Cette page concerne l'actualité sportive du mois de février 2007.

PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • Cette page concerne l'actualité sportive du mois de février 2007.
  • See also: 2007 in sports
  • Zobacz też: Luty 2007 · Zmarli w lutym 2007 · Luty 2007 w Wikinews
  • == 2007年2月28日追加 ==(サッカー)26日、スコットランド・プレミアリーグ、セルティックは、公式サイトで中村俊輔が左手を骨折したと発表した。詳細は今後チームから発表される。== 2007年2月27日追加 ==(大相撲)26日、日本相撲協会は、3月11日初日の大相撲春場所の新番付を発表した。新関脇に琴将菊、新小結に時天空がそれぞれ昇進した。9場所ぶりに新関脇が誕生した。== 2007年2月26日追加 ==(プロ野球)25日、中村紀洋が、中日の育成選手として入団することが決まった。年俸は400万円で、背番号は「205」。育成選手は二軍戦にしか出場できない。== 2007年2月25日追加 ==(プロ野球)24日、日本プロ野球のオープン戦が始まり、各地で5試合が行われた。ソフトバンクは西部に2-1で逆転サヨナラ勝ち、日本ハムは横浜を7-4で退け、中日はヤクルトに2-4で敗れ、オリックスは阪神に3-1で勝ち、楽天はロッテに5-2で勝った。== 2007年2月24日追加 == (大相撲)23日、日本相撲協会と八百長疑惑を報道された17人の力士は、講談社と発行人、編集人、筆者のフリーライター等を相手取り、『週刊現代』で虚偽の記事で名誉を傷付けられたとして、計4億7300万円の損害賠償などと謝罪広告の掲載を求めて東京地裁に提訴した。相撲協会が八百長疑惑報道で法的対抗措置を執るのはこれで三度目である。== 2007年2月23日追加 ==(テニス)22日、テニスのウィンブルドン選手権の賞金が男女同額にすると、主催者のオールイングランド・クラブのティム・フィリップス会長が発表した。因みに、昨年の男子シングルスの優勝賞金は65万5千ドル(約1億5500万円)であった。== 2007年2月22日追加 ==(サッカー)21日、22歳以下のサッカー日本代表 (U22) は、熊本県民総合運動公園陸上競技場でU22アメリカ代表と国際親善試合を行い、0-0 で引き分けた。== 2007年2月21日追加 ==(大相撲)20日、日本相撲協会は、夕張市で2007年8月9日に夏巡業を行うことを決定した。経費は相撲協会が負担し、市民には入場無料で楽しんでもらう。== 2007年2月20日追加 ==(総合格闘技)2007年2月16日に東京の後楽園ホールで行われた「All In One Solution Inc. Presents DEEP 28 IMPACT 6周年大会」のDEEPミドル級タイトルマッチ(5分3R)で、長南亮(日本 / 王者)が桜井隆多(日本 / 挑戦者)を3R判定2-0で破り、同王座の初防衛に成功した。また、DEEPライト級タイトルマッチ(5分3R)では、横田一則(日本 / 挑戦者)が帯谷信弘(日本 / 王者)を3R判定0-3で破り、新王者になった。DEEPウェルター級タイトルマッチ(5分3R)では、長谷川秀彦(日本 / 挑戦者)が中尾受太郎(日本 / 王者)を3R判定0-2で破り新王者になった。(総合格闘技)2007年2月17日に神奈川県パシフィコ横浜で行われた「プロフェッショナル修斗公式戦 Supported by Crymson - BACK TO OUR ROOTS - 」の修斗世界ミドル級タイトルマッチ(5分3R)で、青木真也(日本 / 王者)が菊地昭(日本 / 同級世界1位、環太平洋1位)を3R判定2-1で下し、同王座の初防衛に成功した。また、修斗環太平洋ウェルター級王者決定戦(5分3R)では、中蔵隆志(日本 / 同級世界4位、環太平洋1位)が廣田瑞人(日本 / 同級世界8位、環太平洋3位)を3R判定3-0で下し、新王者になった。修斗環太平洋ライト級王者決定戦(5分3R)では、田村彰敏(日本 / 同級世界7位、環太平洋3位)が不死身夜天慶(日本 / 同級世界4位、環太平洋1位)を3R判定0-3で下し、新王者になった。(総合格闘技)2007年2月17日にアメリカのカリフォルニア州ロサンゼルスにあるジャパン・アメリカ・シアターで行われた「Fatal Femmes Fighting - All Women Cage Fighting」のFFF 110ポンド級初代王者決定戦(3分5R)で、吉田正子(日本)がリサ・ワード(アメリカ)に5R判定0-3で破れ王座獲得に失敗した。また、FFF 132ポンド級初代王者決定戦(3分5R)では、和術慧舟會東京本部に所属するロクサン・モダフェリ(アメリカ)がカサンドラ・リバース・ブラソ(アメリカ)に5R判定2-1で勝利し初代王者になった。FFF157ポンド級初代王者決定戦(3分5R)では、高橋洋子(日本)がジェニファー・ケース(アメリカ)に腕ひしぎ十字固めで2R1:39一本負けし、こちらも王座獲得に失敗した。== 2007年2月19日追加 ==(中央競馬)2007年中央競馬のGIレース第1弾、第24回フェブラリーステークスは18日、東京競馬場のダートコース1600mで行われた。前夜からの雨の影響で不良馬場となったレースは最後の直線で一気に抜けた3番人気サンライズバッカス(安藤勝己騎乗)が2番人気ブルーコンコルド(幸英明騎乗)の追い上げを交わし1分34秒8で優勝した。安藤は2004年のアドマイヤドンに続き同レース2勝目。3着には9番人気ビッググラス(村田一誠騎乗)が入った。1番人気に支持されたシーキングザダイヤ(武豊騎乗)は直線で伸びを欠き9着に敗れた。(サッカー)17日、スコットランド・プレミアリーグでセルティックとアバディーンが対戦し、セルティックの中村俊輔は、前半20分に中央右のフリーキックを決め貴重な追加点を奪う活躍をみせ、2-1の勝利に貢献した。== 2007年2月18日追加 ==== 2007年2月17日追加 ==(サッカー)15日、欧州サッカー連盟 (UEFA) は、欧州チャンピオンズリーグ (CL) 決勝トーナメント1回戦のインテル・ミラノ(イタリア)とバレンシアCF(スペイン)戦、ACミラン(イタリア)とセルティック(スコットランド)戦で観客入場を認めると発表した。== 2007年2月16日追加 ==(大相撲)15日、日本相撲協会は、『週刊現代』の大相撲八百長疑惑報道に関して、稀勢の里と把瑠都の二人から事情聴取した。(キックボクシング)2月5日に「Ameba presents K-1 WORLD MAX 2007 ~日本代表決定トーナメント~」のリザーブファイトに参戦し、安廣一哉に3R判定3-0で敗れたサトルヴァシコバが、9日にケジメとして髪の毛を反り、保持していたWFCA世界スーパーライト級のベルト及び王座を返上した。(中央競馬)日本中央競馬会 (JRA) は15日、平成19年度の騎手・調教師試験の合格者を発表した。騎手は10人が合格。この中には笠松所属の安藤光彰(48)も含まれている。安藤は同じく笠松からJRAの騎手となった安藤勝己(栗東所属)の実兄。所属は美浦となった。一方調教師は7人が合格し、現役騎手では本田優、鹿戸雄一の2名が合格した。3月1日付で免許が交付される。== 2007年2月15日追加 ==(総合格闘技)2007年2月9日にカナダのケベック州モントリオールにあるベル・センターで行われた「TKO 28 : INEVITABLE」のTKO世界フェザー級タイトルマッチ(5分5ラウンド)で、日沖発(日本 / 王者) がマーク・ホーミニック(カナダ / 挑戦者)を5R判定2-0で下し、王座初防衛に成功した。(サッカー)イギリスのメディアは、7日に行われたサッカーの中国五輪代表とイングランド2部リーグ、クイーンズパーク・レンジャーズとの練習試合中に、中国選手が相手を蹴ったことを発端に両軍が入り乱れて乱闘した問題で、イングランドサッカー協会と中国サッカー協会も調査を開始したと報じた。(総合格闘技)2007年2月10日に イギリスのロンドンにあるウェンブリーアリーナで行われた「Cage Rage 20 - Born 2 Fight -」のCage Rage世界フェザー級王者決定戦(5分3R)で、今成正和(日本 / DEEPフェザー級王者)がロビー・オリヴィエ(イギリス / Cage Rageイギリスフェザー級王者)を1R0:27腕ひしぎ十字固めによる一本勝ちで下し、新世界王者になった。今成はこれで2冠王者になった。== 2007年2月14日追加 ==(サッカー)12日、ドイツサッカー協会は、ザクセン州ライプツィヒで行われた地域リーグのサッカー試合で、サポーターによる暴動が起こったと発表するとともに、同州での今週末の全試合を延期した。暴動は、ロコモティブ・ライプツィヒのサポーターを中心に600~800人規模の暴動が起こり、42人の負傷者がでた。== 2007年2月13日追加 ==(サッカー)10日、イタリア・サッカー2部リーグの11試合が行われ、そのうちの6試合が観客入場禁止であった。これは、サポーターの暴動事件により、イタリア政府が法令で安全基準を満たさない競技場での観客の入場を禁止した事による措置である。1部リーグの試合は、11日に10試合行われる。== 2007年2月12日追加 ==== 2007年2月11日追加 ==(オリンピック)8日、トリノオリンピック組織委員会は、2006年トリノオリンピックが最終的に2万5千ユーロ(約39億5千万円)の赤字であったことを明らかにした。== 2007年2月10日追加 ==(サッカー)8日、イギリス・ロンドンで合宿中の中国サッカー五輪代表が、7日イングランド2部リーグのクイーンズパーク・レンジャーズとの練習試合で乱闘騒ぎを起こしていたことが分かった。== 2007年2月9日追加 ==(大相撲)8日、日本相撲協会は、週刊誌『週刊現代』の八百長報道記事によって名誉を傷つけられたとして、発行元講談社と筆者のライター等を損害賠償と謝罪広告の掲載を求めて民事訴訟に踏み切る方針を決めた。== 2007年2月8日追加 ==(大相撲)日本相撲協会は、一部週刊誌が朝青龍等が八百長相撲をしていると報道したことに対して法的対抗措置を検討している。それに伴い6日、疑惑力士等の師匠等を集め力士等の意思確認を求めた。8日に、理事会を開いて対応を協議する。(野球)アメリカ大リーグ、ニューヨーク・ヤンキースの井川慶投手が2006年オフに結婚、入籍していたことを8日、自身のホームページ「IRON NERVES」で公表した。== 2007年2月7日追加 ==== 2007年2月6日追加 ==(ドーピング)3日、冬季アジア競技大会組織委員会は、今大会のドーピング(禁止薬物使用)検査の結果、2日午後6時までの時点で陽性反応はなかったと発表した。== 2007年2月5日追加 ==(ラグビー)トップリーグ「マイクロソフトカップ」のプレーオフ決勝戦が4日、秩父宮ラグビー場で行われ、東芝がサントリーをロスタイムのトライとゴールで、14対13と逆転して降し、リーグ優勝を決めた。(テニス)4日、東京体育館で最終日を迎えた女子テニス大会の「東レパン・パシフィック・テニス」のシングルスは、世界ランキング6位のマルチナ・ヒンギスが大会史上最多の5回目の優勝。== 2007年2月4日追加 ==(サッカー)2日、イタリア・カターニアで行われたセリエA(イタリア1部リーグ)のカルチョ・カターニア対パレルモ・カルチョ戦で、入場できなかったパレルモのサポーターが騒ぎ出し暴動に発展した。検察が催涙ガスをサポーター側は爆発物を使っての応酬となり、警察官一人が死亡した。イタリアでは、先週にもアマチャ・リーグで同様の暴動が起き一人が死亡した。カターニアとパレルモは同じシチリア島に本拠地を置くライバル同士で注目のカードである。== 2007年2月3日追加 ==(ドーピング)日本プロ野球組織 (NPB)は、2日からドーピング(禁止薬物使用)検査の説明会を各球団のキャンプ地で始めた。昨年は、制裁を科さない「啓蒙期間」として導入された。今季は本格的に実施する。対象になる範囲は、公式戦以外のキャンプや「競技外検査」などでも実施するという。== 2007年2月2日追加 ==(サッカー)1日、リヴァプールFC(イングランド)は移籍市場が閉まる直前の31日にハビエル・マスチェラーノをウェストハム・ユナイテッドから獲得したことを発表した。(サッカー)1日、欧州における冬の移籍期間が終了した。== 2007年2月1日追加 ==(プロ野球)プロ野球12球団の春季キャンプが、2月1日、日本国内キャンプは高知県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県、久米島、宮古島、海外キャンプはオーストラリア・ジーロングなどの各地で一斉に始まった。(サッカー)31日、リヴァプールFC(イングランド)はDFアルバロ・アルベロアとMFフランシス・デュランをそれぞれデポルティーボ・ラ・コルーニャとマラガCFから獲得したことを発表。(サッカー)31日、バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)は現在リーグ戦4位というの不振の責任をとる形でフェリックス・マガト監督を解任することを発表した。替わってオットーマール・フィッツフェルトが監督に就任する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1263363 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 36010 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 807 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 104608013 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-fr:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • Cette page concerne l'actualité sportive du mois de février 2007.
  • See also: 2007 in sports
  • Zobacz też: Luty 2007 · Zmarli w lutym 2007 · Luty 2007 w Wikinews
  • == 2007年2月28日追加 ==(サッカー)26日、スコットランド・プレミアリーグ、セルティックは、公式サイトで中村俊輔が左手を骨折したと発表した。詳細は今後チームから発表される。== 2007年2月27日追加 ==(大相撲)26日、日本相撲協会は、3月11日初日の大相撲春場所の新番付を発表した。新関脇に琴将菊、新小結に時天空がそれぞれ昇進した。9場所ぶりに新関脇が誕生した。== 2007年2月26日追加 ==(プロ野球)25日、中村紀洋が、中日の育成選手として入団することが決まった。年俸は400万円で、背番号は「205」。育成選手は二軍戦にしか出場できない。== 2007年2月25日追加 ==(プロ野球)24日、日本プロ野球のオープン戦が始まり、各地で5試合が行われた。ソフトバンクは西部に2-1で逆転サヨナラ勝ち、日本ハムは横浜を7-4で退け、中日はヤクルトに2-4で敗れ、オリックスは阪神に3-1で勝ち、楽天はロッテに5-2で勝った。== 2007年2月24日追加 == (大相撲)23日、日本相撲協会と八百長疑惑を報道された17人の力士は、講談社と発行人、編集人、筆者のフリーライター等を相手取り、『週刊現代』で虚偽の記事で名誉を傷付けられたとして、計4億7300万円の損害賠償などと謝罪広告の掲載を求めて東京地裁に提訴した。相撲協会が八百長疑惑報道で法的対抗措置を執るのはこれで三度目である。== 2007年2月23日追加 ==(テニス)22日、テニスのウィンブルドン選手権の賞金が男女同額にすると、主催者のオールイングランド・クラブのティム・フィリップス会長が発表した。因みに、昨年の男子シングルスの優勝賞金は65万5千ドル(約1億5500万円)であった。== 2007年2月22日追加 ==(サッカー)21日、22歳以下のサッカー日本代表 (U22) は、熊本県民総合運動公園陸上競技場でU22アメリカ代表と国際親善試合を行い、0-0 で引き分けた。== 2007年2月21日追加 ==(大相撲)20日、日本相撲協会は、夕張市で2007年8月9日に夏巡業を行うことを決定した。経費は相撲協会が負担し、市民には入場無料で楽しんでもらう。== 2007年2月20日追加 ==(総合格闘技)2007年2月16日に東京の後楽園ホールで行われた「All In One Solution Inc.
rdfs:label
  • Février 2007 en sport
  • February 2007 in sports
  • Luty 2007 w sporcie
  • スポーツ 最近の出来事 2007年2月
owl:sameAs
http://www.w3.org/ns/prov#wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of