PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • La France dans la guerre d'indépendance américaine — malgré sa délicate situation financière — cherche à prendre sa revanche sur la Grande-Bretagne et le Traité de Paris de 1763.Entrée en guerre en 1778, et permettant la victoire des insurgés (Traité de Paris), elle se réaffirme comme grande puissance moderne, satisfait son désir de revanche, récupère des territoires perdus, mais dégrade ses finances, et félicite l'esprit républicain et démocrate.Même si les destructions matérielles sont nulles dans la métropole, les exploits tels que la décisive bataille de Yorktown ont leur prix, un coût militaire faramineux : 1 milliard de livres tournois dégradant sévèrement les finances fragiles de la France : son déficit s'est encore accru. Pire : l'espoir commercial de devenir le premier partenaire des nouveaux États-Unis est déçu, la Grande-Bretagne redevenant immédiatement le partenaire officiel, seul reste à la France la reconnaissance du peuple libéré, reconnaissance dont Rochambeau et La Fayette sont les brillants symboles, mais les symboles ne font pas la santé économique d'un État. L'affaiblissement de l'État français, et la mise en lumière d'une alternative viable à la royauté sont considérés comme les prémices de l'idée révolutionnaire française.
  • In the American Revolutionary War (1775–1783), France fought alongside the United States, against Britain, from 1778. French money, munitions, soldiers and naval forces proved essential to America's victory over the Crown, but France gained little except large debts.Benjamin Franklin served as the American ambassador to France from 1776 to 1783. He met with many leading diplomats, aristocrats, intellectuals, scientists and financiers. Franklin's image and writings caught the French imagination – there were many images of him sold on the market – and he became the image of the archetypal new American and even a hero for aspirations for a new order inside France. The French goal was to weaken Britain, both to keep it from getting too powerful and to exact revenge for the defeat in the Seven Years' War. After the American capture of the British invasion army at Saratoga in 1777, and after the French navy had been built up, France was ready. In 1778 France recognized the United States of America as a sovereign nation, signed a military alliance, went to war with Britain, built coalitions with the Netherlands and Spain that kept Britain without a significant ally of its own, provided the Americans with grants, arms and loans, sent a combat army to serve under George Washington, and sent a navy that prevented the second British army from escaping from Yorktown in 1781. In all, the French spent about 1.3 billion livres (in modern currency, approximately thirteen billion U.S. dollars) to support the Americans directly, not including the money it spent fighting Britain on land and sea outside the U.S.French aid proved vital in the victory of the Americans seeking independence from Britain. The U.S. gained much territory at the 1783 Treaty of Paris, but France – after losing some naval battles – fared poorly there. It did get its revenge and made a new ally and trading partner. However the high debt France accumulated was a major cause of the French Revolution in 1789.
  • アメリカ独立戦争におけるフランス(アメリカどくりつせんそうにおけるフランス)では、アメリカ独立戦争前後のフランス外交の変遷と国内への影響について述べる。フランスはアメリカ独立戦争(1775 - 1783)当時財政的に困難な状況にあったが、この戦争をヨーロッパひいては世界におけるフランスの仇敵であるイギリスを弱体化させる機会として捉えた。植民地の独立は大英帝国に重大な損害を与え、翻ってアメリカ合衆国という新しい力を生むことでフランスは良好な同盟関係を維持できると考えていた。歴史家によっては、フランスは元々カナダを失うことになった1763年の屈辱的なパリ条約に対してイギリスに復讐を目論んだという者がいる。いっぽう、フランスは冷静な計算に基づいて干渉したのであって、単にイギリス嫌いであるとか、カナダ喪失の復讐によるものではないという者もいる。フランスの参戦は、ヨーロッパ大陸におけるフランス外交の絶望的状況を反映していた。独立戦争はフランスにとって悲惨な失敗であり、アメリカの独立はイギリスを弱らせることにはならなかった。サラトガの戦いはフランス参戦のきっかけを作っただけであり、外交方針は既に決していた。同盟に加わったスペイン海軍の存在も軍事的な主導力を維持していくために重要であった。フランスは和平については悲観的であったが、決してアメリカを裏切らなかった。フランス政府は負債のやりくりで悲鳴を上げていたうえに、独立戦争がフランスの政治的また社会的秩序を粉々にする力を解き放つ直接の機会(フランス革命)を提供した。フランスは1778年に参戦し、イギリスからの独立を求めるアメリカの勝利を助けた(実際には1783年のパリ条約で実現された)。フランスの近代戦力としての位置付けが確認され、復讐の思いも満足されたが、戦争は国の財政には有害であった。フランスの都市は直接の破壊を免れたとしても、1781年のヨークタウン包囲戦のような決定的な勝利を含むイギリス軍に対する戦争は大きな軍費(10億リーブル)を必要とした。これが脆弱だった財政をさらに悪化させ、赤字が増えた。さらに悪いことに、新興のアメリカ合衆国が貿易上の一番の相手国となるという目論見が実現しなかった。イギリスがアメリカ合衆国を主要貿易国としてしまった。戦前のイギリスとアメリカの交易形態がほとんどそのまま残り、アメリカの交易は大英帝国の範囲内に留まっていた。独立戦争にフランスが参戦したということの認識は、主にロシャンボー伯爵やラファイエット侯爵のような軍人の英雄を称えることで示された。アメリカ合衆国内にあったフランスの元の領土(ヌーベルフランス)を取り返せるという望みも叶わなかった。フランスの国体としての脆弱化と、絶対王政に対する実現可能な代替体制の見通しができてきたこと、これらはアメリカ独立戦争がフランス革命に影響した大きな要因である。
  • En la Guerra de independencia estadounidense (1775–1783), Francia peleó junto a Estados Unidos contra Gran Bretaña, a partir de 1778. Dinero francés, municiones soldados y fuerzas navales francesas probaron ser esenciales en la victoria estadounidense sobre la corona británica, pero Francia ganó muy poco, a excepción de grandes deudas.Benjamin Franklin sirvió como embajador estadounidense ante Francia. De 1776 a 1783. Franklin conoció a los principales diplomáticos, aristócratas, intelectuales, científicos, y financieros. Los escritos e imagen de Franklin cautivaron la imaginación de los franceses – habían imágenes de Franklin que se vendían en el mercado. – y se convirtió en el arquetípico nuevo americano e incluso, en un héroe para las aspiraciones de un nuevo orden en Francia. El objetivo de Francia era debilitar a Inglaterra, evitar que esta se hiciera más poderosa y así cobrar venganza por la derrota que sufrió en la Guerra de los Siete Años. Después de la captura estadounidense del ejército británico invasor en Saratoga (1777), y después de que la Marina francesa fuera rehabilitada, Francia estaba lista. En 1778 Francia reconoció a los Estados Unidos como una nación soberana, firmó una alianza militar, creó coaliciones con los Países Bajos y con España, lo que mantuvo a Gran Bretañaa sin un aliado significativo que le ayudara, les facilitó a los estadounidenses subvenciones, armas, préstamos, envió un ejército para que sirviera a las ordenes de George Washington y envió una armada que evitó que el segundo ejército británico escapara de Yorktown en 1781. Por todo, Francia gastó 1.3 billones de libras. (aproximadamente 13 billón de dolares en moneda actual) para apoyar a los americanos de forma directa, sin incluir el dinero que gastaron peleando contra Inglaterra en mar y en tierra fuera de los Estados UnidosLa ayuda de Francia fue vital en la victoria estadounidense sobre la corona británica. Los Estados Unidos ganaron muchos territorios con la firma del tratado de París de 1783, pero Francia, –después de perder algunas batallas navales– no alcanzó mucho. Francia obtuvo su venganza y consiguió un nuevo aliado y socio comercial. Sin embargo, la alta deuda acumulada por Francia fue una de las principales causas de la Revolución Francesa de 1789 y subsecuentemente la Cuasi Guerra entre la Francia Revolucionaria y los Estados Unidos.
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 200632 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 50387 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 253 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 110159930 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • La France dans la guerre d'indépendance américaine — malgré sa délicate situation financière — cherche à prendre sa revanche sur la Grande-Bretagne et le Traité de Paris de 1763.Entrée en guerre en 1778, et permettant la victoire des insurgés (Traité de Paris), elle se réaffirme comme grande puissance moderne, satisfait son désir de revanche, récupère des territoires perdus, mais dégrade ses finances, et félicite l'esprit républicain et démocrate.Même si les destructions matérielles sont nulles dans la métropole, les exploits tels que la décisive bataille de Yorktown ont leur prix, un coût militaire faramineux : 1 milliard de livres tournois dégradant sévèrement les finances fragiles de la France : son déficit s'est encore accru.
  • アメリカ独立戦争におけるフランス(アメリカどくりつせんそうにおけるフランス)では、アメリカ独立戦争前後のフランス外交の変遷と国内への影響について述べる。フランスはアメリカ独立戦争(1775 - 1783)当時財政的に困難な状況にあったが、この戦争をヨーロッパひいては世界におけるフランスの仇敵であるイギリスを弱体化させる機会として捉えた。植民地の独立は大英帝国に重大な損害を与え、翻ってアメリカ合衆国という新しい力を生むことでフランスは良好な同盟関係を維持できると考えていた。歴史家によっては、フランスは元々カナダを失うことになった1763年の屈辱的なパリ条約に対してイギリスに復讐を目論んだという者がいる。いっぽう、フランスは冷静な計算に基づいて干渉したのであって、単にイギリス嫌いであるとか、カナダ喪失の復讐によるものではないという者もいる。フランスの参戦は、ヨーロッパ大陸におけるフランス外交の絶望的状況を反映していた。独立戦争はフランスにとって悲惨な失敗であり、アメリカの独立はイギリスを弱らせることにはならなかった。サラトガの戦いはフランス参戦のきっかけを作っただけであり、外交方針は既に決していた。同盟に加わったスペイン海軍の存在も軍事的な主導力を維持していくために重要であった。フランスは和平については悲観的であったが、決してアメリカを裏切らなかった。フランス政府は負債のやりくりで悲鳴を上げていたうえに、独立戦争がフランスの政治的また社会的秩序を粉々にする力を解き放つ直接の機会(フランス革命)を提供した。フランスは1778年に参戦し、イギリスからの独立を求めるアメリカの勝利を助けた(実際には1783年のパリ条約で実現された)。フランスの近代戦力としての位置付けが確認され、復讐の思いも満足されたが、戦争は国の財政には有害であった。フランスの都市は直接の破壊を免れたとしても、1781年のヨークタウン包囲戦のような決定的な勝利を含むイギリス軍に対する戦争は大きな軍費(10億リーブル)を必要とした。これが脆弱だった財政をさらに悪化させ、赤字が増えた。さらに悪いことに、新興のアメリカ合衆国が貿易上の一番の相手国となるという目論見が実現しなかった。イギリスがアメリカ合衆国を主要貿易国としてしまった。戦前のイギリスとアメリカの交易形態がほとんどそのまま残り、アメリカの交易は大英帝国の範囲内に留まっていた。独立戦争にフランスが参戦したということの認識は、主にロシャンボー伯爵やラファイエット侯爵のような軍人の英雄を称えることで示された。アメリカ合衆国内にあったフランスの元の領土(ヌーベルフランス)を取り返せるという望みも叶わなかった。フランスの国体としての脆弱化と、絶対王政に対する実現可能な代替体制の見通しができてきたこと、これらはアメリカ独立戦争がフランス革命に影響した大きな要因である。
  • In the American Revolutionary War (1775–1783), France fought alongside the United States, against Britain, from 1778. French money, munitions, soldiers and naval forces proved essential to America's victory over the Crown, but France gained little except large debts.Benjamin Franklin served as the American ambassador to France from 1776 to 1783. He met with many leading diplomats, aristocrats, intellectuals, scientists and financiers.
  • En la Guerra de independencia estadounidense (1775–1783), Francia peleó junto a Estados Unidos contra Gran Bretaña, a partir de 1778. Dinero francés, municiones soldados y fuerzas navales francesas probaron ser esenciales en la victoria estadounidense sobre la corona británica, pero Francia ganó muy poco, a excepción de grandes deudas.Benjamin Franklin sirvió como embajador estadounidense ante Francia. De 1776 a 1783.
rdfs:label
  • France dans la guerre d'indépendance des États-Unis
  • Francia en la Guerra de Independencia Estadounidense
  • France in the American Revolutionary War
  • アメリカ独立戦争におけるフランス
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of