば、1セットを取れる)をつかんだ。ここからドエグがサービスで逆転し、シールズは第4セットを 14-16 で落とした。これでドエグの優勝が決まり、シールズは1930年の全米男子シングルス準優勝者になった。翌1931年のウィンブルドン選手権で、シールズはジャン・ボロトラとの準決勝の途中で芝生に足を滑らせ、足首を痛めてしまった。ボロトラには 7-5, 3-6, 6-4, 6-4 で勝ち、ウィンブルドン決勝進出を決めたが、足首のけがのためシドニー・ウッドとの決勝戦に出場できなくなった。ウィンブルドン男子決勝が「不戦勝」の結末になったのは、後にも先にも1931年の1度だけである。ウィンブルドンのアクシデントから2年後、シールズは1933年の全米選手権でシングルスのベスト4に入り、男子ダブルス準優勝を記録した。3年ぶり3度目のシングルス準決勝ではジャック・クロフォードに敗れたが、その過程の4回戦でシールズは日本の布井良助を 7-5, 6-2, 6-3 で破った。シールズが日本人男子選手と対戦したのは、布井を下した1933年全米選手権4回戦の1度だけである。男子ダブルスで、シールズは当時17歳のフランク・パーカーとペアを組んで初の決勝に進んだが、ジョージ・ロット&レスター・ストーフェン組に 13-11, 7-9, 7-9, 3-6 で敗れた。結局、シールズは4大大会で男子シングルス2度・男子ダブルス1度の準優勝に終わった。彼は男子テニス国別対抗戦・デビスカップでも、1931年・1932年・1934年の3度アメリカ代表選手として出場した。1935年全米選手権の準々決勝でフレッド・ペリーに敗退した後、シールズは一時的にテニス界を離れ、ハリウッドの映画俳優に転向した。インターネット・ムービー・データベース(IMDb)の資料によれば、シールズは1935年から1938年までの間に、通算7作の映画に出演した。彼の俳優経歴はこの3年間で終わっており、1938年からは再びテニス選手に戻って、全米選手権に復帰する。13年後の1951年、シールズは1年間デビスカップのアメリカ代表監督を務めた。シールズが監督を務めた年、米国チームは「アメリカン・ゾーン」の1回戦で日本チームと対戦した。日本はこの年から終戦後のデビスカップに復帰を認められたが、熊谷一弥監督が率いた日本代表チームは、シールズ監督の率いる米国チームに5戦全敗で終わった。[1] 1964年、シールズは国際テニス殿堂入りを果たした。シールズは私生活で3度結婚し、すべて離婚に終わったが、その間に4人の子供をもうけた。国際テニス殿堂入りの翌年、1965年5月31日に生まれた孫娘のブルック・シールズが、早くから子役モデル・女優として活動を始める。祖父のフランクは、ブルックが10歳になった1975年8月19日に故郷のニューヨークで65歳の生涯を閉じた。
  • Frank Shields (New York, 18 novembre 1909 – New York, 19 agosto 1975) è stato un tennista e attore statunitense.
  • Francis „Frank“ Xavier Shields junior (* 18. November 1909 in New York; † 19. August 1975 ebenda) war ein US-amerikanischer Tennisspieler und Schauspieler.
  • Francis Xavier Alexander ("Frank") Shields, Sr. (November 18, 1909, in New York City – August 19, 1975, in New York City) was a professional American tennis player of the 1920s and 1930s.
  • Francis Xavier "Frank" Shields (n. 18 de noviembre de 1909 - 19 de agosto, 1975) fue un tenista estadounidense recordado por ser el primer tenista en no presentarse a la final de un torneo de Grand Slam, delegando el título así en manos de su compatriota Sidney Wood en el torneo de Wimbledon de 1931. Fue el abuelo de la actriz norteamericana Brooke Shields.
  • Francis Xavier Shields (ur. 18 listopada 1909 w Oklahoma City, zm. 19 sierpnia 1975 w Nowym Jorku) – amerykański tenisista.Był trzykrotnie żonaty, wszystkie związki kończyły się rozwodami. Jego pierwszą żoną była Rebecca Tenney, którą poślubił w 1932 roku, a rozwiódł się osiem lat później. Ożenił się następnie z włoską arystokratką Donną Mariną Torlonia di Civitella-Cesi (1916–1960), którą poznał w czasie turnieju tenisowego w Rzymie.
rdfs:label
  • Frank Shields
  • Frank Shields
  • Frank Shields
  • Frank Shields
  • Frank Shields
  • Frank Shields
  • フランク・シールズ
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Frank Shields
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-fr:advers of
is foaf:primaryTopic of